• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • ご注文履歴
  • カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ログアウト

ダイニングベンチ[背もたれ有り・無し]を取り入れるメリット・デメリット

ダイニングベンチ[背もたれ有り・無し]を取り入れるメリット・デメリット

食事や団欒を楽しむダイニング。家族や友人と過ごすスペースだからこそ、ゆったりと過ごしたいと思う方は多いのではないでしょうか。このコラムでは「ダイニングベンチ」を上手に使う方法や選び方を、背もたれ有り・無し別にご紹介します。是非、参考になさって下さい。

快適な暮らしを叶えるダイニングベンチ

座るスペースが広く、自由に寛ぐことができるダイニングベンチ。ゆったりとしたサイズ感とおしゃれなデザインが特徴ですが、背もたれ有りと無しのベンチで使い方も変わってきます。ライフスタイルに合ったダイニングベンチを選びましょう。

ダイニングベンチとは

チェアよりも幅が広いダイニングベンチは、ゆったりと腰掛けたり横に並んで座れるのが大きな魅力です。また、身体を預けられる背もたれが付いたデザインと、軽量で立ち回りがしやすい背もたれ無しのデザインがあり、ライフスタイルや使用目的によって選べます。

背もたれの有無で異なるダイニングベンチの使い方

ダイニングベンチは、背もたれの有無で使い方が異なってきます。普段の過ごし方やどのように使うかをしっかりイメージして、ダイニングベンチを選びましょう。

食卓用のチェアとして

チェアと組み合わせて開放感のある食卓に。背無しベンチを使わない時は、テーブルの下に収納可能です。

ソファダイニングのサブチェアとして

ソファと同じく寛ぎやすい背もたれ付きベンチは、ソファダイニングにもぴったりです。

一時的な荷物置きとして

奥行が浅くコンパクトなサイズの背無しべンチは、壁側に寄せやすくちょっとした荷物置きに便利です。

ベッドエンドに置くフットベンチとして

ベッドエンドに背もたれの無いベンチを置くだけで、ホテルのような寝室が完成します。

ダイニングベンチ[背もたれ有り]のメリット・デメリット

1人掛けチェアとは違う寛ぎ方ができるダイニングベンチ。背もたれの有無によってメリット・デメリットも異なってきます。こちらでは、背もたれ有りベンチのメリット・デメリットについてご紹介します。

背もたれ有りベンチのメリット

■座る人数に融通が利く

座面の広いダイニングベンチは、大人はもちろん小さなお子様ならチェアで座るよりも多くの人数が並んで座れます。

■正しい姿勢で座れる

背もたれが身体にフィットし、自然な「く」を描くことができる背もたれ。正しい座り姿勢を保つことが可能です。

■チェア2脚よりもコストを抑えることができる

チェアを人数分揃えると意外とコストがかかりますが、座る人数に融通が利くダイニングベンチにすることで、コストを抑えられます。

■小さいお子様も安心して座れる

背もたれがあることで、小さいお子様も転倒せずに座ることができます。食事はもちろん、机上遊びのときなども安心して座れますね。

背もたれ有りベンチのデメリット

  • 座ると身動きが取りにくい

  • 椅子よりも動かしにくい

  • テーブルサイズによってはサイズが合わない

背もたれ有りベンチは、真ん中や壁側に座ると身動きが取りにくく、体型によっては並んで座ると窮屈になります。さらに背もたれが重く手軽には動かしにかったり、テーブルサイズよってはベンチが収納できない場合があります。

ダイニングベンチ[背もたれ無し]のメリット・デメリット

背もたれ有りベンチよりも軽く、コンパクトなサイズ感の背もたれ無しベンチ。シンプルなデザインのベンチですが、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。こちらでご紹介していきます。

背もたれ無しベンチのメリット

■どこからでも座れる

背もたれ有りベンチと違い、背もたれが無いのでどこからでも座ることが可能です。狭いダイニングでも置きやすく、チェアよりも場所を選びません。

■空間を広く見せてくれる

背もたれの無いダイニングベンチなら、開放的なイメージで空間を広く見せられます。座面の広い部分が多く見えるので、よりすっきりとした印象に。

■軽く動かしやすい

背もたれ無しのベンチは、軽く持ち運びがしやすいのも特徴です。伸長式ダイニングテーブルのサブチェアとしても活用できます。

■ちょっとした物置きに使える

すっきりとしたサイズ感のダイニングベンチは、壁側に置いてもスペースの邪魔になりません。ちょっとした物置きや休憩スペースとしても使えます。

背もたれ無しベンチのデメリット

  • 小さいお子様が落ちる可能性がある

  • 並んで座ると窮屈になる

  • テーブルによっては座りにくくなる

背もたれ無しベンチはどこからも座りやすい分、小さいお子様が転倒する可能性があります。また横幅もコンパクトのため、ベンチに座る人の体格によっては窮屈になってしまうでしょう。ダイニングテーブルによっては座りにくくなるため、組み合わせ方も検討する必要があります。

暮らしやすく使い勝手の良いダイニングベンチの選び方 ~4つのポイント~

ダイニングベンチを置く場合、レイアウトやサイズ、デザインなど、どのように選んでいけば良いのでしょうか。ここでは、快適に暮らせるダイニングベンチの選び方とおしゃれな見せ方を4つのポイントにして詳しくご紹介します。

