• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

縦長リビングダイニングを快適でおしゃれに変えるレイアウト ~10畳・12畳・14畳・16畳・18畳〜

公開:2020/10/25

更新:2022/1/23

ライター:大阪梅田店亀山

縦長リビングダイニングを快適でおしゃれに変えるレイアウト ~10畳・12畳・14畳・16畳・18畳〜

「縦長リビングって家具配置が難しそう」とご相談をよく頂きますが、実は家具のレイアウトをしやすい間取りとご存知でしょうか? 自宅のメインルームとなるリビングダイニングは様々な形がありますが、今回取り上げる縦長リビングは家具配置しやすい最適な形状です。実際に縦長リビングをコーディネートする時に役立つ、部屋の広さや生活スタイルに合ったおすすめの家具配置・レイアウト例などをご紹介させて頂きます。

縦長リビングダイニングとは

リビングダイニングは大きく分けると縦長、横長、正方形、変形の4種類があります。一般的にキッチン側から奥に広い間取りを縦長タイプ、横に広い間取りを横長、縦横がほぼ均等な間取りが正方形、タワーマンションなどの角部屋に見られる変形タイプに分けられます。

  • 一般的なリビングダイニングのタイプ一覧

縦長リビングダイニング

部屋に入って縦に長い間取りになるタイプ。一般的にはバルコニーが一番奥側になります。

横長リビングダイニング

部屋に入って横に長い間取りになるタイプ。一般的にはバルコニーへの窓が広がり開放感があります。

正方形リビングダイニング

部屋に入って正方形の間取りになるタイプ。一般的にはソファとダイニングの位置が近くなります。

変形リビングダイニング

部屋の形状が真四角ではない変形タイプ。高層マンションや戸建てに見受けられる間取りです。

縦長リビングダイニングは家具が配置しやすい空間

「縦長リビングはレイアウトをどのように行えば良いのか」「家具の配置が難しそう。」とご相談を頂くことが多い間取りですが、実は縦長リビングダイニングは家具の配置がしやすい間取りなのです。もちろん、若干のデメリットもありますが、まずは縦長のリビングダイニングの魅力や特徴を見ておきましょう。

縦長リビングダイニングのメリット

両サイドの壁面を長く使える

縦長のリビングダイニングは、奥に広い間取りのため、両サイドの壁面を広く使うことができます。そのため横幅の広い寛ぎを重視したソファや、収納力たっぷりのキャビネットを取り入れたり、壁面の空いたスペースにパネルや装飾、時計や絵などを飾ることも行いやすい空間なのです。

奥行きの広い視界を作ることができる

空間に開放感を与えるための、重要なポイントとなる視界。縦長のリビングダイニングは、横長リビングにはない、空間の奥行きがあります。この奥行きの広い視界が部屋の開放感を生んでくれます。この奥に抜けていく視界ができることで、横の圧迫感を軽減することができるのです。

縦長リビングダイニングのデメリット

ソファとテレビの奥行き・距離感を意識しなければいけない

縦長のリビングダイニングは、縦に対してスペースが広がる分、横の距離が通常の部屋より狭くなります。そのためソファの横幅や、テレビボード幅は比較的大きいものを選ぶことができますが、ソファとテレビの奥行き・距離間を意識しなくてはいけません。

窓の面積が少ないため光を取り入れにくい

殆どのリビングダイニングには、掃き出しの大きな窓がありますが、縦長のリビングは横長に比べて比較的窓が小さく、光量も抑えられた空間になりやすい間取りです。そのため明るさが横長リビングに比べて少なく、奥行きの広さを遮らないようなレイアウトや家づくりを心掛ける必要があります。

縦長リビングならではのレイアウトやコーディネートを楽しむ

ご覧頂いたように、縦長リビングダイニングには家具をレイアウトしやすく、広い壁面を使ったインテリアコーデなどの魅力的なメリットがたくさんあります。 

また、テレビとの距離感や室内が暗く見えないように配慮しながら部屋作りを進めて、縦長リビングの暮らしを楽しんでください。

様々な広さの縦長リビングダイニングルームを知る

縦長リビングルームにも様々な広さの部屋があります。空間の広さが変わることで、配置できる家具の大きさやレイアウトのパターンも増えていきます。ここでは10畳、14畳、16畳の縦長リビングダイニングルームの広さと、家具の配置例をおおよそで把握していただけるようにご紹介致します。

縦長リビングダイニング10畳の空間

こちらは10畳の縦長リビングダイニング空間です。一人~から二人暮らし用に多い間取りとなります。10畳の場合、ソファとダイニングテーブルのサイズ選びがポイントです。2~2.5人掛けのソファを配置したい場合は、ダイニングテーブルを2名掛けサイズにするなど、圧迫感の出ない動線作りが必要でしょう。

