• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

理想の寝室を叶えるリラクシーな空間づくり

公開:2021/9/26

更新:2021/9/28

ライター:目黒通り本店濱尾

理想の寝室を叶えるリラクシーな空間づくり

日々を体調良く過ごすためには、一日の疲れをしっかり取ることができる充実した寝室が必要です。生活リズムやコンディションを保つために、寝室の空間づくりはとても大事なもの。今回は、寝室のレイアウトからベッド・マットレス選び、インテリアコーディネートまで、ゆったりと寛げてリラックスができる理想の寝室づくりを紹介します。

一日の疲れを癒す寝室

一日の疲れを癒すという重要な役割のある寝室。寝室を理想の空間にすることで、質の良い睡眠がとれて、毎日のコンディションをより良い状態で保ち、充実した日々を送ることができます。寝室は、リビングやダイニングとは異なる特別な空間で大事な役割があります。

快眠できる寝室がある1日のサイクル

爽やかな起床

コンディション良く日中を過ごす

疲れの取れる睡眠

一日の約1/3を過ごしている寝室

人の平均睡眠時間は約7時間といわれているため、1日の約1/3の時間を寝室で過ごしていることになります。生活の中心となるリビング同様に、多くの時間滞在している寝室。だからこそ、寝室の環境は快適でおしゃれに整えておきたいものです。

過ごす時間が長い寝室

寝室は睡眠を取ったり寛いだりする部屋のため、過ごす時間が長くなります。だからこそ、レイアウトやコーディネートなどで室内環境を整えて、快適な空間を作りたいものです。ゆったり寛げて、日々の疲れがしっかり取れる寝室を叶えましょう。

良い寝室は日々の暮らしを充実させる

良い寝室は安眠ができ、一日の疲れが取れて、日々の暮らしを充実させることができます。逆に毎日しっかり睡眠時間をとっても、疲れがなかなか取れないという方は、寝室のレイアウトやコーディネートなど、寝室の環境を見直してみるのもいいかもしれません。

安眠できるおしゃれなインテリア実例

シンプルでモダンなデザインのベッドを中心に、ゆったりとした雰囲気のある寝室の実例。高級感溢れるモダンなコーディネートです。

インテリアで寝室をおしゃれにコーディネートした実例。開放的で、リラックス感のある寝室を演出しています。

良い寝室の条件とは?

良い寝室の条件には、どのようなものがあるでしょうか。寝室をより良くする方法は豊富にあり、ベッド選びからインテリアコーディネートまで、幅広い要素があります。それらを改善させることで、安眠が得られる充実した寝室を叶えることができます。

リラックスできる空間であること

良い寝室づくりにおいて、最も重要視すべき点は「リラックスできる空間」をつくること。しっかり睡眠をとることが目的の寝室は、リビングやダイニングのコーディネートとはまた異なる空間づくりが必要になります。リゾートホテルのように、リラックスできる空間を様々な要素から構築していく必要があります。

安らげて居心地の良い部屋作りが大切

活動的なリビングダイニングよりも、リラックスできる空間づくりが必要になる寝室。居心地の良い寝室を作ることで、ゆったりと安らぐことができ、質の良い睡眠を得ることが可能です。そうすることで、疲れが取れて日々の暮らしがより充実したものになります。

理想の寝室を叶える重要なポイント

リラックスして寛げる寝室を叶えるための、部屋作りの重要なポイントは4つあります。それは「リラックスできる寝室のレイアウトを考える」「寝室の主役になるベッドを選ぶ」「自分に最適なマットレスや寝具を見つける」「ゆったり睡眠できるカラー・配色を考える」の4つです。

安らげる寝室づくりを叶える4つのポイント

より良い寝室を叶えるための4つのポイントを、ひとつずつ具体的に解説していきます。安らげる寝室づくりのポイントを理解して寝室の空間づくりを行いましょう。そうすることで自分にとって理想の寝室を叶えることができます。

  1. リラックスできる寝室のレイアウトを考える

  2. 寝室の主役になるベッドを選ぶ

  3. 自分に最適なマットレスや寝具を見つける

  4. ゆったり睡眠できるカラー・配色を取り入れる

1.リラックスできる寝室のレイアウトを考える

安らげる寝室づくりの際に確認したいポイントは、リラックスできる寝室のレイアウトを考えること。「寝室にする部屋を決める」という部分から、その部屋に合ったベッドサイズの把握や、開放感のあるレイアウトを叶えましょう。

リラックスできる寝室のレイアウト例

6畳の寝室に対して、シングルサイズのローベッドを配置したレイアウト。余裕のあるサイズ選びで、開放感のある寝室を実現しています。また、動線もしっかりと確保できているため、寛ぎやすく、過ごしやすい寝室のレイアウトです。

寝室にする部屋を決める

ワンルームや1LDK、2LDKなど、住まいの間取りは人それぞれで異なります。ご自宅に適した寝室づくりのために、まずはどの部屋を寝室にするかを決めましょう。安眠を得るにはどういった部屋が適しているかを確認し、寝室を決める必要があります。

部屋数が多い時は静かに眠れる部屋を選ぶ

部屋数が多い場合は静かに過ごせる・眠れるといった、独立した部屋がおすすめ。寝室を独立させた方が、よりリラックスのしやすい空間を作れるためです。逆に部屋数に限りがある場合は、レイアウトなど工夫をします。なるべく、寝室とその他のスペースを区切るようにすることが大事です。

部屋の広さ・畳数にあったサイズのベッドをレイアウトする

寝室にする部屋を決めたら、その部屋の畳数にあったベッドサイズをレイアウトするようにしましょう。畳数に対して大きすぎるベッドは圧迫感が生まれてしまいますし、小さすぎると寂しい印象に映ります。畳数に適したベッドサイズのレイアウトが、快適な寝室づくりには必要不可欠です。

ワンルームの適切なベッドサイズ(畳数別)

■ワンルーム6畳/シングルベッドのレイアウト例
間取り的にスペースが限られるため、推奨のベッドサイズはシングル。また、部屋を広く見せるロータイプベッドもおすすめです。

