• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

食卓を快適にするダイニング収納の選び方とインテリアのポイント

公開:2021/1/10

更新:2021/3/2

ライター:新宿店

食卓を快適にするダイニング収納の選び方とインテリアのポイント

食べる・寛ぐ・作業するなど、暮らしの中心となるダイニング。多目的に過ごす事が多くキッチンにも近いため、生活感が出やすく収納スペースに困ることが多いのではないのでしょうか。

今回のコラムでは、そのようなお悩みを解消してくれるダイニング収納の選び方を、ポイントを抑えてご紹介します。ぜひ快適なダイニングを叶える為の参考にされてみて下さい。

ダイニング収納を置いて快適な暮らしを実現する

ご自宅の中でも過ごす時間が長くなるダイニングスペースは、片付けたい物が多く生活感を感じやすい場所でもあります。ダイニングスペースにおしゃれで使いやすいダイニング収納があることで、快適なワンランク上の食卓が完成します。

綺麗で居心地の良いダイニング作りには、収納家具は欠かせない存在と言えるでしょう。

多目的に使われるダイニングスペース

ダイニングは毎日の食事はもちろん、時にはお茶を飲みながら寛いだり、パソコン等の作業やお子様が宿題をするデスクとしてなど、様々な用途で使われます。

常に人がいる事の多いダイニングは、意識をしていないとすぐに物が多くなり、雑多な雰囲気となってしまいます。

ダイニングだからこそ必要になる収納家具

日々の暮らしの中で過ごすことの多いダイニングは、気がつくと物が多くなり生活感が出てしまいます。おしゃれで快適な食卓作りのためにも、収納家具を置くことはとても重要です。それでは、なぜダイニングに収納家具が必要になるのでしょうか。

■人が集まるダイニングは収納したい物も増えていく

様々な用途で使われるダイニングは、人が集まることで収納したい物や種類が増えていきます。食事で使う食器や調味料、作業する時に使っていた資料や筆記用具など、気づくと物が多くなっていく上に種類も豊富になり、整理整頓がし辛くなります。

収納場所をしっかり確保しておかないと、見た目はもちろん作業の効率も悪くなってしまうでしょう。

■キッチンとリビングの間にあるため収納場所が少ない

キッチンとリビングの間にあるダイニングは、意外とスペースが限られています。優先順位の高いダイニングテーブルのサイズを大きくしてしまうと、収納家具の置く場所を確保出来なくなってしまいます。

備え付けの収納棚もサイズが小さかったり、そもそも収納棚が無い部屋も多くあります。

ダイニング収納とは

ダイニング収納とは、収納の少ないダイニングに収納スペースを増やして、よりすっきりと整った食卓を叶えてくれる家具です。さらに収納する物を見せたりインテリアを飾って、雰囲気を変化させることも出来ます。では、どのような種類のダイニング収納があるのでしょうか。

ダイニング収納の種類

「ダイニング収納」と一言で表しても、様々な種類の物があります。部屋のイメージやテイストにあったデザインはもちろんですが、収納する物によっても選ぶダイニング収納は変わってきます。こちらでは様々な種類のダイニング収納をご紹介します。用途に合った収納家具を選びましょう。

■シェルフ収納
収納する物をしまうだけではなく、棚に飾って見せることが出来るダイニング収納。すっきりとおしゃれなダイニングを演出します。

■キャビネット
省スペースに置けるサイズ感で、すぐに取り入れやすいダイニング収納。引き出しや開き扉など、様々な物を収納します。

■キッチン収納
食器やキッチン家電など、食事や料理で使う物を一気に片付けられるダイニング収納。デザインと機能性に優れています。

■備え付け収納
新築やマンションを建てる際に、設計に入っているダイニング収納。収納力はありますがコストと納期がかかります。

ダイニング収納を置くメリット・デメリット

ダイニング収納を置くと、どのような効果があるでしょうか。メリットは勿論デメリットも理解しておくことで、食卓に合った収納家具の選び方やレイアウトがスムーズに出来るようになります。

ダイニング収納を置くメリット

■ダイニング周辺の整理整頓が出来る
ダイニングに収納家具を置くことにより、物の定位置が決まるため、整理整頓がスムーズに出来るようになります。

■スムーズに食事の準備や片付けが出来る
食器やカトラリーなど、食事に必要な物をダイニング近くに収納が出来るので、準備や片付けが行いやすくます。

■ダイニングスペースに統一感を生み出せる
ダイニングテーブルと同じ素材や色で収納家具を揃えるとまとまった印象になり、おしゃれで統一感のある食卓が実現します。

■インテリアを飾りダイニングをおしゃれに見せる
ダイニング収納を置く事で、インテリアを飾って楽しむ事が出来ます。食卓に彩りが加えられて、センスの良い空間を演出します。

ダイニング収納を置くデメリット

■サイズによっては窮屈に見えてしまう
大きすぎるサイズや背の高いダイニング収納は、食卓に圧迫感を与えて窮屈な印象になってしまいます。

■デザインや色を揃えないとばらついた印象になる
ダイニングテーブルやチェアと収納家具のデザインや色を揃えないと、統一感の無い印象になります。

ダイニング収納の選び方とインテリアの飾り方 5つのポイント

ダイニングに収納家具を置く場合、レイアウトやサイズ、デザインなど、どのような基準で選べば良いのでしょうか。ここではダイニング収納の選び方と収納家具をおしゃれに見せるインテリアの飾り方を、5つのポイントにして詳しくご紹介します。

  1. 「隠す」「見せる」から必要なタイプのダイニング収納を選ぶ

  2. 暮らし方に合うダイニング収納を使い勝手良くレイアウトする

  3. 機能性が高くて永く使いやすいダイニング収納を選ぶ

  4. ダイニング収納+ダイニングテーブルとの組み合わせで統一感を出す

  5. ダイニング収納や周辺にインテリアを飾りおしゃれに見せる

1.「隠す」「見せる」から必要なタイプのダイニング収納を選ぶ

1つ目のポイントは「隠す」「見せる」から必要なタイプのダイニング収納を選ぶことです。好きなものを飾る場合や生活感のあるものを隠す場合など、目的によってダイニング収納のタイプは変わります。しまいたい物に合った収納家具を選びましょう。