1. ダイニングテーブルに合わせるダイニングベンチ選び

1つ目のポイントはダイニングテーブルに合わせるダイニングベンチ選びです。食事や作業など様々な使い方をするダイニングテーブルにぴったりなベンチを選ぶことで、居心地の良い食卓が実現します。それでは、どのようにダイニングテーブルに合うベンチを選べば良いのでしょうか。

ダイニングベンチを使い勝手良くするにはダイニングとの相性が大事

ベンチを快適に使うためには、相性の良いダイニング選びが重要です。ダイニングベンチの使い方は目的や用途によって変わりますが、相性の良いテーブルやチェアと組み合わせることで過ごしやすい空間が実現します。

背もたれ有りと無しで変わるダイニングベンチの使い心地

ダイニングベンチの背もたれは有りと無しで使い心地が異なるため、過ごし方や置く場所によって相性の良い方を選びましょう。のんびりとダイニングで寛ぎたい場合は背もたれ有りタイプ、コンパクトなダイニングスペースに置きたい場合は、小回りが利く背もたれ無タイプがおすすめです。

ダイニングテーブルと相性の良いダイニングベンチ

1人掛けチェアと合わせることの多いダイニングテーブルですが、相性の良いダイニングベンチと組み合わせることで、快適で過ごしやすい食卓を実現でるでしょう。こちらでは、脚の付け方が異なるダイニングテーブルと相性の良いダイニングベンチをご紹介します。

4本脚のダイニングと好相性の背もたれが無いベンチ

ダイニングテーブルに多い4本脚タイプは、ベンチと合わせると脚がぶつかってしまうため、出入りのしやすさが重要になります。

どこからでも座りやすく、片手でも動かせる背もたれ無しのベンチは、4本脚のダイニングテーブルと良く合うでしょう。

伸長式ダイニングで使いやすい背もたれ無しのベンチ

伸長式のダイニングテーブルを伸長する場合、1人掛けチェアだと使わない時の置き場所に困ることがあります。

背もたれ無しのベンチは、軽量で動かしやすく座る人数も限られないため、伸長式のダイニングテーブルと相性の良い組み合わせです。

T字脚のダイニングと相性の良い背もたれ有りベンチ

脚がT字のように内側に入ることで、足が当たりにくくなるT字脚ダイニングテーブル。椅子を動かさなくても座れるため、背もたれ有りベンチと相性良く組み合わせられます。

背もたれをダイニングテーブルと同じ素材にすることで、より一体感のあるダイニングになるでしょう。

ダイニングベンチと組み合わせるチェア選び

ダイニングテーブルにベンチとチェアを組み合わせる 場合、同じ素材やデザインで揃えることで、統一感のあるダイニングが完成します。

チェアとベンチの組み合わせでダイニングのイメージを大きく左右するため、それぞれの素材や風合いを揃えて、一体感のあるダイニングを演出しましょう。

■温もり感じる木材チェア
ベンチと同じ木材のチェアを合わせることで、統一感のあるダイニングスペースが実現します。抜け感のあるルーバーデザインで、開放感を与えました。

■柔らかな風合いの天然素材チェア
天然素材のラタンやヒヤシンスのチェアは、木材とは違う温かみのある質感が特徴です。木材家具と合わせて、リゾートのような食卓を演出します。

ダイニングベンチと組み合わせるのにおすすめなダイニングチェア

スツールをサブのチェアとして使う

大人数でダイニングを囲う場合、チェアが人数分足らなくなることがあります。そんな時に、スツールがあると簡易的なチェアとして使用可能です。コンパクトなサイズなので置き場所を選ばず、必要な時だけすぐに持ち運べる手軽さが魅力となっています。

屋外用ダイニングテーブルと使うダイニングベンチを選ぶ

自然の中で食事を楽しむ屋外用のダイニングテーブルにも、ダイニングベンチを活用しましょう。横幅の広いダイニングベンチがあることで大人数が座って寛ぐことができます。ベンチのサイズが大きくなると移動がしにくくなるので、外に出したままでも汚れや劣化が気にならない、丈夫な素材のベンチを選びましょう。

天板を置いててテーブルとしても使えるダイニングベンチ

ガーデン・ベンチ用の天板ガラスを使うことで、高さのあるワイングラスなども安心して置けるテーブルとしても使えます。見た目の美しさはもちろん、雨や水などで濡れてもすぐに拭き取ることが可能です。

2. ソファダイニングに合わせるダイニングベンチ選び

2つ目のポイントはソファダイニングに合わせるダイニングベンチ選びです。食事と寛ぎを同じスペースで叶えるソファダイニングにダイニングベンチを合わせることで、より快適な過ごし方やレイアウトが見つかるでしょう。それでは、ソファダイニングに合うベンチはどのように選べば良いのでしょうか。

ベンチと組み合わせてソファダイニングを快適に過ごす

ソファダイニングにベンチを合わせることで座るスペースが多くなり、ゆったりとした寛ぎ空間を実現します。狭い部屋にも小さなソファとベンチを組み合わせることで、コンパクトなソファダイニングが置けるようになるでしょう。

