• カート
  • 初めての方へ
  • 大阪梅田店
  • 新宿店
  • 目黒通り本店
  • メンバー情報更新
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト
  • メンバー登録
  • ログイン

ソファの買い替えを検討する際に知っておくべきポイント

公開:2018/9/12

更新:2018/9/12

ライター:ネットショップ清水

ソファの買い替えを検討する際に知っておくべきポイント

ソファを買い替えるタイミングは、引っ越しや長年使い続けて古くなった等、人それぞれです。買い替えるのであれば、これから長く使えるものを選びたいと考えている方も多いのではないでしょうか。ソファを買い替える場合、新たにソファを購入するのとは少し違った点に注意しなければなりません。また、今あるソファの処分方法なども検討しておかないと、後に面倒な作業が増えてしまうこともあります。そこで今回は、ソファを買い替える際に参考になる知識をご紹介したいと思います。

ソファの寿命はいつ?

リビングのメインとなるソファは、なるべく長く使い続けられるものが理想的。そのため自然とソファの寿命が気になります。ソファの耐久年数は、種類や素材、製造メーカーによって一概には言えません。また、室内環境や使用頻度によっても差が生じます。ただし、目安としてはソファ本体の枠組みの部分で10年前後、ウレタンフォームなどクッションの中材は消耗品のため5年前後、布やレザーなど表面の素材で3~5年前後というのが一般的と言われています。

ソファを買い替えるタイミング

引っ越しなどライフスタイルの変化

買い替えのタイミングで多いのが、引っ越しなど住まいが変わるパターンです。ソファも新しいものに買い替えることで、気分も新たに新居での新生活をスタートさせることができるでしょう。また、引っ越しの準備に合わせて古いソファの処分や、新しいソファの搬入ができるので、買い替えによって生じる作業を最も効率よく楽に進めることができる点も魅力です。

不具合や汚れなど機能性や座り心地の低下

長年ソファを使い続けていると、どうしても汚れや傷などが目立ってきてしまいます。また、座面がへたって座り心地が悪くなるなど、寿命のサインが出てくるタイミングで買い替えを検討する場合もあるでしょう。座り心地が悪くなってしまったソファに長時間座ることは、身体にも良い影響を与えないため、早めに買い替えなどの対策を考えることが必要となります。

ソファの買い替え前に検討しておくこと

新しいソファへの買い替えを検討している場合、ソファを購入する前にいくつかの項目を確認しておかなければなりません。この確認作業をするかしないかによっては、買い替えの際の労力や、後のソファライフにまで大きく影響が出てきてしまいます。

①古いソファの処分方法

新しいソファに買い替える場合は、今まで使っていたソファを処分する必要があります。しかし、ソファのように大きな家具は通常のゴミとして出すことができないため、処分の方法に困っているという方も多いのではないでしょうか。ここでは不要なソファの処分方法について、いくつかご紹介します。

■自治体の粗大ゴミ回収を利用する

各自治体が行っている粗大ごみ回収でソファを処分することができます。最大のメリットは費用が安いという点が挙げられ、ソファのサイズやお住まいの自治体によって値段は変わりますが、数百円~2,000円弱で処分が可能となります。ただし、デメリットとしては自分で解体して外まで運び出す必要があり、搬出経路によっては難しい場合があるので注意しましょう。

■不用品の回収業者に処分依頼する

回収業者に処分を依頼するメリットは、日時指定が可能な点がひとつ。そして、解体から搬出までしてくれるので、ほとんど何もしなくて良い点が挙げられます。ただし、料金が比較的高めとなり、サイズなど条件によっては数千円~数万円かかる場合があります。

■買取業者に引き取ってもらう

リサイクルショップや買取業者に依頼をしてソファを買い取ってもらう方法もあります。処分するだけではなく、場合によってはいくらかの収入になる可能性もあります。ただし、ソファの状態によっては買い取りを断られるケースも出てくるので注意しましょう。

