• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

睡眠の悩みを解決~快眠を得るための寝室のインテリアコーディネート

公開:2020/1/30

更新:2020/1/30

ライター:目黒通り本店安藤

睡眠の悩みを解決~快眠を得るための寝室のインテリアコーディネート

「寝ても疲れが取れない」「目覚めが悪い」など睡眠に対する不満を抱えてはいないでしょうか。睡眠に何らかの問題を抱えていると生活の質を下げてしまったり、健康に害を及ぼす危険性があります。こういった問題を解決していくためにも、快眠を得ることは非常に重要なポイントとなります。こちらのコラムでは快眠を得るために必要な情報や寝室のインテリアコーディネート方法をご紹介致します。

人にとっての睡眠とは何か

人にとって睡眠とは毎日必ず取る活動の一つで、夜になると眠りにつき朝には目が覚めるといった活動を繰り返しています。このように生活の中で身近なものにも関わらず、意外と睡眠に対しての知識が無いと感じている方も多いのではないでしょうか。こちらでは睡眠の仕組みや人間との関係性を詳しくお話致します。

睡眠のメカニズム

私たちの睡眠は毎日ほぼ同じ時刻に眠り、同じ時刻に目が覚めるといった睡眠のリズムやレム睡眠・ノンレム睡眠などの様々なメカニズムから構成されています。これらの仕組みが正常に働くことでそれぞれが役割を果たし、健康な状態で生活を送ることが可能となります。睡眠のメカニズムとはどのようなものがあるのか詳しく見ていきましょう。

体内時計に合わせた生活・睡眠リズム

規則正しい睡眠リズムであれば、毎日ほぼ同じ時刻に眠りに入り、朝が来ると自然に目覚めます。これは体内時計に合わせて分泌されるホルモンのバランスによって構築されているものです。体内時計は規則正しい生活を送っていれば正常に働きますが、日の光を浴びない時間が続くとリズムが乱れてしまいます。これによりホルモンの分泌が正常に機能しなくなり、体内時計の乱れに繋がります。室内にいる時間が長くなるときでもカーテンを開けるなど工夫をしましょう。

レム睡眠とノンレム睡眠の周期

同じ性質の睡眠が続いていると考えがちですが、私たちの眠りは性質の異なるレム睡眠とノンレム睡眠という二つの睡眠から成り立っており、これを約90分の周期で繰り返しています。それぞれの働きにより身体や脳内の疲れを取り、一日をリセットさせて新たな生活に繋げる準備を行っているのです。正しい睡眠が取れていないと、この二つが上手く機能せず十分な休息が得ることができない為、日々の生活の質を下げてしまいます。

レム睡眠とは
身体の休息や記憶の固定などを行う睡眠のことで、身体は休息状態となりますが脳は働いており浅い睡眠状態のことを指します。

ノンレム睡眠とは
脳を休ませる睡眠のことで、この間に成長ホルモンなどが分泌されます。脳を休ませると同時に成長ホルモンの働きで細胞の修復や疲労回復を行う深い眠りのことを指します。

バランスの良い睡眠時間

約90分の周期で繰り返しているレム睡眠とノンレム睡眠ですが、これを4~5回繰り返すと熟睡感と快適な目覚めが得られると言われています。睡眠時間で換算すると大体一日に7~8時間の睡眠を取るとバランスが良いとされています。また眠りの深いノンレム睡眠の最中に目覚めようとすると寝起きがスッキリしない為、レム睡眠のに当てはまるタイミングに起床時間を合せられると起床しやすくなります。90の倍数で分数を計算し起床時間を設定すると良いでしょう。

睡眠と人間の関係性

人間が生きていく上で食事は必要不可欠ですが、睡眠も同じように大切なものです。人間は人生の3分の1の時間を睡眠で過ごすと言われています。人生の中でもかなりの割合を占めていますが、それだけ人間にとって睡眠とは心身を健康な状態で維持するための重要な活動なのです。

人にとって睡眠は必要不可欠なもの

人は睡眠中に心身の「メンテナンス」を行います。一日に溜まった疲れ・ストレスをリセットさせ、新たな一日を健康に過ごす為の準備を行っているのです。このメンテナンスが十分でないと、日々の生活に悪影響を及ぼす危険性があります。人は機械のように誰かにメンテナンスをしてもらうことは難しく、睡眠を通して心身を健康な状態に保つ必要があるのです。

睡眠不足による不調を感じる人が多い

睡眠不足が長期化すると、一晩眠っただけでは取り返すことのできない問題を引き起こす危険性があります。睡眠が不十分だと毎日のメンテナンスが完全でないままとなってしまうので、疲れなどが蓄積されます。これは心身ともに悪影響を受けてしまい、免疫力の低下・ネガティブな心理状況に陥るなど深刻な問題に発展する可能性があります。

日本人にとっての睡眠

こちらでは日本人にとっての睡眠にクローズアップします。日本人は世界各国と比べても睡眠時間が短いと言われています。その分、睡眠に対しての不満や悩みを抱えている方も多いはずです。毎日「寝足りない」と感じてはいませんか?このような状況になってしまった経緯・現在の問題点などを考えていきましょう。

睡眠のスタイルは時代とともに変遷する

日本人の睡眠スタイルは時代とともに変遷してきました。就業環境やプライベートな時間の過ごし方、人々を取り巻く環境の変化が起こり、それに合わせて睡眠のスタイルも変わってきています。「睡眠時間が短くなっている」という背景がある中で主な原因は何なのでしょうか。

