• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • ご注文履歴
  • カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ログアウト

椅子の高さと机の高さの適正バランスは? ~プロが椅子と机の高さ・座面高を徹底解説~

椅子の高さと机の高さの適正バランスは? ~プロが椅子と机の高さ・座面高を徹底解説~

快適なダイニングづくりの秘訣は、椅子と机の高さの完璧なマッチングにあります。踵が床にピタリと着き、膝がちょうど良い角度で曲がる座面高さが理想。机は腕が自然に机に乗る高さで、肘がテーブルに対して90度が姿勢的にも良いとされています。自分自身に合った、高さの椅子と机を選んで、快適さをアップしましょう!

椅子と机の高さから発生するメリットとデメリット

椅子と机の高さが適正であれば快適なダイニング空間がつくられ、健康的な生活がおくれます。これは、在宅ワークなどの作業効率の向上にも繋がります。一方、デメリットとして、高さのバランスが不適切だと腰痛や集中力の低下を招くことがあります。適切な椅子と机の選択は、快適さと健康の両方を支える重要な要素です。

机と椅子の適正な差尺で使っているケース(メリット)

椅子と机の高さの適正な差尺は、快適な作業環境を実現する鍵です。一般的な差尺は椅子の座面から机の天板上まで約25~30cmで、これにより肩や腕の負担が軽減され、姿勢も良くなります。適切な差尺は、長時間の作業でも疲れにくく、作業効率を向上させるメリットがあります。

椅子と机を選ぶ際には、はじめに椅子を決めることをおすすめします。デザインも重要ですが、椅子の座高さをご自身の高さに合うものをお選びください。

適切な座面の高さ=ご自分の身長×0.25-1

机の高さを選ぶ時には、椅子の座高さと机の天板上まで高さに注意しましょう。椅子の座面から机の天板上までの距離を差尺(さじゃく)と言い、使用する人やシーンによって差尺も変わります。

メリット1:長時間使っていても疲れない

椅子と机の高さが適切なバランスであると、食事の際にも疲れにくいというメリットがあります。身体に無理なく自然な姿勢を保てるため、リラックスして食事を楽しむことが可能です。適正な高さは食べ物を口に運ぶ動作をスムーズにし、食事を快適な時間に変えてくれるでしょう。

メリット2:食事が食べやすく団らんしやすい

椅子と机の適正な差尺を得ることで、食事が食べやすくなります。家族や友人との団らんの際も、リラックスした姿勢で会話を楽しむことができるため、コミュニケーションがより活発に。適切な椅子と机の高さは、日常生活における生活の質の向上にも関係してきます。

メリット3:在宅ワークが効率的になる

椅子と机の高さのバランスが適正である場合、長時間座って作業をしても疲れにくい利点もあります。適切な差尺は体への負担を減らして良い姿勢を保ちやすくするため、集中力の維持や作業効率の向上にもつながります。腰への圧力を軽減し、肩や首の負担を和らげることができるため、快適な作業環境を実現する上で重要です。

机と椅子の適正な差尺で使っていないケース(デメリット)

机と椅子が適正な差尺でない場合、長時間の使用による体への負担が増大。机が高すぎると肩に力が入りすぎ、低すぎると猫背になりやすく、腰痛の原因にもなり得ます。また、椅子の座面が高すぎると足が宙に浮き、血行不良を招くことも。適正な差尺で使用しないだけで、集中力の低下や作業効率の悪化にも繋がるでしょう。

デメリット1:肩こり、頭痛などの原因になる

机が高いケースは腕を持ち上げるため肩に負担がかかり、低いと猫背になりがちです。これらは長時間のデスクワークによる不調の原因となるため、椅子と机の高さは身長に合わせて適切に調整することが肝心です。他にも、椅子の座面高が低すぎると膝が高くなり血行不良を招くことがあったり、逆に高すぎると足が床にしっかりとつかず、下半身への圧迫感が生じる可能性があります。

椅子と机の高さのバランスは快適な作業環境を作る上で非常に重要です。理想的な差尺は約25~30cmとされており、このバランスが取れていない場合、長時間の作業による疲労や姿勢の悪化を招く可能性があります。a.flatは日本人に適した椅子の座面高さと言われる38~43cmに設計。この範囲内であれば多くの方にとって快適にご使用いただけるでしょう。

椅子と机の高さのバランスは快適な作業環境を作る上で非常に重要です。理想的な差尺は約25~30cmとされており、このバランスが取れていない場合、長時間の作業による疲労や姿勢の悪化を招く可能性があります。a.flatは日本人に適した椅子の座面高さと言われる42~43cmに設計。この範囲内であれば多くの方にとって快適にご使用いただけるでしょう。

