• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

毎日の眠りを充実させる正しいベッドの選び方

公開:2021/5/31

更新:2021/5/31

ライター:目黒通り本店濱尾

毎日の眠りを充実させる正しいベッドの選び方

日々を体調良く、健康に過ごすために欠かせない睡眠。充実した睡眠を得られるかは、適切なベッドが選べているかで大きく変わります。生活リズムやコンディションを保つために、ベッドやマットレスの選び方はとても重要な要素。さまざまなタイプがあるベッドの中から、自分に合ったベッドフレームやマットレスを選ぶためにはどのようにすれば良いのでしょうか。今回は、そんな悩みを解消する正しいベッドの選び方を紹介します。

日々の睡眠を支えるベッドの正しい選び方とは?

充実した睡眠を叶えるために、重要な役割を担っているベッド。そんなベッドを選ぶ際のポイントは「レイアウト」「サイズ」「機能性」「デザイン」「使い心地」と様々です。そのひとつひとつを確認して、自分にとって最適なベッドを選び、安らげる寝室を作りましょう。

毎日を快適に、健康に過ごすためには、充実した睡眠は必要不可欠です。睡眠には疲労回復やストレス解消などの効果があり、その効果を高めるためには、自分にとって適切なベッドを選ぶことが大事になります。

見た目と使用感どちらも満足のいくベッド選びが大事

快適な寝室を作るために使い心地の良いベッドを選ぶことはもちろんですが、正しいサイズやおしゃれなデザインのベッドを選ぶことで、より充実した寝室を作ることができます。見た目と使用感、どちらも満足のいくベッドを選び、寛ぎのある寝室を作りましょう。

■おしゃれな見た目・デザイン
寝室の主役であるベッド。見た目、デザインをおしゃれにすることで、空間のインテリア性を高めることができます。

機能性・使用感
寝室はおしゃれなだけでなく、使い心地もとても重要なポイント。機能性や使用感にも優れたベッドを選ぶことで、睡眠を充実させることができます。

ベッドの選び方【4つのポイント】

正しいベッドの選び方で重要なポイントは、大きく分けて4つ。「ベッドサイズの選び方」「ベッドフレームの選び方」「ベッドフレーム×マットレスの選び方」「永く使えるベッドの選び方」です。この4つの項目を、ひとつづつ具体的に紹介してい行きます。

  1. ベッドサイズの選び方

  2. ベッドフレームの選び方

  3. ベッドフレーム×マットレスの選び方

  4. 永く使えるベッドの選び方

1.ベッドサイズの選び方

まず初めに、ベッドを選ぶ上で決めなければならないベッドサイズ。小さければ使いにくく、だからといって大きければ大きいほど良いわけではありません。使用人数や寝室の畳数などから、使い心地とゆったりとした見た目を両立できるサイズが、ベッドサイズの正しい選び方になります。

使用人数や畳数から適切なベッドサイズを選ぶ

ベッドサイズは「使用人数」と「寝室の広さ」の2つを軸に考えることで、正しく選ぶことができます。また、ベッドを置く部屋にデスクやソファなど他に置きたい家具がある場合は、それらをふまえたベッドの選び方が必要です。

■使用人数から選ぶ
ゆったりと安らげるベッドサイズを確認し、快適な睡眠を手に入れましょう。2人で使う場合は、お互いの睡眠を邪魔しない広さのベッドが必要です。

■間取りから選ぶ
ベッドを設置したい部屋の広さから、適切なベッドサイズを確認しましょう。丁度良いサイズであれば、寝室をゆったりと魅せることができます。

ベッドサイズから見るおすすめの使用人数

使用人数からベッドサイズを決める際は、一人が十分に寛げるサイズを目安に選びましょう。こちらの章では、シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズ、クィーンサイズ、キングサイズの5種類から、使用人数に適したおすすめのサイズを紹介します。

シングルサイズの目安と特徴

シングルは大人一人用の一般的なサイズになります。コンパクトなワンルームや寝室におすすめの、場所を取らないサイズです。男性は寝返りをうちにくい場合もあるため、実際に試して使い心地を確かめてみましょう。

セミダブルサイズの目安と特徴

シングルサイズに比べて、約230mm程幅に余裕が出るセミダブルサイズ。ゆったりと使うことができる一人用のサイズになります。あくまで一人用にはなりますが、二人で使用することも可能なサイズです。

ダブルサイズの目安と特徴

ダブルは大人2人が使用する一般的なサイズです。2人で使用できるベッドサイズの中ではコンパクトな部類に入るため、部屋のスペースを取りすぎない使い勝手の良いサイズといえます。

クィーンサイズの目安と特徴

大人2人でゆったりと寛ぐことができるクィーンサイズのベッド。大きいベッドは高級感があり、ホテルライクな寝室を演出します。また、小さなお子様と一緒に寝るスペースもあり、ファミリーにもおすすめのサイズです。