目的に合ったダイニング収納のタイプを選ぶ

食卓で使う食器やキッチン家電だけではなく、お子様の勉強や作業など様々な用途で使われるダイニング。収納家具を選ぶ前に、飾って見せたいのか散らかってしまう物を隠したいのか、収納する物をしっかり把握することが大切です。目的に合わせてダイニング収納を選ぶことで、暮らしやすい食卓が完成します。

「隠す」「見せる」におすすめなダイニング収納のタイプ

収納する物を「隠す」か「見せる」によって、ダイニング収納のタイプが変わってきます。こちらでは「隠す」「見せる」それぞれにおすすめなダイニング収納のタイプをご紹介します。どのような用途で使用するかを考えて、ダイニング収納のタイプを選びましょう。

「隠す」ダイニング収納のタイプ

キャビネットタイプ
収納したい物を隠して、すっきりと生活感の無い空間を作れるキャビネットタイプ。洗練された印象になるうように、上質な素材やおしゃれなデザインを選ぶと良いでしょう。

ボードタイプ
小物を引き出しと棚にしっかり収納が出来る、ボードタイプ。無垢材の素材感が魅力的で、前板の曲線デザインが収納する物をしっかりと隠しつつ、木材の温もりを感じさせます。

カップカウンタータイプ
食器やキッチン用品などを細かく片付けられるカップカウンタータイプ。収納スペースが見えないデザインなので、すっきりと清潔感のあるダイニングに見せることが出来ます。

キッチンカウンタータイプ
食器やキッチン用品を隠しつつ、家電も便利に収納できるキッチンカウンタータイプ。シンプルなデザインで、家電をしっかり仕舞いしつつ、空間に馴染ませます。ロータイプで開放的な印象も与えます。

「見せる」ダイニング収納のタイプ

シェルフタイプ
お気に入りの食器やインテリアを飾って楽しめるシェルフタイプ。自由に自分好みのディスプレイを作る事が可能です。収納扉をガラス扉にすることで、同じように見せる収納として活用出来ます。

ボックスタイプ
ボックスタイプの見せる収納は、飾る物を際立たせる効果があります。シンプルなデザインで、どんなダイニングにも合わせやすく設置がしやすいサイズ感も魅力です。

カップボードタイプ
大切な食器類を飾るように陳列し、収納が出来るカップボードタイプ。ガラス扉で収納しているため、埃や傷から食器類を守り、清潔に保ちます。下段の収納棚部分にもデザインがあるとよりおしゃれな印象に。

キッチンボードタイプ
上段のガラス扉には食器類を見せて収納することが出来て、中央部にはレンジやポットなどを収納出来るキッチンボードタイプ。抜群の収納力で、キッチンやダイニング周りをすっきりとおしゃれに見せます。

関連コラム

  • 見せる収納、隠す収納で暮らしやすい住まいを作る
    見せる収納、隠す収納で暮らしやすい住まいを作る

    住みよい生活空間を作るためには欠かせない収納家具。そんな収納家具は、収納するアイテムによって見せる収納、隠す収納を使い分ける事が、快適な暮らしに繋がる大きなポイントになります。今回のコラムでは、見せる収納と隠す収納の二つに分けて、収納家具を取り入れる際のポイントや、インテリアと組み合わせ、機能性とおしゃれさを兼ね備えたインテリアコーディネートを紹介します。

しまいたい物を「隠す」ダイニング収納

しまいたい物を「隠す」ダイニング収納は、収納した物が見えないように、扉付きや引き出しになっているタイプを選ぶと良いでしょう。小物類をすっきりと隠し、生活感の無いおしゃれな空間に見せてくれます。

こちらではa.flatの収納家具シリーズを例に「隠す」ダイニング収納をご紹介します。

■穏やかな波をモチーフにしたルーバーシリーズ

ルーバーシリーズの特徴的な水平ラインは、ゆっくりと打ち寄せる穏やかな波をモチーフにしたデザインです。見る人の気持ちを落ち着かせて、リラックス感のある空間を演出することができます。横ラインの扉で収納した物をしっかりと隠し、ダイニングをすっきり見せます。

ルーバーシリーズの隠すダイニング収納

関連メニュー

  • 【特集】ルーバーシリーズ収納家具~穏やかな波のようなデザイン~

    【特集】ルーバーシリーズ収納家具~穏やかな波のようなデザイン~のページです。どこまでも続く水平ラインが心を落ち着かせるルーバーシリーズ。ルーバーデザインのルーツやスタイルカラー別のインテリアコーディネート、全商品ラインナップなど、ルーバーシリーズの魅力をご紹介します。

■滝の繊細さと美しさを連想させるレンシリーズ

レンシリーズは、滝つぼに流れ落ちる美しい白糸をモチーフにした、繊細で美しいデザインが魅力の収納家具です。細かな縦ラインがスタイリッシュな印象を与えて、ワンランク上の空間を演出します。控えめでシンプルなデザインのため、ご自宅のテイストに関係なく取り入れやすいという点も魅力です。

レンシリーズの隠すダイニング収納

関連メニュー

  • 【特集】レンシリーズ収納家具~滝のような線と凛とした佇まい~

    【特集】レンシリーズ収納家具~滝のような線と凛とした佇まい~のページです。滝のような線と溝の連なりが繊細で美しいレンシリーズ。レンデザインのルーツやスタイルカラー別のインテリアコーディネート、全商品ラインナップなど、レンシリーズの魅力をご紹介します。

オープン扉やガラス扉で「見せる」ダイニング収納

「見せる」ダイニング収納は、お気に入りの小物やインテリアをディスプレイすることが出来ます。ガラス扉で収納した物を見せたりシェルフで並べて陳列して、食卓をおしゃれな空間に演出してくれるでしょう。