ソファの座面とテーブルの高さに合うダイニングベンチ

ソファダイニングに合わせるダイニングテーブルの天板高さは64cmと、通常の座面高さ42cmのベンチと合わせると高く感じてしまいます。座面高さがソファと同じ38cmのダイニングベンチにすることで、ソファダイニングとの合わせに最適なサイズになります。一般的なベンチよりも4~5cm低いため、食卓に開放感を与えてくれるでしょう。

ソファダイニングとの合わせに最適な座面高さ38cmの背有りダイニングベンチ。座面が低くなったことで、より深く腰掛けられるようになります。

ソファダイニングと合う座面高さ38cmの背無しダイニングベンチ。背もたれが無いのと座面高さを抑えたことにより、より開放的な印象に。

ソファダイニングの過ごし方で変わるベンチの背もたれ有り・無し

ダイニングベンチの背もたれ有りと無しの選び方は、ソファダイニングの過ごし方によって変わってきます。

ソファと同じように寛いで過ごす場合は背もたれ有りを、スペースが限られていて場所を取らずにベンチを置きたい場合は背もたれ無しのベンチを選ぶと良いでしょう。

ダイニングベンチと合わせるソファ選び

ダイニングベンチと合わせるソファは、座面高さが同じ位のデザインがおすすめです。座面高さを揃えることでダイニングテーブルの最適な高さが選びやすくなり、快適なソファダイニングを作ることができます。

また、正しい姿勢で寛ぐことができるような奥行きと、程良い座面クッションの硬さなども重要になるでしょう。

ダイニングベンチと組み合わせるのにおすすめなソファシリーズ

【背もたれ有り・無し】ソファダイニングに配置したベンチのレイアウト例

ソファは大きい家具のためどうしても配置場所は決まってしまいますが、合わせるダイニングベンチの置き方で、生活動線を確保しながらソファダイニングを置けます。過ごしやすさを意識したレイアウトにして、快適なソファダイニングスペースを実現しましょう。

ベンチソファ×背もたれ有りベンチのレイアウト例

ベンチソファと背もたれ有りのダイニングベンチを置いたレイアウト例。コンパクトな部屋でも、大勢で団欒を楽しめるようにしました。

対面にソファとベンチを置き、サイドにラタンスツールを配置しました。赤とオレンジのクッションで、アジアンリゾートな雰囲気を演出しています。

ベンチソファ×背もたれ無しベンチのレイアウト例

ベンチソファと背無しのダイニングベンチ、オットマンとすっきりとしたデザインで揃えたソファダイニング。どこからも出入りしやすい配置となっています。

アームレスのデザインで統一したことで、解放感溢れるソファダイニング空間となりました。爽やかなブルーが、清々しい空間を作り上げています。

片アームソファ×背もたれ有りベンチのレイアウト例

片アームソファと背もたれベンチを組み合わせたレイアウト例。空間にゆとりを持たせて、広々としたソファダイニングを実現しました。

背もたれのついたダイニングベンチと片アームソファで、食事や寛ぎ方を選べるレイアウトにしました。落ち着いたパープルカラーが高級感を与えています。

片アームソファ×背もたれ無しベンチのレイアウト例

片アームソファと背もたれ無しのベンチを組み合わせたレイアウト例。ソファダイニングを中央に置いて、ゆったりと寛げる空間にしています。

片アームソファに背もたれ無しのベンチを合わせることで、開放感のあるすっきりとした印象を与えます。グリーンのカラーコーディネートで癒しの空間に。

コーナーセット×背もたれ有りベンチのレイアウト例

コーナーセットに背もたれ有りベンチを合わせたレイアウト例。ゆったりと食卓を囲めるソファダイニングにしました。

ダイニングベンチに背もたれがあることで、全員が居心地良く座れるようになっています。ブラウンでまとめてモダンな印象を与えました。

コーナーセット×背もたれ無しベンチのレイアウト例

ゆったりとしたコーナーソファセットと背無しベンチを合わせたレイアウト例。ダイニングテーブルを囲うように配置して、団欒を楽しめます。

コーナーセットで圧迫感を与えないように、コンパクトな背もたれ無しタイプのダイニングベンチですっきりと見せています。

関連コラム

  • ソファで食事ができるソファダイニングテーブルの魅力と選び方
    ソファで食事ができるソファダイニングテーブルの魅力と選び方

    ソファテーブルで食事をするスタイルは、寛ぎながら過ごせたり部屋にゆとりをもたらします。ソファでの居心地の良さから、食事だけではなく食後のコーヒーやお酒をテーブルで楽しむこともでき、豊かな暮らしが叶うでしょう。このコラムでは、「食事を取りやすいソファとテーブルの選び方」や「ソファダイニングテーブルを置いた実例」をご紹介致します。是非参考になさって下さい。

3. 寝室やその他スペースで使うダイニングベンチ選び

ダイニングベンチの使用場所は主にダイニングスペースに置くことが多いですが、他の場所に配置して様々な使い方で活用することが可能です。ダイニング以外のスペースでも使えるダイニングベンチは、どのように選ぶと良いのでしょうか。

有ると便利なダイニングベンチの場所と使い方

シンプルなデザインと安定感のある座り心地のダイニングベンチ。チェアよりも奥行がコンパクトなので、玄関や寝室など限られたスペースにも配置しやすいデザインが魅力です。どんな場所にも置きやすく快適に使えるダイニングベンチを選びましょう。