キングサイズの目安と特徴

キングサイズはシングル2台置きがおすすめ。同じサイズになるシングル2台置きにすることで、お互いの寝返りの振動が伝わらなかったり、マットレスのメンテナンスがしやすくなるなどのメリットが増えます。

間取り・畳数に適したベッドサイズの選び方やレイアウト

ベッドを選ぶ際に使用人数と合わせて考慮したいポイントが、間取り・畳数に適したベッドサイズの選び方です。必要以上にベッドが大きいと、寝室が過ごしにくくなったり、見た目に圧迫感を感じてしまう可能性があります。自宅の間取り・畳数に適した適切なベッドサイズを選び、快適な生活動線を確保しましょう。

ワンルームのベッドサイズ目安・レイアウト

ワンルーム6畳
スペースが限られるため、シングルベッドが基本のサイズとなります。また、部屋を広く見せてくれるロータイプのベッドがおすすめ。

ワンルーム8畳
ソファを設置しやすいのはシングルベッド。ですが、日々ゆとりを持って寝たい方はセミダブルベッドも設置可能です。

ワンルーム10畳
ベッドフレーム自体のサイズにもよりますが、部屋にゆとりがあるためセミダブルベッドをレイアウトしても圧迫感を感じにくい間取りの広さです。

ワンルーム12畳
部屋にかなりゆとりがあるため、ダブルベッドの配置が可能になります。家具サイズ、レイアウト共に自由度が高いコーディネートが実現できます。

寝室のベッドサイズ目安・レイアウト

寝室4.5畳
セミダブルベッドでも十分に配置が可能。ダブルベッドを配置すると、多少圧迫感が生まれる心配があるため、ロースタイルベッドを選んでもいいですね。

寝室6畳
ダブルベッドとその他の家具を合わせて設置できる間取りです。広々とした寝心地を叶えられ、クィーンベッドも選択肢に入れることができます。

寝室8畳
クィーンベッドまでゆったりとレイアウトできます。各々がゆったり寝たい、お子様と三人で寝たい際はシングルベッドの2台置きも可能。

寝室10畳
間取りにゆとりがあるため、希望のベッドサイズやその他家具が自由に配置可能です。高級感のあるホテルライクな寝室を作ることができます。

ベッドフレーム以外に配置したい家具も合わせて考える

使用人数や間取りのほか、寝室にベッド以外に置きたい家具がある場合は、それをふまえたレイアウトが必要です。例えば在宅ワーク用のデスク本棚など、寝室を快適に使用できるようにゆったりとした動線を意識して家具を配置しましょう。

2.ベッドフレームの選び方

設置できるベッドサイズがわかったら、次はベッドフレームの選び方です。ベッドフレームには様々なデザインがあり、マットレス設置面の高さや、フレームの機能性などから、好みに合った形を選ぶ必要があります。おしゃれで使い心地の良いベッドフレームを選び、快適な寝室を叶えましょう。

好みのベッドフレームを選んで自分好みの寝室をつくる

おしゃれなベッドフレームなら、リゾートテイストや北欧テイストなど、自分が作りたいコーディネートを叶えることができます。機能性はもちろん重要ですが、機能性プラス見た目が好みのおしゃれなベッドフレームを選び、充実した寝室を作りましょう。

ベッドフレームは見た目・おしゃれさ・機能性から選ぶ

ベッドフレームは、「見た目」「おしゃれさ」「機能性」の3つのポイントを踏まえた選び方が大事。見た目が気に入ったおしゃれなベッドフレームで好みの寝室づくりをし、機能性も充実しているベッドで寝室の快適度をアップさせましょう。

開放感を演出するロータイプのベッド

ベッドフレームのデザインで、とても人気のあるロータイプ。ロータイプベッドの魅力は、なんといっても開放感のある寝室を作れることです。寝室を広く見せ、ゆったりと安らげる寝室を叶えることができます。また、高さが低いためもともと布団を使っていた方も取り入れやすいベッドフレームです。

スタイリッシュでシンプルな取り入れやすいデザイン

シンプルで洗練されたデザインの、ロータイプのベッドフレーム。テイストの邪魔をしない取り入れやすいデザインのため、様々なコーディネートに馴染みます。圧迫感を与えにくく、ワンルームやコンパクトな寝室にも設置がしやすいベッドで、空間に開放感を与えることができます。

マットレスの高さに合わせてヘッドボードを選べる

a.flatのローベッドは、ヘッドボートの高さを選ぶことができます。また、後からヘッドボードパーツのみ組み換えることもできるため、使っているマットレスの高さが変わっても使用することが可能です。

■低いマットレスにおすすめ
高さの低いウレタンマットレスに合わせて、低いヘッドボードを合わせています。

■厚いマットレスにおすすめ
厚みのあるコイルマットレスに合わせて、高さのあるヘッドボードを取り付けています。

■どのマットレスにもおすすめ
ヘッドボードが無いタイプは、最も空間をすっきり見せることができます。

関連メニュー

  • チーク・ローベッド特集 ~チーク角材を組み上げたデザインが魅力~

    チーク・ローベッド特集 ~チーク角材を組み上げたデザインが魅力~のページです。チーク角材を組み上げたデザインで、独特の存在感が魅力のチーク・ローベッド。チーク角材をそのまま生かしたスクエアなフレームがアジアらしさを感じさせます。フレームには高度な技術を要する「留め加工」を施すことで、角材感を表現しています。