■ワンルーム8畳/セミダブルベッドのレイアウト例
8畳の間取りはソファなどとの兼ね合いもありますが、セミダブルも配置可能。ゆったりとしたベッドスペースを作ることができます。

■ワンルーム10畳/セミダブルベッドのレイアウト例
部屋にゆとりが生まれる間取り。セミダブルベッド、2.5人掛けソファなど、快適に寛ぎやすいサイズの家具をレイアウトできます。

■ワンルーム12畳/ダブルベッドのレイアウト例
ワンルームの中では広い12畳の間取り。レイアウトは家具のサイズなど、自由度の高いコーディネートが実現できます。

独立した寝室の適切なベッドサイズ(畳数別)

寝室4.5畳/ダブルベッドのレイアウト例
4.5畳の寝室であれば、セミダブルベッドを配置可能。置きたい家具とのバランスを調整すれば、ダブルベッドもレイアウトすることができます。

■寝室6畳/ダブルベッドのレイアウト例
ダブルベッドでも開放的な印象を保てる間取り。家具を少なめにすれば、広々とした寝心地を求めるクィーンベッドもレイアウト可能な広さです。

■寝室8畳/クイーンベッドのレイアウト例
クイーンベッドでもゆったりとした寝室を作れる、広々とした間取り。お子様と三人で寝たい際は、シングルベッドの2台置きも可能な部屋サイズです。

■寝室10畳/シングルベッド2台のレイアウト例
寝室にする部屋が10畳と広ければ、希望のベッドサイズや、その他家具が自由に配置可能。シングル2台置きで、ホテルライクな寝室を叶えることができます。

寝室の生活動線を確認しながら決める

寝室は日々の「疲れを癒す」ということを目的とした部屋です。そのため、生活動線を意識した、ゆったりとした雰囲気の部屋作りが重要になります。また、リビングダイニングなど、ほかの部屋と比べて生活動線も異なるため、必要な動線を確認して、寝室のレイアウトを検討しましょう。

ベッドのレイアウトで快適な寝室をつくる

快適に過ごせる寝室を作るためには、通路幅などの生活動線を正しく確保できるレイアウトが必要になります。ベッドなどの家具のレイアウト次第でゆったりとした印象を作ることができるため、安眠できる寝室づくりにおいて、レイアウトはとても重要な要素の一つです。

ベッド+ソファも配置できるワンルームのレイアウト【ワンルーム8畳】

コンパクトなワンルームでも、正しいベッドサイズを選び適切なレイアウトをすれば、開放感のある部屋を作ることができます。ワンルームはレイアウトパターンが限られますが、だからこそ家具の適切なサイズなどもわかりやすい点が魅力です。

ワンルーム8畳のレイアウト

ワンルームの場合、基本的には入り口からみて部屋の奥側にベッドをレイアウトしましょう。そうすることで、手前側を主な生活空間として使用しやすくなり、奥側の寝室スペースとのメリハリもつけやすくなります。

生活動線を広く確保できるベッドを壁に寄せたレイアウト【寝室6畳】

1LDKのリビングダイニングの隣室を寝室にしたインテリア実例。ベッドを壁付けすることで、ベッドの手前に広いスペースを確保しています。寝室にスペースを設けることで、デスクや収納棚など、ベッド以外の家具をレイアウトすることもできます。

寝室6畳のレイアウト

横長の寝室の間取りに合わせて、壁に沿ってベッドをレイアウト。基本的にスペースを作りたい場合は、家具は壁付けをすることがおすすめ。インテリア実例では、余ったスペースにデスクを置いて、寝室兼書斎として使用できる空間を叶えています。

二人・夫婦がベッドに入りやすいベッドを中央配置するレイアウト【寝室6畳】

こちらも1LDKのリビングダイニング隣室に寝室を作ったインテリア実例で、ベッドを寝室の中央に配置したレイアウト。視覚的にゆったりとした印象をもたらすため、高級感のあるおしゃれな寝室を演出することができます。また、両側どちらからでもベッドに出入りができるため、二人暮らしにおすすめのレイアウトです。

寝室6畳のレイアウト

両側からベッドに出入りができるようにレイアウトされた寝室。二人暮らしで寝る時間や起床する時間が異なる場合でも、お互いの邪魔をせずにベッドを使うことができるレイアウトです。間取りに対してベッドサイズに余裕がある場合は、積極的に取り入れたいレイアウトです。

寝室を書斎兼用にするテレワーク可能なレイアウト【寝室8畳】

8畳の部屋を、寝室と書斎兼用にレイアウトしたインテリア実例。ダブルサイズのベッドをレイアウトしていますが、8畳であればゆったりとした印象を保つことができます。また、寝室の静かな雰囲気は、テレワークなどの集中したい作業に最適です。

寝室8畳のレイアウト

寝室8畳にダブルサイズのベッドをレイアウト。デスクを配置するのに十分なスペースを確保することができています。デッドスペースにはサイドテーブルフロアランプを配置して、おしゃれで寛げる寝室を叶えています。

二人・夫婦別寝が可能なツインベッドの贅沢レイアウト【寝室8畳】

8畳の寝室にシングルベッドを2台、贅沢にレイアウトしたインテリア実例。「シングルサイズ2台置き=キングサイズ」となりますが、ホテルライクでおしゃれな寝室を作れるためおすすめです。また、それぞれが別で寝ることができるため、寝返りが干渉しない点もメリットになります。

寝室8畳のレイアウト

寝室8畳であれば、シングル2台置きも可能。大きいサイズのベッドで、ゆったりと睡眠を取ることができます。また、ツインベッドを贅沢にレイアウトした空間は、ラグジュアリーでおしゃれな雰囲気を演出することができます。

お互い快適な睡眠を得るため寝室を分けるレイアウトも一つの方法

間取りが多く、個々の時間を大切にしたい、生活リズムが異なるといった場合は、寝室を分けてそれぞれの部屋で休むといったレイアウトもおすすめです。

2.寝室の主役になるベッドと家具を選ぶ

寝室のレイアウトが決まったら、主役になるベッドを選びましょう。ベッドは寝室の大部分を占めるため、部屋の印象に大きく関わってきます。おしゃれで快適なベッドを選ぶことで、理想の寝室に大きく近づけることができます。