・経済の発展や便利になった生活の落とし穴
経済が発展していくにつれて就業時間が長くなり、睡眠時間を確保できない方が増えています。また夜遅くても食事ができる・買い物ができるといった生活の利便性も、裏を返せば遅くまで働くことができてしまう要因となっており、勤勉な日本人ならではの睡眠不足の原因とも言えます。

・スマホやコンピューターへの依存
ITの発達によりスマホやコンピューターで出来ることが増えました。自分のタイミングでいつ・どこでも使用することができる為、睡眠時間を削ってしまう原因となっています。またブルーライトは脳を覚醒させてしまうので眠りにつきにくくなってしまう恐れもあります。

「睡眠負債」を溜め続ける日本人

日本人は50年前と比べ約1時間ほど睡眠時間が短くなっていると言われています。これにより日本は「睡眠負債大国」と呼ばれるようになりました。睡眠負債は徹夜のような極端な睡眠不足とは違い、細かい積み重ねによる睡眠不足なので自覚がないことが多く、睡眠環境を改善するための行動を起こしにくい場合もあります。現状の生活リズムで睡眠時間を延ばすのは難しく部分もあるので、いかに質の高い睡眠を取るかが重要なポイントとなります。

快眠を得ることの重要性

良い睡眠が取れずに心身の不調を感じてしまうことは生きていく上で深刻な問題となります。「身体の調子が悪い」「気持ちがスッキリしない」など睡眠不足が原因の不調は毎日悩ませられるものばかりで、日々の生活に悪影響を及ぼします。質の高い睡眠を最適な時間で取ることが快眠に繋がり、健康に生きていく上で重要なポイントとなります。

快眠とはどのような状態か

「快眠を得る」ということは一体どのようなことなのでしょうか。目に見えた結果が表れにくい分、ご自身では質の良い睡眠が取れていることに気付きにくいかもしれません。しかし快眠を得ていれば確実に心身の調子が向上します。こちらでは「快眠を得ることができた」と実感できるポイントをご紹介致します。

「ぐっすり寝れた」と感じることがポイント

まず第一に「ぐっすり寝れた」と感じられるかが重要です。目覚めが悪かったり身体が重く感じてしまっていると快眠を得ているとは言えません。また毎日のように睡魔に襲われたりしてしまっても、質の良い睡眠が十分にとれていない証拠となります。自然にスッキリ目が覚めて、就寝時間付近に眠気がやってくる状態が理想となります。

質の良いノンレム睡眠が取れている状態

快眠を得るためには質の良いノンレム睡眠を取ることが重要です。ノンレム睡眠のような深い眠りの最中に脳の疲れを回復させてくれます。またこの間に成長ホルモンなどが分泌され、細胞の修復や疲労回復も同時に行っています。眠りが浅くなってしまったり、質の良いノンレム睡眠が取れていないと心身の疲れを十分に取ることができません。

レム睡眠とノンレム睡眠の周期の中で一度目のノンレム睡眠が最も深い眠りと言われています。このタイミングの眠りが浅くなってしまうと快眠を得ることができない為、横になった直後から快適にお休み頂けるよう環境を整えておくことが重要です。

快眠を得ることが生活の質を向上させる

睡眠不足による心身の不調は生活の質を低下させてしまいます。快眠を得ることができれば日々疲れを溜めずに健康な状態を維持することが可能です。健康な状態で毎日を過ごすことができれば仕事・プライベート共に活動のクオリティを上げることができる為、日々の生活の質の向上に繋げることが可能となります。

一日の疲れをリセットする

快眠を得ることができるとその日の心身の疲れをリセットすることができます。しっかり疲れを取ることができれば次の日の活動の質が上がり、この繰り返しが生活の質の向上に繋がります。快眠を得ると脳・身体の疲れを取ることができるので、頭を使う作業をしたり体を動かしたりと様々な活動の質を向上させることができます。

心身共に健康な体へ

心身の疲れを毎日癒すことができれば健康な状態を維持することが可能です。また睡眠不足による不調が原因でストレスを感じなくなり、安定した心の状態で日々を過ごせるようになります。「睡眠」という人生の3分の1の時間を見直すことで心身の健康状態が改善され他の時間も有意義に過ごすことが可能となり、これが日々の生活の質の向上へと繋がります。

理想の快眠を得るための6つのポイント

実際に快眠を得るためには今の睡眠環境をどう改善していけばいいのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。ここからは睡眠への知識や快眠の重要性を踏まえた上での寝室のコーディネート家具・インテリアや寝具類の選び方を6つのポイントに分けてご紹介致します。

ポイント1:心地よく寝るための寝室のレイアウト

快眠を得るためにはまず寝室の家具・インテリアのレイアウトがポイントとなります。どんなに質の良い寝具などを使っても寝室のレイアウト次第では非常に眠りにくい環境となってしまいます。一度家具・インテリアを設置すると配置換えが難しい場合もございますので、正しいレイアウト方法で心地よく寝るための寝室を実現しましょう。

睡眠の妨げにならないベッドの位置

快眠を得る上でのベッドの設置場所は非常に重要なポイントです。睡眠の質に直結する部分なので注意点を踏まえた上でレイアウトを決めましょう。また寝室においてベッドは一番大きい家具となりますので、ベッドの場所が決まると他の家具・インテリアの設置箇所も決めやすくなります。

・窓やドアに近過ぎない枕の位置
枕の位置が窓やドアに近過ぎてしまうと外からの騒音や足音などで目が覚めてしまう恐れがあります。できるだけ外的要因を受けないよう枕の位置には注意しましょう。