こちらではa.flatの収納家具シリーズを例に「見せる」ダイニング収納をご紹介します。

■無垢材と収納物を魅せるハーモ・シリーズ ガラス

ハーモシリーズは、大自然の中で無数に立ち並ぶ木々の佇まいから着想を得たデザインです。無垢材を丸く削り出すことで木の幹を表現しました。開き扉にガラスを採用したガラスタイプは、お気に入りのものを飾るショーケースとして魅せる収納が出来ます。ガラス扉には空間をすっきり見せる効果もあります。

ハーモ・シリーズは、デザインや収納方法にあわせて前板を選んだり、シェルフを追加することが出来ます。収納したい物に合わせて対応可能な使い勝手の良い収納です。

シェルフ収納には可動式の棚板が3枚付属。お気に入りの小物や食器などを置く飾り棚や、ブックシェルフとしても使えます。

収納する物をすっきり隠せる無垢材の前板タイプ。素材感とダイナミックな木目が、木々の生命の息吹を感じさせます。

ハーモシリーズの見せるダイニング収納

関連メニュー

  • 【特集】ハーモシリーズ収納家具~無垢材とアイアンの調和 ~

    【特集】ハーモシリーズ収納家具~無垢材とアイアンの調和 ~のページです。木々の生命力を感じる無垢材と落ち着きのあるアイアン素材の魅力が調和したハーモシリーズ。ハーモデザインのルーツやスタイルカラー別のインテリアコーディネート、全商品ラインナップなど、ハーモシリーズの魅力をご紹介します。

■デザインの変化と自由な拡張性を楽しめるキューブシリーズ

無垢材を丁寧に組み上げた格子デザインが特徴的なキューブシリーズ。温かみを感じる素材感と整然とした格子柄の佇まいが、心に落ち着きをもたらします。収納棚とドロワーを自由に組み合わせられるので、見せたい所や隠したい所を気分によって変えることが出来ます。

キューブシリーズのドロワーはウッドとラタンの2種類。収納力が上がるのはもちろん、イメージも大きく変化するので、様々な表情を楽しめます。

ウッドドロワーは、格子フレームのリバーシブル仕様です。前後を入れ替えるだけで、お部屋の雰囲気に合わせてデザインを変えることができます。

ラタン一本一本を職人が手作業で編み込むことで生まれるラタンデザイン。程よい抜け感が、編み込みならではの魅力を感じさせます。

キューブシリーズの見せるダイニング収納

関連メニュー

  • 【特集】キューブシリーズ収納家具~拡張性と表情の変化を楽しむ~

    【特集】キューブシリーズ収納家具~拡張性と表情の変化を楽しむ~のページです。サイズと形が自由自在に変えられる拡張性や豊富なデザイン展開が魅力のキューブシリーズ。キューブデザインのルーツやスタイルカラー別のインテリアコーディネート、全商品ラインナップなど、キューブシリーズの魅力をご紹介します。

2.暮らし方に合うダイニング収納を使い勝手良くレイアウトする

2つ目のポイントは、暮らし方に合うダイニング収納を使い勝手良くレイアウトすることです。ダイニングでの過ごし方や居住人数によって、収納したい物や数は変わってきます。

ダイニング収納のサイズやデザインも用途やライフスタイルに合わせて対応し、快適に過ごせるダイニング収納のサイズでレイアウトしましょう。

居住人数や過ごし方によって異なるダイニング収納

様々な用途で使われるダイニングは、居住人数や過ごし方によって収納する物や量も異なります。収納家具も物や量によってサイズ感が変わってくるため、ダイニングを圧迫させないレイアウトが必要になります。

こちらでは、ダイニングを暮らし方に合わせて快適に使えるようにしたレイアウト例をご紹介します。

食卓周りをおしゃれに見せるダイニング収納のレイアウト例

食卓におしゃれなインテリアを飾れるダイニング収納を置いたレイアウト例。木製ダイニングテーブルと同じダークブラウンカラーで揃えて、統一感のある空間を実現しました。ダイニング収納を壁側に寄せたことにより、棚上と壁面のインテリアで統一感を出しています。

おしゃれに見せるダイニング収納レイアウト

ダイニング収納を壁奥に寄せたことにより、食卓にゆったりとしたスペースを確保することが出来ました。壁側に置いたダイニング収納は、食卓のどこからも見えるため、おしゃれな空間作りに役立ちます。ダイニング収納の隣にラタン素材のスツールを並べて、バランスの良いレイアウトにしました。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート

    圧倒的な開放感や清涼感を与えることもあり、時に穏やかで美しく、見る者の心を癒すこともある海。海は様々な表情を見せ、その時々で人々に違った印象を与えます。今回はそんな海の魅力を取り入れた家具やインテリア、それを活かした部屋の作り方を一人暮らしのワンルームと1LDKの間取りで紹介します。

仕事や作業をする方におすすめなダイニング収納のレイアウト例

ダイニングスペースで仕事をする際、効率良く作業がしやすいようにダイニング収納を置いたレイアウト例。食事だけでは無く仕事をすることも多いダイニングに、雰囲気を崩さずおしゃれに書類や本が収納出来るシェルフを配置しました。

効率良く作業が出来るダイニング収納レイアウト

仕事や作業で使う資料などをすぐに取り出せるように、ダイニングテーブルの後ろにシェルフタイプのダイニング収納を配置しました。圧迫感を与えないように奥行きを抑えたデザインのシェルフを配置して、すっきりとした空間作りを叶えています。

関連コラム

テレビを楽しみながら食事も出来るダイニング収納のレイアウト例

食卓の奥にダイニング収納を置き、テレビボードとしても活用したレイアウト例。テレビを奥にしたことにより片側からはテレビが見やすいですが、もう片側からはテレビが見えないので、ゆったり食事を楽しむことが出来ます。気分や過ごし方によって対応可能なレイアウトにしました。