寝室=ベッドの印象が強いためベッド選びが大事

家具の中でもサイズが大きいベッドは、寝室のほとんどのスペースを占めます。そのため、与える印象も大きく、寝室のコーディネートを左右するものです。おしゃれなベッドを取り入れることで、寝室を素敵な空間に見せることができるため、ベッド選びは慎重に、お気に入りのベッドを見つけましょう。

好みのデザイン・タイプ・機能性からベッドを選ぶ

ベッドを選ぶ際のポイントは、自分に合ったデザイン・タイプ・機能性のベッドを選ぶこと。ベッドはロータイプや羽根型フレームなど、スタイルやデザインも豊富に存在します。収納の有無なども置きたい部屋に収納があるかないかで判断したり、自分にとって最適なベッドを見つけましょう。

ロータイプで飽きのこないシンプルなデザインのベッド

シンプルなデザインのベッドフレームは、様々なテイスト・コーディネートの寝室に馴染むため、取り入れやすい点が魅力です。また、すっきりとしたデザインは、寝室に洗練された印象を与えてくれます。ロータイプにすることで、より開放的な寝室を作れる点も魅力です。

ロースタイル×シンプルデザインのベッドフレームは、寝室を最も開放的に見せる組み合わせ。ワンルームなどコンパクトな間取りで、圧迫感が気になる方、寝室を広く見せたい方におすすめのベッドフレームです。

お好みで選べるヘッドボードのデザイン

ウレタンマットレスなど、比較的厚さの薄いマットレスにおすすめのヘッドボードです。

一般的なコイルマットレスなど、高さ200mm前後のマットレスがフィットします。

ヘッドボードが無いタイプは、よりシンプルでベッド周りをすっきり見せることができます。

関連メニュー

  • チーク・ローベッド特集 ~チーク角材を組み上げたデザインが魅力~

    チーク・ローベッド特集 ~チーク角材を組み上げたデザインが魅力~のページです。チーク角材を組み上げたデザインで、独特の存在感が魅力のチーク・ローベッド。チーク角材をそのまま生かしたスクエアなフレームがアジアらしさを感じさせます。フレームには高度な技術を要する「留め加工」を施すことで、角材感を表現しています。

ホテルライクな寝室を演出するデザインのベッド

リゾートテイストでおしゃれなヘッドボード、羽根型のベッドフレームが特徴的なデザインのベッド。魅力的なデザインが、旅先のホテルのような非日常感のある寝室を演出します。特別感のある寝室を作りたい方におすすめのロータイプベッドです。

緩やかな曲線を描いた、立体感と陰影を感じるルーバーデザインのヘッドボード。ベッドルームの主役に相応しい存在感が魅力のデザインです。

ラグジュアリーな印象を演出する羽根型フレームのデザイン。マットレスを低く見せるため、開放的な雰囲気を与えることができます。

ヘッドボードなしのローベッド

こちらはヘッドボードがない、シンプルなデザインのローベッドフレーム。ロータイプのため寝室を開放的に見せることが可能で、ヘッドボードが無いことで、よりすっきりとした印象を与えることができるベッドフレームです。

関連メニュー

  • コト・ローベッド特集 ~ホテルライクなリゾートスタイル~

    コト・ローベッド特集 ~ホテルライクなリゾートスタイル~のページです。マットレスを低く、スタイリッシュに魅せるフレームデザインが、アジアの「ロースタイルな暮らし」を実現するコト・ローベッド。サイドテーブルと照明のある佇まいは、リゾートホテルにいるかのような気分にさせてくれます。

無垢材に癒されるスタンダードベッド

木の癒しを味わえる、心地良い眠りをもたらすベッド。無垢材を贅沢に使用したベッドは、無垢材でしか感じることのできない質感や木目に癒されます。リラックス感と寛ぎのある寝室を演出する、おしゃれなベッドフレームデザインです。

ランダムな木目や温かみのある質感など、木の温もりを存分に味わえるベッド。癒される寝室を演出するデザインです。

すっきりとした脚元や、スリットの入ったヘッドボードなど、抜け感のあるデザインが特徴的。軽快な印象を寝室にもたらします。

関連メニュー

  • ムク・ベッド特集 ~「無垢材の癒し」を感じる快眠ベッド~

    ムク・ベッド特集 ~「無垢材の癒し」を感じる快眠ベッド~のページです。「無垢材の癒し」により心地良い眠りをもたらすムク・ベッド。無垢材ならではの質感や木目、さらに照明から漏れる灯りの癒し効果によってあなたを快眠へと誘います。無垢材で作られたヘッドボードのランダムな材幅と、スリットが生み出すリズム感のあるルーバーデザインも魅力です。

収納力抜群のベッドで寝室をすっきり見せる

寝室のクローゼットが小さい、収納家具を置くスペースがない、といった問題を解決することができる、収納付きのラックベッド。ベッドフレーム下の引き出し収納を活用すれば、清潔感がありすっきりとした印象の寝室を作ることができます。

脚元のスペースが大容量の収納になっているデザイン。季節ものの服や布団などを収納できる、便利な仕様です。

ヘッドボードにも、小物を置いておける収納スペースが付いています。2口コンセントもあり、使い勝手の良いデザインです。

関連メニュー

  • ラック・ベッド特集 ~「収納力」たっぷりのベッド~

    ラック・ベッド特集 ~「収納力」たっぷりのベッド~のページです。「収納力」はもちろん、デザイン性にもこだわったラック・ベッド。ベッド下やヘッドボードの大容量収納とリズムを感じるルーバーデザインが魅力です。サイドテーブル約2台分の「収納棚」を備えたヘッドボード、ベッド下収納にはキャビネット約1台分の「大容量引出」が用意されてます。

寝室を充実させるおすすめの家具

おしゃれなベッドを設置した寝室のインテリア実例。収納家具やデスクといった、ベッド以外の家具を合わせてコーディネートすることで、より充実した寝室を作ることができます。こちらの章では、寝室での時間をより快適にするおすすめの家具を紹介します。