デメリット2:食事が食べにくく、楽しくない

机と椅子が適正な差尺でないケースのデメリットとして、食事の際に不便を感じることがあげられます。例えば、椅子が高すぎると机までの距離が遠くなり、食べ物を口に運ぶ動作が不自然に。逆に椅子が低すぎると、腕が机にぶつかりやすく、リラックスして食事を楽しむことが難しくなります。椅子と机の高さが合っていないと、食事の時間がストレスに感じられ、楽しいひとときが損なわれてしまうのです。

天板の高さが変えられるダイニングテーブルは、椅子との高さのバランスを調整できるため、理想的なテーブルの環境を実現します。a.flatのモク・シリーズは天板は共通パーツなので、脚パーツを組み替えるだけで、天板の高さが変化。適切な高さに調節することで、長時間座っていても疲れにくく姿勢の悪化を防ぎます。

デメリット3:集中力が低下する

適切な高さの椅子と机を選ぶことは、食事や在宅ワーク時の集中力を高める上で重要です。身体に負担がかからない理想的な差尺の机と椅子で快適な姿勢を維持することができれば、長時間の仕事でも疲れにくく、より効率的に作業に取り組むことが可能です。

欧米人と日本人では、机と椅子の選び方に違いが見られます。一般的な欧米人は日本人よりも体格が大きいため、それに合わせたサイズの大きな家具が好まれます。座面の高さも高めで、広いデスクを好む傾向があり、一方の日本では狭いスペースを有効に使うため、コンパクトな家具を選ぶ傾向にあります。国や文化による選び方の違いを理解し、自身の体格や使用環境に合った家具選びが重要です。

椅子と机の高さの理想的なバランスについて

椅子と机の高さのバランスは快適な環境を作る上で非常に重要。理想的なバランスならば、腕が机に水平に置けて肩に負担がかからずに、長時間の作業でも疲れにくい姿勢を保ちます。また、足がしっかりと床につくことで、下半身の安定感も増し快適な座り心地を実現。椅子選びでは、座面の高さ調節が可能なモデルを選ぶと、自分の体に合わせた最適な高さに調整することもできます。

適正な椅子の高さとは

椅子選びで後悔しないためには、座面の高さが重要です。足が床に平らにつき、膝が自然に90度を形成するのがベスト。椅子と机の理想的な距離を差尺と言い、25cm~30cmの間が適正と言われています。理想の椅子の座面高さを見つけ出せば、長時間の机と椅子の使用も快適に、そしてより効率的になるでしょう。

自分自身に合った椅子の座面の高さ

まずは、ご自分の身長に合った椅子の座面の高さを考えてみましょう。実は、適切な座面の高さも数値で求めることが可能です。

適切な座面の高さ=ご自分の身長×0.25-1

上記の式に当てはめると、身長175cmの方の適切な座面高さは、約42.8cmになります。

差尺からもとめる、快適な椅子の座面の高さ

快適な座り心地は、机の天板高さと椅子の座面の高さに影響されます。この差が、差尺(さじゃく)と言われ、「(テーブルの高さ)-(イス・ベンチの座面の高さ)」が最適な座り心地をあらわす数値となります。適正な差尺が確保されると、机とのバランスも整い、作業効率が向上します。差尺からもとめる椅子の座面高さは、長時間の食卓やデスクワークにおいても疲労を軽減する鍵となるでしょう。

差尺に関してやっかいなのは、一人一人適切な差尺が違うことです。日本人女性の平均身長に近い159cmのお母様に合わせるならば差尺約27cmダイニングテーブルと椅子の組み合わせが最適です。身長140cmのお子さんの最適な差尺は23.5cm。お子さんの差尺に合わせるのであればテーブルの高さを6cm低くする必要があります。

カウンターチェアで食事をする場合の座面の高さ

椅子と机の高さのバランスは快適な座り心地を得る上で非常に重要。カウンターチェアで食事をするケースでは、座面の高さはカウンターの高さに合わせて選ぶ必要があります。一般的にカウンターの高さは約80cm~100cm程度で、それに合わせてカウンターチェアの座面の高さは約60cm~70cmが理想的とされています。

カウンターチェアとカウンターテーブルとの組み合わせのケースでは、椅子の座面高はカウンターの高さから約25cm低い位置に設定すると良いでしょう。これにより、立ち座りがしやすく、軽い食事・お酒やコーヒーを楽しむには適した差尺となります。適切な高さのカウンターチェアを選ぶことで、リラクゼーション力が向上し、健康的な生活にも寄与するでしょう。