■買い替えの際に引き取りサービスを利用する

家具店によっては、新たにソファを購入したお客様に対して古い家具の引き取りを行っている場合があります。a.flatでソファ(大型商品)を買い替えていただくと、配送時に古い家具の引き取り処分のサービスをご利用頂けます。家具搬入のタイミングで同時に引き取りを行いますので、立会いも1度で済みます。価格も1点につき4,320円とリーズナブルとなっています。
a.flatの不用品引き取りサービス>

②使用中のソファはまだ使えるかどうか

ソファの買い替えはお金や手間がかかります。また、気に入っているソファを処分するのはもったいないと感じる方もいるでしょう。ソファはその仕様や購入したメーカーのアフターサービスによっては、メンテナンスやパーツ交換によりソファをリニューアルすることができるケースもあります。ソファの買い替えを検討する前に、今あるソファをきれいに直すことができるかどうか確認してみることもおすすめです。

■カバーや中材を交換する

ソファにはフレームとクッション部分が一体になっているものの他に、クッションが独立している仕様のものがあります。こういったソファの場合、クッション部分の中材やカバーを取り外して交換することができるので、一般的な張替えよりも簡単にソファを生まれ変わらせることができます。身体に直に触れる座面や背もたれは、一番傷みやすい部分でもあります。それらをを取り替えることで、これからもソファを使い続けることができる可能性が高くなるでしょう。

■修理してもらう

ソファの状態によっては、修理することで再び使えるようになることもあります。ソファ内部の不具合となると、自分でメンテナンスすることが難しいので、家具の修理業者や購入したお店に問い合わせてみることをおすすめします。

③使用中のソファをアレンジできるかどうか

ソファ自体まだ十分に使えるものの、ライフスタイルの変化のために買い替えを検討しているケースもあるでしょう。その場合、パーツを組み合わせてサイズアップしたり、新しいソファとセットで使用するなど、今あるソファをアレンジできるかどうかを検討してみるのも手段のひとつです。

■拡張・サイズアップする

家族が増えたり、住まいが広くなったことから、今より大きなソファが必要となる場面もあると思います。パーツの追加で形や大きさを変えることができるソファであれば、ライフスタイルの変化の都度ソファを買い替える必要はありません。いつでも生活に寄り添いながら、共に長く過ごすことが可能になります。

【事例】
1人暮らしのワンルーム用に、幅1400㎜の片アームタイプの2人掛けソファを購入。

1LDKの間取りに引っ越し、リビングが広くなったのでコーナーパーツを追加して、幅2150㎜の2.5~3人掛け相当にサイズアップ。

■新しいソファとセットで使う

拡張機能がないソファの場合、例えば1人掛けソファを追加で購入し、今あるソファとセットで使う方法もあります。同じシリーズでなくても、色や素材などを揃えることで統一感を演出することができます。

【事例】
引っ越しを機に、2.5人掛けソファにプラスして、1人掛けのラウンジチェアを購入。リビングにちょっとしたパーソナルスペースを作ることで、家族一人ひとりがゆったりと過ごせるようになりました。また、カバーやクッションの色を統一してまとめています。

■オプションパーツを使う

今あるソファの座り心地があまり良くないと感じている場合、座り心地を良くするためのオプションパーツを使うことで座り心地が改善され、そのまま使い続けることができるという可能性もあります。ただし、オプションパーツは別のシリーズやメーカーのソファには使うことができないものもあるので注意しましょう。

【例】オットマンを追加
ソファの前に置き、脚を伸ばして座ることで安楽性が高まります。

【例】ヘッドレストを追加
頭と首を支えるヘッドレストをプラスして、座り姿勢を快適に。

【例】ウエストクッションを追加
腰のフィット感を高めると、より安定した座り心地が得られます。

ソファを買い替える際のチェックポイント

ソファを買い替えることを決め、処分方法なども確認したら、新しいソファ選びをスタートさせましょう。その際、今まで使っていたソファの特徴や、自分の生活スタイルをきちんと見直しておくと、新しいソファ選びがスムーズになり失敗を防ぐことができます。ここではソファの買い替えの際に確認しておくと役立つ項目を紹介します。