ベッドと相性のよいサイドテーブル

ベッド周りの使いやすさ、インテリア性をアップさせるサイドテーブル。サイドテーブルをレイアウトされたベッドは、ホテルのような高級感のある雰囲気を演出することができます。また、小物を収納したり、天板には観葉植物や間接照明など、インテリアをおしゃれに飾ることもできる家具です。

寝室をすっきり見せるキャビネット

寝室の収納が足りない方は、キャビネットを設置して、寝室をすっきり見せましょう。物がごちゃついている寝室は、睡眠を取る際に気が散ってしまいます。部屋を整えることで、睡眠にも集中しやすくなります。また、キャビネットはテレビを置くスペースとして活用することができるという魅力も。

好きな小物などを飾れるシェルフ

シェルフやラックなど、あえて見せる収納を寝室に取り入れて、お気に入りのインテリアを飾ることで、より自分好みのコーディネートを作ることができます。また、隠す収納であるキャビネットに比べて、オープンで手に取りやすいため、本などの収納におすすめです。

寝室を充実させるその他の家具

飾り棚やデスクとして使える、コンパクトなテーブル。

天板を閉じれば、デスクとしても使える機能性の高い化粧台。

置き場所を選ばない、コンパクトサイズのミラー。

ベッドの足元に置けば、海外風の寝室を演出できるベンチ。

睡眠前のひと時を、優雅に寛げるラウンジチェア。

好みの洋服などをディスプレイし、おしゃれな寝室を演出。

3.自分に最適なマットレスや寝具を見つける

理想的な寝姿勢、体圧分散性を叶えるために重要なマットレス。質の高い睡眠を得るには、自分に合ったマットレスを見つけることが大切です。体格、体重によって人それぞれ好みのタイプ・マットレスの硬さなどが異なるため、適切なマットレスを選び充実した睡眠を叶えましょう。

寝心地を最も左右するマットレス選びが重要

マットレスは寝心地を最も左右する家具。自分の身体に合った寝心地の良いマットレスを選べば、快適で寛ぎのある睡眠を叶えることができます。様々なタイプのあるマットレスですが、どのような点に注目して選ぶべきかを紹介します。

マットレス選びは体圧分散性と硬さがポイント

■マットレスの体圧分散性
マットレスには体圧を分散させる役割があります。体圧分散性が優れているほど、質の良いマットレスとなります。

■マットレスの硬さ
人は血液をうまく循環させるために、睡眠中無意識に寝返りを打ちます。「寝返りの打ちやすさ」を軸に、最適なマットレスの硬さを選ぶようにしましょう。

流行に左右されず自分にとってベストなマットレスを選ぶ

極端な低反発マットレスや高反発マットレスなど、マットレスには流行り廃れがありますが、そういったものに左右されないことが重要。自分の体に最も合う、ベストなマットレスを選ぶことが大事です。しっかりと寝心地を確認して決めるようにしましょう。

体圧分散に優れて好みの硬さを選べるコイルマットレス

コイルマットレスは、現在最も主流なマットレスタイプ。コイルがひとつひとつ独立しているため、ピンポイントで体の圧を分散させることができるという、優れた耐圧分散性を持っています。マットレス自体の硬さも種類が豊富で、好みを見つけやすいマットレスです。

安眠が得られるコイルマットレス

耐圧分散性に優れた、独立したコイルが特徴的なマットレス。横になった際に、体のそれぞれの部位をピンポイントに、かつ的確に圧を分散させることができるマットレスです。圧のかかりやすい腰部分だけが沈んでしまうといったような心配がなく、質の良い睡眠を得られます。

自分にとって適度な弾力のコイルマットレスを選ぶ

人は1回の睡眠で、無意識に10回~30回寝返りを打つといわれています。体の様々な体液を循環させるからです。そのため、寝返りの打ちやすさでマットレスを選ぶことで、自分にとって丁度いい硬さのマットレスを見つけることができます。マットレスを選ぶ際は、しっかり横になって寝心地を試しましょう。

最上級の寝心地を叶えるダブルスプリング

一流リゾートホテルで主流のダブルスプリングマットレス。独立したコイルスプリング1つ1つが「点」となって体を支える上層のポケットコイルと、連結した下層のボンネルスプリングのダブルスプリング構造により、体圧が二段階で分散され、最上級の「体圧分散性」を実現しているマットレスです。

使い勝手の良いハーフタイプマットレス

ダブル、クイーンサイズといった大きいマットレスを選ぶ際は、ハーフタイプのマットレスがおすすめ。お互いの好みに合わせて寝心地を選べる点や、寝返りを打っても振動が相手に伝わらない点、長持ちさせるために上下左右にひっくり返しやすいといったメリットがあり、快適な寝心地を実現できます。

適度な固さが心地よいウレタンマットレス

適度な硬さが特徴的で、少し硬めの寝心地がお好みの方におすすめのウレタンマットレス。沈み込みが浅く、寝返りの打ちやすさに優れている点が魅力です。また、コイルマットレスに比べて重さが軽く、扱いやすいといったメリットも持ち合わせています。

布団の寝心地が好みの方にお勧めのマットレス

布団の寝心地が好みという方に、最適なウレタンマットレス。厚さが薄く、適度な固さが特徴的なためです。ふわふわとしたクッション性のマットレスが苦手な方や、マットレスが薄くすっきりした印象を与えるため、開放感のある寝室を叶えたいという方にもおすすめです。

寝心地を変えやすいマットレス&マットレストッパーを活用する

a.flatのマットレスは上側に詰め物を入れ過ぎず、単体でも良い寝心地。身体を支えるベースの構造を 普通~硬めの設定にして、後々にマットレストッパーを取り入れやすい仕様にしました。もし、後日に 寝心地の好みが変わっても、トッパーをプラスすれば調整が簡単にできる点が魅力です。