食卓にテレビを置いたダイニング収納レイアウト

奥行きのあるダイニングスペースの壁側に、テレビを置いたダイニング収納を配置しました。リビングに置くことの多いテレビをあえてダイニング収納の上に置いたことにより、家族の団欒や会話を楽しめるようなレイアウトにしています。

関連コラム

  • 【モデルルーム実例】素敵な空間を作り出すためのインテリアコーディネートと家具選び
    【モデルルーム実例】素敵な空間を作り出すためのインテリアコーディネートと家具選び

    お部屋の魅力を最大限に引き出すモデルルームには、それぞれが素敵なお部屋作りのポイントをたくさん詰め込んだインテリアコーディネートでまとめられています。家具やインテリアなどスタイルに合わせた統一感あるコーディネートがお部屋の完成度を左右させます。今回はモデルルーム実例から学ぶ、素敵な空間作りを再現したインテリアコーディネートと家具選びをご紹介させて頂きます。モデルルームのコーディネートやご自宅のインテリアコーディネートの参考に是非して下さい。

カウンターで食事をする方におすすめなダイニング収納のレイアウト例

カウンターチェアを置いたダイニングに、キッチンワゴンを配置したレイアウト例。お酒や団欒を楽しむカウンターチェアと小回りのきくキッチンワゴンは、相性の良い組み合わせです。普段は壁側に寄せて、スペースを取らずに置くことが出来ます。

カウンター横に置くダイニング収納レイアウト

カウンターチェアを置いたダイニングスペースに、小回りの利くキッチンワゴンをダイニング収納として取り入れました。移動可能で機能的なキッチンワゴンがあると、リビングとカウンタースペース両方で活用することが出来ます。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】イエローに囲まれた心が弾むインテリアコーディネート

    太陽や光を連想させ、数あるカラーの中でも最も明るい印象のあるイエロー。そんなイエローのインテリアを一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)に取り入れると、空間をパッと明るく見せたり、住んでいる方や遊びに来た方の気持ちを元気にさせる効果があります。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りで、イエローのインテリアや、イエローと相性の良い家具に囲まれた楽し気なインテリアコーディネートを紹介します。

広い空間を仕切って使えるダイニング収納のレイアウト例

壁を取り払った開放的な空間を、ユニット式のダイニング収納で間仕切りをしたレイアウト例。広いリビングダイニングの間にダイニング収納を階段状に並べることにより、殺風景になりがちな空間のアクセントになっています。両側から使えるデザインも魅力的です。

広い空間を仕切るダイニング収納レイアウト

食卓と床で寛ぐエリアの間に、ダイニング収納で仕切りを作ったレイアウト。広々とした空間の間に収納家具があることで、間仕切りとなり開放的な空間にメリハリを付けています。収納棚を高低差を出して並べたことにより、広々としたリビングに立体感を与えました。

関連コラム

3.機能性が高くて永く使いやすいダイニング収納を選ぶ

3つめのポイントは、機能性が高くて永く使いやすいダイニング収納を選ぶことです。ダイニングスペースには食器やキッチン家電など大切に保管したい物を収納するので、機能性の高さも重要になってきます。さらにメンテナンスのしやすさや拡張性があると、ライフスタイルの変化に合わせて永く使い続けていくことが出来るでしょう。

こちらでは、デザインと機能性を兼ね備えたa.flatのダイニング収納を例にご紹介します。

ダイニングに置く収納家具は高い機能性が重要

食事の準備や料理の時に使用する食器棚は、デザインだけではなく実用性が重要です。毎日使う食器棚だからこそ、収納や機能面も重視して選ぶことでより快適な暮らしを実現出来るでしょう。

a.flatのダイニング収納は抜群の収納力と細かな機能を兼ね備えており、用途によって選ぶ事が出来ます。

機能的なダイニング収納の素材

食事をする時に使うダイニングにとって、汚れ対策はとても重要です。また、通常の木製家具は水分にあまり強くなく、メンテナンス方法に戸惑ってしまう方も多いはず。a.flatの木製ダイニング収納は清潔に保ち、気軽に日々のメンテナンスを行えるような素材を使用されています。

■天板の180度耐熱メラミン加工
熱・水に強く、傷つきにくく、焦げにくい等の優れた機能を持つメラミンで表面を加工されている為、熱い食器をそのまま置いても安心です。

◎蒸気と臭いを吸収するモイス材
キッチン・カップボード
等の家電置き場の上に備えられたモイス材。調湿性・耐火性・消臭性・かび抵抗性に優れ、結露やカビの発生を防ぎ清潔に保ちます。

食器やキッチン用品がすっきり片付くダイニング収納

a.flatの収納家具の中でも、キッチンで使えるダイニング収納には、システムキッチン並の様々な機能が備わっています。"食事"という毎日の暮らしに深く直結する食器棚だからこそ、食器取り出しやすさ・片付けや収納のしやすさ・メンテナンスが簡単であること等の使い勝手の良さがとても大切です。

■細かな物が見やすい工夫
カトラリーやキッチンツール等の細かい物を収納する引き出しはあえて内側が白くしている為、どこに何が入っているかが分かり易い工夫が施されています。

■ソフトクローズシステムを採用
引き出し・扉がゆっくりと閉まり、指挟み防止や開閉時の騒音軽減機能があります。料理中に急いで開閉する際、家具を傷めずに安心して使えます。

■可動式の棚板
可動式の為、お持ちのお皿やグラスのサイズや量によって収納頂けます。棚板は追加購入も可能です。

■可動式の仕切り板
引き出しにも仕切り板が付属しており、細かい物も整理整頓がしやすくなっています。追加購入可能です。

■便利なスライドレール機能
キッチンボード・キッチンカウンターに備えられたスライドレール。手前に引き出す機能により、炊飯器などから出る水蒸気を逃がしカビ防止に繋げます。