使用中ソファの良い点・悪い点を整理する

これまで使っていたソファの良いところや悪いところを見直し、それを新しいソファ選びの際に活かしましょう。どんな点が気に入って購入したか、使っていて良かったところ、逆に使い辛かったところなど反省点を踏まえておくと、自分が理想とするソファを見つけやすくなります。

〇:座り心地が気に入っている
構造などを重視してソファを選びましょう。

〇:デザインが気に入っている
素材や色など、どこか共通点があるものを選ぶとしっくりくるでしょう。

✖:革張りソファは修理ができなかった
布地など他の素材や、お手入れが簡単なカバーリング式のソファを検討しましょう。

✖:部屋に置くと圧迫感があった
お部屋を開放的に見せるため、高さを抑えたローソファを検討してみましょう。

△:他の家具と合わなかった
インテリアの統一感を重視する場合は、他の家具に合わせたデザインや色のソファを検討しましょう。

ソファでの寛ぎ方を見直す

ソファは寛ぎ方によって最適な種類や形状が異なります。そこで、自分がどのような姿勢でソファに座っているかを思い返してみましょう。

横になることが多い
ソファの横幅を重視して選びましょう。

足を乗せて座ることが多い
ソファの奥行き感を重視して選びましょう。

もたれ掛かることが多い
背もたれの高さや、肘掛けの形などを重視しましょう。

足を伸ばすことが多い
カウチタイプやオットマンとのセット使用を検討しましょう。

お部屋やソファのサイズを確認しておく

当たり前のことですが、ソファが置けるスペースのサイズを確認してからソファ選びをスタートさせましょう。

引っ越し先の部屋サイズを把握する

引っ越しに伴いソファの買い替えを検討している場合、引っ越し先の部屋のサイズを把握しておきましょう。また、どこにソファを置くかを大体決めておくことも大切です。家具店に配置を相談する場合、お部屋の図面などを用意しておくとスムーズに進められるでしょう。

ソファ自体のサイズを把握する

買い替えをしても配置場所が変わらない場合は、今あるソファのサイズを把握し、それを参考にすることで適切なサイズを選びやすくなります。下記の3点を中心に計測しておきましょう。
1:幅
2:奥行
3:高さ

買い替えるなら長く使えるソファを選ぶ

ソファのように大きな家具を買い替える機会はそう多くありません。気に入ったものをできるだけ長く使い続けたいと考える方がほとんどです。それでは、長く使うことができるソファとはどんなものなのでしょうか。それを見極める方法として、1.環境の変化にも対応できる2.品質が高く安心して使えるアフターサービスが備わっている3.お手入れが楽という3つのポイントを抑えておきましょう。

間取りの変化に対応できるソファ

引っ越しなどで住まいが変わると、それまで使っていたソファがお部屋のサイズに合わなくなってしまうこともありますよね。そんなケースにも対応できるのが、パーツの追加や組み合わせ方で形や大きさを変えることができる、拡張機能を持ったユニットタイプのソファです。家族が増えるタイミングで拡張することはもちろん、場合によっては組み合わせたものを分解して使うなんてこともできます。自由度が高くアレンジがしやすいソファは、長い期間使うことができる可能性を高めてくれるでしょう。

■ラン・コンパクトソファ

背もたれとアームの形状を統一させたことにより、簡単なドッキングだけで、お好みの形とサイズに組み合わせることができるラン・コンパクトソファ。こちらは片アームタイプとコーナータイプを並べることで、2.5人~3人掛けサイズのソファとしています。更にここからパーツを追加し、コーナー型のソファに拡張することもできます。

■テン・ハイバックソファ

テン・ハイバックソファのアームは、どなたでも簡単に取り外しや取り付けが可能。外したアームとソファの間に、基本パーツ(ここではカウチ)を配置することで、2人掛けソファをカウチソファへと組み替えることができます。

■ケイ・ローソファ

ケイ・ローソファもアームの着脱機能によって、パーツを組合せてお好きな形のソファを作ることができます。こちらは2人掛けの両アームタイプを購入後、コーナーパーツと2.5人掛けベンチタイプを買い足して、贅沢なコーナーセットへ拡張させています。