食卓以外でも活躍するダイニングベンチ

コンパクトでシンプルだからこそ、様々な置き場所で活躍できるダイニングベンチ。腰掛けはもちろん、ちょっとした物置きやインテリアとしてなど、日々の暮らしを快適にしてくれます。

シンプルで置きやすいからこそ、どこでどのように使うのか明確してからダイニングベンチを選ぶようにしましょう。

ベンチを使う場所によって背もたれ有り・無しを選ぶ

ダイニングベンチの背もたれ有りか無しかは、使う場所によって選ぶことが重要です。使用するイメージと違うと、スペースの邪魔になったり運ぶのに苦労したりと、不便に感じる可能性があります。

座ることに重視するのか、持ち運びや物置きとして使用するのか、ダイニングベンチの置き場所や使うことをイメージして選びましょう。

背もたれ有り・無しで変わるダイニングベンチの使い方

食卓以外でも活躍するダイニングベンチは、背もたれ有り・無しで使い方が変わってきます。置く場所はもちろん、どのように使うのかをイメージしてダイニングベンチを選びましょう。こちらでは、ダイニング以外で使ったベンチのレイアウトを3Dシミュレーションでご紹介します

寝室のベッドエンドに背もたれ無しベンチを置く

寝室のドレッサー近くに、背もたれ無しのダイニングベンチを配置しました。ちょっとした物置きや腰掛けとしても使えます。

奥行を抑えた背もたれ無しのダイニングベンチは、寝室を圧迫することなくすっきりと置けています。ファブリック類は爽やかなグリーンで揃えました。

書斎に背もたれ有りベンチを置いて休憩スペースをつくる

コンパクトな書斎に、背もたれ付きのダイニングベンチを配置。仕事や作業の合間に一息寛げるスペースを作りました。

高級感のある雰囲気を崩さないようにデスクと同じ無垢材のベンチで揃えて、統一感のある空間に仕上げています。

玄関先の腰掛け用として背もたれ無しベンチを配置

玄関の前に背もたれ無しのベンチを置いて、腰掛けとして使えるようにしました。奥行を抑えたベンチは通路の邪魔にならず、すっきりと配置ができています。

シンプルになりがちな玄関にパープルのベンチカバーで彩りを加えました。同系色の壁面装飾を飾り、高級感のある雰囲気を出しています。

4. ダイニングベンチの空間をカラーでおしゃれに見せる

色を取り入れる場所が少なくシンプルな空間になりがちな食卓は、どこか物足りなさを感じてしまいます。ダイニングベンチに色を加える事で一気に華やかな印象になり、部屋全体もおしゃれに見せてくれるでしょう。

ダイニングベンチの配色で変わる部屋のイメージ

ダイニングベンチはチェアよりも座面が広く、配色によって空間のイメージを大きく変えます。ダイニングベンチの色を選んでから装飾やインテリアも揃えていくことで、スムーズにおしゃれな食卓作りができるようになるでしょう。

ベンチカバーと周りの装飾の色合いを揃える

ダイニングスペースは装飾できる場所や物が限られているため、色合いを揃えてコーディネートすると統一感のある食卓に仕上がります。

ベンチカバーやチェアカバーの色を揃えたり、クッションをグラデーションで並べたりと、ダイニングを華やかに演出する事ができるでしょう。

種類豊富なa.flatのダイニングベンチカバー

カレイド(CL) 全36色
天然のコットンと麻からなる起毛性のある生地。

オルリー(OR) 全4色
素材はコットン100%。さらりとした肌触りが特徴。

プラノ(PL) 全3色
3種の糸が織り交ざったツイードのような見た目が特徴の生地。

テンポテスト(TP) 全14色
屋外でも使用可能な高機能ファブリック。

コスイ(KS) 全2色
きめ細やかで凹凸の無いジャガード織りの生地。

ソフトレザーv02(SL2) 全3色
本革のような柔らかな風合いを表現したファブリック。

着脱可能なカバーでダイニングベンチを清潔に保つ

a.lfatのダイニングベンチはカバーが着脱可能のため、食事の時に汚れてしまっても簡単に取り外してお手入れができます。

また、生地や色のバリエーションが多くあるので、気分やダイニングのイメージによってカバー替えを楽しめるでしょう。

関連コラム

ダイニング周辺に壁面装飾を飾る

ダイニングスぺースの壁面がそのままだと、ベンチに色を加えてもどこか物足りない印象に。食卓をおしゃれに見せるために、壁面装飾を飾ると良いでしょう。

ダイニングベンチの色に合わせた壁面装飾を飾ることで、一気に統一感のある食卓が完成します。

ダイニングスペースをおしゃれに飾るおすすめ壁面装飾

ダイニングベンチを中心としたカラーコーディネート

ダイニングベンチの色を決めた後、さらにインテリアやファブリックの色も揃えていくことで全体のテーマが定まります。空間に彩りを加えて、おしゃれに演出していきましょう。ここからは、ダイニングベンチを中心としたカラーコーディネートをご紹介していきます。

グリーンの安らぎを感じさせるダイニングベンチ

グリーンの背もたれ無しベンチとヒヤシンスチェアを組み合わせたコーディネート。ベンチやダイニングテーブルは温もりを感じる無垢材を使用し、ヒヤシンスの柔らかな雰囲気に合わせました。クッションやチェアカバーにも濃淡の違うグリーンを取り入れて、心安らぐリラックス空間を作り上げています。