ホテルライクな寝室が叶う羽根型フレームのローベッド

こちらもロータイプのベッドフレームですが、羽根型になっているフレームデザインが特徴的。寝室のインテリア性を高めることができるおしゃれなベッドフレームです。ルーバーデザインのヘッドボードが、リゾートホテルのような空間を演出します。

寝室のアクセントになるおしゃれなヘッドボード

緩やかな曲線を描いた、立体感と陰影を感じるルーバーデザインのヘッドボード。ベッドルームの主役に相応しい存在感が魅力のベッドフレームです。このように寝室の主役になるおしゃれなベッドフレームを選ぶことで、寝室の雰囲気をガラッと変えることができます。

サイドボードに小物を置くなど使い勝手も良いデザイン

羽根型のベッドフレームは、寝室のインテリア性を高めてくれるだけでなく使い勝手も良いデザイン。サイドボードを携帯などの小物置き場として活用することができます。コンセント付きであれば、利便性がよりアップしますね。

関連メニュー

  • コト・ローベッド特集 ~ホテルライクなリゾートスタイル~

    コト・ローベッド特集 ~ホテルライクなリゾートスタイル~のページです。マットレスを低く、スタイリッシュに魅せるフレームデザインが、アジアの「ロースタイルな暮らし」を実現するコト・ローベッド。サイドテーブルと照明のある佇まいは、リゾートホテルにいるかのような気分にさせてくれます。

温かみのある無垢材の風合いが魅力のベッド

自然のリラックス感を味わえる、温かみのある無垢材を使用したベッドフレーム。無垢材の温かみによって、木々に囲まれているかのような癒しの寝室づくりが可能です。グリーンなどの自然を連想させるカラーとの相性もよく、寛ぎ感が欲しい寝室にぴったりのベッドフレームデザインです。

無垢材の癒しが心地良い眠りをもたらすベッド

木そのものの風合いを感じられることが、無垢材ベッドの最大の魅力です。自然を感じることでリラックスした気持ちになれます。また、こういった自然素材から作られた家具は、経年変化も楽しめて、愛着を持って永く使用できる点も良いですね。

立ち座りのしやすいスタンダードな高さのベッドフレーム

スタンダードな高さのベッドフレームは、立ち座りのしやすさが優れています。また、ベッドに腰かけて本を読んだり、携帯を見たりと、寝る前のひと時を快適に過ごすことができます。他には、脚元の掃除がしやすい点もメリットです。

関連メニュー

  • ムク・ベッド特集 ~「無垢材の癒し」を感じる快眠ベッド~

    ムク・ベッド特集 ~「無垢材の癒し」を感じる快眠ベッド~のページです。「無垢材の癒し」により心地良い眠りをもたらすムク・ベッド。無垢材ならではの質感や木目、さらに照明から漏れる灯りの癒し効果によってあなたを快眠へと誘います。無垢材で作られたヘッドボードのランダムな材幅と、スリットが生み出すリズム感のあるルーバーデザインも魅力です。

抜群の大容量で寝室を片付けやすい収納付きベッド

スタイリッシュなデザインと、高い収納力を兼ね備えたベッドフレーム。ベッドを設置したい部屋に、収納スペースが少ない場合に活躍するベッドフレームです。生活感のある物を隠すことで、空間をすっきりと魅せることができます。

ヘッドボード収納が充実したデザイン

ヘッドボード部分は、メガネや本、携帯など小物類をしまえるような仕様だと便利です。ごちゃごちゃと見えてしまう生活感のあるものは隠し、おしゃれな照明などのインテリアは見せるといった、使い分けができるタイプでおしゃれな寝室を作りましょう。

収納の少ない寝室もすっきりさせることができるベッド

ワンルームや収納の少ない寝室でも、ベッド下の引き出し収納を使えば、すっきりとした空間を作ることができます。

もう片側はパネルを外すとオープンスペースがあります。市販の収納ケースを併用し、こちらも収納として使うことが可能です。

関連メニュー

  • ラック・ベッド特集 ~「収納力」たっぷりのベッド~

    ラック・ベッド特集 ~「収納力」たっぷりのベッド~のページです。「収納力」はもちろん、デザイン性にもこだわったラック・ベッド。ベッド下やヘッドボードの大容量収納とリズムを感じるルーバーデザインが魅力です。サイドテーブル約2台分の「収納棚」を備えたヘッドボード、ベッド下収納にはキャビネット約1台分の「大容量引出」が用意されてます。

3.ベッドフレーム×マットレスの選び方

ベッドフレーム同様に、マットレスにも様々な種類があります。マットレスの仕様によって寝心地が変わり、人によってそれぞれ好みは異なります。快適な睡眠には欠かせないアイテムになるため、しっかりと使い心地を確かめて決める必要があります。こちらの章では、おすすめのベッドフレーム×マットレスの組み合わせを紹介します。