  • 10畳の縦長リビングダイニングに使用した家具

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】アジアンインテリアコーディネートで彩る特別な寛ぎがある暮らし
    【一人暮らしの部屋】アジアンインテリアコーディネートで彩る特別な寛ぎがある暮らし

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をアジアンリゾートのような非日常感や深い寛ぎ感のあるインテリア・家具でコーディネートした実例をご紹介します。パープル・グリーン・柄物などアジアンインテリア特有のオリエンタルな色使いの方法、自然のエネルギーを纏った風合いのある家具選びなど、一人暮らしというコンパクトなスペースでもアジアンインテリアを存分に楽しむためのポイントを是非参考になさってください。

縦長リビングダイニング14畳の空間

こちらは14畳の縦長リビングダイニング空間です。ファミリー向けのマンションなどに、多い間取りでもあります。4名掛けのダイニングテーブルに3人掛けのソファを配置しても、問題なく生活動線を確保できる広さがある縦長リビングダイニングの間取りです。

  • 14畳の縦長リビングダイニングに使用した家具

おすすめコラム

縦長リビングダイニング16畳の空間

こちらは16畳の縦長リビングダイニング空間です。14畳に比べて、ダイニングからバルコニーまでの奥行きが広くなった分、コーナータイプやカウチタイプのソファを配置することができます。ある程度の来客などにも対応できるスペースが確保できる広さとなります。

  • 16畳の縦長リビングダイニングに使用した家具

おすすめコラム

縦長リビングダイニングを上手く使う基本の家具配置

縦長リビングダイニングのメリットとデメリット、様々な広さについてご紹介しましたが、ここからは縦長リビングダイニングを上手く使うための、基本の家具配置についてお話しさせて頂きます。どのように家具を配置すれば良いのか、それぞれの生活スタイルに合わせたレイアウトを探してみましょう。

ソファとテレビボード、ダイニングテーブルが縦長リビングのキー

縦長リビングダイニングを快適に過ごすために、キーポイントとなる3つの家具があります。それはソファ、テレビボード、ダイニングテーブルです。どれも生活していく上で重要なアイテムですが、この3つを配置する際の関係性がとても重要になります。まずはソファとテレビの配置例から見てきましょう。

縦長リビング × ソファ・テレビボードの配置例

テレビを見ながらソファで寛ぐ時間は、多くの方にとって心休まる癒しの時間です。縦長のリビングルームには、「ソファを置けるのか」「どのように配置すれば良いのか」などの疑問を解決しながら、それぞれの空間、生活スタイルに合わせたレイアウトを見ていきましょう。

壁側に沿った配置【基本パターン】

縦長リビングの基本となる配置は、左右の壁側に沿ってソファ、テレビボードを置く形です。ダイニングテーブルからの距離感や動線、窓を隠さず空間全体に開放感を与えてくれる理想的な配置。縦長リビングでレイアウトを組む際に、最もスタンダードなレイアウトと言えます。

窓側に沿った配置

こちらは窓側に沿って、ソファを配置した例です。部屋の中央部分にスペースができるため、すっきりと広く見えます。しかしソファで窓を隠してしまうため、外への出入りが行いにくく、外の光も遮断してしまうため少し暗い印象が出ることも。そのため窓が隠れ過ぎないローソファなどもおすすめでしょう。

空間の中央に配置

こちらは部屋の中央にソファを配置した例です。ダイニングからソファ側へと移動する際の動線はしっかり取れており、ソファを部屋のメインとして存在感を出すことができます。しかしテレビボードの位置は、外への出入りを行うため左右に寄せる必要があるため、ソファに対して正対しないデメリットも。

コーナータイプで配置

こちらはコーナータイプのソファを配置した例です。寛ぎの時間を充実させるには、ゆったり感のあるL字ソファを選ぶこともあるでしょう。ただし、コーナーソファは、縦長リビングに対して面積を大きく占めるため、奥行きが浅いタイプを選ぶなどソファサイズに気をつける必要があります。

隣の部屋と一繋がりにする際の縦長リビングの配置

縦+横の広がりを有効活用する

縦長リビングダイニングの間取りには、隣の部屋と繋がっているパターンも多く見られます。扉を閉めて寝室や書斎として分けて使うこと以外にも、リビングを拡張する使い方ができます。縦長の場合ソファとテレビの距離が近くなりやすいため、ソファを後ろに移動して横の広がりを作ってみては?