お店でピッタリの椅子を見つけたいなら、試しに座ってみることをおすすめします。実際に椅子に座ってみて、足裏がしっかり床についているか、膝がちょうど良い角度で曲がるかをチェックしてみましょう。このシンプルなテストで、相性の良い椅子が見つかります。快適な座り心地を手に入れて、毎日をより健康にしましょう。

ネットショップで椅子を買う時の注意点

ネットショップで椅子を選ぶなら、座面の高さに最も気をつけるべきです。机とのベストな差尺は25~30cmと言われており、この数値を意識して机の高さに合う椅子を見つけましょう。商品説明をしっかり読み、自分に合った椅子で作業効率もアップしながら、快適なデスクタイムを手に入れることができます。オンラインショッピングで、理想の椅子の座り心地を見つけましょう。

座り心地の雰囲気が分かる画像をチェック

ネットで椅子を選ぶ際は、座り心地を想像できる画像を確認しましょう。モデルさんが座っている写真は人間と椅子の大きさも比較できます。そこにモデルさんの身長、「〇〇cmの女性」などの記載があればベスト。実物が確認できない分、写真から出来るだけ推測して希望に合った快適な椅子選びを試みましょう。

椅子の座り心地保証があるかチェック

「ネットショップでチェアを購入するので座り心地試すことができない。」そんなお客様にも安心してお買い物いただけるよう、a.flatネットショップでは対象商品の返品・交換送料が無料となるサービスがご利用可能。ネット購入時は座り心地保証の有無を確認しましょう。これにより、見た目だけでなく実際の快適さも保証され、安心して使えます。適切な高さと保証がある椅子を選ぶことが大切です。

ネットショップで椅子を選ぶ際、サイズ選びは重要です。お気に入りの椅子を見つけた際、「椅子のデザインは気に入っているのに、座面高さが少し合わないんだよね。」そんな時は、椅子の脚カットサービスの有無を確認することで高さ調整が可能になります。自分に合った椅子を妥協しないで見つけましょう。

適正な机の高さとは

机の適正な高さは使用するシーンによっても変わります。例えば、書き物やパソコン作業をする際は、机に対して肘が90度になる高さが理想的。一方で、図面を広げるなどの作業を行う場合は、やや高めの机が最適。さまざまなシーンに合わせて机の高さを選ぶことで、その活動に最適な環境を作り出すことができます。

快適なワークデスクの高さ

書き仕事がメインの机の高さは、快適なワークデスク環境を作る上で重要で、一般的なダイニングテーブルよりも高い約72cmから75cmの範囲に。この高さは、多くの人にとって腕を楽に支え、長時間の作業でも疲れにくいとされています。机の高さが適切であれば姿勢も良くなり、作業効率の向上にもつながるでしょう。

快適なダイニングテーブルの高さ

快適なダイニングテーブルの高さは、一般的に約70cmから72cmが良いとされています。この高さは多くの人にとって使いやすく、食事や作業をする際の自然な姿勢を保持します。椅子の座面の高さはテーブルの下にしっかりと収まり、かつ足が床にしっかりと着く高さが理想的。適した座面の高さの椅子を選べば、より腕や肩に負担がかからず、リラックスして座ることができます。

ソファダイニングテーブルにした場合のテーブルの高さ

差尺は椅子だけでなくソファにも適用されます。例えば、ソファの標準的な座面高さ(SH)は38~40cm。計算上の適切な差尺を考えると、天板高さ64cmのソファダイニングテーブルが最適です。注意点としては、ソファなど厚みのある座面クッションの場合は、座る際の落とし込みを考えてテーブルの高さを選定しましょう。

ソファは椅子よりも一般的にクッションが厚く、座った際の座面の沈み込みが大きいので、ソファの沈み込み幅を考慮した差尺の確認が重要です。座った際の座面の沈み幅は人により異なるので、実際のソファに座った寸法を確認することをおすすめします。

キッチンカウンターで食事をする場合のテーブルの高さ

キッチンカウンターでの食事に適した高さで一般的に選ばれるのは、85cm~95cmがコアの高さのようです。これは立って作業をする際にも苦にならない高さであり、カウンターチェアを使用する際にも快適な食事ができるように設計されています。カウンターチェアの座面の高さはテーブルの高さから約30cm下が標準とされており、フットレストが使いやすい位置にあることも大切です。

テーブルトップが85cmを超えるキッチンカウンターともなると、椅子の中でも背の高いカウンターチェアの選択がマスト。a.flatのハブ・カウンターチェアは立ち座りや足の収まりを考慮した二種類の高さの足置き(フットレスト)をご用意。ストレスなく快適に使用できます。