■埃の侵入防止バー
カップボードに備えられた埃侵入防止バー。閉めた扉のわずかな隙間からのほこりを防いで、ガラス扉内をいつでも清潔に保てる機能です。

拡張性のあるダイニング収納を永く使う

一人暮らしで使用していたa.flatのダイニング収納は、ライフスタイルの変化や収納する物の数によって拡張していくことが可能です。食器類が増えたり住む人数が変わっても、デザインを統一しながらも変化していくことが出来るので、永く使い続けられます。

■キッチンボードにカップボードを買い足しして拡張

一人暮らしでキッチンカウンターを購入しました。

新居に引越しした後、カップボードを追加購入。

コンパクトなキッチンカウンターにカップボードを拡張することで、食器類を収納するスペースが多くなり存在感もアップします。

同じシリーズを統一して合わせられるので、お気に入りなデザインを揃えておしゃれなダイニング空間を作り上げることが出来ます。

■キッチンカウンターにパーツを買い足ししてキッチンボードへ拡張

キッチンカウンターでは食器の収納場所が足りなくなりました。

キッチンボードの上段パーツのみ買い足しをしました。

キッチンカウンターに上段パーツを追加することで、食器やグラス類がたくさん収納しやすいキッチンボードになりました。

上部に棚を追加したので、横幅スペースは変わらずにを収納力を上げることが出来ました。

安心なメンテナンスサービス

a.flatの収納家具は日々のお手入れや修理、パーツ交換など、長く使い続けて頂くために、充実した機能やサービスが揃っています。

部品のパーツや修理が可能となっており、永く使い続けた時に生じる扉のズレや部品の不具合にも素早く対応が出来るようになっているため、安心して愛用して頂けます。

食器棚の扉にズレが生じてきた場合、お客様ご自身で直すことが可能です。プラスドライバーで蝶番のネジを調整することで扉位置を上下前後左右と細かく調整することが出来ます。

新しいスライド蝶番に付け替えることで、扉がゆっくりと閉まるソフトクローズの機能が回復します。扉の取り外しや取り付けはワンタッチで行える上、特別な工具は何も使用しないため、簡単に作業が可能です。

引き出し部分のスライドレールも部品注文が可能です。プラスドライバーのみで難しい作業も無く修理交換が出来ます。ソフトクローズ機能や引き出しの開け閉めのしにくさを改善することができます。

レンジ台のコンセント部分はメンテナンスすることを考慮し、付け替えやすい仕様にしております。コンセントのみの販売もしており、簡単な作業で取り外しと取り付けが出来ます。

a.flatの全ての収納家具に3年の保証が付いています。また、上記の部品の交換や修理では直らない場合、カスタマーセンターで家具やパーツをお預かりして修理させて頂きます。お問い合わせはa.flat各店舗またはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。

関連コラム

  • a.flatの食器棚・レンジ台~もしもの場合も修理ができて長く使える~
    a.flatの食器棚・レンジ台~もしもの場合も修理ができて長く使える~

    食器棚やレンジ台は毎日使う家具だからこそ、安全性や修理を含めたサポート体制は非常に重要なポイントです。例えば扉や引き出しのソフトクローズが効かなくなっても、a.flatでは蝶番やレールを付け替えて機能を回復することができます。また、破損したガラスを付け替えることもできます。お客様の豊かな暮らしのため、いつまでも家具を長く使っていいただけるように、パーツ・部品の管理や修理などのアフターサービスにも力を入れています。

  • 安心の3年保証と家具のメンテナンスサービス
    安心の3年保証と家具のメンテナンスサービス

    皆様は何を基準に家具をお選びになるでしょうか。商品保証やメンテナンスを含めたアフターサービス体制も、家具を選ぶ重要な判断基準だとa.flatは考えます。家具をお選びいただく際や安心して家具をお使いいただくために、a.flatは商品保証やアメンテナンスサービスの充実にも力を入れています。

4.ダイニング収納+ダイニングテーブルとの組み合わせで統一感を出す

4つ目のポイントはダイニング収納+ダイニングテーブルとの組み合わせで統一感を出すことです。食卓の中心に置くダイニングテーブルは、素材やデザイン、色で印象を決めます。近くに置く収納家具も揃えて組み合わせることで、おしゃれで統一感のある食卓が生まれます。

収納家具とダイニングテーブルのイメージを合わせることが大事

収納家具とダイニングテーブルのイメージを揃えておくと、スタイルの方向性が定まり他の家具やインテリアも選びやすく、スムーズに部屋作りを行うことが出来ます。こちらでは、素材やデザインを統一した収納家具とダイニングテーブルの組み合わせ例をご紹介します。

縦のデザインですっきりとしたイメージの組み合わせ

繊細な縦ラインがすっきりと見えるダイニング収納と、木を組み上げたようなデザインのダイニングテーブルの組み合わせ。ダークブラウン家具とダークグレーのヒヤシンスチェアによって、洗練されたアジアンダイニングを演出できるでしょう。

絶え間なく流れる幾筋もの滝から着想を得たデザインのダイニング収納。シンプルな中にもどこか美しさを感じさせます。

アッシュ無垢材を使用した優しい手触りのダイニングテーブル。直線と曲線のバランスをとったフォルムで、美しい佇まいも魅力です。

横のデザインで食卓を広く見せる組み合わせ

横に広がるルーバーデザインのダイニング収納と、脚の抜けが開放感を与えるダイニングテーブルの組み合わせ。チェアも横ラインで揃えることで、広々としたイメージを食卓に与えています。無垢材で統一して、温かみのある空間を実現しました。

優しいアジアンリゾートの海風がもたらす、ルーバーデザインのダイニング収納。打ち寄せる波から着想を得たデザインで、ゆったりとした印象を与えます。

台形状の脚が特長のダイニングテーブル。脚の内側を美しい曲線を描くようにカットすることで、船の船体を表現しました。

天然素材で揃えたリゾートな雰囲気の組み合わせ

温もりある無垢材のダイニング収納と、バンブー(竹)素材を使用したダイニングテーブルの組み合わせ。木材だけではなく天然素材を取り入れることで、リゾート感を高めてくれます。ヒヤシンスチェアが、よりアジアらしい食卓を演出しました。