縦長リビング × ダイニングテーブルセットの配置例

縦長リビングダイニングの空間に配置するダイニングテーブルセットにも、様々なレイアウトパターンが存在します。ソファと同様に家族構成や生活スタイルなどに合わせて、最適な配置を考えてみましょう。具体的によくある配置例を見ながらご紹介させて頂きます。

カウンターに横付した配置【基本パターン】

キッチンカウンターに横付したダイニングテーブルの配置例。カウンターに片側の面を付けるため、ソファとの距離を広めに取れます。デメリットの少ない縦長リビングダイニングの基本配置ですが、奥の席に行く際は回り込む必要があります。

壁側に横付した配置

ダイニングテーブルセットを壁側に横付した例。メリットはキッチンからソファまでの動線を広く取れることや、ソファ横に収納を置けるなど広めのスペースが生まれることです。デメリットはテレビとの角度が付くことや、食事の準備・片付けの家事動線が遠くなることでしょう。

空間の中央に配置

ダイニングテーブルを空間の中央に配置した例です。
空間全体の中心に置くことで、動きやすいバランスの取れた配置になります。デメリットとしては、テーブルの四方全てに動線を確保する必要があるため、ダイニングスペースで過ごすことが多い場合に採用するとよいでしょう。

縦長リビングを有効活用しやすいソファダイニング

過ごし方の幅が広がる省スペースな配置

近年採用する方が多い、ソファとダイニングテーブルを組み合わせたソファダイニングの配置例。ソファで寛ぎながら、食事や作業もできて暮らし方の幅が広がるレイアウトです。空いた空間にはカウンターチェアやピアノを置く、お子様のプレイスペースにするなど、空間を有効活用できる点が人気です。

おすすめコラム

縦長リビングダイニングを快適でおしゃれに見せる4つのポイント

縦長リビングダイニングの様々な広さや形、生活スタイルなどに合わせたソファ、テレビボード、ダイニングテーブルの家具配置例をご紹介しました。ここからは更に具体的に、縦長リビングダイニングを快適でおしゃれに見せる時に大切な「4つのポイント」についてご紹介させて頂きます。

  1. 快適に過ごせる生活動線の取れた家具配置

  2. 高い家具、低い家具でバランスを整えた配置

  3. それぞれの生活スタイルに合わせたレイアウト

  4. 縦長のリビングに統一感を与えるインテリア選び

【1】快適に過ごせる生活動線の取れた家具配置

まず1つ目のポイントは、快適に過ごせる生活動線の取れた家具配置をすることです。縦長のリビングダイニングの場合、奥行きへのサイズ感はありますが横に対しては限りがあるため、快適な生活を行いやすい動線をしっかり確保することが大切になります。

生活のしやすい縦長リビングダイニングの動線を考える

具体的に生活のしやすい動線について、「どれくらいの幅を取れば良いか?」とご相談を頂きます。動線に関しては頻繁に通る場所は特に広く確保した方が暮らしやすくなるため、この例のようにダイニングを壁に寄せるなど、細かいサイズ感を考える前にメインとなる動線を1本確保することが大事です。

生活動線の目安は幅60cmです。

目安となるのは1人がゆったり通れる幅として、最低でも60cmは取るように意識してレイアウトしましょう。ストレスのない広めの動線作りが、快適に過ごせる住まい作りの基本となります。

余裕のある生活動線を作るための家具サイズを選ぶ

余裕のある生活動線を作るためには、空間の広さに合った家具のサイズを選ぶことが重要です。部屋の広さに合っていない、大きめの家具を選んでしまうことで、結果的に圧迫感出て、詰まった動線が作られてしまいます。

  • 縦長リビングダイニングに生活動線を作りやすいおすすめ家具

すっきりとした生活動線を縦長リビングに作りやすくするには、家具の幅や奥行きが小さいタイプを選びましょう。特に以下の家具シリーズはコンパクトなサイズ感、抜け感のあるデザインが魅力です。

開放的ですっきりとした縦長リビングダイニングを作れる配置・家具

縦長リビングダイニングを生活しやすく開放的な空間にするレイアウトを組んでみましょう。特に以下2例のように空間に余白を作るソファダイニングのレイアウトや、ロースタイルの家具で統一した開放感のあるレイアウトは縦長リビングをすっきりと見せてくれるでしょう。

関連メニュー

  • リビングルームの生活動線~人が通れる幅・ソファからテレビまでの距離・配置・サイズ~

    リビングルームの生活動線~人が通れる幅・ソファからテレビまでの距離・配置・サイズ~のページです。ご希望の家具をレイアウト検討する際に、基本となる部屋の生活動線を確認しておきましょう。生活動線の確保による最適な距離・人が通れる幅を作ることが日々の過ごしやすいお部屋を生み出します。リビングルームの家具の配置・距離感で最も多い質問が、ソファとテレビの適切な距離、配置、そしてテレビサイズについてです。一般的には「テレビの画面高さ×3倍の距離」が丁度良い距離とされてますが、近過ぎると思われるかもしれません。もう少しゆとりあるテレビとの距離・配置・テレビサイズを心掛けましょう。

【2】高い家具、低い家具でバランスを整えた配置

2つ目のポイントは、高い家具と低い家具でバランスを整えた配置を行うことです。背の高い家具は、縦長リビングダイニングが狭く見えると思っていませんか?実は家具の高さも変化を付けて取り入れることで、空間に視界の変化が生まれて縦長リビング全体にまとまりやメリハリが生まれます。