椅子と机をセットにした時の適正な高さ(差尺)のもとめ方

椅子と机の高さのバランスは快適な作業空間を作る上で非常に重要です。理想的な高さの差尺は、椅子の座面から机の天板までの距離で、一般的には25cmから30cmが適正とされています。座面が低すぎると肩や腕に負担がかかり、高すぎると膝が圧迫されます。自分の身体に合った椅子と机を選び、快適な作業環境を整えましょう。

椅子の座面高とテーブルや机までの高さバランスが大事

コロナ禍により在宅で仕事をするケースが増えましたが、会社のデスクと違った高さに戸惑った方も多かったのではないでしょうか?在宅のお仕事でワークデスクを使うケースでは、食事するケースと比較してデスクは若干高く、差尺幅は広めなのが良いとされています。

ラップトップのパソコンであれば、お仕事中の目線も上になることはないはずです。この高さであれば、ダイニングテーブルと同じ72cm以上の天板高さが丁度良いでしょう。

デスクに大きなモニターを置いてお仕事をされる方は、目線が常にモニターの上方になりますので、デスクの天板の高さは72cmよりも低い方が良いかもしれません。シーンと用途によって選択しましょう。

理想的な椅子と机・デスクの差尺

在宅で仕事をするケースやお化粧などは少し広め(2~3cm)に差尺をとります。食事のケースよりも差尺を広くとるのには理由があり、パソコンを使った作業時の適切な姿勢に無理がなくなるからです。在宅で仕事をするケースの適切な差尺は、下記を参考にしてください。

在宅で仕事をする際の適切な差尺は次の式により計算可能。
※身長×0.55÷3cm
例)身長172cmの男性の場合の差尺31.5cm±5cm(26.5~36.5cm)
  身長160cmの女性の場合の差尺29.3cm±5cm(24.3~34.3cm)
※カッコ内はa.flatが推奨する差尺範囲

理想的な椅子とダイニングテーブルの差尺

椅子と机の高さのバランスは快適な作業空間を作る上で非常に重要。理想的な椅子とダイニングテーブルの差尺は、椅子の座面からテーブルの下面までの距離で一般的には25cmから30cmが適正とされていますが、実は一人一人の最適な差尺は違います。椅子と机の高さの最適解を見つけることで、快適な生活空間を実現しましょう。

ダイニングでの食事時間をもっと楽しく、快適にするためには、テーブルと椅子の高さが重要。平均的な日本人男性(26~29歳)の身長に近い172cmに合わせた場合、理想的な高さはダイニングテーブルは72cm、椅子の座面高さは42.5cmがベストマッチです。

床からの高さ72cmのダイニングテーブルと座面高さ42.5cmの差尺は29.5cmとなり、身長172cmのお父さんに対してまさに最適な差尺です。

身長140cmのお子さんが座った場合のイメージ。最適な差尺は23.5cmなのでお子さんに合わせるにはテーブルの高さを66cmに低くする必要があります。

ダイニングテーブルで食事をする際の適切な差尺は次の式により計算できます。 ※身長×0.55÷3-2cm
例)身長172cmのお父さんの場合の差尺29.5cm±5cm(24.5~34.5cm)
  身長160cmのお母さんの場合の差尺27.3cm±5cm(22.3~32.3cm)
  身長140cmのお子さんの場合の差尺23.5cm±5cm(18.6~28.6cm)
※カッコ内はa.flatが推奨する差尺範囲

理想的な椅子とカウンターテーブルの差尺

理想的なカウンターチェアとテーブルの差尺をもとめる秘訣は、カウンターチェアとキッチントップの高さのバランス。キッチントップはメーカーによって高さが幅広いアイテム。ほとんどのカウンターテーブルは備え付けなので、高さを合わせる方は専らカウンターチェアとなります。

ワークトップが広く、キッチンカウンターも兼ねているフラットカウンターやアイランドキッチンにおいて、仮にフラットカウンターが85cmの高さであれば、最適な座り心地の差尺を考慮したカウンターチェアの座高さは55~60cmとなり、座高60cmの「ハブ・カウンターチェア 600」の選択がベストです。

高さ85cmのキッチンカウンターと相性の良いカウンターチェアのご紹介

キッチンカウンターがワークトップより高く、そのキッチンカウンターの高さが100cmだったケースでは、最適な座り心地の差尺を考慮したカウンターチェアの座高さは70~75cmとなり、この場合は座高70cmの「ハブ・カウンターチェア 700」と相性が良いでしょう。