アッシュ無垢材を贅沢に使用したユニット式のダイニング収納。美しい木目と素材感が、空間に自然の温かみを与えてくれます。

バンブー(竹)素材とウッドのツートンカラーが、アクセントになったダイニングテーブル。アジアらしい雰囲気が魅力です。

無垢材で統一した温もり感じる組み合わせ

無垢材のダイニング収納と、同じく無垢材で作られたダイニングテーブルで統一した組み合わせ。柔らかさを感じるグレインブラウンカラーで、木々の温もりを味わえる食卓を完成させています。ウッドチェアだけではなく、ダイニングベンチと合わせて抜け感を出しました。

木々の生命力を感じる無垢材と、落ち着きのあるアイアン素材の魅力が調和したダイニング収納。すっきりとした脚が開放感を与えてくれます。

大木の佇まいからインスピレーションを得たダイニングテーブル。無垢材でしか感じることのできない、やさしい手触りと木の温もりに癒されるでしょう。

ダイニングチェアで食卓にアクセントを加える

木製家具が多いダイニングの中に、自然の風合いを感じるチェアを取り入れると、馴染みながらもおしゃれなイメージを与えます。ヒヤシンス・ラタンなどから作られた天然素材のチェアに、木製のダイニングテーブルや収納家具と組み合わせることで、リゾートのように非日常的な雰囲気を演出してくれます。

おすすめのヒヤシンス・ラタンチェア

色合いが少なくシンプルな印象のダイニング周辺には、チェアカバーでアクセントカラーをプラスするのがおすすめです。チェアカバーの色を明るいカラーにすることで、ダイニングテーブルと収納家具を明るい印象にしてくれます。食卓のイメージカラーを取り入れて、彩りを加えしょう。

5.ダイニング収納や周辺にインテリアを飾りおしゃれに見せる

5つ目のポイントはダイニング収納や周辺にインテリアを飾りおしゃれに見せることです。食卓にダイニング収納をそのまま置くと、どこか物足りなさを感じさせてしまいます。収納家具周辺をインテリアで飾ることで華やかなイメージになり、部屋全体のコーディネートもまとまり感が出てくるでしょう。

ダイニング収納をおしゃれに演出する壁面装飾

ダイニング収納の上や壁面がすっきりとしている場合、壁面装飾を飾るのがおすすめです。シンプルな壁面にインテリアを飾ることで、ダイニング収納をおしゃれに見せるだけではなく、空間にも華やかな印象を与えます。カラーや素材を部屋のイメージに合うように組み合わせて、食卓に彩りを加えましょう。

ダイニング収納をおしゃれに飾るおすすめの壁面装飾

間接照明でダイニング収納を優しく灯す

ダイニング収納の横に間接照明を置いて、食卓をおしゃれに演出しましょう。柔らかな灯りは、収納家具やその上に飾ったインテリアを美しく引き立ててくれます。限られたダイニングの角や空いたスペースに取り入れるだけでも、雰囲気のあるワンランク上の空間が実現します。照明のデザインやサイズでも印象が変わるので、空間に合うものを選びましょう。

ダイニング収納におすすめな間接照明

カーテンでダイニング収納に彩りを加える

窓の近くに配置するダイニングは、カーテンの色や素材でぐっと雰囲気が変わります。高級感のあるダイニング収納を置いた場合、カーテンも光沢のあるタイプにするなどテイストを揃えて選びましょう。また、収納家具に飾るインテリアやチェアカバーと色を合わせることで、より統一感のあるダイニングが完成します。

ダイニング収納と合わせたいおすすめカーテン

ダイニング収納の周りをインテリア小物や観葉植物で飾る

ダイニング収納の上や中に、おしゃれなインテリア小物や観葉植物で彩りを加えましょう。空いたスペースに小物を置くことで、ダイニング収納だけではなく空間全体をセンス良く見せられます。豊富な種類がある中でも、色の統一感や並べる際のバランスを良く見て、取り入れましょう。

ダイニング収納に飾るおすすめインテリア小物

花器・観葉植物

写真立て

キッチン家電でダイニング収納を魅せる

更におしゃれなダイニング空間をを目指したいという方は、家電のデザインにこだわると非日常感のあるモデルルームのような雰囲気に仕上がります。ダークブラウンのキッチン収納には、こちらの実例で取り入れたようなブラック・ダークブラウン等の濃い色合いの家電が、馴染みが良くおすすめです。

関連コラム

  • ダイニングをおしゃれに魅せる!インテリアコーディネートのテクニック
    ダイニングをおしゃれに魅せる!インテリアコーディネートのテクニック

    食事や作業したりと何かと過ごす時間が多いダイニング。おしゃれなインテリアに囲まれることで毎日の暮らしが更に楽しく充実したものになるはず。こちらで紹介するインテリアテクニックを参考にすれば、誰でもおしゃれなダイニングを手に入れることが出来ます。開放感を演出する動線やレイアウト、チェア・小物の選び方など、7つのテクニックを、イメージが湧き易いよう、沢山のインテリアコーディネート実例と併せてご紹介しています。

ダイニング収納を取り入れたインテリア実例のご紹介

前章ではダイニング収納の選び方とインテリアの飾り方を5つのポイントにまとめてご紹介しましたが、ここではそれぞれのポイントを抑えたインテリア実例をご紹介します。ダイニング収納をバランス良くレイアウトして、インテリアでおしゃれに仕上げた空間をご覧下さい。

【ポイント1の実例】見せるダイニング収納で食卓を飾るインテリア実例

無垢材の飾り棚と天然素材を使ったインテリアで、アジアらしいエキゾチックなダイニングを実現しました。背の高いダイニング収納は、抜けのあるデザインで圧迫感を与えません。おしゃれな中にも自然の中にいるような、リラックス空間を演出しています。