快眠しやすい寝室づくりに必要な寝具を揃える

ベッドやマットレスのほか、快眠を得られる寝室づくりに必須な寝具類。シーツや布団など、睡眠を取る際に直接肌に触れる寝具類は、肌触りの良いアイテムを選びましょう。こちらの章では、質の良い睡眠が得られる寝室づくりに取り入れたい、おすすめの寝具を紹介します。

自分に合った枕を選ぶ

枕には豊富な種類がありますが、メジャーなものではフェザー(水鳥の羽根)が温度調節、湿度調節をしてくれる「羽枕」。そのほかには、自宅でも洗濯が可能な「ウォッシャブル枕」、枕の上下で寝心地が異なる「リバーシブル枕」、通気性や吸湿性に「そば殻枕」などがあります。それぞれ寝心地が異なるため、好みの枕を選びましょう。

肌触りの良いシーツを選ぶ

快適な睡眠環境を実現するために、素材の質にこだわりたいベッドリネン。ポイントは、自然素材のベッドリネンを選ぶことです。綿や麻から作られるシーツは、肌触りがよく、ストレスのない心地の良い睡眠へと誘います。「綿素材」や、柔らかな「ガーゼ」、シャリ感のある「麻混」などがおすすめです。

マットレスに欠かせないベッドパッドを選ぶ

洗うことができないマットレスの、カバーとしてベッドパッドは必須の寝具。カバー以外に機能的な面もあり、ベッドパッドを加えると夏は爽やかに、冬は暖かく、季節を問わず年間通して快適な眠りをサポートします。特に、良質なウール素材のものは、寝汗の吸収、湿度と温度のコントロールに優れておりお勧めで鵜s。

使い勝手の良い毛布を取り入れる

季節や室温に応じて、適切な保温性の寝具を選ぶことが快眠環境をつくります。寝具の一つである毛布は、そのような調整のしやすさが魅力的なアイテム。毛布にも様々な種類があり、綿・シルク・ウール・カシミアなどがあります。お気に入りの素材を見つけて、寝室に取り入れてみてはいかがでしょうか。

季節によって布団を変えて快適な寝室を作る

■春夏におすすめの布団
薄くて軽く使い勝手の良い、羽毛肌掛け布団。夏は冷房による寝冷えを防いでくれます。春秋の肌寒い時期は掛け布団や毛布と組み合わせることで、オールシーズン使うことも可能です。

■秋冬におすすめの布団
イギリス産のダックダウンは羽毛の一粒一粒が大きく、たくさんの空気を含むため、より高い保温性を発揮します。また、通気性にも優れているので蒸れにくいという特徴もあります。

4. ゆったり睡眠できるカラー・配色を取り入れる

リラックスできる寝室づくりの、大事な要素のひとつであるカラーコーディネート。それぞれの色には、異なる視覚的効果があり、それらの色をうまく寝室に取り入れることで寛ぎのある空間を叶えることができます。こちらの章では寝室に特におすすめのカラーや、カラーを取り入れるコツを紹介します。

寝室に様々な効果を生み出すカラーや配色

寝室に様々な効果を生み出すカラーコーディネート。カラーにはそれぞれどのような視覚的効果があるのか、どのカラーを取り入れたら理想の寝室を作れるのかを確認しましょう。また、カラーを取り入れる際はその配分も大事になるため、バランスも合わせて確認することでおしゃれな寝室を叶えることができます。

リラックス作用のあるグリーン

グリーンは「癒し、安らぎ、疲れを取る」といった、視覚的・心理的効果があります。木々の色でもあるため、自然を感じるリラックスした寝室を作る際にぴったりな色。目を休ませる効果があるため、寝室に書斎を取り入れて使用する方にも、とてもおすすめのカラーです。

心を落ち着かせる効果のあるブルー

鎮静色であるブルーは心を落ち着かせ、安ぎを与える色。そのため、安眠を得たい寝室と非常に相性の良いカラーといえます。また、海や空を連想させるカラーでもあります。開放感や清涼感といった、爽やかな印象も与えるため、ゆったりと寛げる寝室を作ることができます。

寝室を優雅に見せるパープル

神秘的でミステリアスなパープルは、大人の気品と存在感があり、高級感のある寝室を演出することができます。空間を華やかに見せてくれるカラーのため、ホテルライクなテイストの寝室コーディネートに取り入れたいカラーです。

ハイセンスな印象を与えるグレー

上品で洗練されたイメージのグレーは生活感を感じさせず、おしゃれでセンス溢れる寝室を作ることができます。また、スタイリッシュでスマートな雰囲気も持つカラーで、モダンなコーディネートなど、大人の落ち着いた空間づくりにはぴったりのカラーです。

ナチュラルな寛ぎが得られるブラウン

ブラウンならではの落ち着きのあるシックな印象と、木や大地のような自然を感じられる温かみを持ち合わたカラーです。生命エネルギーの源である大地や、葉や花を芽吹かせる木の幹など、あらゆる自然のベーシックとなる色。そのため、自然のゆったりとした雰囲気を寝室に作り出せるカラーになります。

寝室のカラーはできるだけ同系色でまとめる

寝室のカラーコーディネートは、ベースは同系色でまとめることが基本。統一感があり落ち着きのある空間を作れます。差し色でクッションなどのインテリアに、異なるカラーを取り入れることで、よりおしゃれな空間を演出することができます。

寝室をおしゃれに彩るインテリア

寝室をおしゃれに彩るインテリアには、どのような種類があるでしょうか。インテリアをバランスよく取り入れれ、統一感のあるインテリアコーディネートを叶えることで、より寝室での時間を充実させることができます。こちらの章では、そんな寝室におすすめのインテリアをいくつか紹介します。

ホテルライクな寝室をつくるベッドスプレッド

おしゃれな寝室のインテリアコーディネートには欠かせないベッドスプレッド。ベッドカバーの役割があるアイテムですが、布団に掛けるだけなので気軽に取り入れることができます。好きなカラーのベッドスプレッドを取り入れれば、自分好みのおしゃれな寝室が叶います。

壁面を彩っておしゃれな寝室を作る

ベッドスプレッド同様に、手軽に取り入れられる壁面装飾。壁に飾るアイテムのため、コンパクトなスペースの寝室にも取り入れやすいです。また、壁を彩ることでコーディネートを立体的に見せ、ワンランクアップした印象を与えることができます。