高さ100cmのキッチンカウンターと相性の良いカウンターチェアのご紹介

肘掛け付きの椅子を使用する場合、椅子の座面から机の天板までの理想的な高さは約28~30センチメートルが適正とされています。他に、肘掛け椅子で気をつけたいのはテーブルの幕板などに接触しない肘掛け高さであること。肘掛け椅子の座面高とテーブルの高さを適切に合わせることで、快適な環境を整えましょう。

ワークスペースとダイニングスペースにおける椅子と机の高さの違い

椅子と机の高さのバランスは快適な作業空間を作る上で重要です。理想的な高さの差尺は、ワークスペースでは28~32cm、ダイニングスペースでは28~30cmが目安です。ワークスペースでは手首が机に平行になるように、ダイニングでは食事がしやすい姿勢を保てるように調整しましょう。適切な高さの椅子と机を選ぶことで、長時間の作業も快適に行えます。

仕事と食事における高さの違いについて考える

椅子と机の高さは作業の快適さに直結します。ワークスペースでは、椅子から机までの高さを28~32センチメートルに設定し、肘が自然に置けるようにすることが重要です。これにより、長時間の作業でも疲れにくくなります。対してダイニングでは、リラックスして食事をするために28~30センチメートルの高さが最適。仕事と食事では求められる姿勢が異なるため、それぞれのシーンに合わせた高さ調整が肝心です。

仕事で使う時はパソコンやモニターに合う高さに

椅子と机の高さのバランスは快適な作業空間を作る上で非常に重要です。ワークスペースでは、パソコン作業に適した姿勢を保つためにも、モニターに合う椅子と机の高さに保つことが重要です。仕事で使う際は、モニターの位置やキーボードの高さに合わせて、目線や腕の位置が自然になるよう調整しましょう。

食事で使う時はご家族やお子様も考慮した高さに

ダイニングテーブルの選定は、食事の際に家族が快適に過ごせるように選ぶことが重要です。お子様がいるご家庭では、成長に合わせて調節可能な椅子や机を選ぶこともあるでしょう。また、肘が自然に机につく高さで、肩に負担がかからないことも大切です。家族が集まるダイニングスペースでは、快適さと機能性を兼ね備えた家具選びが、楽しい食事時間を支えます。

椅子と机を快適で適正な高さに調整する方法とは

多くの場合、椅子と机の高さは一度決めて購入してしまうと容易には変えられません。それでも椅子や机の高さを調整する方法は幾つか存在します。例えば、フットレストを使って足の高さを調節してみましょう。これにより、体への負担を減らして快適な作業空間を実現できるでしょう。

高さが自由に調整できる椅子や昇降式デスク

昇降式デスクや椅子は、作業姿勢を改善し快適なオフィス環境を作りだします。身長や椅子の高さに合わせてデスクの高さを調整できるため、立ち仕事と座り仕事の切り替えもスムーズ。これにより、長時間のデスクワークでも体への負担を軽減し、効率的な作業をサポートします。

使用者の身体に合わせて高さを調整できる昇降式のテーブルは、エルゴノミクスに基づいた快適な作業環境を提供します。

昇降式の椅子は、座面の高さを自分の体に合わせて調整できるため、長時間のデスクワークでも快適に過ごせます。

a.flatのテン・サイドテーブルは、自分の使い易い天板高さに調節することで、ソファに座ったままノートパソコンやタブレットを楽しむことができる昇降式のサイドテーブル。スリムな一本脚のデザインによって、自分の脚を伸ばしながら快適に作業が可能です。(写真はラン・コンパクトソファとの組み合わせ)

椅子や机の高さを簡易的に調整する

椅子や机の高さが合わないと、食事の時や在宅ワークが苦痛になります。椅子が高すぎると足が宙に浮き、低すぎると膝が圧迫されます。また、机が高すぎると肩に負担がかかり、低すぎると猫背になりがちです。これを解消するには、椅子や机の高さを調節する機能があれば最適な位置に設定。調整機能がなければ、座面にクッションを足すなどして簡易的に調整をしてみましょう。

アジャスターで調整する

アジャスターを使った高さの微調整は、ダイニングテーブルを個々の体型や好みに合わせるのにも役に立つでしょう。

ダイニングテーブルのアジャスターは、通常は脚内部に格納されており、これを回転させることで微妙な高さ調整が可能になります。

座面にクッションを置く

椅子の座面が調整できない低めの椅子も、クッション一つで快適空間に早変わりします。一番手軽に高さ調整をする方法で、快適な食事やデスクワークの環境を実現しましょう。いつもと違う食事の姿勢と在宅ワークの作業効率がアップする小さな一歩です。