・エアコンの風を直接受けないベッド位置
暑い夏や寒さの厳しい冬にはエアコンを活用する方も多いかと思いますが、風が直接当たらない位置にベッドを設置しましょう。急激に体感温度が変わると目が覚めてしまいます。

ベッドを壁に寄せる際の注意点

正しい位置で掛布団を掛ける

ベッドを壁に寄せる際、壁面側にも掛布団を落とし込めるように10cmほど隙間を開けることで、掛布団が左右バランスよく掛けられる為、寝返りを打ったりしてもズレにくくなります。片側に重心が寄ってしまうと体の動きに合わせて掛布団も移動してしまうので、「朝起きたら掛布団が下に落ちていた」といった状態になってしまいます。適切な体感温度を保てるよう、正しい位置で掛布団を掛けられるようにしましょう。

圧迫感が出ない家具・インテリアの配置

常に開放感を意識する

寝室のレイアウトを行う際、空間に対してベッドの占める面積は大きくなるので他の家具・インテリアは圧迫感が出ないものを選ぶことが重要です。ポイントとしては「開放的な睡眠環境となるよう背の高い物を置き過ぎない」「不要な家具・インテリアを置かない」などがあげられます。ベッドの大きさを考え、家具・インテリアの選び方に注意しましょう。

実際の生活を考える

・動線を確保したレイアウト
寝室はリビングなどに比べコンパクトな場合が多い為、より動線確保に注意が必要です。特にベッドに到達するまでの導線が狭かったりするとストレスを感じてしまう上、寝起きの朦朧とした状態で転倒してしまう危険性もあります。

・掃除のしやすさを考慮する
家具・インテリアの置き過ぎで掃除のしにくい寝室を作ってしまうと清潔な睡眠環境を保ちにくくなってしまいます。睡眠中とはいえ寝室は過ごす時間が長い空間の一つですので、清潔な状態を保てるようレイアウトを検討しましょう。

定期的に掃除をして睡眠環境を整える

寝室は衣類などを収納している方も多く、埃が出やすい空間となっています。また寝具そのものからも埃は発生する為、こまめな掃除が必要です。睡眠中に舞っている埃を吸い込んでしまい体調崩されるケースもあるので、定期的な掃除を心掛けましょう。

心地よく寝るための寝室のレイアウト実例

寝室のレイアウトを行う際のポイントをご説明いたしましたが、これらを踏まえてコーディネートを行った寝室がこちらです。眠りを妨げないようエアコンやドア・窓の位置を考慮した上でベッドを配置しております。開放感を意識すると同時に動線の確保も行われているので寝室での時間を快適にお過ごし頂けます。動線が確保されているので掃除もしやすく、寝室を清潔に保つことが可能です。

ポイント2:快適な睡眠につながるベッドフレームの選び方

快適な睡眠を得るためには睡眠のスタイルやお好みに合わせたベッドフレームを選ぶことがポイントです。寝室の広さや求めている雰囲気にもよって最適なベッドフレームは変わりますので、特長を知った上で最適な睡眠環境を得ることができるベッドフレームを選びましょう。

圧迫感の無いストレスフリーな寝室を実現するローベッド

寝室では限られたスペースの中で家具・インテリアのコーディネートをしなくてはなりません。ローベッドを設置し圧迫感の無い開放的な空間を作り上げることができれば、ストレスフリーな快眠を得ることができる寝室の実現へと繋がります。

開放感のある寝室で快眠を得る

ローベッドを取り入れることにより、どのような広さの寝室でも開放感を感じることが可能となります。開放感のある寝室では圧迫感を感じることなくお過ごし頂ける上、目線を遮るものがなくなりストレスを感じにくいレイアウトを実現できます。疲れを取るための寝室ですから、ストレスなく癒しを感じられることが重要です。

安心感のある寝心地

通常のベッドと比べ、ローベッドでは床に近い眠りとなるので安心感があります。目線が低くなると人は癒しや落ち着きを感じることができると言われている為、ベッドの上でもリラックスしてお過ごし頂くことが可能です。また「床に布団を敷く」といった日本人らしい眠りにも近い感覚となるので、慣れ親しんだ寝心地を体感できます。

ローベッドのバリエーション
a.flatでは安心感のある寝心地の実現や、開放感のある寝室を作り上げるためのローベッドをご用意しております。それぞれのベッドフレームのパーツの組み替え次第でお好みのスタイルに近い物をお選び頂くことが可能です。

チーク・ローベッド

チーク角材を組み上げたデザインでシンプルながら独特の存在感が魅力のローベッドです。ヘッドボードの種類を変えて頂くことで様々なマットレスをお使い頂くことができるので、お好みの寝心地に対応させやすいデザインです。またスッキリしたフレームデザインの為、シングルサイズを2台寄せてキングサイズにするなど使い方のバリエーションも豊富です。

コト・ローベッド

フレーム内にマットレスを落とし込み、ロースタイルを実現するベッドフレーム。厚みが出てしまうコイル系のマットレスをよりスッキリ見せることが可能です。また掛布団が羽型フレームの上で収まるため、掛布団に床の埃がつかず衛生的です。ヘッドボード無しのタイプもお選び頂けるので、更にスッキリ見せたい方におすすめです。

おすすめコラム

寝室で過ごす時間を快適にするスタンダードベッド

一見、開放感などが損なわれてしましそうなスタンダードベッドですが、こちらにも快適な睡眠環境を整える上でのメリットが沢山詰め込まれています。ローベッドでは体感できない寝心地や収納力などの機能性を兼ね備えたベッドフレームです。