寛ぎの増すカーテンを取り入れる

比較的面積の大きいインテリアのため、寝室の印象にも影響を与えやすいカーテン。ゆったりと寛ぐ、眠ることが主な目的の寝室には、自然を感じさせる生地感、風合いのカーテンがおすすめです。よりリラックスできる雰囲気を与えてくれます。

寝室を彩るその他インテリア

寝室を彩るアクセントに、取り入れやすいインテリアのクッション。

フットスローを取り入れることで、ホテルライクな寝室を叶えることができます。

癒しを演出する観葉植物。寝室にぴったりのインテリアで、寛ぎのある空間を演出します。

癒しの空間をつくる寝室の照明

寝室のインテリアコーディネートには、必ず取り入れたい間接照明。インテリア性の高いおしゃれな照明は、より特別感のある寝室を叶えることが可能です。間接照明にはそれぞれタイプがあり、それらを組み合わせることで寛ぎのある寝室を作ることができます。

ペンダントライトでおしゃれに彩る

インテリア性の高いおしゃれなペンダントライト。天井から吊り下げられた照明は、寝室のアクセントにもなります。明暗がはっきりとする照らし方で、雰囲気のある寝室づくりが可能。形状や素材など、種類も豊富な照明のインテリアです。

調光機能付きのシーリング

寝室全体に灯りを行き届かせることができる、シーリング照明。そのため、ワンルームや寝室を兼用で使いたい方におすすめの照明タイプです。また、調光機能付きであれば、用途や時間に応じて、より使い勝手が良いものになります。

ホテルライクな寝室をつくるフロアランプ

背の高いフロアランプは、インテリア性も高くホテルライクな特別感のある寝室を演出することが可能。また、ベッドやデスク、収納棚などの家具をレイアウトした際に生まれるデッドスペースを、うまく埋めてくれるアイテムでもあります。

ラグを取り入れて寝室のインテリア性アップ&室内環境を整える

寝室におすすめのインテリアの一つであるラグ。脚元を彩り、ラグジュアリーな雰囲気を演出することが可能です。また、埃を吸着するなど、室内環境を整える効果もあるため、床と近いローベッドの寝室におすすめです。

風水の色やベッドの位置・方角を取り入れた寝室づくり

寝室は、部屋の中でも風水の影響を受けやすい場所と言われています。寝室は、1日の疲れを癒し、明日への活力を養う大切な場所。風水の効果を取り入れることで、運気がアップしたり癒される空間を作りやすくなるため、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

風水で良いとされている寝室のレイアウト

寝室のベッドの位置は、風水的に最も重要なレイアウトのポイント。ベッドのレイアウト次第で、「良い運気を呼び込む」「運気を逃してしまう」とも言われています。風水的にはどのようなレイアウトがベストなのかを確認することで、もしかしたら運気がアップするかもしれません。

寝室のドアや窓との位置関係

■寝室のドアとベッドの位置関係
風水の中で、ドア付近は気の流れが激しい場所と言われています。また、寝ている時は無防備な状態な為、ドアの正面にベッドが来ると悪い気の影響を受けやすい状況になります。特に、頭部分がドアの方に向いている場合は注意が必要です。

■寝室の窓とベッドの位置関係
ドアと同様に、窓の近くも気の流れが激しく落ち着かない場所の一つです。その為、風水では窓から離れた場所に、ベッドをレイアウトするのが基本ですが、どうしても配置を変更できない場合は、改善策などを取り入れ、工夫する事が必要になります。

ベッドをレイアウトする際の方角

■熟睡できる方角にベッドをレイアウト
熟睡したい方にお勧めの方角は、北の方角。落ち着きを与える方角の為、熟睡したい方にお勧めで、しっかりと眠る事ができます。

■対人関係を良くする方角にベッドをレイアウト
対人関係を良くする南の方角。太陽のエネルギーから、あらゆる方面で明るく照らされる為、対人関係をよくすると言われています。

■仕事運を高める方角にベッドをレイアウト
仕事運を高める方角は、東の方角です。東の方角は、陽が昇る方角の為、朝一番のパワーを吸収する事ができます。

■金運を高める方角にベッドをレイアウト
金運アップの効果が高い方角は、西の方角です。西の方角は、商売繁盛の方額とも言われていて、金運アップが期待できます。

風水の効果が期待できる寝室の色

寝室に風水を取り入れるうえで、「風水と色」は深い関係性があります。また、「方角と色」にも深い関係性があるため、方角と色を組み合わせることで、異なる効果を期待できる寝室を作ることができます。風水をうまく取り入れて、充実した寝室を作りましょう。

寝室のある方角とおすすめの色を知る

北の方角にグレーを組み合わせた例

北の方角は水の気が強い為、「ピンク」「グレー」との相性が良く、恋愛運を高めます。実例のように花柄をプラスする事で、より高い効果が期待できます。また、ピンクやグレーの中でも淡い色をコーディネートする事で、安眠効果を取り入れる事が可能です。

関連コラム

  • 風水で寝室を癒しの空間に~ベッドのレイアウト・位置、色の選び方~
    風水で寝室を癒しの空間に~ベッドのレイアウト・位置、色の選び方~

    日々の疲れを癒す寝室に、風水の効果を取り入れる事で、より良い環境を叶える事ができます。今回は寝室に取り入れると運気が上がる風水のポイント「風水の効果を発揮するベッドのレイアウト・位置」「風水で知る寝室のベッドフレーム選び」「寝室の色選びによる風水の効果」「寝室のインテリアでNGとOKを知る」「風水で運気を上げるカーテンの取り入れ方」などについてご紹介致します。是非参考にされてみて下さい。

寝室のインテリアコーディネート実例紹介

こちらの章では、ワンルームなど兼用で寝室を作ったインテリア実例と、独立した寝室のインテリア実例を紹介します。どれも間取りに適したレイアウトを作り、寛ぎのある寝室を叶えています。また、異なるカラーコーディネートでおしゃれな空間を演出した実例集となります。