椅子の脚に市販のカバーを付けてかさ上げする

椅子の高さが低いと、長時間座っていると体に負担がかかります。そんな時に役立つのが、市販されている椅子脚カバーです。これを椅子の脚に取り付けることで、椅子の高さ(座面の高さ)を微調整が可能。カバーは様々なサイズやデザインがあり、床のキズ予防にも役立ちます。取り付けも簡単で、特別な工具を必要とせず、手軽にかさ上げができるため、快適なデスクワークをサポートします。

シリコン製の椅子脚床保護具、スツール脚床保護具キャップ、ハードウッドフロア用の滑り止め椅子脚キャップ。

出典:TEMU

フットレストを使う

フットレストの使用は、椅子と机の高さが合わない時に姿勢を改善し、快適な作業環境を作り出す最も手軽な方法の一つです。特に、椅子の座面が高く足が床に届かない時や、机が高すぎる場合に効果を発揮。また、フットレストを使うことにより、血行を促進し長時間座っていても疲れにくい体勢を保つのにも役立ちます。適切なフットレストの選択と使用で、デスクワークの快適性と健康を支えることができるでしょう。

足を快適にサポートするフットレスト。このフットレストのように丈夫で多機能なものもあります。折りたためば厚み約6cm、収納も持ち運びも容易に。4段階の角度可変と4段階の高さ可変が可能で、頑丈な高密度ポリエチレン樹脂を使用。

出典:モノタロウ

脚カットで高さを変える

机と椅子の高さのバランスは快適な作業空間を作る上で非常に重要です。理想的な机と椅子の差尺は、座面から机の天板までの距離が約28~30cmが目安とされています。もし、a.flatの机や椅子で差尺が合わない場合、脚カットサービスが解決策となるかもしれません。椅子や机の脚を専門の道具を使って丁寧にカットすることで、理想の高さに調整することが可能です。

脚カットで椅子や机の高さをお好みに調節

脚カットサービスは多数のお客様にご利用いただいているサービスです。椅子や机をお好みの高さに調節でき、「2cmだけでも脚カットしてよかった。」「食事のストレスがなくなった。」と喜んでいただいてます。a.flatの商品ならば、お引き取り・お届け時にダイニングテーブルの分解・再組み立てができる配送業者もご案内しますので、メリットの多い暮らしの変化をぜひ試してみてください。

脚カット前のエクステンション・ダイニングテーブルv02(床からテーブル上までの高さ72cm)

脚を10cmカットしたエクステンション・ダイニングテーブルv02(床からテーブル上までの高さ62cm)

脚カットができる商品の紹介と費用

快適なディナータイムやデスクワークの秘訣は椅子と机の高さの適正なバランスが重要。理想は椅子の座面から机まで約28~32cm。体型の理由でチェアが「もう少し低い方が座りやすい。」「そもそも座面が高くて足が床に着かない。」という方も一定数いらっしゃいます。このようなご要望もa.flatはチェアの脚カットサービスで解決します。

脚カットサービスで適正な座面高さに調整できる椅子のご紹介

a.flatのダイニングテーブルとチェアの差尺の関係は、平均的な日本人の身長と体型に合わせた差尺の約30cm。例えばお子さんに合わせて差尺を縮めたい場合は、机の脚をカットして高さを低くすることにより、椅子の座面との差尺を狭められます。逆に座り心地が悪く椅子と机との差尺を広くする場合には、椅子の脚をカットすることで差尺を広げることができます。

ダイニングテーブルと椅子との差尺を広くする場合はチェアの脚カットが可能。加工精度の高い機械で5ミリ単位の調整が行えます。

チェアの脚のカット後の写真です。右が約5cm脚をカットしたチェア。座面の高さが違うのが良くわかりますね。

脚カットできる椅子一覧と費用

ここでは、a.flatの椅子で脚カットができる商品をご紹介いたします。脚カット幅はそれぞれの商品の仕様により異なるので、下記のお問い合わせフォームよりご確認ください。a.flatの商品であれば、ご自宅で使用中のものでも承りますがお客様の送料負担となってしまうため、チェアの新規購入の際に同時申込みをお勧めします。

チェアの脚カット調整は1脚あたり2,200円(税込み)となります。(脚のカット幅の指定:5mm単位で可能です)
各店舗またはお問い合わせフォームからご依頼ください。 
お問い合わせフォームはこちら
※脚カットサービスは、a.flatの各店舗にて直接ご購入された商品のみの対応となります