ベッドフレームのデザイン・高さに合わせたマットレス選び

マットレスはベッドフレームと必ずセットで使用するものになるため、ベッドフレームのデザインや高さに合わせて組み合わせを考える必要があります。厚さのあるマットレスは、ローベッドと組み合わせて開放感を保つことができたり、組み合わせ次第でデメリットを解消することも可能です。

マットレス選びは寝心地とベッドフレームとの相性が大事

マットレスは実際に試してみるのが一番です。「寝返りの打ちやすさ」を目安にマットレスを選ぶと、失敗をしにくく自分に合ったマットレスを見つけることができます。一般的な厚さ200mm前後のマットレスに、スタンダードなベッドフレームを組み合わせると、立ち座りがしやすく使いやすいベッドにすることが可能です。

厚さのあるダブルスプリングマットレスにおすすめのベッド

最上級の寝心地と、ホテルのような高級感のある寝室を演出できるダブルスプリングマットレス。しかし、一般的にマットレスに比べて厚さがあり、圧迫感を与えやすくなってしまいます。しかし、ベッドフレームとの組み合わせ次第で、開放感を保ったまま寝室に取り入れることができます。

落とし込み式のローベッドで開放感を保つ

厚さのあるマットレスでも、落とし込み式のローベッドなら寝室を広く見せることができます。また、ロースタイルのベッドで立ち座りが大変に感じる場合は、あえて厚さのあるマットレスを選ぶことも、ベッドを使いやすくする一つの方法です。

ダブルスプリングマットレスにおすすめのベッド組み合わせ例

厚さのあるダブルスプリングマットレスには、落とし込みタイプのローベッドがおすすめ。マットレスの厚さを感じさせず、寝室に圧迫感を与えにくいためです。

スタンダードなポケットコイルマットレスにおすすめのベッド

現在マットレスの主流となっているポケットコイルマットレス。コイル一つ一つが独立した仕様になっているため耐圧分散性に優れ、快適な寝心地を味わえるマットレスです。厚さ約200mmと使いやすく、スタンダードベッド、ローベッドなど様々なベッドフレームに組み合わせられます。

スタンダードベッドとの使いやすい組み合わせ

スタンダードベッド×コイルマットレスは最も一般的で、非常に使いやすい組み合わせ。失敗しにくく、初めてベッドとマットレスを揃える方にもおすすめです。床からの高さも十分にあるため、ほこりなども感じにくく実用的な組み合わせパターンとなります。

コイルマットレスにおすすめのベッド組み合わせ例

コイルマットレスとスタンダードベッドの組み合わせ。最も定番の組み合わせであり、使い勝手も良いです。組み合わせで迷っている場合は、失敗しにくいためおすすめになります。

立ち座りのしやすいローベッドと組み合わせる

ベッドフレームの高さを抑えることで、より開放的な寝室を作ることができるローベッド。低いと立ち座りがしにくくなるというデメリットがありますが、脚付きのローベッドフレーム×コイルマットレスであれば、ある程度の高さを保つことができるため、その点を解消することができます。

コイルマットレスにおすすめのベッド組み合わせ例2

コイルマットレスに、ロータイプのベッドを組み合わせた例。厚さのあるマットレスを組み合わせることで、ローベッドのデメリットである「立ち座りのしにくさ」「床から近く埃を感じやすい」といった点を解消しつつ、開放感を保つことができることです。

薄いウレタンマットレスにおすすめのベッド

布団の寝心地に近い適度な硬さをもったウレタンマットレス。マットレスの厚さが100mm程度のため、圧迫感を出したくない方、寝室をすっきりと魅せたい方におすすめです。また、マットレスは定期的に上下位置を交換すると長持ちしやすいですが、その際に持ち運びがしやすい点も魅力です。

開放感を演出できるローベッドとの組み合わせ

ウレタンマットレス×ローベッドの組み合わせは、最も開放感を演出できる組み合わせです。ゆったりしたリゾートテイストの寝室など、非日常的な空間を味わうことができます。また、床との高さが近いため、もともと布団の寝心地が好みの方にもおすすめです。

ウレタンマットレスにおすすめのベッド組み合わせ例

高さの低いローベッドをウレタンマットレスに組み合わせることで、寝室を広く見せることができる組み合わせ。また、コイルマットレスなどに比べて、硬めの寝心地が好みの方にもおすすめです。

4.永く使えるベッドの選び方

毎日長時間使用するベッドの選び方は、品質の良さはもちろんですが、「ライフステージが変わっても使えるか」といった点も重要なポイント。頻繁に買い替えるアイテムではないため、引っ越し先に持っていけるか、メンテナンスサービスが整っているかといった点からもベッドを選びましょう。