高い家具、低い家具を組み合わせて配置するメリット

高さを上手く使って立体感を生み出す

私達が生活する上で使う家具は、ダイニングテーブルセットやソファ、テレビなど、座った高さを基準に考えられた家具が殆どです。そのため平面的でメリハリのない印象となりやすいため、高さのある収納や小物家具、観葉植物、間接照明などを取り入れることで、立体感を生み出すことができます。

家具の高低差でメリハリを付けた縦長リビングダイニング

縦長リビングダイニングに高低差を付けた例をご紹介します。部分的に高さが加わることで部屋に入った際、視覚的なアクセントを楽しめる空間になるでしょう。

収納家具で高さや奥行き感を出す

手前や奥に少し高めのキャビネットと装飾を配置することで、縦長リビングに奥行きが生まれます。

インテリアで高低差を付ける

手前にペンダントライトを入れたり、奥に目立つカーテンを入れることで縦への広がりが作れます。

フロアランプで高さとアクセントを演出する

デザイン性のある高いフロアランプを部屋の奥に添える遠近法によって、視線が奥へと集まります。

植栽でリビングに高さや動きを付ける

縦長リビングダイニングに、アクセントとなる背の高い植栽を設置して立体感をプラス。

  • 縦長リビングダイニングに高さの変化を付けやすい家具

縦長リビングダイニングは窓が小さい分、両サイドの壁面の面積が大きくなります。そのため壁面を上手く使って家具配置することが大切です。特に家具の高さに変化を付けることで、バランスの良いメリハリを作り出すことができます。テレビボード周りに高さを加えるだけでも立体感がアップするのでお試しください。

【3】それぞれの生活スタイルに合わせたレイアウト

3つ目のポイントは、それぞれの生活スタイルに合わせたレイアウトを行うことです。一人暮らしやカップル、ファミリーなど住まいのスタイルも様々ですが、それぞれの生活スタイルで快適にお過ごし頂けるように、レイアウトにこだわってみましょう。具体的な生活環境に合ったレイアウト例をご紹介致します。

家族との団欒や大人数でも楽しめる縦長リビングダイニングのレイアウト

家族団欒の時間や友人など大人数でも寛ぐことができる、縦長リビングのレイアウト例。ポイントはゆとりのある動線をキープしながら大きめの家具を配置した点です。大人数が座れるハイバックソファや、伸長式のダイニングセットを取り入れたことで、4~6名でも寛げる空間として使えるでしょう。

  • このレイアウト例のおすすめ家具

広く開放的に見せる縦長リビングダイニングのレイアウト

縦長リビングの空間を広く見せながら暮らせるレイアウト例です。ポイントは、ローテーブルやラグを使わず、ダイニングテーブルの壁側に寄せて動線をできる限り広く取ったことで、奥行きのある縦長リビングをさらに開放的に見せることが叶うでしょう。

  • このレイアウト例のおすすめ家具

リモートワークもできる縦長リビングダイニングのレイアウト

こちらは最近需要が増えてきた、自宅勤務もできる縦長リビングのレイアウト例です。リビングダイニングで仕事を行うためにソファダイニングセットを採用。ソファとダイニングスペースを1つにまとめることで、仕事用のデスクを置くスペースも確保して、ご夫婦ともに仕事ができる空間に仕上がります。

  • このレイアウト例のおすすめ家具

【4】縦長のリビングに統一感を与えるインテリア選び

4つ目のポイントは、縦長のリビングに統一感を与えるインテリア選びを行うことです。統一感は部屋作りにおいて、とても大切なポイントです。入口から奥へと広がる光景に統一感があることで、更に縦長リビングダイニングをおしゃれにすっきりと見せることができるでしょう。

リビングとダイニング空間を繋ぐ壁面装飾

縦長リビングダイニングは、横長の間取りに比べてリビングからダイニングまでの壁面部分が大きくなる傾向にあります。そのため、空いた部分に上手く壁面装飾などのインテリアを取り入れてコーディネートしてみましょう。寂しくなりがちな壁面も、おしゃれなポイントに様変わりします。

  • 縦長リビングダイニングにおすすめの壁面装飾

縦長リビングを彩るカーテン

インテリアアイテムの中でも、カーテンとレースは部屋に対して、占める面積の大きいアイテムです。そのため部屋に対しての効果も大きく、カーテンとレース選びは重要なポイントとなります。縦長リビングダイニングの場合、掃き出し窓が1枚のパターンが多いため、家具とのバランスが大切です。

  • 縦長リビングダイニングにおすすめのカーテン

縦長の床面にアクセントを付けるラグ

縦長の床面を異なる質感で、鮮やかに見せてくるアイテムのラグ。カーテンやレースの次に面積が大きく、自ずと部屋に与える印象も大きいアイテムです。様々なカラーや柄、サイズ、素材など種類も多いため、部屋のイメージに合ったものを選びましょう。空間のアクセントとしてもおすすめです。