ダイナミックな木目を活かした明るいブラウンのダイニング収納。温もりを感じる無垢材に組み合わせたスアイアンフレームの脚が、すっきりと開放的な印象を与えます。

ヒヤシンス素材のチェア木製ダイニングテーブルの組み合わせで、アジアらしいダイニング空間を実現しました。パープルのチェアカバーがアクセントとなり、華やかな食卓を演出しています。

関連コラム

【ポイント2の実例】キッチンワゴンですっきり見せたダイニングインテリア実例

コンパクトなダイニングにキッチン収納とワゴンを取り入れて、充実した空間を作り上げました。ダークブラウンカラーの木製家具で統一し、高級感のある雰囲気を演出しています。ピンクやレッドのファブリックカラーで、華やかな食卓になるように彩りました。

コンパクトで小回りが利くキッチンワゴン。引出し部分がルーバーデザインとなっていて、ダイニングスペースをおしゃれに見せます。

食卓に映える鮮やかなピンクのチェアカバー。背もたれ部分のダークグレーヒヤシンス素材が、落ち着いた印象を与えています。

関連コラム

  • 【一人暮らしの部屋】オリエンタルな雰囲気漂うモロッコインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】オリエンタルな雰囲気漂うモロッコインテリアコーディネート

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をオリエンタルなインテリアコーディネートにすることで、異国情緒溢れるモロッコのような幻想的な空間を実現することが出来ます。一見派手に見えるピンクやパープルを使ったカラーコーディネートも、ダークブラウンの家具やヒヤシンス素材、グレイカラーを取り入れることで華やかなイメージの中に落ち着いた大人の女性らしさを表現することが出来るでしょう。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りを使って、オリエンタルな雰囲気のモロッコインテリアコーディネートを紹介します。

【ポイント3の実例】大容量のダイニング収納で揃えたインテリア実例

ダークブラウンの無垢材でまとめた高級感のあるダイニング空間。壁側に木製キッチン収納を並べたことにより、木の存在感を高めました。カーテンやチェアカバーをベージュカラーで抑えて、ダークブラウンの木製家具を引き立てています。

絶え間なく連なる縦ラインが魅力的なダイニング収納。キッチンボードカップボードを並べて、収納力と統一感を出しました。

ダークブランのキッチン収納と揃えた木製のダイニングテーブルセット。チェア背もたれ部分のルーバーデザインがスッキリした印象を与えています。

関連コラム

【ポイント4の実例】ダイニング収納とアジアンインテリアのコーディネート実例

アジアンな雰囲気の家具とインテリアで揃えたダイニングコーディネート実例。素朴で温かみのある雰囲気を持ち合わせた木材家具と、リラックスした印象を与えるヒヤシンス素材の組み合わせが、異国情緒のある食卓を演出しています。

シンプルなダイニング収納にアクセントとなるウッドパネルと照明を飾りました。隣に並べたヒヤシンスのスツールが柔らかな印象を与えます。

ヒヤシンスの独特な素材感が、アジアンムードを引き立てるダイニングチェア。レッドのチェアカバーがダークブラウンの食卓を彩ります。

関連コラム

【ポイント5の実例】シェルフにお気に入りの小物を飾ったダイニング実例

グリーンカラーと木材の組み合わせで、癒しのダイニングを実現したインテリア実例。ダイニングテーブル後ろにお気に入りのインテリア小物や植物を飾るシェルフを置いて、見せる収納を楽しめるようにしました。自然の中にいるようなリラックスした雰囲気を演出しています。

背面が抜けたデザインのブックシェルフは、背が高くても圧迫感を与えません。サイズ違いで並べても、スッキリとした空間になっています。

開放感のある背無しベンチに、自然を感じるグリーンのベンチカバーを取り付けました。ダイニングを爽やかな雰囲気にしています。

関連コラム

  • 目黒川沿いの自然を取り入れた 瑞々しいグリーンの3LDKインテリアコーディネート
    目黒川沿いの自然を取り入れた 瑞々しいグリーンの3LDKインテリアコーディネート

    目黒川沿いに佇む3LDKのマンションのインテリアコーディネート実例です。川沿いの爽やかな風が流れる開放的な3LDKならではの家具レイアウトや、統一感のあるグリーンのカラーコーディネートにこだわっています。リラックスムード溢れるグリーンの配色で、都会のマンションでも自然を感じながら穏やかな時間が過ごせる空間に仕上げています。

【ポイント2+3の実例】キッチン収納を並べて統一感を出したインテリア実例

縦ラインが美しいレンシリーズのダイニング収納を並べたインテリア実例。繊細な線から出来る縦の模様は、高さのあるカップボードと横幅120cmのキッチンカウンターを並べても、重い印象にならずに配置することが出来ています。ブルーの壁面装飾やインテリアで、食卓を爽やかに彩りました。

食器棚とキッチンカウンターの組み合わせで、ダイニングに充分な収納力を与えています。ダークブラウンの木製家具を並べて、統一感を出しました。

ダイニング収納の空いた壁面には、ファブリックパネルを飾りました。濃淡の違うブルー花柄がダイニングのアクセントとなっています。

関連コラム

  • 海を感じるお部屋を叶える インテリアコーディネート実例集&ポイント
    海を感じるお部屋を叶える インテリアコーディネート実例集&ポイント

    海沿いで過ごす気持ちの良いリゾートインテリアを自宅のお部屋で叶える為のポイントを、沢山のインテリアコーディネート実例と共にご紹介しています。開放感の演出の仕方やブルーのカラーコーディネート、インテリア小物の選び方など、参考にして頂き、自宅のお部屋で海のリラックスムードを愉しめる空間を実現してみてはいかがでしょうか。