安心・安全な品質の良いソファ

ソファは様々な構造や素材から成り立っています。そのため長く使えるソファを選ぶ際には、見た目からは分からない内部の構造にも目を向けてみましょう。a.flatではデザイン、設計、材料調達から試作、量産、検査まで、各工程を管理し、安全で安心な製品づくりに取り組んでいます。

a.flatのラタン・ヒヤシンスソファの構造材には、強くしなやかな耐久性を持つパイン無垢材を使用しています。破損や歪みの少ない構造材を目指し、より強度がでるよう細部にまでこだわって枠組みを作り上げています。

テン・ハイバックソファの座面下部にはウェービングテープを使用。程よい弾力性が、硬すぎず柔らかすぎない、上質な座り心地を実現しています。

ラタンやヒヤシンス素材は、頑強な木材フレームの上から職人の手でしっかりと編み込まれています。しっかりと目詰めをすることで耐久性が増すと共に、見た目も美しく仕上がります。

最適な座り心地を実現するために、複数のクッション素材を使用。それぞれのアイテムやモデルごとにその構成や厚みを変え、理想的な座り心地や寝心地、耐久性を追求しています。

a.flatのラタン・ヒヤシンスソファは、環境に優しいエコ塗料を使用。シックハウスの原因とされるホルムアルデヒド成分や発がん性物質も一切含まれていないため、安心して使うことができます。

■シン・ソファ

シン・シリーズのソファは、ゆったりリラックスできる「快適な座り心地」を実現するため、クッション構造から座面の傾斜角度に至るまで、細かいところにも配慮した設計になっています。

■ウッド・ソファ

無垢材の温もりとスタイリッシュなデザインが融合したウッド・ソファは、後々の修理や搬入出がしやすい組立式のソファになります。そのため素材そのものの品質や加工技術にこだわり、組立精度や強度を高めることで、長く使うための耐久性を向上させています。

関連メニュー

  • 高い品質を保つために

    高い品質を保つために(モノづくり)のページです。その暮らしに、アジアの風を。a.flat(エーフラット)は日本のライフスタイルに、アジアン素材の温もりを融合したオリジナルデザインの ...続きを読む

お手入れが楽で長く楽しめるソファ

長く付き合えるソファとは、元々の品質の良さだけでなく、日常のお手入れや自宅でのメンテナンスが簡単にできることも重要です。ソファの座面や背もたれは、身体に直に触れるため傷みやすい部分でもあります。そのため、傷んだ部分を簡単に取り替えることができれば、購入時と変わらない座り心地のまま、長く使い続けることができるとも言えるのです。

a.flatのすべてのソファはクッション部分が本体から独立しており、中材のウレタンフォームの交換・販売が可能。体重を預ける部分なので使用頻度や年数によってへたりが生じますが、気になる部分の中材を交換することで上質な座り心地を維持することができます。

a.flatのソファはカバーの取り外しが可能で、色・素材などラインナップ豊富な替えカバーをご用意しています。また、お手入れが簡単なだけでなく、ソファカバーを使ったカラーコーディネートを楽しむこともできます。数年単位、季節ごと、またはお部屋の模様替えのタイミングなど、長くソファを使用する途中でカバーリングを変えてみることで、新鮮な気持ちでソファライフを楽しみ続けることができるでしょう。

おすすめコラム

【特集】長く使える・楽しめるアジアンリゾート風ソファ
【特集】長く使える・楽しめるアジアンリゾート風ソファ

長く使えるソファは品質の良さはもちろんのこと、メンテナンスが簡単で生活 ...続きを読む

簡単に替えられる便利なa.flatソファカバー・チェアカバーの選び方
簡単に替えられる便利なa.flatソファカバー・チェアカバーの選び方

a.flatのソファやチェアは簡単な着脱式となっており、質の良い生地を ...続きを読む

メンテナンスサービスがある

長い期間ソファを使っていると、日ごろから自宅でお手入れをしていても、使い心地が低下したり、様々なところに不具合が生じることもあります。特にソファの内部に不具合が発生した場合、自宅でのメンテナンスが困難な可能性が高くなります。そのため、ソファを買い替える際には、保証やメンテナンスサービスが整っているかどうか確認することをおすすめします。こうしたサービス環境があることにより、安心して長くソファを使い続けることができるでしょう。a.flatでは、国内のサービスセンターにてご購入商品のメンテナンスを承っています。