ベッドの選び方はライフステージが変わっても使えるかがポイント

ベッドの選び方で重要な点は、永く使えるかどうか。引っ越しや住居人数の変化など、ライフステージが変わっても使えるベッドであれば、10年単位で使用することも可能です。例えば実例のように、引っ越しを想定してシングルサイズで使い、引っ越し後に1台追加することで、キングサイズとして永く使うことができます。

引っ越し前は、ワンルームにシングルベッド1台で使用しています。シングルサイズにすることで、引っ越し後にもう1台買い足して使うことができます。

引っ越し後に、シングルサイズを1台買い足して、キングサイズのベッドとして使用。ライフスタイルの変化に合わせて、永く愛用することができますね。

ライフステージが変わったりした際に、買い替える必要がなく永く使えるベッドにはどのような特徴があるでしょうか。永く使えるベッドを選ぶ際は大きく分けて4つのポイントがあるため、そちらを紹介していきます。

1.組み立て、搬入のしやすさで選ぶ

組み立て式のベッドであれば、搬入ができるかどうかの心配が消えます。自宅の玄関までの通路がせまくても、安心して搬入することができますね。組み立て式はもちろん解体することもできるため、新居への引っ越しの際に搬出もしやすくなります。

マットレスもハーフサイズを選べば搬入出がしやすい。

2.ハーフサイズのマットレスを選ぶ

解体のできないマットレスは、ダブルやクイーンなど大きなサイズだと搬入ができない場合があります。そんな時は、ハーフサイズのマットレスを選ぶことで、搬入・搬出の問題を解決することができます。

3.耐久性の高いベッドを選ぶ

耐久性の高いベッドの選び方には、2つポイントがあります。1つはシンプルなデザインのベッドを選ぶこと。折り畳み式などの機能付きのベッドに比べて耐久性が高くなります。そして2つめは、木製のベッドを選ぶことです。スチール製やパイプ製のベッドに比べて、素材の寿命が長いためです。

4.メンテナンスサービスが充実しているベッドを選ぶ

ベッドを使用していくうちに発生してしまう、劣化や破損。メンテナンスサービスが整っていれば、そういった点も安心して永く使用することができます。a.flatのベッドは、すのこやベッドフレームの部分的なパーツの修理、引き取りメンテナンスも承っています。

シングルサイズを並列してキングサイズでも使えるベッド

シングルサイズのベッドは、2台並べることでキングサイズのベッドとしても使用することができます。ベッドフレームをセパレートすることで、ライフステージに合わせて永く使用することができますね。このように拡張したい場合は、横並びが可能なベッドフレームなのかを確認して選びましょう。

シングルベッド2台使いは、2種類のレイアウトが可能なためおすすめです。

■ツインベッドとして使う
ライフスタイルや間取りに合わせて、2台を離してツインベッドの様に使えます。リゾートホテルのツインルームのような寝室を作ることができます。

■キングサイズのベッドとして使う
2台並列でマットレスが寄せられるベッドフレームは、キングサイズとして使えます。このように、ライフスタイルに合わせたレイアウトが可能です。

オリジナルで永く販売しているベッドで拡張する

ベッドを二つ並べて拡張する際は、そのベッドがオリジナル製品か、永く販売している定番シリーズなのかを確認しましょう。定番商品は廃盤になる可能性が低く、数年後に買い足す際に、同シリーズのベッドの展開が続いている可能性が高いためです。

関連コラム

  • 【特集】引越しても処分せずに永く使い続けられる家具の選び方
    【特集】引越しても処分せずに永く使い続けられる家具の選び方

    引越しても永く使い続けることができるかは、初めの家具の選び方に関わってきます。永く使える家具を選ぶことで引越し先でも買い替えることなく使い続けることができ、また家具の処分という面倒な手間もかからなくなります。引越しても処分せずに永く使える家具とはどんなものなのか、引越し先で使い方の実例を挙げながらご紹介します。

ベッドサイズ別のおしゃれなインテリアコーディネート実例紹介

こちらの章ではベッドサイズ別の、寝室のインテリアコーディネート実例を紹介します。住居人数や間取りに適した正しいベッドの選び方をもとに、寛ぎのある寝室を叶えたベッド実例。各実例でコーディネートもそれぞれ異なるため、好みの寝室を見つけて自宅の空間づくりに活用してみてはいかがでしょうか。

シングルベッドのインテリア実例

8畳ほどのワンルームや、4.5畳くらいのコンパクトな寝室に適したシングルベッドのインテリア実例。狭い間取りでもシングルベッドであれば、極力スペースを取らずに配置することが可能です。また、収納付きベッドやローベッドであれば、部屋をよりすっきりと見せることができます。

収納の少ないワンルームをすっきりと魅せるベッド実例

ワンルームなどの比較的コンパクトな間取りは、収納スペースが少ないことも多く、散らかった印象を与えてしまいがちです。そのような悩みがある場合は収納付きベッドにすることで、物をしまって空間をすっきりと魅せることができます。