【ポイント1+5の実例】ダイニング収納をルーバーデザインで揃えたインテリア実例

シックで落ち着いた雰囲気のグレーの食卓に、ルーバーデザインのダイニング収納を取り入れたインテリア実例。収納家具のシンプルな水平ラインが、洗練さや素材の温もりを感じさせます。全体的にロータイプ家具で揃えて、ゆったりとリラックス出来る空間を演出しました。

程よく高さを抑えたダイニング収納を並べて、空間に開放感を与えました。横に広がるルーバーデザインは、見る人の心を落ち着かせます。

ダイニングを柔らかい光で灯す和紙のペンダントライト。シンプルなデザインで食卓に馴染みながらも、おしゃれなアクセントになっています。

関連コラム

  • グレーカラーが作り出すインテリアコーディネートの世界
    グレーカラーが作り出すインテリアコーディネートの世界

    グレーカラーは様々なスタイルに取り入れやすく、インテリアのコーディネートポイントを理解すると素敵な空間を作り出せる魅力たっぷりのカラーなのです。ご紹介する様々なスタイルやカラーコーディネートを参考に自分だけのお気に入りとなるグレーカラーのインテリアコーディネートを見つけてみて下さい。今回はグレーカラーをテーマにした素敵なお部屋作りの為のインテリアコーディネートをご紹介致します。

【ポイント2+4の実例】組み合わせ自在なダイニング収納で飾るインテリア実例

広々としたダイニングにグレインブラウン色の無垢材家具を取り入れたインテリア実例。無垢材ならではのダイナミックな木目と風合いは、温もりと高級感のある雰囲気を与えます。爽やかなブルーカラーを取り入れて、清々しい空間を演出しました。

ユニット式の収納棚をダイニングスペースに並べました。背面を見せたり高さを変えて、収納棚自体をインテリアとして見せています。

無垢材家具によく映えるブルーのベンチカバーは、ダイニング空間の良いアクセントとなっています。チェアカバーはグレーにして、ベンチを引き立てました。

関連コラム

  • 【インテリア実例】海と空が見える千葉 鴨川の別荘コーディネート
    【インテリア実例】海と空が見える千葉 鴨川の別荘コーディネート

    自然が豊かな別荘地・千葉 鴨川にピッタリなインテリアコーディネートをご紹介致します。太平洋の壮大な海と空が広がる鴨川の魅力を最大限に活かした家具選びやインテリアコーディネート。別荘の中でも大自然を感じてゆっくりした時間を過ごす事が出来ます。千葉 鴨川の別荘の実例インテリアコーディネートを交えながらご提案致しますので、是非参考にされてみてください。

ダイニング収納を実際に店舗で確かめる

a.flatの店舗では、豊富な種類の収納家具やインテリアを実際にご覧頂けます。展示の収納家具を見てから、実際のダイニングに合うか3Dシミュレーションで簡単にお試し頂くことも可能です。ぜひ実際にご来店し、体感してみて下さい。

ダイニング収納のデザインや使い心地を店舗で確認する

デザインやサイズだけではなく、引き出しの開け方やどのくらい収納出来るかなども体感する事が出来ます。収納したい物をイメージして確認しましょう。

高さのあるダイニング収納も、どのぐらいのサイズか確認することが可能です。ご自身が使うイメージでお試し下さい。

a.flatの店舗一覧

a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8 ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

公共交通機関でお越しの場合
新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

a.flat目黒通り本店
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜 木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(詳細は店舗まで)

■公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

a.flat梅田店
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 
定休日 水曜(祝日を除く)
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)

■公共交通機関でお越しの場合

・JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

ダイニングに置く収納家具の配置を3Dコーディネートで確認

a.flatでは無料で3Dコーディネートサービスをご案内しています。図面から実際の部屋イメージを作成し、家具の配置やインテリアコーディネートを2Dや3Dで確認出来ます。お部屋に合ったダイニング収納のレイアウトをシミュレーションして、最適なご提案をさせて頂きます。

3Dシミュレーションサービスの流れ

【step1】図面を元に部屋を作成

まずはシミュレーションをしたい図面を店舗にお持ち頂くか、メールでお送り頂きます。図面をもとに、同じサイズの部屋を作成します。正確なサイズでお作りするので、空間の広さや通路の幅などがイメージしやすくなります。

【step2】家具を配置してサイズを確認

シミュレーションを作成したら、ご希望のデザインやサイズの収納家具をヒアリングし、最適なレイアウトをご提案させて頂きます。ダイニングの間取りや家具の大きさなど、バランスを見ながら作成していきます。

【step3】3D画面で立体的なイメージを確認

収納家具のレイアウトが完成したら、3D画面で確認します。真上から眺めたり、実際の部屋に入っているような視点でも見ることが可能です。様々な角度から見て、理想のレイアウトを完成しましょう。

【step4】インテリアコーディネートして確認

収納家具とインテリアを組み合わせてコーディネートしましょう。種類豊富なインテリアやファブリックを選んで、よりおしゃれになるようシミュレーションします。

まとめ

今回は食卓を快適にするダイニング収納の選び方を、インテリアと共にご紹介をさせて頂きました。ダイニングスペースのレイアウトや収納家具のサイズを的確に選ぶことで、空間を広く見せた居心地の良いコーディ-トが実現します。ぜひ、今回のコラムでご紹介させて頂いたことを実践してみて下さい。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、7つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
7つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

おすすめコンテンツ

メンバー登録

a.flatでのショッピングの際はメンバー登録(無料)が必要となります。また、メンバー登録すると便利なサービスやお得な特典が利用可能になります。

詳細はこちら >

カタログ

a.flatの最新カタログを無料でお届けします。a.flatの世界観がひと目で分かる公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。

詳細はこちら >

メールマガジン

新商品やインテリアの豆知識など様々な情報をお届けします。また、送料無料などメールマガジン購読者限定の特典もご用意しています。

詳細はこちら >

コーディネートサービス

お部屋のシミュレーションができる「マイルーム3D」を使い、お部屋づくりや家具選びをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。

詳細はこちら >

店舗情報

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.