グリーンのコーディネートで使用したインテリア小物・カラー

ラグジュアリーなパープルのダイニングベンチ

華やかなパープルの背もたれ有りベンチを置いたダイニングコーディネート。高級感のある無垢材に華やかなパープルを彩ることで、高級感のある雰囲気をさらに盛り上げました。贅沢に寛げれるラグジュアリーな空間となっています。

パープルのコーディネートで使用したインテリア小物・カラー

清々しい爽やかなブルーのダイニングベンチ

清々しいブルーの背もたれ無しベンチを置いたダイニングコーディネート。背無しべンチとヒヤシンスチェアの組み合わせで、開放感溢れるリゾート空間を演出しました。様々なブルーを部屋全体に取り入れて、爽やかで気持ちの良い食卓を生み出しています。

ブルーのコーディネートで使用したインテリア小物・カラー

温もり溢れるブラウンのダイニングベンチ

ブラウン背もたれ有りベンチをメインに、無垢材のダイニングセットで揃えたコーディネート。木の素材感を活かしたシンプルな配色で、温かみのあるダイニングを演出しています。照明や壁面装飾にも木々の風合いをイメージさせるデザインを取り入れて、自然の温もりを味わえる食卓に仕上げました。

ブラウンのコーディネートで使用したインテリア小物・カラー

洗練された淡いグレーのダイニングベンチ

温かみのあるグレーの背もたれ無しベンチを、ソファダイニングと合わせたコーディネート。すっきりとした背無しベンチと合うように、ソファには濃淡の異なるグレーのクッションを並べました。全体を淡い色合いにしたことにより、洗練されたソファダイニング空間を演出しています。

グレーのコーディネートで使用したインテリア小物・カラー

ダイニングベンチ[背もたれ有り・無し]を取り入れた実例紹介

こちらでは、それぞれのポイントを抑えたインテリアコーディネート実例をご紹介します。背もたれ有りと無しのダイニングベンチを、様々な使い方でレイアウトした空間をご覧下さい。

ダイニングテーブル+背もたれ無しダイニングベンチの実例

こちらでは、ダイニングテーブルに背もたれ無しのダイニングベンチを取り入れたインテリア実例をご紹介。背もたれが無くすっきりとしたデザインのダイニングベンチで、開放的な食卓を実現しました。

伸長式テーブルで団らんを楽しむダイニングベンチの空間

ゲストを迎える時にぴったりな伸長式テーブルとダイニングベンチで、おもてなしの空間を演出しましょう。使わない時は、ダイニングベンチをリビングの壁面に寄せて置くことで、スペースを有効活用できます。家族の団らんから友人との楽しいひと時まで充実するダイニングを作れるはずです。

通常時はダイニングテーブルを二人掛けの状態にして、空間を広く使います。ソファとの生活動線をしっかりと確保して、日々の暮らしをストレスなく過ごせるでしょう。LDKがコンパクトな方、正方形リビングで家具配置がしにくいケースなどおすすめです。

関連メニュー

  • 【インテリア実例】ブラウン×ブルーが彩る理想の二人暮らし・2LDKレイアウト
    【インテリア実例】ブラウン×ブルーが彩る理想の二人暮らし・2LDKレイアウト

    こちらは2LDKでの快適な二人暮らしを叶えた実例特集です。2LDKは、個々のプライベート空間を大切にしながら、二人の共有スペースも広く確保できる間取り・レイアウトが組めます。また、二人の時間を豊かなものにするために、お互いの好みを尊重し合いながら家具やカラーを選ぶのもポイントの一つ。木の家具やブラウン×ブルーのインテリア、ビビットカラーもこの実例ではポイントに。二人で快適に暮らすコツをたくさんご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

オリエンタルな雰囲気の背もたれ無しベンチコーディネート

自然の風合いを感じられる無垢材のダイニングテーブルと、背もたれ無しのベンチを組み合わせたコーディネート実例。ベンチの向かいに細かな編み込みのラタンチェアを置いて、食卓を上品に仕上げています。パープルをアクセントにして、オリエンタルで高級感のある空間に仕上げました。

色合いがシンプルになりがちなダイニングスペースに、パープルの背もたれ無しのベンチを加えました。チェアカバーも同じ色で合わせて、食卓に華やかな雰囲気を加えています。

背面のないダイニングベンチは抜け感を生み出して、すっきりとした印象を与えました。

関連コラム

背無しベンチですっきりとした雰囲気を演出したダイニング

すっきりとしたおしゃれなペニンシュラキッチンの雰囲気を損ねないよう、背もたれの無いダイニングベンチでコーディネートしたダイニング。壁感が無いことで、背面収納のおしゃれなディスプレーも引き立ててくれますね。無垢材の贅沢な質感と、シンプルなオフホワイトのカバーがスタイリッシュな印象を演出します。

ダイニングとリビングの間は、暮らしの中心となる生活動線。背もたれ無しのベンチをセレクトしたことで、圧迫感を感じることなく快適に過ごせます。

また、ベンチはダイニングテーブルの下に完全に入れ込んでしまうこともできるため、さらに広々とした動線を確保することが可能です。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】広いお庭とリビングの一体感がある家づくり~家族との楽しい休日~
    【インテリア実例】広いお庭とリビングの一体感がある家づくり~家族との楽しい休日~