7~8畳のワンルームに、シングルベッドをレイアウト。ソファやテレビボードなどを設置しても、圧迫感のない空間が叶います。

大容量の収納付きで、部屋をすっきりと魅せることができるベッドフレーム。見えているものを少なくすることで、清潔感を空間に与えることができます。

関連コラム

開放感と和の佇まいを演出するロータイプのベッド実例

寝室に開放感を演出するロータイプのベッド。狭いワンルームや、寝室に対してやや大きめのベッドを置きたい時などに、圧迫感なく設置することができます。また、床からの距離が近いため「和」テイストとの相性も良く、和室にベッドを置きたい場合にもおすすめです。

6畳の寝室に、シングルサイズのローベッドをレイアウト。スペースにとても余裕があり、大き目のキャビネットなども合わせて設置できる組み合わせです。

ロースタイルのベッドと淡いグレーのインテリアコーディネート。インテリアコーディネートで、洗練された和モダンな寝室を演出しています。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート

    和モダン風のインテリアは一人暮らしのような限られた空間、ワンルーム・1LDKでも馴染みやすいテイストです。和の趣を感じる床座生活と洋の暮らしが可能なソファを一緒に置くなど、和洋折衷に部屋を作れるのが和モダンインテリアの魅力です。ワンルームと1LDK、二つの異なる間取りで一人暮らしの和モダンインテリアを叶える部屋の作り方をご紹介します。

セミダブルベッドのインテリア実例

続いては、セミダブルサイズのベッドを選んだインテリア実例。セミダブルのベッドはシングルに比べてゆとりが生まれるため、寝返りもしやすくゆったりと睡眠をとることができます。主に一人用として使われますが、2人で使うことも可能ではない使い勝手の良いサイズです。

ホテルライクなリゾートスタイルを叶えたベッド実例

セミダブルのローベッドを、リゾートスタイルにコーディネートしたベッド実例。ホテルライクな寝室を演出する羽根型のベッドフレームや、海を感じさせる爽やかなブルーのインテリアコーディネート。広々とした開放感を味わえる寝室となっています。

落とし込み式のベッドフレームで、とても広々とした寝室のレイアウト。中央にベッドを設置して、高級感のある印象を与えています。

クッションやフットスローに、鮮やかなブルーを取り入れて統一感を演出。清涼感のある爽やかなカラーコーディネートでより開放的な空間に。

関連コラム

ハワイの情景をイメージした温もり感のある無垢材ベッド実例

こちらはハワイの穏やかな山々や、大地のカラーをコーディネートに取り入れたベッド実例。自然を感じられるゆったりとした寛ぎを演出しています。実例のように、自然の色であるアースカラーのインテリアを取り入れることで、リラックス感のある寝室を叶えることができます。

寝室の家具はベッドのみをレイアウト。寝室に収納が付いている場合は、このように間取りに対して大き目のベッドを選ぶことも一つの方法です。

寝室のライトを間接照明にすることで、昼間とはまた違った印象を与えることができます。オレンジの灯りが、温かみのある空間を作ります。

関連コラム

ダブルベッドのインテリア実例

1人~2人で使うことができるダブルサイズのベッド実例。2人でもゆったりと使用することができる上に、クイーンサイズやキングサイズに比べて配置もしやすいため、選ぶ方も多いベッドサイズ。サイドテーブルなど、ベッド以外の家具も取り入れやすいサイズです。

素敵な眺望を活かした書斎兼寝室のローベッド実例

寝室にダブルサイズのベッドとワークデスクを取り入れたベッド実例。ロータイプのベッドを取り入れているため、デスクを配置しても圧迫感のない開放的な空間を保っています。素敵な眺望を眺めながら、プライベートな時間を味わえる寝室のコーディネートです。

間取りに対して余裕のあるベッドサイズをレイアウト。空いたスペースにデスクを配置して、寝室兼書斎の空間を作っています。

タワーマンションの眺望を活かしたデスクのレイアウト。美しい景観を眺めながら、開放的な気分で仕事に臨めそうなスペースを叶えています。

関連コラム

  • 【インテリア実例】2回目の引っ越しと模様替えで叶えた理想の暮らし
    【インテリア実例】2回目の引っ越しと模様替えで叶えた理想の暮らし

    引っ越しの際は暮らしをより充実させたり、自身が希望するインテリアを叶えたいという方は多いかと思います。このコラムでは、2回の引っ越しを通してインテリアの模様替えを中心に行って、理想的な暮らしを実現したインテリア実例をご紹介します。住居が変わっても、家具を変えずに模様替えを行える点がポイントです。

爽やかな1LDKから繋がる寝室を演出した収納ベッド実例

1DKに配置したソファの後ろに、ダブルサイズのベッドをレイアウトした実例。収納付きのベッドを活かして、すっきりとした空間を演出しています。ブルーのインテリアで揃えて統一感を与え、1LDKから寝室までひとつながりの印象があるコーディネートになっています。