  • 縦長リビングダイニングにおすすめのラグ

柔らかな光でまとまりを生み出す間接照明

おしゃれで柔らかな光を作り出してくれる間接照明。デザイン性があるものが多く、存在感があり、ディスプレイとして使用することもできます。縦長リビングダイニングを魅力的に見せたり、高い家具と低い家具を使い分ける際のアイテムとしても効果的ため、是非取り入れてみましょう。

  • 縦長リビングダイニングにおすすめの間接照明

おしゃれな縦長リビングダイニングを叶えたコーディネート実例紹介

縦長リビングダイニングをおしゃれに部屋作りするポイントをご紹介してきましたが、ここからは10~12畳、14~18畳の様々な縦長リビングダイニング実例をご紹介致します。それぞれの空間に合わせた家具配置やインテリアコーディネートを参考にしながら理想の縦長リビングを叶えましょう。

10~12畳の縦長リビングダイニング実例

10~12畳の縦長リビングダイニングは、比較的ソファ、テレビ、ダイニングを配置した時の距離感が近づきやすいので圧迫感が出ないよう意識してレイアウトすることが大切です。それでは実際に上手くレイアウトされた、10~12畳の縦長リビングダイニングをご紹介致します。

圧迫感のないコンパクトな縦長リビングダイニング10畳

リビングダイニングルームが10畳の、縦長空間をコーディネートした実例です。ダイニングテーブルは置かず、ゆったりとソファで寛ぐレイアウトを実現。ゆっくりとお過ごし頂ける、2.5人掛けソファオットマンを組み合わせて、奥行きのある縦長空間を上手に使っています。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

コンパクトなサイズ感の縦長リビングにはダイニングを配置せずゆったりサイズのソファを配置。

ソファの圧迫感が出ないようにアクセントクロスに馴染むグレーのソファをセレクト。

関連コラム

快適なレイアウトを取り入れた狭小住宅の縦長リビングダイニング10畳

都会に多い狭小住宅の縦長リビングダイニング10畳を、快適な空間としてコーディネートした実例です。コンパクトな家具を中心にセレクトして、壁側に寄せていることで広めの生活動線を確保しました。また爽やかなブルーで統一したことで、爽やかで奥行き感のある空間が生まれています。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

狭小住宅ならではの、マンションよりも横長の間取りです。暮らしやすい1本大きな動線を確保しました。

奥行きの浅いソファの前にはローテーブルを置かないことで、縦長リビングに開放感をプラス。

関連コラム

  • 東京・狭小住宅のための家具選びとインテリアコーディネート
    東京・狭小住宅のための家具選びとインテリアコーディネート

    東京に多く建てられている「狭小住宅」に合う家具選びとインテリアコーディネートを、実例と共にご紹介します。細長い特徴的な間取りのリビングダイニングを、コンパクトな家具やブルーのカラーコーディネートで開放感溢れる空間に仕上げております。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

生活のしやすい家具配置を実現した縦長リビングダイニング10畳

南国リゾート感たっぷりの、開放的な縦長リビングダイニングのコーディネートです。レッドカラーをアクセントに癒し・温もりを感じさせてくれる素敵な空間。リビングダイニングに生活のしやすい家具配置を実現するために、ヒヤシンスのコンパクトソファセットを取り入れてストレスのない動線を確保しています。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

抜け感のある片アームソファを主役にして縦長リビンングをすっきり見せたレイアウト。

縦長のスペースを有効活用しやすい、伸長式ダイニングセットを配置した縦長リビングダイニング。

関連コラム

統一感を感じさせるダークブラウンの縦長リビングダイニング10畳

ダークブラウンカラーでまとめた、統一感のある縦長リビングダイニング10畳。ダークブラウンの家具で統一した空間によって上品で落ち着いた雰囲気を演出しました。デザイン性の高い横ラインのルーバーデザインが印象的なテレビボードとキャビネットが、縦長の空間を広く見せてくれています。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

入口周辺はコンパクトなダイニングテーブルを置いて生活動線を上手く確保しています。

縦長リビングの広い壁面にアクセントを付ける収納家具や壁面装飾でコーディネート。

関連コラム

  • 【8つのインテリア実例】アジアンムード漂う バリ風インテリアコーディネートのポイント
    【8つのインテリア実例】アジアンムード漂う バリ風インテリアコーディネートのポイント

    ゆったりと落ち着ける雰囲気で根強い人気を誇るバリ風のアジアンインテリア。ナチュラルな素材をたっぷり使ったインテリアは日本の住宅とも相性が良く、オリエンタルでリラックス感のあるおしゃれなインテリアコーディネートが叶います。そのようなアジアンインテリアの魅力やコーディネートを行う際のポイントを、実際のお客様宅インテリアコーディネート実例と併せながらご紹介していきます。