ヘッドボードの機能性

木目の美しい無垢材を使用したヘッドボードは収納力を兼ね備えたデザインとなっており、枕元をスッキリさせることが可能です。また適度な傾斜が付いているので就寝前に寄りかかり、読書などをお楽しみ頂くこともできます。なかなか寝付けない方でも、ベッドの上で一息つくことができればリラックスした状態でお休み頂けるでしょう。

立ち座りのしやすい高さ

コイル系マットレスを設置して頂くと、立ち座りのしやすい高さとなります。これによりベッドへの出入りがスムーズに行えるので負担の無い就寝・起床が可能となります。ベッドからの立ち上がりは寝起きの朦朧としている中ですと意外と負担がかかるものなので、自然に動き出せるベッドの高さにして頂くとストレスのない立ち座りが可能となります。

■スタンダードベッドのバリエーション
a.flatのスタンダードベッドは脚の抜け感に開放感を感じるデザインから、収納力を重視した機能性の高いデザインまでバリエーション豊富に取り揃えています。ヘッドボードの奥行も広いタイプ・狭いタイプの2種類をご用意しているので寝室の広さに合わせてお選び頂くことが可能です。

ムク・ベッド

無垢材の癒しにより心地良い眠りをもたらすムク・ベッド。機能性の高いヘッドボードで快適な時間を過ごしてからお休み頂くことが可能です。立ち座りがしやすいデザインのなので負担の無い就寝・起床が可能となります。またスッキリした脚のデザインにより、床面が広々と見えるようになっているのでローベッドとは一味違う開放感を感じて頂けます。

ラック・ベッド

ムク・ベッドのヘッドボードや立ち座りのしやすいデザインに、マットレス下の大容量な収納をプラスしたラック・ベッド。収納家具を必要以上に置かずに寝室をレイアウトすることができます。寝室の限られたスペースの中でベッドや収納家具を設置すると圧迫感が出過ぎる恐れがありますが、こちらのベッドフレームでスペースを有効活用することで開放的な睡眠環境を実現することが可能です。

おすすめコラム

【開発エピソード】無垢材ベッド~ムク・ベッドの商品開発~
【開発エピソード】無垢材ベッド~ムク・ベッドの商品開発~

ムク・ベッドの商品開発プロセスにおいて、重要な要素はデザインに合った素 ...続きを読む

【開発エピソード】収納ベッド~ラック・ベッドの商品開発~
【開発エピソード】収納ベッド~ラック・ベッドの商品開発~

ラック・ベッドの商品開発プロセスにおいて、重要な要素は収納力を高めるこ ...続きを読む

ウッド素材の機能性

調湿性に優れた天然素材

ウッド素材のベッドフレームは調湿性に優れ、その季節に応じた最適な湿度を保ってくれます。これによりオールシーズンで快適な寝心地を体感することが可能となり快眠へと繋がります。a.flatでご用意しているベッドフレームは全てのラインナップで木材を使用しており、睡眠環境の向上に最適なベッドフレームといえます。極度な高湿度・乾燥は寝苦しさに繋がりますので、考慮が必要なポイントとなります。

スノコによる調湿性で快適な寝心地へ

湿度の高い季節でも快適に

スノコが敷いてあるベッドは通気性に優れています。マットレス内の余分な湿気を抑えてくれる為、カビの発生などを防いでくれる効果があります。またスノコの木材その物にも調湿性が備わっているので、スノコ本体も湿気を吸い取ってくれます。これらの効果を持続するために、スノコは定期的に陰干しを行い、木材の中に溜まった湿気を乾燥させるよう心掛けましょう。

おすすめメニュー

ポイント3:最適な寝姿勢を実現するマットレス

快眠を得るためには最適な寝姿勢で眠ることが重要で、ポイントとなるのが「マットレスの選び方」です。寝姿勢に直結する部分の寝具なので、身体に合わないマットレスを選んでしまうと快適な睡眠を得ることができないのはもちろん、身体の不調を生み出してしまう原因ともなります。理想の寝姿勢を知り、ご自身にあった最適なマットレスを選びましょう。

理想の寝姿勢とは

理想の寝姿勢とは人間の立ち姿勢を寝姿勢に再現することです。この寝姿勢を保つことができないと睡眠不足となってしまったり腰痛の原因を生み出してしまいます。人間はまっすぐ立っている時、背骨がなだらかなS字を描いており横になっている状態でもこれに近い姿勢を保つことが理想です。これにより睡眠時に身体に掛かる負担を減らすことが可能となり快眠へと繋がります。

立ち姿勢を再現するマットレス

人間の立ち姿勢を再現するよう、背骨がなだらかなS字を描くことが重要です。お尻や肩の部分は適度に沈み、背中や腰はしっかりと支えてくれることが理想的で、そのためには人間の身体のラインに合わせてくれるマットレスが必要なのです。

1人1人に合わせた最適なマットレスの選び方

性別や体格、お好みの寝心地は人によって変わります。その為ご自身に合ったマットレスを選ぶことが快眠に繋がります。まずは身体の状態や希望の寝心地などを整理してからどのマットレスが良いかを検討し始めましょう。また見た目だけでは判断できない為、専門店で実際に色々な種類をお試し頂き寝心地を体感した上で選択していくことがおすすめです。