脚カットサービスで快適な高さに調整できる机・テーブルのご紹介

ダイニングテーブルの高さは、家族が集まる場所としての快適さが求められます。a.flatでは、お客様の理想的なダイニング空間を実現するためにダイニングテーブルの脚カットサービスを提供しています。このサービスを利用することで、お持ちの椅子や身長に合わせた最適なテーブルの高さに調整することが可能です。脚カットの費用は、手軽にご利用いただける価格設定となっており、快適なダイニングライフをサポートします。

高さ調整・脚カットできるダイニングテーブル一覧と費用

ダイニングテーブル脚カットサービスの料金はテーブル1台あたり4,000円となります。a.flatのダイニングテーブルであればご自宅で使用中のものでも承りますが、お客様の送料負担となってしまうためダイニングテーブルの新規購入の際に同時申込みをおすすめします。

各店舗、または下記のお問い合わせフォームからご依頼ください。 
(脚のカット幅の指定:5mm単位で可能です)
⇒お問い合わせフォームはこちら
※脚カットサービスは、a.flatの各店舗にて直接ご購入された商品のみの対応となります

高さ調整・脚カットできる机・デスク一覧と費用

購入店舗に依頼 (a.flatのケース) ~脚カットサービスの流れ~

a.flatでは、お客様の体にフィットする家具を提供するために脚カットサービスを行っています。ご購入の際、ご希望の高さをお知らせください。専門スタッフが脚カットの可否を確認し、お客様の理想に合わせて脚のカット幅をご提案。このサービスにより、椅子と机の高さのバランスを最適化し、快適な食事や作業環境を実現。このサービスの利用で、お客様一人ひとりのニーズに合わせたカスタマイズをお楽しみいただけます。

1.脚カットサービスの問い合わせを行う

a.flatでは、お客様に最適な座り心地を提供するために、椅子の脚カットサービスを行っています。このサービスをご利用いただくためには、まずはお問い合わせが必要です。お問い合わせの際には、ご希望の脚のカット幅や高さなど、各店舗またはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談ください。専門のスタッフがそれらの情報を基に、快適な作業環境を実現するためのお手伝いをさせていただきます。

2.脚カットサービスの納期と見積を確認する

お客様に頂いた情報をもとに見積もりと可能納期をお知らせ。納期については、注文の混雑状況によって変わることがありますので、ご注文時には余裕を持ったスケジュールでのご相談をお勧めします。迅速かつ正確なサービスで、お客様の理想的な家具づくりをサポートいたします。

3.国内サービスセンターで脚カット加工

a.flatでは、お客様のご要望に応じて椅子の脚をカットするサービスを提供。国内のサービスセンターにて専門の技術者が正確な寸法で脚カット加工を行い、お客様にぴったりの椅子や机をお届けします。快適な座り心地を実現するためにも、ぜひこのサービスをご利用ください。

4.脚カットした商品をお客様宅に納品

脚カットサービスを依頼された机や椅子は、念入りに高さ調整をした後、お客様への作業完了の報告とご希望配送日を確認。その後、国内のサービスセンターより、脚カットした商品を発送いたします。配送コスト削減のため適切かつ簡易梱包材で保護された状態でお届けします。

a.flatの椅子・机・テーブルの特長について

a.flatの椅子と机は、機能性とデザイン性を兼ね備えた製品です。シンプルで洗練されたデザインは、どんなインテリアにも溶け込みやすく、お部屋を選ばずにご利用いただけます。さらに、商品を安心して長く使えるようにメンテナンスも充実。a.flatは、使い勝手と美しさを追求した家具でお客様の毎日をサポートします。

オリジナルで企画・生産・品質管理している椅子・机の魅力

a.flatの家具は全てオリジナルで、企画から生産・品質管理に至るまでを一貫して行っており、メンテナンスにも適した設計をしています。素材・部品選びから耐久性に関わる構造まで、長く愛用できる机や椅子作りを心がけており、万が一のトラブルにも迅速に対応できるようサポート体制を整えています。安心して長くご愛用いただける机や椅子をお探しの方に、a.flatの商品は特におすすめです。

座面クッションの購入・交換が可能

座面のクッション部分が劣化、へたり具合が気になる方は座面の取り替え(購入)が可能。座面クッションの交換にも手間が掛かりません。

a.flatの椅子の座面取付ネジは、コインやドライバーなどがなくても、指で簡単に回せるように進化しました。座面の脱着時の煩わしさを軽減しました。

①ウッド・ダイニングチェアv03座面 料金:7,821円(税込)
②ウッド・ダイニングアームチェアv03座面 料金:7,821円(税込)
③リン・ハイバックチェア座面 料金:8,360円(税込)
お問い合わせフォーム
※1.現在、各店舗にて販売中の椅子が対象です
※2.修理対応に関しては、a.flatの各店舗にて直接ご購入された商品、各店舗にて購入履歴が確認できる商品のみの対応とさせて頂きます。
※3.椅子座面の取り替えをする場合、座面取付ネジ位置の寸法誤差がございますので、椅子本体を引き取りしての取り替えを推奨。
※4.椅子座面には座面取付ネジ、付属カバーは含まれません。(別途、購入可能)