ワンルームなど兼用で寝室を作ったインテリア実例

まずはワンルームの限られた間取りや、リビングや書斎と兼用で寝室を取り入れたインテリア実例。レイアウトやベッドタイプ、カラーコーディネートなどを工夫することで、兼用でも圧迫感のない寛げる寝室を叶えたインテリア実例を紹介します。

ゾーニングして寛げる寝室を叶えたインテリア実例

こちらはワンルームに寝室を作ったインテリア実例ですが、収納家具のレイアウトがポイント。リビングと寝室の間に、間仕切りになるよう収納家具をレイアウトすることで、視覚的に空間を分けています。こうすることで、ワンルームでもメリハリのある空間を叶えることができます。

収納家具でワンルームにメリハリが生まれています。また、並べた収納家具の高さに変化をつけてることで抜け感が生まれ、圧迫感のないレイアウトです。

インテリアアイテムや観葉植物などでグリーンに統一したワンルームのコーディネート。癒し効果のあるグリーンに囲まれた寛ぎを味わえる空間です。

関連コラム

ロースタイルで開放的なワンルームの寝室

ワンルームでも広々とした、開放的な部屋を叶えることができるロースタイルのベッド。圧迫感が気になる方や、部屋を広く見せたいという方におすすめのベッドスタイルです。また、ソファを配置しない床座生活との相性も良く、ロースタイルな暮らしを楽しめるワンルームを作ることができます。

ソファのない床座生活にぴったりなローベッド。和室など、日本らしいライフスタイルとも相性がよいベッドになります。

ベッド以外に、座椅子などその他の家具もロースタイルで統一。ワンルームは特に家具のスタイルを揃えることで、まとまりのある空間を作ることができます。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート

    和モダン風のインテリアは一人暮らしのような限られた空間、ワンルーム・1LDKでも馴染みやすいテイストです。和の趣を感じる床座生活と洋の暮らしが可能なソファを一緒に置くなど、和洋折衷に部屋を作れるのが和モダンインテリアの魅力です。ワンルームと1LDK、二つの異なる間取りで一人暮らしの和モダンインテリアを叶える部屋の作り方をご紹介します。

メリハリのあるレイアウトで寛げる寝室のインテリア実例

こちらはリビングダイニングに寝室を取り入れたインテリア実例。ベッドに対して、ソファの背を向けるようにレイアウトすることで、リビングスペースと寝室スペースをしっかり分けることができています。このようにメリハリを付けることで、どちらでも過ごしやすい空間を作ることができます。

部屋に収納が少ない場合は、収納付きのベッドがおすすめ。ベッド下を収納として活用するため、スペースを取らずにすっきりと見せることができます。

ブルーには心を落ち着かせる鎮静作用があります。そのため、ゆったりと寛ぎたい、安眠を得たい寝室にピッタリのカラーといえます。

関連コラム

  • 【インテリア実例】1LDKのリビング・ダイニングに書斎を取り入れたマリンブルーのコーディネート
    【インテリア実例】1LDKのリビング・ダイニングに書斎を取り入れたマリンブルーのコーディネート

    自宅で仕事をしたり、趣味を楽しんだりと多様な使い方が出来る書斎・ワークスペース。こだわりのインテリアも表現しやすい空間です。書斎専用の部屋を確保することが難しくても、リビングやダイニング・寝室にワークスペースを設けて、憧れの書斎インテリアを取り入れることが出来ます。今回は、1LDKのリビングに書斎・ワークスペースを取り入れたマリンブルーの爽やかなインテリアでコーディネートされたお客様実例をご紹介致します。

書斎と兼用にした寝室のインテリア実例

広々としたスペースに、ベッドとデスクをレイアウトして書斎・寝室を兼用にしたインテリア実例。テレワークで自宅に書斎を作った方も多いのではないでしょうか。用途の異なるそれぞれの家具を離してレイアウトすることで、どちらでも過ごしやすい空間を叶えています。

生活動線となるスペースを、ベッドとデスクの間になるようレイアウト。掃き出し窓まで開けていて、開放感のあるレイアウトです。

木の温かみを味わえる無垢材家具。デスクやベッドなど、部屋の主要な家具を無垢材家具で統一することで、寛ぎのある寝室を叶えています。

関連コラム

  • 沖縄の海と森に包まれた、インテリアコーディネート実例10選
    沖縄の海と森に包まれた、インテリアコーディネート実例10選

    数あるリゾートでも、一番身近で日本を代表する「沖縄の海と森」をテーマに、お客様のお部屋をインテリアコーディネートさせて頂きました。沖縄の海と森を、どのようにコーディネートをしていけばいいのか?透明度の高い海、亜熱帯の森など、癒しや活力を与えてくれる沖縄の自然。今回は手軽に取り入れられる、「沖縄の海と森に包まれたコーディネート実例10選」、「【部屋別】沖縄リゾートを取り入れたインテリアコーディネート3つのポイント」についてご紹介します。是非参考にされてみて下さい。

独立した寝室のインテリア実例

続いて、リビングダイニングの隣室や別室を寝室としたインテリア実例の紹介です。寝室を単体として使用することで、より寛ぎのある空間を叶えることができます。また、リビングダイニングなどほかの空間とは異なるインテリアコーディネートを楽しめることも魅力です。

洗練された高級感が漂う寝室のインテリア実例

広々とした寝室をインテリアでおしゃれにコーディネートした実例。ブラウン&グリーンを基調とした大人っぽさ、高級感がテーマの空間づくりです。全体的に落ち着いた色味で統一されており、ゆったりと寛げる寝室を叶えています。

幻想的な灯りが魅力的な間接照明。昼と夜で全く異なる空間を演出することができ、特別なひと時を味わえるインテリアアイテムです。

寝室をおしゃれにワンランクアップさせるラグ。埃を吸着したり、足音の防音にもなるなど、寝室の室内環境を整える役割も果たします。

関連コラム

  • 【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート
    【インテリア実例】高級感溢れる大人の部屋を再現するインテリアコーディネート