これらが快眠を得るためのマットレスを選ぶ際に重要なポイントです。
1.マットレスの種類や特長を知る

2.理想の寝姿勢を再現できるか
3.現在の睡眠で改善したい部分を考える
4.体格や性別を踏まえ、適切な体圧分散が可能か

体圧分散性とは

マットレスを選んでいると、よく「体圧分散性」という言葉を耳にします。これは寝姿勢の状態でお尻や肩などにかかりやすい体圧を、身体全体に均一に分散することをいいます。長時間、部分的に圧力がかかってしまうと快適な寝心地を得ることができません。よって身体にあった体圧分散性を備えたマットレスを選ぶことが重要です。

マットレスの種類や特長

マットレスを選ばれる際、種類が多すぎて迷われてしまう方も多いかと思います。バリエーション・価格帯の違いなど様々なマットレスが存在し、選ぶだけでも一苦労かと思います。毎日使うものですし失敗してもなかなか買い替えられるものではありません。しかし、それぞれのマットレスの特長を知っていればある程度絞って検討することができる為、より身体にあったマットレスを選ぶことが可能となります。こちらでは代表的なマットレスの種類や特長をご紹介致します。

ボンネル・スプリング・マットレス

らせん状のボンネルスプリングが連結し「面」で体をしっかりと支えるベーシックタイプのマットレスです。やや硬さがある為、沈み込みによる腰痛にお悩みの方や体格のいい男性の方におすすめです。また寝返りが打ちやすいのも特長の一つです。通気性が良いので汗をかきやすい方にもピッタリなマットレスです。

a.flatのボンネル・スプリング・マットレス

ポケットコイル・マットレス

ポケットコイル・マットレスはコイルスプリング1つ1つが「点」となって別々に沈み込む為、体圧分散性に優れています。荷重がかかるお尻や肩は沈み込み、荷重の少ない腰や足などは沈み込みが少ない為、立ち姿勢に近い状態を保ち身体への負担を軽減します。柔らかい触感のなので、包み込まれる寝心地がお好みの方におすすめです。

ポケットコイルの数について

ポケットコイル・マットレスは種類も様々で、特に目にする違いは「コイルの数」です。コイル数が多いと「点」の数も増えるので高い体圧分散性を実現します。より良い睡眠環境を求める方にはおすすめです。

a.flatのポケットコイル・マットレス

ダブルスプリング・マットレス

コイルスプリングとボンネルスプリングのダブルスプリング構造のマットレスで、身体を「点」と「面」で支える為、高い体圧分散性を実現します。ダブルスプリング構造は一流リゾートホテルで採用されていることも多く、最上級の寝心地を体感されたい方におすすめです。

a.flatのダブルスプリング・マットレス

ウレタンマットレス

ウレタンマットレスは高反発・低反発の二種類に分類することができます。高反発ウレタンはやや硬めの寝心地で体をしっかり支えてくれるのが特長です。低反発ウレタンは柔らかめの触感で身体のカーブに合わせてマットレスが変形してくれる為、体圧分散性に優れています。マットレス自体の厚みを抑えた製品もあるので、圧迫感なく置いて頂けるものメリットです。

a.flatのウレタンマットレス

ダブル・クイーンサイズにはハーフサイズもおすすめ

お二人で寝られる場合に最適

a.flatではダブル・クイーンサイズのベッドフレームにお使い頂けるハーフサイズのマットレスをご用意しております。それぞれ硬さを分けてお二人の最適な寝心地を実現することが可能な上、寝返りを打っても振動が伝わりにくく睡眠中に目を覚ますことなく快適にお休み頂けます。

体格が良い方にはハードタイプもおすすめ

身体の大きい方は体重も増える分、ノーマルタイプの硬さのマットレスですと身体が沈み込み過ぎて理想の寝姿勢を保つことができない恐れがあります。こういった場合におすすめなのがハードタイプのマットレスです。柔らかすぎない寝心地で身体をしっかりと支えてくれます。沈み込み過ぎが原因で「腰が痛い」「身体の疲れが取れない」などのお悩みを抱えている方は、一度ハードタイプのマットレスを試してみてはいかがでしょうか。

おすすめコラム

ポイント4:快眠を得るための寝具の選び方

快眠を得るためには適切な寝床内気象(布団の中の温度・湿度)を保ったり、心地よい肌触りのカバー類を用いることがポイントです。特に季節によって変えて頂くことが重要で、日本のように気温差が大きい環境ですとより寝具にも気を配る必要があります。布団の中で「暑い」「寒い」と感じてしまうことは睡眠の妨げとなりますので、いつでも快眠を得られるよう準備をしましょう。

寝床内気象とは
寝床内気象は布団内の温度・湿度のことで、温度33±1℃、湿度50±5%が理想とされています。これらをぴったり合わせることは難しいですが快適さを感じる寝床内気象にして頂くことがポイントとなりますので意識しておきましょう。

適温に保つための掛布団や毛布

どのような季節でも適温で眠ることは快眠を得ることに繋がります。そのためには掛布団や毛布といった寝具類の選び方や使い方が重要になります。その時の気温に適した掛物をお使い頂くことで、快適な温かさでお休み頂くことが可能です。

温かさと軽さが特長の羽毛布団

羽毛と羽毛の間に沢山の空気を含んでいることが温かさの理由です。空気の層が保温力を高め、冬場でも適切な温度を保ってくれます。また羽毛布団は軽さも特長です。就寝中に重さを感じてしまうと血行が悪くなって寝返りが増えてしまい快眠を得ることができません。羽毛布団をお使い頂くことで何枚もの布団や毛布を重ね掛けする必要が無くなり、快適にお休み頂くことが可能になります。

a.flatの羽毛布団
a.flatの羽毛布団は「日本羽毛協同製品組合」が定める品質基準をクリアした、信頼のゴールドラベル認定を受けていますので安心してお買い求め頂けるのはもちろん、快適な温かさでの睡眠を実現してくれます。