    憧れの広い庭付きのリビングで、ご家族の生活が充実するインテリアコーディネートをご紹介。庭付きリビングならではの一体感のあるインテリアや、暮らしの中に自然を感じる特別な空間を演出するポイントをご覧頂けます。これから庭やテラス付きの物件を検討される方や、お庭とリビングに一体感が無い、などお悩みの方は是非ご参考にしてください。

背無しベンチとローダイニングテーブルで広く見せた食卓

背もたれ無しのダイニングベンチに、ロースタイルのダイニングテーブルを合わせたコーディネート実例。天板高さが低いローダイニングテーブルにすることで、開放感を出しスッキリとした食卓を実現しました。深みのあるブルーのファブリックは、穏やかで心地よい空間を演出しています。

深みを感じるブルーのダイニングベンチカバーを取り入れて、食卓に爽やかなイメージを与えました。ベンチの背もたれが無いことで、より空間をすっきりと見せています。

開放的な印象を際立たせる為にローダイニングテーブルを配置して、天井を高く広々と見せました。

関連コラム

  • ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』
    ブルーのインテリアの魅力『34部屋のインテリアコーディネート実例付き』

    海や空をイメージさせるブルーのインテリア。開放感がある爽やかな装いは、リラックス感の溢れる空間を演出してくれます。ネイビー・ターコイズブルー・アクアブルーなど様々なブルーでコーディネートした沢山の実例や、ブルーのインテリアが暮らしにもたらしてくれる効果、ブルーのインテリアコーディネートを行う際のポイントを紹介しています。

背もたれ無しベンチを置いたアジアンな空気感が漂う食卓

伸張式のダイニングテーブルと背無しベンチで、快適に食事を楽しめるコーディネート実例。伸長するダイニングテーブルに使えるよう、軽量で動かしやすい背もたれ無しのダイニングベンチを配置しました。レッドとブラウンのカラーコーディネートが、アジアンな雰囲気を盛り上げます。

ダイニングテーブルを伸ばさない時は、ベンチを壁側に寄せて生活動線を確保しました。入り口の前でも邪魔にならず、すっきりと見せています。ちょっとした物置きとしても活用できるでしょう。

ダークブラウンのダイニングセットにヒヤシンスチェアを置いて、アジアンリゾートな印象を与えました。

関連コラム

  • 【9つのインテリア実例】アジアンムード漂う バリ風インテリアコーディネートのポイント
    【9つのインテリア実例】アジアンムード漂う バリ風インテリアコーディネートのポイント

    ゆったりと落ち着ける雰囲気で根強い人気を誇るバリ風のアジアンインテリア。ナチュラルな素材をたっぷり使ったインテリアは日本の住宅とも相性が良く、オリエンタルでリラックス感のあるおしゃれなインテリアコーディネートが叶います。そのようなアジアンインテリアの魅力やコーディネートを行う際のポイントを、実際のお客様宅インテリアコーディネート実例と併せながらご紹介していきます。

ダイニングテーブル+背もたれ有りダイニングベンチのインテリア実例

こちらでは、ダイニングテーブルに背もたれ有りダイニングベンチを取り入れたインテリア実例をご紹介します。ゆったりと寛げる背もたれの付いたダイニングベンチを置いて、リラックスできる食卓にしています。

アースカラーで統一した背もたれ有りベンチ中心のダイニング

横浜の新築タワーマンションでの素敵なひと時を過ごす空間で、内装や景観に合わせた部屋づくり・家具選びにこだわりました。内装や横浜の街並みに調和するアースカラーでまとめた、絶妙なカラーコーディネート・素材の組み合わせを駆使したインテリア実例です。

ダイニングテーブルのセットを窓際に移動して模様替えした例。眺望を楽しみながらベンチにゆったり腰かけて食事するのもおすすめです。

お気に入りのクッションなどを添えながら、家族との大事な時間が過ごせるでしょう。

関連メニュー

  • アースカラーで作る内装や景観と調和したインテリアコーデ~横浜タワーマンション実例~
    アースカラーで作る内装や景観と調和したインテリアコーデ~横浜タワーマンション実例~

    横浜の新築タワーマンションでの素敵なひと時を過ごす部屋作りにて、内装や景観に合わせた家具選びをご紹介。新築マンションの内装や横浜の街並みに調和するアースカラーでコーディネートし、自然由来の色によって心地良い空間が広がっています。暮らし方に合わせた家具レイアウトを楽しむこともできるテーマに合わせたお部屋作りのポイントもご紹介しています。素材の風合いやデザイン、絶妙なカラーコーディネートを駆使して、完璧な空間を実現したお部屋を是非お楽しみ下さい。

背もたれ有りベンチとラタンチェアを合わせたダイニング

無垢材のダイニングテーブルとベンチを主役にした、温もり感じるダイニングコーディネート実例。ゆったりとした座り心地の背もたれ有りベンチがあることで、よりリラックスした食卓を叶えています。ラタン素材のチェアや爽やかなグリーンのファブリックを取り入れて、癒し空間を演出しました。