    様々な部屋のインテリアコーディネートがある中で、大人な高級感溢れる落ち着いた空間はとても居心地が良く、いつかこんな部屋に住んでみたいなと憧れを持つ方が多くいらっしゃいます。ではどのように空間をコーディネートして大人の部屋を再現すれば良いのでしょうか。今回はそんな大人の部屋を作るためのポイントや魅力と、実際に完成度の高いコーディネートで再現された空間のご紹介をさせて頂きます。

インテリアで寝室をおしゃれに彩った実例

無垢材ベッドが主役の寝室を、温かみのあるレッドのカラーコーディートで彩ったインテリア実例。暖色系のカラーは無垢材家具との相性がよく、ベッドスプレッドやクッション、壁面装飾などのインテリアにレッドカラーを取り入れて、寝室の統一感を演出しています。

レッドカラーで統一した、温かみのある寝室。オレンジやブラウンなど、レッドの近似色でまとめることで統一感が生まれます。

ファブリックパネルなどを壁面に飾ることで、部屋の雰囲気をワンランクアップさせることができます。手軽に取り入れやすいインテリアアイテムです。

関連コラム

おしゃれなベッドフレームで非日常感のある寝室の実例

リゾートホテルを思わせるラグジュアリーな寝室のインテリア実例。羽根型フレームのおしゃれなベッドデザインが、非日常感のある寝室を演出しています。また、高級感・華やかといった印象を与えるグレー・パープルのインテリアで、寝室におしゃれをプラスしています。

インテリア性が高く、ゆったりとした印象を与える羽根型フレームのベッドデザイン。おしゃれで非日常的な空間を演出することができます。

パープル・グレーといった、ラグジュアリーな部屋づくりを得意とするカラーコーディネート。高級感のある寝室を作ることができます。

関連コラム

  • 大人のモダンな部屋作り~インテリア実例15選付き~
    大人のモダンな部屋作り~インテリア実例15選付き~

    落ち着いた上品な印象を作るモダンな部屋は、空間に大人の雰囲気を作り出してくれるインテリアコーディネートとして、とても人気のスタイルです。居心地の良い癒しと寛ぎを生む、贅沢な時間をお過ごし頂けるモダンな部屋は、部屋作りをお考えの方におすすめです。今回は様々なモダンスタイルの実例紹介からモダンな部屋作りの大切な3つのポイントと、モダンな部屋作りポイントを上手く取り入れたお客様宅のインテリアコーディネート実例をご紹介をさせて頂きます。是非皆様もモダンな部屋作りを実現してみましょう。

シングルベッド2台置きでホテルライクなインテリア実例

独立した寝室に、シングルサイズのベッドを2台配置したインテリア実例。シングルサイズ2台=キングサイズ1台になりますが、あえてシングルサイズ2台にすることで、ホテルライクなおしゃれな寝室を叶えることができます。

ホテルのようなラグジュアリー感がでる寝室のレイアウト。寝室の中央にレイアウトをすることで、高級感を演出することができます。

寝室の雰囲気が変わるアートパネルを飾って、おしゃれな空間に仕上げています。立体的なコーディネートを作れるためおすすめです。

関連コラム

理想の寝室づくりに役立つ3Dコーディネート

理想の寝室を叶える空間づくりに、非常に役立つ3Dシミュレーション。間取りに対してのベッドサイズ、レイアウトの確認、その他の家具との組み合わせなどを細かく確認することができます。また、家具だけでなく、照明やインテリアのカラーコーディネートまで幅広くイメージを作成することが可能です。

3Dシミュレーションで寝室コーディネートする流れ

1. 寝室をつくる部屋のサイズが分かる図面を用意
まず寝室として検討している部屋、スペースの図面を用意します。図面をPCでスキャンし、正確なサイズのシミュレーションを作成します。

2. 寝室の内装を再現したシミュレーションを作成
間取りサイズだけでなく、床や壁面の色、建具なども細かく反映させて、再現度の高いシミュレーションを完成させます。

3. ベッドなど家具のレイアウトをする
作成した3Dに、ベッドを設置してサイズやレイアウトの確認をします。その他家具も配置して、生活動線や組み合わせを再現。

4. インテリアで自分好みにコーディネートする
家具のレイアウトが決定したあと、寝室に取り入れたいインテリアをプラス。好みのコーディネートイメージを事前に確認することができます。

5. おしゃれな寝室のインテリアコーディネートが完成

3Dコーディネートサービスを活用して完成した、寝室のインテリアコーディネート実例。寝室に対してピッタリのベッドサイズやレイアウトを確認できているため、とても過ごしやすい空間を作ることができました。インテリアコーディネートも事前に確認することで、統一感のあるおしゃれな印象を与えています。

店舗紹介

a.flat 目黒通り本店

〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(ご予約制)
公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

a.flat 新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8 ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

a.flat 大阪梅田店

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 定休日なし
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
公共交通機関でお越しの場合

・JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

まとめ

今回紹介させて頂いた、理想の寝室を叶える寝室づくりのコラムはいかがだったでしょうか。寝室はベッドやマットレスの選び方から、インテリアコーディネートまで、様々な要素を組み合わせて作ります。その分自由度も高く、理想の寝室づくりを楽しむこともできます。引っ越しや模様替えで理想の寝室づくりをする際に、今回のコラムをご活用いただければ幸いです。

関連メニュー

  • 部屋の場所 ベッドルーム・寝室

    部屋の場所 ベッドルーム・寝室のページです。a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。また、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートも合わせて掲載しています。

  • ベッドルームガイド ~心地よい寝室の作り方~

    ベッドルームガイド ~心地よい寝室の作り方~のページです。ベッドルーム。そこは、今日の疲れを癒す場所であり、明日への活力を生み出す場所。そして人生の3分の1を過ごす場所。だからこそ心身ともに安らげる場所にしたい。このガイドでは、快適な眠りを実現するためのベッドルームの作り方を、5つのポイントに分けてご紹介します。あなたの理想のベッドルームづくりの参考にしてください。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せ、具体的に家具を選んだり、コーディネートのイメージを膨らませましょう。

詳細はこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

詳細はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

詳細はこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.