1LDKから寝室まで、ひとつながりな印象のレイアウト。間取りの形に沿ってレイアウトがされているため、生活もしやすい空間となっています。

濃淡の異なる様々なブルーのインテリアを取り入れています。自然の景色を連想させる色合いで、リラックス感のあるコーディネートを演出しています。

関連コラム

  • 【インテリア実例】1LDKのリビング・ダイニングに書斎を取り入れたマリンブルーのコーディネート
    【インテリア実例】1LDKのリビング・ダイニングに書斎を取り入れたマリンブルーのコーディネート

    自宅で仕事をしたり、趣味を楽しんだりと多様な使い方が出来る書斎・ワークスペース。こだわりのインテリアも表現しやすい空間です。書斎専用の部屋を確保することが難しくても、リビングやダイニング・寝室にワークスペースを設けて、憧れの書斎インテリアを取り入れることが出来ます。今回は、1LDKのリビングに書斎・ワークスペースを取り入れたマリンブルーの爽やかなインテリアでコーディネートされたお客様実例をご紹介致します。

クイーンベッドのインテリア実例

二人でもゆったりと使うことができるクイーンサイズのベッド実例。小さなお子様がいる家庭でも、大人2人と子供1人で十分に使えるサイズ感が魅力です。ベッドサイズが大きくなる寝室は、圧迫感がでないレイアウトやインテリアを統一させてすっきりと魅せるようにする空間づくりがポイントです。

無垢材のベッドフレームを中心に温かみのあるベッド実例

無垢材のベッドフレームを中心に、暖色系でインテリアコーディネートをしている温かみのあるベッド実例。無垢材と相性の良いブラウンやレッド、オレンジといった同色系のインテリアでまとめ、統一感を演出しています。ボタニカル柄のクッションアートパネルをアクセントに、寛ぎのある空間となっています。

6畳の寝室に、クイーンサイズのベッドをレイアウト。壁に寄せることで、ゆとりのある動線を作り出しています。

アッシュ無垢材を贅沢に使用したヘッドボード。無垢材でしか感じることのできない、温かみのある質感と木目に癒されます。

関連コラム

アジアンリゾートのような寝室を叶えたローベッド実例

クイーンサイズのロータイプベッドを取り入れた実例。インテリア性の高い羽根型のベッドフレームや、壁一面に広がる石材や爽やかなバーチカルブラインドが、リゾートホテルのような空間を演出しています。また、パープル×イエローのアクセントになるカラーコーディネートで、空間に華やかさを演出しています。

寝室6畳にクイーンサイズの大きいベッドをレイアウト。ローベッドにすることで、見た目の圧迫感やスムーズな動線を確保することができています。

落とし込み式のベッドを取り入れて、インテリア性の高い寝室。旅先のホテルのようなおしゃれな印象を与えています。

関連コラム

  • おしゃれなベッドフレームのおすすめ12選~選び方や実例をご紹介~
    おしゃれなベッドフレームのおすすめ12選~選び方や実例をご紹介~

    寝室や一人暮らしのワンルームなどの狭い部屋では、おしゃれなベッドフレームを選ぶことがインテリアコーディネートに大きな影響をもたらします。そしておしゃれなベッドフレームとは、デザイン性だけでなく機能性や収納性に優れたものまで様々な種類があります。そこで今回はベッドフレームの選び方や、人気のおしゃれなベッドフレームについてご紹介します。自分に合ったおしゃれなベッドを選んで、快適な睡眠環境を整えましょう。

キングベッド(シングルベッド2台)のインテリア実例

最後は、キングサイズのベッド実例。キングサイズと同じサイズである、使い勝手の良いシングルサイズ2台置きの実例を紹介します。また、はじめはシングル1台で使用し、引っ越しのタイミングで1台追加してキングサイズのベッドとして使うこともでき、後々レイアウトの変更もきくためおすすめです。

キングサイズをシングル2台で叶えた無垢材ベッド実例

シングル2台を並べて、キングサイズのベッドとして使用している実例。シングルのベッドフレームに合わせてマットレスも分けているため、お互い寝返りをうった際などに振動が伝わりにくく、質の良い睡眠を叶えてくれる寝室となっています。

10畳以上の広々とした空間に、シングル2台をレイアウト。ラウンジチェアデスクなども配置し、贅沢な時間を味わえるコーディネートを叶えています。

脚元が抜けていて、すっきりとした印象を与えるベッドフレーム。シングル2台置きでも圧迫感の出にくいデザインです。

関連コラム

シングル2台を離した設置でお互い安らげるローベッド実例

こちらはシングル2台を離して設置したベッド実例。寝室のほとんどのスペースをベッドが占めていますが、ロータイプを選ぶことで圧迫感のない開放的な印象を保っています。こちらもお互いのパーソナルスペースをしっかり確保できている実例になります。

ツインベッドの設置で、ホテルライクな空間を演出。また、お互いの睡眠に干渉することがなく、快適な寝心地を与えるレイアウトパターンとなります。

ベッドルームを優しく包み込むテーブルランプ。睡眠前のひとときを寛ぎのある時間に変えてくれるインテリアです。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】高級感漂う ホテルライクなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】高級感漂う ホテルライクなインテリアコーディネート