メンテナンス性・修理を考えた椅子の構造

座面が簡単に外せるので、椅子のお掃除も楽々。クリーニングの依頼でも、強力な圧縮空気で丁寧にホコリやカビを吹きとります。

ヒヤシンスやラタンの再塗装にも対応。アルコール除菌や防カビ剤を塗布してから素材を十分に乾燥させ、最後にトップコートで仕上げます。

修理事例①ロク・ダイニングチェアの再塗装
作業内容:クリーニング、研磨、塗装、トップコーティング 料金:13,200~16,500円(税込)
修理事例②カオ・ダイニングチェアの座貫破損の修理
作業内容:補強材の加工・取り付け、研磨、塗装および点検 料金:16,500~19,800円(税込)
※修理対応に関しては、a.flatの各店舗にて直接ご購入された商品、各店舗にて購入履歴が確認できる商品のみの対応とさせて頂きます。
※上記価格はすべて2022年3月末時点の価格となります(税込価格、配送料金別途)

椅子・机を安心して使える3年保証サービス

a.flatの3年商品保証はホームページや家具に同封している「使用上のご注意」に記載のある正常な使用状況において、商品の機能的不具合が発生した場合に限り、弊社保証規定に基づいて保証期間内は無償で修理または交換させていただくものです。
※保証の対応方法については弊社で判断させていただきますのでご了承ください。

実際に椅子の座り心地をご確認いただける店舗一覧

椅子と机の高さのバランスは快適な作業環境を作る上で非常に重要です。理想的な座面高は、足が床にしっかりとつき、太ももが机の下にスムーズに入る高さです。お近くのa.flatの店舗で実際に座ってサイズ感を確かめることをおすすめします。

a.flat 目黒通り本店
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00 
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)

a.flat 新宿店
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00 
定休日 火曜、水曜(祝日を除く)

a.flat 大阪梅田店
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜(祝日を除く)

まとめ

家具の業界では、椅子と机の関係は対(つい)として語られます。コラム本編で説明したように、椅子と机の高さのバランスは一方が合えば良いというものではなく、快適な食卓空間や作業環境を作る上で双方のバランスが非常に重要になります。理想的な椅子の座面高や机の高さにするためには昇降機能付きの家具を買うのもよし、市販されているグッズで簡易的に調整するのもよし。

a.flatの無垢材や天然素材の椅子や机がお好きな方は、ミリ単位で調整できる脚カットや高さが変えられるテーブルの商品をお選びいただき、より快適な机や椅子のバランスで新しい生活を始めてみてはいかがでしょうか。


コーディネート


関連コラム

モノづくり

a.flatのソファ
a.flatのソファへの想い
ロングセラーを続けるa.flatのソファ。素材選びからじっくりと時間をかけ、手作業で丁寧につくる職人のモノづくりへの想いが込められています。
詳細ページへ >
高い品質を保つために
高い品質を保つために
デザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理することが確かな品質を築く絶対条件と考え、安全で安心な製品づくりを進めています。
詳細ページへ >
オリジナルだからできること
オリジナルだからできること
a.flatの家具は全てオリジナル。デザイン、設計時から高い品質を維持する事を第一に考えて、何度もの試作、検証を重ねて商品開発を進めております。
詳細ページへ >
3年保証
安心の3年保証
a.flatの家具に万一の不具合があった場合にもお客様に安心していただくための「3年保証」。本商品保証は、2009年1月1日配送分より対応しております。
詳細ページへ >
メンテナンスサービス
メンテナンスサービス
ずっと使うことで、さらなる風合いを。末永くお客様にご使用いただける製品づくりを心がけているa.flatのメンテナンスサービスをご紹介します。
詳細ページへ >
大型家具配送サービス
大型家具配送サービス
デザイン設計から生産、販売まで全てを管理するa.flat。最後まで心をこめて商品をお届けします。安全で安心、そして気の利いたデリバリーに努めています。
詳細ページへ >

モノづくり

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

ネットショップ お問い合わせ&サポート 窓口 10:30~18:00(定休:土日祝) TEL 03-5731-5663 お問い合わせフォーム >

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ人気ページ

Copyright © 2000-2024 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.