温度調節に最適な毛布・タオルケット

最適な毛布・タオルケットをお選び頂くことで、様々な季節や温度に細かく対応することが可能です。綿やウール・シルクなど素材の種類も豊富で、効果・機能性を知って頂くことで快適な睡眠環境を実現してくれます。重量が軽く保温性の高い製品は寒い冬に重ね掛けにお使い頂き、暑さの厳しい夏場には吸水性が高い素材をお選び頂くことでストレスなく快適にお過ごし頂くことが可能となります。

a.flatの毛布・タオルケット
a.flatオリジナルの毛布・タオルケットは、綿・シルク・ウール・カシミアなど厳選された天然素材の中からその季節に合わせたものをお選び頂けます。

綿毛布 D
綿毛布 D

12,250円(税抜)

メリノウール毛布 D
メリノウール毛布 D

20,000円(税抜)

シルク毛布 D
シルク毛布 D

31,750円(税抜)

カシミヤ毛布 D
カシミヤ毛布 D

61,620円(税抜)

おすすめメニュー

快適な寝心地を実現するカバー類

カバー類は様々な素材があり、季節やお好みに合わせてお選び頂くことで快眠の助けとなります。直接肌に触れる部分でもあるので特に肌触りや素材の持つ機能性をチェックして頂くことがポイントです。マットレス・枕・掛布団など使用する部分も多いアイテムなので、快適な寝心地を実現できるよう特徴を知ってから選びましょう。

ブロード

綿100%の良質な生地を使用した掛け布団カバーです。ホテルのベッドにもよく使われているスタンダードな素材で、吸水性が良くさらりとした使用感が楽しめます。織が細かく摩擦も少ないので衣類に引っ掛かりにくく寝返りを打つ際に、余計な力が入りにくい素材でもあります。スムーズに寝返りが打てると身体への負担が減り快適な寝心地へと繋がります。

ブロードのカバー類

ガーゼ

やさしい肌ざわりのガーゼ素材を使用し吸湿性や通気性に優れたガーゼの二重構造です。ガーゼならではのふんわりとした柔らかい肌触りが特長で、お子様や肌がデリケートな方にピッタリな素材です。またガーゼ素材は空気を含みやすく保温性も高いので冬場にも適した生地となり、オールシーズンで快適な寝心地を作り出してくれます。

ガーゼのカバー類

麻混

良質な麻を使用した高級麻混のカバー類は、吸湿性と放湿性に優れており睡眠時の汗を吸い取ってくれるのですっきりとした快適な寝心地が得られます。こちらも空気を含みやすい素材で保温性も兼ね備えており夏のみならず一年通して快適な寝心地を作り出してくれます。麻独特の触り心地が天然素材の癒しを感じさせてくれ、リラックスしてお休み頂けます。

麻混のカバー類

おすすめコラム

ポイント5:睡眠環境の質を高める寝室のインテリア

快眠を得るためにはベッド関係以外の寝室の家具・インテリアの選び方も重要になります。眠りの妨げにならないよう睡眠環境を向上させる工夫や、よりリラックス効果を高めるインテリアを選んで頂くことで睡眠の質を上げることが可能です。

快眠のための間接照明の使い方

電球色のテーブルランプ

電球色の優しい光が寝室のリラックス効果を上げてくれます。テーブルランプであればコンパクトなものが多い為、置く場所を選ばず空間をスッキリ見せることも可能です。また光量も明る過ぎないので眠りの妨げにもならずに安心してお使い頂けます。真っ暗な寝室ですと脳が過敏になってしまい目が覚めやすい方もいらっしゃるので、付けたままお休み頂けるところもポイントです。

a.flatのテーブルランプ
a.flatでは寝室に柔らかい光をもたらしてくれるテーブルランプをご用意しております。シェードの素材からも癒しを感じることが可能で、リラックス効果を高めてくれます。

おすすめコラム

快眠を得るためのカーテンの選び方

睡眠の妨げとなる問題を解決するカーテン

寝室では外の光が入り込み過ぎてしまうと睡眠の妨げとなってしまう為、遮光カーテンがおすすめです。遮光カーテンであれば光を遮ることができるのはもちろん、生地の厚みによって外気の侵入を防いでくれるので室温を保ってくれます。更にはUVカットや遮熱機能付きのレースカーテンを合せて使うことで、より効果をアップさせることが可能です。

a.flatの寝室におすすめのカーテン

自然な光を取り込む重要性

人間は光を浴びると目が覚める習性を持っています。朝になっても寝室が暗いままですと、自然な起床ができなくなる恐れがありますので、遮光カーテンを閉める際に数センチ開けておき太陽光が部屋の中に入るようにしておくといいでしょう。

関連メニュー

快眠の助けとなるインテリア類

寝室に+αのインテリアを置いて頂くことが快眠の助けとなります。寝室に華やかさがプラスされることで、リラックス効果が高まり睡眠環境の向上に繋がります。また自分好みのコーディネートをすることで満足感も生まれ、ゆっくり落ち着いて過ごすことが可能となります。

・ラグ
寝室にラグを強いて頂くことで華やかさをアップさせることが可能です。ベッド下に敷いて頂くと足を付いた時に柔らかな触感を感じることができ、リラックス効果を高めてくれます。

・サイドテーブル
サイドテーブルをベッド周りに置くことでアクセントを作ることが可能です。枕周りの収納にお使い頂いたり、テーブルランプを置くこともできるのでベッド上での生活の質が向上します。