空間を広く見せるローダイニングテーブルと背もたれ有りのベンチを配置。背もたれ有りのベンチとラタン素材のチェアの組み合わせて、より自然を感じられる食卓となっています。

周りに置いたダイニング収納も無垢材で揃えて、グリーンのインテリアをアクセントに加えました。

関連コラム

無垢材の背有りベンチとダイニングを組み合わせた食卓

無垢材の背有りベンチとチェアをブラウンで統一したコーディネート実例。温もり感のある組み合わせで、カフェのようにゆったりと寛げる食卓を実現しました。ファブリックを異なる素材で取り入れて、シンプルな中にもおしゃれな雰囲気になるように仕上げています。

ダイニングテーブルがT字脚になっているため、背もたれ有りのベンチでも出入りがしやすく、快適な食卓作りを叶えています。

抜け感のあるロースタイルの家具で揃えた空間は、ダークブラウンで揃えても重さを感じさせず、開放的かつ重厚感のあるコーディネートとなりました。

関連コラム

  • おしゃれな部屋の作り方を徹底解説~おしゃれな部屋実例50選~
    おしゃれな部屋の作り方を徹底解説~おしゃれな部屋実例50選~

    おしゃれな部屋でゆっくりと過ごす時間は憧れますよね。ではどのようにして自分好みのおしゃれな部屋を作れば良いのでしょうか。今回はそんな理想の部屋作りを行うためのポイントを徹底解説していきたいと思います。おしゃれで完成度の高いインテリアスタイル実例を参考に素敵な空間を手に入れましょう。

背有りベンチとダイニングテーブルを配置した爽やかなコーディネート

無垢材のダイニングに、ブルーの背もたれ付きベンチを合わせたダイニングコーディネート。高さを抑えたダイニングテーブルと抜けのあるデザインのベンチで、食卓に解放的なイメージを与えました。清々しいブルーのファブリックで、爽やかなダイニングを演出しています。

無垢材で統一したダイニングセットを置いて、温もり感のある食卓を表現しました。ベンチの背もたれ部分や天板から見える美しい木目は、さりげない高級感を与えています。

ブルーのベンチカバーを取り入れて、パッと目を惹くダイニングの爽やかなアクセントにしました。

関連コラム

  • 【インテリア実例】海と空が見える千葉 鴨川の別荘コーディネート
    【インテリア実例】海と空が見える千葉 鴨川の別荘コーディネート

    自然が豊かな別荘地・千葉 鴨川にピッタリなインテリアコーディネートをご紹介致します。太平洋の壮大な海と空が広がる鴨川の魅力を最大限に活かした家具選びやインテリアコーディネート。別荘の中でも大自然を感じてゆっくりした時間を過ごす事が出来ます。千葉 鴨川の別荘の実例インテリアコーディネートを交えながらご提案致しますので、是非参考にされてみてください。

ソファダイニングテーブル+背もたれ無しダイニングベンチの実例

こちらでは、ソファダイニングテーブルに背もたれ無しのダイニングベンチを取り入れたインテリア実例をご紹介します。ゆったり寛げるソファダイニングに背無しベンチをプラスして、大勢で団欒を楽しめる食卓を作りました。

ソファダイニングと背無しベンチを合わせた開放的な食卓

家族や友人と食卓を囲めるソファダイニングに、背もたれ無しベンチを組み合わせたコーディネート実例。ソファの向かい側に背無しベンチを置いたことで、座るスペースにゆとりを確保することができました。ブルーとホワイトのコントラストで、爽やかなダイニング空間を演出しています。

背無しベンチとコンパクトなソファを合わせる事で、ソファダイニングの空間をすっきりと見せています。大勢でも過ごしやすい開放的な食卓空間を作り上げました。

ソファ横には床座で寛げるスペースを作って、それぞれゆったりと過ごせる空間を実現しています。

関連メニュー

  • ラン・コンパクトソファ特集 〜暮らしが充実する万能ソファ〜

    ラン・コンパクトソファ特集 〜暮らしが充実する万能ソファ〜のページです。ラン・コンパクトソファは、一人暮らしのワンルームから、二人暮らしやファミリーのマンション・戸建てのリビングまで、幅広くご利用頂ける「万能なソファ」です。また、リビングでローテーブルと合わせたり、食事も可能なソファダイニングとして使うこともできます。そんな暮らしの幅を広げて、永く寄り添ってくれるラン・コンパクトソファの魅力について、ご紹介させて頂きます。

ソファダイニングと背無しベンチのコンパクトなコーディネート

9畳のリビングダイニングに、コンパクトなソファダイニングを置いたコーディネート実例。ソファダイニングの対面に背もたれ無しのベンチを配置し、来客時にも食事を囲めるようにしました。温かみのあるグレーコーディネートで、落ち着いた空間を演出しています。

ソファの向きを窓側にして、景色を楽しみながら寛げるレイアウト。対面に置いているのが背もたれ無しのベンチなので、窓に影響せずに配置することができています。

片アームソファや抜けのあるダイニングで、すっきりとした印象を与えました。

関連コラム

  • 【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト
    【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト

    一人暮らしの1LDK9畳+寝室4.5畳をソファダイニング中心にコーディネートされた実例をご紹介。寛いだりテレワークもできるソファダイニングによって、一人暮らしの限られた空間でも快適に過ごせる部屋作りを叶えられています。ポイントは、ソファダイニングで心地良く過ごせる家具選びから、狭い空間に適したレイアウトやコーディネートをバランス良く取り入れることです。是非今回の実例を参考になさってください。

寝室で背もたれ無しダイニングベンチを使った実例

こちらでは、寝室に背もたれ無しのダイニングベンチを取り入れたインテリア実例をご紹介します。ダイニングスペースとは違った使い方で背もたれ無しベンチを活用し、より快適な寝室に仕上げました。

寝室に背無しベンチを用いたホテルライクなコーディネート

開放的なローベッドの足元に、背もたれ無しのベンチを配置したコーディネート実例。ダイニングベンチに本や寝具類などを置いて、ベッドスペースを広々と使えるようにしました。高級感のあるパープルとモダンな花柄の組み合わせで、ラグジュアリーな寝室を演出しています。

無垢材を使ったデスクがメインのラグジュアリーなワークスペースに、パープルのダイニングベンチを取り入れてました。上品でラグジュアリーな雰囲気を引き立てています。

デスク周りのちょっとした物置きや休憩スペースとしても活用できるでしょう。

ベッドエンドに背もたれ無しベンチを置いた寝室

ローベッドに背もたれ無しのベンチを置いた寝室コーディネート実例。ベッドエンドにベンチを置いて、ホテルのようなベッドルームに仕上げました。ベンチのカバーはシンプルなアイボリーを取り入れて、色とりどりのカラーコーディネートをすっきりとまとめました。

シンプルになりがちなベッドルームに背無しのダイニングベンチを置いて、ホテルのようなワンランク上の寝室を実現しました。ベッドとベンチを同じ高さに揃えて、一体感のある空間にしています。

ベッドエンドのベンチは、ちょっとした時の腰掛けスペースや小物置きなどマルチな使い方が可能です。

関連コラム

ダイニングベンチをa.flatの店舗で実際に確認する

a.flatの店舗では、豊富な種類の家具やインテリアを実際にご覧頂けます。背もたれ有りと無しのダイニングベンチを展示しており、組み合わせる家具やインテリアも簡単にお試し頂くことが可能です。ぜひ実際にご来店し、体感してみて下さい。

店舗で背もたれ有り・無しベンチのデザインや座り心地を体感する

a.flatのダイニングベンチは、ゆったりと寛ぐための適度な硬さと柔らかさを実現しています。ぜひ実際にお試し下さい。

ダイニングベンチのデザインでだけではなく優しい手触りや木の温もりを存分に感じることで、より魅力を感じられます。

a.flatの店舗一覧

a.flat目黒通り本店

〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜 木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(詳細は店舗まで)

■公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

■a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜、水曜 (祝日を除く)


■公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分 新宿駅から徒歩8分

■a.flat大阪梅田店

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 
定休日 水曜
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)

■公共交通機関でお越しの場合
JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

3D家具配置シミュレーションサービスでダイニングベンチのレイアウトを確認

a.flatでは、3Dシミュレーションを用いたインテリアコーディネートサービスを承っています。ご自宅の間取りに家具の配置やサイズ、インテリアなどを反映させてコーディネートを確認することが可能です。ダイニングベンチを置く部屋を3Dで作成し、最適なレイアウトをご提案させて頂きます。

3D家具配置シミュレーションサービスの流れ

【step1】図面を元に部屋を作成

まずはシミュレーションをしたい図面を店舗にお持ち頂くか、メールでお送り頂きます。図面をもとに、同じサイズの部屋を作成します。正確なサイズでお作りするので、空間の広さや通路の幅などがイメージしやすくなります。

【step2】家具を配置してサイズを確認

シミュレーションを作成したら、ダイニングスペースに置きたいテーブルやベンチなどをヒアリングし、最適なレイアウトをご提案させて頂きます。ダイニングの間取りや家具の大きさなど、バランスを見ながら作成していきます。

【step3】3D画面で立体的なイメージを確認

ダイニングベンチメインのレイアウトが完成したら、3D画面で確認します。真上から眺めたり、実際の部屋に入っているような視点でも見ることが可能です。様々な角度から見て確認しましょう。

【step4】インテリアコーディネートして確認

ダイニングベンチにインテリアを組み合わせてコーディネートしましょう。種類豊富なインテリアやファブリックを選んで、よりおしゃれになるようシミュレーションします。

ベンチの背もたれ有り・無しで変わる見え方を確認。

ダイニングベンチの背もたれの有り・無しも、3Dシミュレーションなら手軽に確認することが可能です。

背もたれがあることでの圧迫感や生活動線の確保など、じっくり見比べることで理想のダイニングベンチを選ぶことができるでしょう。

まとめ

今回はダイニングベンチの取り入れ方を、背もたれ有り・無しに分けてご紹介しました。部屋での過ごし方やレイアウトに合わせたダイニングベンチを的確に選ぶことで、空間を開放的に見せたり居心地の良いコーディ-トが実現します。

ぜひ、今回のコラムでご紹介させて頂いたことを実践してみて下さい。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

ネットショップ お問い合わせ&サポート 窓口 10:30~18:00(定休:土日祝) TEL 03-5731-5663 お問い合わせフォーム >

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ人気ページ

Copyright © 2000-2024 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.