ラタンやヒヤシンス素材は、使用期間が長くなれば色落ちや塗装ハゲが発生する場合があります。a.flatのサービスセンター内には専用の塗装ブースがあり、熟練したスタッフが再塗装の対応をしています。

ソファの内部構造に不具合が発生した場合、座面パネル・背面パネルを外して内部を確認します。ほとんどの場合、ソファ本体の異音や破損を特定しての修理が可能です。

a.flatでは、木材を正確にカットできる昇降盤など、メンテナンスに必要な設備や修理器具を取り揃えています。

おすすめコラム

【特集】ラタン・ウォーターヒヤシンスソファのメンテナンスサービス
【特集】ラタン・ウォーターヒヤシンスソファのメンテナンスサービス

a.flatラタン・ウォーターヒヤシンスソファのメンテナンスサービスの ...続きを読む

【特集】無垢材ソファのメンテナンスサービス
【特集】無垢材ソファのメンテナンスサービス

a.flatを代表する無垢材ソファ、テン・ハイバックソファのメンテナン ...続きを読む

【特集】木製フレームソファのメンテナンスサービス
【特集】木製フレームソファのメンテナンスサービス

a.flatの木製フレームソファのメンテナンスサービスのご紹介です。高 ...続きを読む

[例]ソファとの付き合い方

a.flatソファを購入してからの付き合い方の一例を、時系列に沿ってご紹介します。使用する環境により修理やパーツの交換時期は異なりますので、参考としてご覧ください。

購入品

今後も引っ越しなど住まいが変わる予定があるため、拡張機能のあるケイ・ローソファ 2人掛けを購入。

2年目

付属のカバーをたまに自宅で洗濯するなどし、特に購入時と変わらない状態で使用中。少し雰囲気を変えるために、ブルーカラーのボルスタークッションカバーを購入。ソファの一部に色を加えただけでもイメージががらっと変わって良い気分転換に。

4年目

広い部屋への引っ越しを機に、コーナーパーツとオットマンを買い足し、カウチスタイルで使用できる3人掛けソファへリニューアル。そして一緒にソファ本体のカバーも購入し、ブルーが爽やかなリゾートスタイルのソファへとイメージチェンジ。拡張とカバー色の変更により、まるで新しいソファを使っているような新鮮な気持ちで新生活をスタートすることができます。

※買い足し商品リスト

6年目

部分的にウレタンがへたり、少し座り心地が低下してきたと感じたため、必要な部分の中材のみ購入し交換。アームなどのヒヤシンス部分はところどころ塗装が痛んできたため、傷を目立ちにくくする補修マーカーを使って自宅で簡単にメンテナンスを施します。今後、広範囲の色落ちが気になってきたら、有料での再塗装メンテナンスを検討する予定。

まとめ

今回の特集はいかがでしたでしょうか。ソファを買い替えるタイミングは、今まで使っていたものよりも自分に最適で長く使えるソファを見つけるチャンスでもあります。そのため、ソファを買い替えようと思ったら、事前に紹介したポイントをぜひチェックしてみて下さい。そうすることで、これから更に充実したソファライフを楽しむことができるでしょう。


関連コラム

店舗情報

店舗情報

公式カタログ プレゼント

a.flatがひと目でわかる「公式カタログ」を無料でお届けします。
海から大地、森や草原など、自然の安らぎを感じるa.flatスタイルをお楽しみ頂けます。a.flatが自信を持ってお届けする公式カタログをぜひ手にとってお確かめ下さい。
価格 無料
お届け 1週間程度
カートに入れる
お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用サポートお問い合わせ

Copyright © 2000-2018 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.