おすすめコラム

~色で魅せる~ 理想のお部屋に近づける 上手なラグの選び方
~色で魅せる~ 理想のお部屋に近づける 上手なラグの選び方

インテリアのアクセントとして人気のラグ。ラグの色によってインテリアの印 ...続きを読む

【サイドテーブル特集】おしゃれで便利なサイドテーブルをソファ・ベッドサイドに
【サイドテーブル特集】おしゃれで便利なサイドテーブルをソファ・ベッドサイドに

ソファ・ベッドにプラスしたいおしゃれなサイドテーブル。小さいながらも存 ...続きを読む

ポイント6:快眠の助けとなる寝室のカラーコーディネート

寝室でリラックス効果を高めるカラーコーディネートをすることで、より質の高い快眠を得ることが可能となります。就寝前に刺激のある色味を見ると脳が興奮状態となってしまい寝付きが悪くなってしまうので、目にも優しい色味でコーディネートしていくことがポイントです。

寝室のカラーコーディネートにおすすめのファブリックインテリア

・クッションカバ―
コーディネートに複数取り入れることができ差し色として使いやすいです。ベッド上などに置いて頂くことでカラーコーディネートを引き立てます。

・ファブリックパネル
壁面に目線が行くためカラーコーディネートの奥行が増します。複数の色合わせができるところもポイントです。

・ベッドスプレッド
寝室のカラーコーディネートをする際、活躍するファブリックインテリア。落ち着きを感じる色を取り入れれば、癒されながらお休み頂くことが可能です。

・フットスロー
ベッドスプレッドと合わせてお使い頂くことで、より華やかさがプラスされます。また色味の奥行が増し魅力的なコーディネートを実現します。

気持ちを落ち着かせてお休み頂くブルーの寝室

鎮静作用のあるカラー

海や空を見て気持ちが落ち着いたという経験がおありな方も多いのではないでしょうか。海や空を彷彿とさせるブルーには鎮静作用があり、気持ちを落ち着かせて眠りに入りやすくさせる効果があります。寝室をブルーでカラーコーディネートすることで、気持ちを穏やかにしながらお休み頂くことが可能です。

寝室のブルーコーディネートにおすすめのファブリックカラー

草木の癒しを感じながらお休み頂くグリーンの寝室

リラックス効果の高いカラー

自然のグリーンを感じる寝室は、興奮を抑え、リラックスさせてくれます。グリーンには血圧を下げる効果もあり、お休み頂く環境に適した色味となります。また、ストレスを感じにくいカラーでもある為、寝室に取り入れることで心を穏やかにし、ゆっくり睡眠を取ることができます。目にも優しいカラーなので睡眠の妨げにもなりません。

寝室のグリーンコーディネートにおすすめのファブリックカラー

木々の温もりが快眠の助けとなるブラウンの寝室

心に安らぎを与えてくれるカラー

寝室をブラウンカラーでコーディネートすることで、自然の癒しを感じ、心に安らぎをもたらしてくれます。木の温もりを彷彿とさせるブラウンは、寝室のリラックス効果を高めてくれるので心を落ち着かせながら睡眠を取ることが可能です。ウッド素材の家具・インテリアと合わせてコーディネートすることで統一感が増し寝室全体から温もりを感じることができます。

寝室のブラウンコーディネートにおすすめのファブリックカラー

おすすめコラム

快眠を得ることができる寝室のインテリアコーディネート実例集

気持ちを落ち着かせてお休み頂くブルースタイルの寝室

海や空のブルーを彷彿とさせる心が落ち着くコーディネート。限られたスペースの寝室をより開放的に見せる為、ローベッドを取り入れたり動線をしっかり確保できるよう家具・インテリアの配置も工夫されています。

ローベッドを取り入れて開放感を演出しています。限られたスペースながら窓・ドアの位置も考慮されており、ゆっくり睡眠が取れるベッド配置です。

ベッド以外の家具・インテリアもコンパクトにすることでベッド周りの動線を確保しています。シンプルながら快適にお過ごし頂ける寝室となっています。

コーディネートにおすすめの家具・インテリア

関連コラム

自然の緑に癒しを感じるグリーンスタイルの寝室

木々の緑を彷彿させるグリーンスタイルの寝室は、癒しを感じながらお休み頂けます。ヘッドボードの収納やブックシェルフを上手く使い、圧迫感を感じさせないよう収納スペースも取り入れています。ウッド素材の温もりも同時に感じられる癒し効果の高い寝室となりました。

傾斜の付いたヘッドボードに寄りかかり就寝前のひと時をお楽しみ頂けます。グリーン系のラグをスペースを埋めるように配置し、程良いアクセントにしています。

スッキリ感が特長のブックシェルフを用いることで、圧迫感を出さずに整理整頓をして頂くことが可能です。飾り棚としても使え、寝室の華やかさがアップします。

コーディネートにおすすめの家具・インテリア

関連コラム

木々の温もりを感じるブラウンスタイルの寝室

木々の温もりを彷彿とさせるブラウンコーディネートは、寝室のリラックス効果を高めてくれるので心を落ち着かせながら睡眠を取ることが可能です。シンプルなレイアウトながら壁面装飾や照明の使い方でインテリアに奥行きが増し、大人の落ち着いた雰囲気の中でお休み頂ける寝室となりました。