空間を広く見せるレイアウトを採用した縦長リビングダイニング12畳

ローテーブルを置かずに縦長リビングを開放的に見せたコーディネート例です。大きなラグをソファの前に敷いて、リビング周りでゆったり過ごせます。また、広い壁面にはアクセントになる内装材やシンボルツリーをプラスして、開放感の中にもフォーカルポイントをしっかりと取り入れました。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

正方形に近い縦長リビングの場合は、ソファとダイニングの距離感やサイズ選びが大事です。

ゆったり寛げるハイバックソファに圧迫感を与えない
小さいスツールとの組み合わせ。

関連コラム

  • 【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート
    【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート

    様々な部屋のインテリアコーディネートがある中で、大人な高級感溢れる落ち着いた空間はとても居心地が良く、いつかこんな部屋に住んでみたいなと憧れを持つ方が多くいらっしゃいます。ではどのように空間をコーディネートして大人の部屋を再現すれば良いのでしょうか。今回はそんな大人の部屋を作るためのポイントや魅力と、実際に完成度の高いコーディネートで再現された空間のご紹介をさせて頂きます。

ロースタイルの家具で開放的に見せる縦長リビングダイニング12畳

縦長リビングダイニングを開放的に見せるロースタイル家具が中心の実例。隣の部屋と繋げて使うことで更に空間を広く使って、採光も取り入れやすい明るい空間になりました。また、カーテンの濃い色を使ったり、高さのある家具を取り入れて、高低差も意識したバランスのよい縦長リビングダイニングです。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

縦長リビングダイニング+隣の部屋を合わせてL字型に組んだ開放感のあるレイアウト。

テレビボード周りの広い壁面にはお気に入りのインテリアを飾ったおしゃれなリビング。

関連コラム

  • 理想のおしゃれな部屋作り【インテリアコーディネート38実例付き】
    理想のおしゃれな部屋作り【インテリアコーディネート38実例付き】

    自分好みのおしゃれな部屋での暮らしに憧れはあるものの、難しいと感じる方も多いはず。今回は「部屋作りは何から始めれば良いのか分からない。」「様々なアイテムをどのように組み合わせればおしゃれに見えるのか。」など、様々なお悩みに合わせておしゃれな部屋作りのポイントを紹介します。また、それらのポイントを実践して素敵なインテリアコーディネートを叶えた実例も是非参考になさってください。

14~18畳の縦長リビングダイニング実例

14~18畳の縦長リビングダイニングは、ソファ、テレビ、ダイニングの3つのアイテムの距離感を取りやすいサイズ感です。また家具サイズも上げやすく、ゆったり寛げるレイアウトを実現しやすくなるでしょう。実際にレイアウトされた14~18畳の縦長リビングダイニング例をご覧ください。

高層マンションの眺望を活かすレイアウトの縦長リビングダイニング14畳

縦長リビングダイニングの先に広がる高層マンションからの景色を楽しめる実例。ダイニングセットを配置しないことで、部屋に入った瞬間の抜け感を大切にした非日常感のあるレイアウトです。窓の奥に見える屋外用家具も景色を邪魔しないスッキリしたデザインを採用しています。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

ダイニングテーブルの代わりにカウンターチェアを設置して空間にゆとり抜け感を作りました。

夕方のサンセットタイムを味わえるリビングには視界を遮らないI字型ソファ+オットマンを採用。

関連コラム

  • ~実例集付き~  眺望を活かしたタワーマンションのインテリア・内装のポイント
    ~実例集付き~ 眺望を活かしたタワーマンションのインテリア・内装のポイント

    タワーマンションを購入された方、これから購入される方の悩みの一つでもあります内装やインテリア選び。どのような内装にすれば高級マンションの特別感が演出されるかや、カーテンやラグなどのインテリア装飾は必要なのかなど色々あります。そんなタワーマンションの内装・家具選びやインテリアコーディネートのポイントをこれから紹介致します。実例集やお客様実例のポイントを是非参考にしてみて下さい。

ゆとりのある生活動線を意識した縦長リビングダイニング14畳

緑の自然が広がる景色が美しい、アジアンリゾートを感じさせる縦長リビングダイニングの実例。ソファ前にローテーブルは置かず、ゆとりのある生活動線を意識したレイアウトを組まれました。また奥行きの少ないヒヤシンスのコンパクトソファを配置して、ソファ前の空間をより広く見せています。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