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)を高級感漂うラグジュアリーな雰囲気にしたいときには、ホテルライクなインテリアや家具でまとめましょう。ワンルームから1LDKをリゾートホテルのようなロースタイル家具で統一することで、部屋を開放的な空間にすることが出来ます。ぜひ、ホテルライクなインテリアコーディネートを活用してワンランク上の一人暮らしライフをお楽しみ下さい。

適切なベッドが分かり易く選べる3Dシミュレーション

a.flatの3Dシミュレーションは、自宅の間取りサイズを正確に再現することが可能です。そのため、適切なベッドサイズの選び方やレイアウトパターンなどを安心して検討頂けます。さらにインテリア類も反映させることができるため、好みの空間づくりにとても役立つツールになっています。

3Dコーディネートサービスの流れ

1 . 寝室の内装を再現した2D画面を作成する
まずお持ちの図面に記載された寸法を元に、サイズや内装などを忠実に再現したご自宅の間取りを作成します。

2.ベッドサイズ・レイアウトを確認する
ベッドをレイアウト予定の部屋に、検討しているサイズのベッドを置いてサイズバランスの確認、様々なレイアウトパターンを確認します。

3 . その他の家具を配置したイメージを確認する
ベッドを置く空間に、例えばデスクや収納など、その他置きたい家具を取り入れて、生活動線などを確認することができます。

4. インテリアで自分好みにコーディネートする
ベッドスプレッドやクッション、照明などのインテリア類も反映可能。リアルな3Dで好みの寝室づくりを楽しむことができます。

5.正しいベッドの選び方を取り入れた理想の寝室が完成

3Dシミュレーションを活用してコーディネートされたベッド実例。寝室に合った適切なベッドサイズや、デスクとの兼ね合いなど、過ごしやすいレイアウトを作ることができました。また、グリーン&ブラウンのコーディネートを事前に3Dで確認し、統一感のあるおしゃれな寝室を叶えています。

関連メニュー

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    インテリアコーディネートの無料相談・依頼のページです。お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

a.flatの店舗紹介

a.flatの店舗では様々なベッドタイプ、ベッドサイズの展示を多数ご用意しております。それぞれが寝室を想定した展示となっており、その他の家具と組み合わたレイアウトを確認することができます。また、異なるテイストのインテリアコーディネートがされているため、寝室の空間づくりの参考にもなりますので是非ご来店ください。(左記は目黒通り本店のコーディネート例)

■a.flat目黒通り本店
都立大学駅から徒歩7分
自由が丘駅から徒歩10分
定休日:水曜日・木曜日

■a.flat新宿店
新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分
定休日:火曜日

■a.flat大阪梅田店
大阪駅/梅田駅から徒歩3分
グランフロント大阪北館5F
定休日:水曜日

まとめ

今回紹介させて頂いた、ベッドの選び方のコラムはいかがだったでしょうか。正しいベッドの選び方を把握して寝室をコーディネートすることで、おしゃれで過ごしやすい空間を叶えることができます。特に安らぎが求められる寝室は、慎重に家具やレイアウトを検討する必要がありますが、そのような部屋作りに活用いただければ幸いです。

おすすめコラム

  • おしゃれなベッドフレームのおすすめ12選~選び方や実例をご紹介~
    おしゃれなベッドフレームのおすすめ12選~選び方や実例をご紹介~

    寝室や一人暮らしのワンルームなどの狭い部屋では、おしゃれなベッドフレームを選ぶことがインテリアコーディネートに大きな影響をもたらします。そしておしゃれなベッドフレームとは、デザイン性だけでなく機能性や収納性に優れたものまで様々な種類があります。そこで今回はベッドフレームの選び方や、人気のおしゃれなベッドフレームについてご紹介します。自分に合ったおしゃれなベッドを選んで、快適な睡眠環境を整えましょう。

  • 【おすすめローベッド特集】アジアンリゾートの心休まるベッドルームを自宅に
    【おすすめローベッド特集】アジアンリゾートの心休まるベッドルームを自宅に

    狭いベッドルームにおすすめのローベッド。おしゃれで開放的な空間を演出してくれます。こちらのコラムではローベッドのデザイン別のおすすめポイントや長く使える良質なローベッドの見分け方等を紹介しています。また、おすすめのローベッドを使用した、アジアンリゾートのようにおしゃれなコーディネート実例も多数紹介しています。是非、参考にされてみて下さい。

  • 「ダークブラウンのベッド特集」- 安眠へと誘う 大人の落ち着いたベッドルーム -
    「ダークブラウンのベッド特集」- 安眠へと誘う 大人の落ち着いたベッドルーム -

    ベッドルームの主役となるベッド。居心地が良く、それでいて落ち着いた雰囲気のベッドルームには木製のダークブラウンのベッドがおすすめです。こちらのコラムではダークブラウンの魅力や実例をご紹介しています。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せ、具体的に家具を選んだり、コーディネートのイメージを膨らませましょう。

詳細はこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

詳細はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

詳細はこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.