落ち着きを感じるブラウン系のコーディネートの中で、同系色の壁面装飾を用いることで奥行きが増し華やかさがプラスされています。

電球色の間接照明に癒しを感じ、リラックスしながらお過ごし頂くことが可能な寝室です。サイドテーブルを設置し枕周りの物をスッキリ収納しています。

コーディネートにおすすめの家具・インテリア

関連コラム

a.flatの店舗で理想の快眠を再現しよう

a.flatの店舗では快眠を得るためにお使い頂くベッドや寝具、家具・インテリアをご覧頂けます。様々なラインナップをご用意し実際に寝心地などもお試し頂けるようになっていますので、お好みの寝心地を見つけて頂くことはもちろん、睡眠に対するお悩みの解決もして頂くことが可能です。

ベッドや寝具を確認する

a.flatでは様々なベッドフレームやマットレス、寝具類をご用意してます。実際に質感を確認して頂いたり寝心地を試すことができますので、ご納得頂いた上でご購入頂くことが可能です。

良質なベッドフレーム

良質な木材を使用し、素材その物の機能性を最大限に体感できるベッドフレームをご用意しています。また様々なバリエーションがありロースタイル・収納力などお好みのスタイルや用途に合わせてフレームをお選び頂けます。サイズ展開もシングルサイズからクイーンサイズまで豊富にご用意しているので、使用人数やライフスタイルに合わせて選択できます。

バリエーション豊富な寝具類

a.flatでは掛布団・毛布からバリエーション豊富なカバー類を多数取り揃えており、お好みに合わせた肌触りや寝心地を実現して頂くことが可能です。睡眠環境に直結する部分ですので、季節・環境にあわせた素材や商品の組合せを細かく選んで頂き、より快適な寝心地を追及して頂くことができます。

お好みのカラーコーディネートを見つける

a.flatの店舗では快眠を得るための寝室のカラーコーディネートをチェックをすることができ、様々なバリエーションの中からお好みのカラーコーディネートを見つけて頂けます。よりリラックスしてお休み頂けるお気に入りのスタイルを探されてみてください。

シーサイドブルー

海を彷彿とさせるブルーには鎮静作用があり就寝前に気持ちを落ち着かせてくれるので、眠りやすい環境を作り出してくれます。海辺のアジアンリゾートスタイルを思わせるかのような空間で、お休みの際に普段とは違う雰囲気を味わい疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

フォレストグリーン

草木の緑に癒しを感じ、目にも優しくストレスを感じにくい色味がリラックス効果を高めてくれます。興奮を抑えたり血圧を下げる効果もあるので、お休み頂く環境に適したカラースタイルです。草木の癒しを感じる寝室で日々の疲れを取ってみてはいかがでしょうか。

ウッドブラウン

木々の温もりを彷彿とさせるブラウンはリラックス効果が高く、落ち着きを感じながらお休み頂く寝室を作り出します。ウッド素材のベッドフレームや家具・インテリアと合わせてコーディネートすることでより統一感が増し、寝室全体から自然の温もりを感じることができます。

インテリアコーディネートサービスを使って理想の寝室を実現する

ご来店の際に部屋の大きさが分かる図面をお持ち頂ければ、その場で家具配置シミュレーションを行わせて頂きます。店舗では実際に家具やインテリアをご覧頂きながら快眠を得るための寝室作りをイメージして頂けますので、より理想に近い形でのコーディネートが可能です。

■シミュレーションの流れ

お持ち頂いた図面をスキャンし、実際の部屋と同じサイズの空間を作製します。図面に合わせてお作りしますので、家具配置のシミュレーションを正確に行うことが可能です。

コーディネートのご希望・使用状況をお伺いしながら家具やインテリアの提案を行います。カラーコーディネートをも同時に進め、全体のバランスを見ながら決めることができます。

作製した空間を3Dで様々な角度からご確認頂けます。実際に家具を配置した時のイメージに限りなく近い状態になるので理想の寝室を作り上げることができます。動線の確認はもちろん、全体的な開放感なども見て頂くことも可能なので安心してお住まい頂けます。

睡眠へのお悩みも是非ご相談ください

シミュレーション上では分からない、睡眠に対するお悩みもお気軽にご相談ください。現在抱えているお悩みをお話頂くことで、より良い睡眠環境をご案内できるきっかけとなります。a.flatでは睡眠に対して知識のあるスタッフが一人一人の睡眠環境向上のためにサポートし、快眠を得るための手助けをさせて頂いております。

まとめ

睡眠に対する不満やお悩みを抱えられている方も多いかと思いますが、これらを解決するために睡眠環境をより良いものにし、快眠を得ることは決して難しいことではありません。抱えている問題点を一つ一つ解決したり、寝室のコーディネートやレイアウトを見直して頂くことで見違えるような生活が待っているはずです。是非こちらのコラムを参考にして頂き、睡眠環境を整えた上で快眠を得て、生活の質を向上させてみてはいかがでしょうか。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、7つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
7つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

おすすめコンテンツ

メンバー登録

a.flatでのショッピングの際はメンバー登録(無料)が必要となります。また、メンバー登録すると便利なサービスやお得な特典が利用可能になります。

詳細はこちら >

カタログ

a.flatの最新カタログを無料でお届けします。a.flatの世界観がひと目で分かる公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。

詳細はこちら >

メールマガジン

新商品やインテリアの豆知識など様々な情報をお届けします。また、送料無料などメールマガジン購読者限定の特典もご用意しています。

詳細はこちら >

コーディネートサービス

お部屋のシミュレーションができる「マイルーム3D」を使い、お部屋づくりや家具選びをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。

詳細はこちら >

店舗情報

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

Shinjuku

a.flat 新宿店

東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2020 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.