入口から奥の窓まで大きな動線を確保。広い縦長リビングをより開放的に見せるレイアウトです。

ソファ前にはローテーブルを置かない家具配置を採用して、風が通るような抜け感を意識しています。

沖縄リゾートのような開放感と爽やかさのある縦長リビングダイニング15畳

沖縄の海と森をイメージした非日常的な空気感に包まれる縦長リビングダイニングの実例。海辺のリゾートを意識した空間として、抜け感と爽やかさをポイントにしたレイアウトに仕上げています。色とりどりの沖縄らしい鮮やかなブルーとレッドが映えた、自宅にいながら沖縄リゾートを楽しめるような空間です。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

ダイニングやソファ周りは圧迫感のないサイズ感の家具をセレクト、配置しました。

縦長リビングらしい広い壁面には、沖縄の海と空を想わせるアートパネルを飾っています。

関連コラム

  • 沖縄の海と森に包まれた、インテリアコーディネート実例10選
    沖縄の海と森に包まれた、インテリアコーディネート実例10選

    数あるリゾートでも、一番身近で日本を代表する「沖縄の海と森」をテーマに、お客様のお部屋をインテリアコーディネートさせて頂きました。沖縄の海と森を、どのようにコーディネートをしていけばいいのか?透明度の高い海、亜熱帯の森など、癒しや活力を与えてくれる沖縄の自然。今回は手軽に取り入れられる、「沖縄の海と森に包まれたコーディネート実例10選」、「【部屋別】沖縄リゾートを取り入れたインテリアコーディネート3つのポイント」についてご紹介します。是非参考にされてみて下さい。

家族との会話が弾むゆったりレイアウトの縦長リビングダイニング16畳

広々とした空間に家族でゆったり過ごせるコーナーソファを配置した縦長リビングダイニング実例です。ベースとなる部屋の広さは確保されているため、ご家族やゲストとの時間を楽しめる大きめのソファセットをセレクト。テーマカラーのブルーも加わって、心地よさのある空間でいつまでも会話が弾みます。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

最大で8人まで対応可能なコーナーソファを配置。いつまでもソファで寛ぎたくなるような空間です。

テレビ周りには高さのある家具や照明を置き、単調にならないように高低差のメリハリを付けました。

関連コラム

モノトーン×ボタニカル柄で統一したおしゃれな縦長リビングダイニング16畳

2面採光の明るい縦長リビングダイニングをモノトーンで彩った実例です。縦長の空間に無彩色を用いると圧迫感や暗くなる傾向にありますが、こちらの縦長リビングダイニングは光が差し込みやすい環境を活かして、多彩なグレーとアクセントになるボタニカル柄を主役に部屋作りされました。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

ソファ周辺にゆとりを持った、少し変形型の縦長リビングダイニングの間取りです。

ダイニング空間はシンプルにまとめつつ、花柄の照明でフォーカルポイントを作りました。

関連コラム

  • 【インテリア実例】自宅からオンライン相談・コーディネート依頼をした快適な部屋づくり
    【インテリア実例】自宅からオンライン相談・コーディネート依頼をした快適な部屋づくり

    今回の特集は、自宅からオンライン相談を利用して理想のインテリアコーディネートを叶えたお客様実例をご紹介致します。家具・インテリアご検討時のお悩み等をオンライン相談にて解決に導いた方法や、3Dシミュレーションサービスを活用したご提案をご覧ください。来店せずに自宅からオンライン相談できる、a.flatのインテリアコーディネートサービスでご希望の部屋作りが叶います。

海辺の開放的な戸建てを実現した縦長リビングダイニング18畳

海沿いの開放的な空間を実現した18畳の縦長リビングダイニング実例。吹き抜けの天井と内装に取り入れた自然感が爽やかで、縦長リビングにはない贅沢な開放感を味わえる空間です。光が差し込む大開口の窓からシームレスに繋がるバルコニーが続き、リゾートのような特別感のあるレイアウトに仕上がりました。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

大きな生活動線を取り入れて、空間のどこにいても快適に動けて過ごしやすいレイアウトです。

窓周りの開放感を邪魔しないローソファを設置。ラタン素材がリゾートムードを生み出します。

関連コラム

非日常感を楽しむセカンドハウスの縦長リビングダイニング18畳

海が広がるロケーションでホテルライクな非日常を満喫できる、セカンドハウスの縦長リビングダイニング実例。ヒヤシンス素材の家具とリゾートムードを盛り上げる暖色系カラーで仕上げました。都会の喧騒を離れて、日々の疲れを癒してくれる特別な空間としてコーディネートされています。

  • 縦長リビングダイニングのレイアウトポイント

ご家族4人が充実したオフを過ごせる、贅沢なゆとりのあるレイアウトを組まれています。

特別な空気感を楽しめる、鮮やかなレッドを取り入れたヒヤシンスソファが部屋の主役です。

関連コラム

縦長リビングの家具配置を上手く行うための3Dコーディネートサービス

a.flatでは今回のような縦長リビングダイニングなどの部屋作りを快適に行うために、3Dコーディネートサービスを無料でご提供しています。ご自宅の部屋と相性の良い家具やレイアウト、カラーコーディネートなどを自由自在に2Dと3Dの視点で検討できますので、是非ご活用ください。

※ご自身で検討頂くことも可能ですが、以下からは店舗やネットショップにてご相談いただく場合の流れについてご紹介させて頂きます。

3Dインテリアコーディネートの流れ

まずはお持ちの図面をこちらでスキャンし、実際の部屋と同じサイズの空間を作成していきます。図面に合わせた正確なサイズで再現していきますので、いざ部屋に家具を置いた時に、イメージしていた大きさと違うなどの失敗もなく、安心して家具を選ぶことに専念できます。

お客様の生活スタイルや家族構成をお聞きしながら、空間に対して最適な家具配置のご提案を行い、お客様と確認しながら家具を決定していきます。家具やアクセントとなる素材選び、お持ちの家具と合ったサイズとバランスも重視しながら、実際の快適な空間を意識してご案内致します。

実際に作成したお客様の理想空間を、3Dイメージで様々な角度から確認して頂きます。図面ではイメージできない部屋の広さや動線、家具を実際に置いたバランスを3Dで確認して、細かな調整を行いながら最終的な理想の空間を完成させていきます。アクセントカラーや配置の変更もその場ですぐに対応可能です。

完成した3Dイメージをスマートフォン、PCでチェック

a.flatの3Dシミュレーションソフトはダウンロードや登録不要で、ネット回線が接続していれば利用可能。パソコンやスマートフォン、タブレット端末で操作頂けます。作成したデータを家族や知人に見せたり、外出先でご覧頂けるのでいつでも気軽に使うことができます。

関連メニュー

  • マイルーム 〜3Dシミュレーション〜

    マイルーム 〜3Dシミュレーション〜のページです。お気に入りの商品をお部屋にレイアウトして3Dシミュレーションをする事ができます。(無料)ご購入の際に気になる家具のサイズやお部屋の雰囲気をイメージするのに役立てて下さい。また、a.flatではマイルームを使ってお客様のインテリアコーディネートをサポートするサービスもご用意しておます。

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    インテリアコーディネートの無料相談・依頼のページです。お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

a.flatの店舗紹介

ご覧頂いた3Dコーディネートサービスは各店舗にてご対応しております。実際の家具やインテリアを見ながら、縦長リビングダイニングのご相談をされたい方は是非お気軽にご来店ください。また、ご来店が難しい場合は、ネットショップのスタッフにもご相談可能となります。

a.flat大阪梅田店

530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 定休日 無し
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
公共交通機関でお越しの場合

・JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(ご予約制)
公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

a.flat 新宿店
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8 ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

来店せずにメール/電話で相談したい

遠方のお客様や、基本的にメールや電話でご相談のやりとりを行いたい方は、a.flatネットショップのスタッフまで お気軽に相談して下さい。店舗と同様に3Dシミュレーションでコーディネート相談、レイアウト相談などの悩みをお伺いします。

まとめ

縦長のリビングダイニングを快適でおしゃれに変えるポイントについてご紹介させて頂きました。縦長のリビングダイニングでも生活スタイルに合わせて家具選びしたりレイアウトすることで、快適にお過ごし頂けることができます。是非こちらのコラムをご参考に部屋作りをしてみてください。

関連コラム

  • 横長リビングをおしゃれで快適にするレイアウトのコツ ~マンションLDK・10畳・12畳・14畳・20畳~
    横長リビングをおしゃれで快適にするレイアウトのコツ ~マンションLDK・10畳・12畳・14畳・20畳~

    リビングダイニングの間取りには横長や縦長など様々な形がありますが今回のコラムでは「横長リビングダイニング」を特集し、その魅力とレイアウトのコツをご紹介致します。狭いマンションでも横長リビングの部屋は広く見える一方で、壁が少ない為に家具のレイアウトに工夫が必要なことも。10畳・12畳・14畳・20畳など様々な広さの横長リビングでは実際どのように家具やレイアウトを行えば良いのか、実例をご紹介しながらご説明いたします。

  • 正方形リビングをおしゃれで快適にするレイアウトのコツ ~マンションLDK・8畳・10畳・12畳・14畳・20畳~
    正方形リビングをおしゃれで快適にするレイアウトのコツ ~マンションLDK・8畳・10畳・12畳・14畳・20畳~

    リビングダイニングの間取りには横長や縦長、正方形など様々な形がありますが、このコラムでは「正方形リビングダイニング」の魅力やレイアウトのコツをご紹介。狭いマンションでも正方形リビングの部屋は広く見える一方で、実際に家具配置すると思ったより狭かったという事をよく聞きます。8畳・10畳・12畳・14畳・20畳など様々な広さの正方形リビングにおいて、どのように家具やレイアウトを行えば良いのか、実例をふまえながらご紹介致します。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、a.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
a.flatスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。
※2022年3月最新カタログリリース

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2022 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.