• カート
  • マイリスト
  • マイルーム
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト

【実例付き】14畳LDKで暮らしやすいリビングを叶えるレイアウト術~縦長・横長・正方形LDK14畳~

公開:2023/10/4

更新:2024/1/21

ライター:大阪梅田店弓取

【実例付き】14畳LDKで暮らしやすいリビングを叶えるレイアウト術~縦長・横長・正方形LDK14畳~

ダイニングやソファなど一通りの家具は置ける14畳のリビングですが、狭すぎず広すぎない空間はどんなサイズが置ける?家族暮らしは可能?など気になる点も多いですね。このコラムでは、14畳のリビングで快適に過ごすためのレイアウトや家具選びについてご紹介します。

14畳LDK・リビングはどのくらいの広さ?

まずはじめに、14畳のリビングとはどのくらいの広さなのか見ていきましょう。LDKとLDで異なる空間の広さの違いや、暮らす人数を目安に紹介します。

14畳のLDKとLDで異なる広さの違い

14畳のリビングとはリビングダイニングだけの空間を指すLD14畳と、キッチンも含めたLDK14畳で広さが異なります。ダイニングやソファの適正なサイズや置き方が変わる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

LDK=キッチンも含めた14畳の広さ

一般的にキッチンは3.5畳~4.5畳となり、LDK14畳ではソファやテーブルを置くリビングダイニングのスペースは10~11畳ほど。4人掛けのテーブルも置けますが、生活動線を意識したレイアウトがポイントです。

LD=リビングダイニングで14畳の広さ

LD14畳とはリビングダイニングだけの広さを指します。上記のLDK14畳と比較すると、通路にゆとりがあったりダイニングテーブル・ソファはひとまわり大きいサイズが置けています。

LDK14畳は対面キッチン・壁付けキッチンでリビングの広さが変わる!

リビング全体が見渡せる対面型キッチンはキッチンスペースがしっかり確保される分、壁付けキッチンに比べるとリビングは少し手狭に。ソファやダイニングのサイズを大きくしたい場合は壁付けキッチンがおすすめです。

【対面キッチンのLDK14畳】

4人掛けテーブル×2.5人掛けソファ

【壁付けキッチンのLDK14畳】

4人掛けテーブル×3人掛けソファ

14畳LDKはどんな暮らしが可能?

次に14畳リビングではどのような暮らしができるのでしょうか。前項で紹介した部屋の大きさや置ける家具のサイズを元にイメージしてみましょう。

家族暮らしは3~4人までが可能な広さ

幅140cmほどのダイニングテーブルが置ける14畳LDKでは3~4人までの家族暮らしが可能。ソファはL字型のような大きなものは難しいですが、2~2.5人掛けのI字ソファがおすすめです。14畳LDであればもう一回り大きい家具が置けて、四人暮らしでもゆとりをもって過ごすことができるでしょう。

二人暮らしはライフステージの変化に対応できる

二人暮らしでは余裕をもって暮らせる14畳LDK。2人用よりも大きい家具サイズが設置可能なため、出産などで家族が増えた場合も、家具の拡張や模様替えで快適に暮らすことができます。

一人暮らしはゆとりをもって贅沢に過ごせる

14畳LDKでの一人暮らしは贅沢に過ごせる広さ。ダイニングをコンパクトにして大きなソファを置いたり、ソファダイニングでリビングにフリースペースを作るなど、好みの暮らし方に合わせたレイアウトができます。

14畳LDKの横長・縦長・正方形リビングから見るレイアウトの特徴

一人暮らしから家族暮らしまで可能な14畳リビングですが、同じ14畳でも縦長・横長・正方形・変形型と部屋の形によって最適なレイアウトが異なります。部屋別のレイアウト・家具選びの特徴を見ていきましょう。

14畳LDK・縦長リビングのレイアウト

縦長の14畳リビングはキッチン・ダイニング・リビングまでが一直線で見通しが良く、奥行きがあるため部屋が広く見えやすいのが魅力。壁の面積が広いため、大きめの家具が置きやすいのが特長です。

入り口から窓までの見通しが良いレイアウトを意識する

奥行きがある縦長リビングでは入り口から奥の窓まで見通しが良いレイアウトにすることで部屋が広く見え、開放感ある空間になります。ロータイプの家具を選んだり、動線を確保しやすいレイアウトを意識しましょう。

テレビとソファの距離に注意する

縦長リビングは、部屋の奥行に対し幅が短め。テレビサイズによってはソファが近くなりすぎる可能性もあるため、テレビとソファの距離を考慮したテレビサイズ選びもポイントです。一般的には「テレビの画面高さ×3倍の距離」が良いと言われています。

■縦長リビングにおすすめの動線が確保しやすい家具

おすすめコラム

  • 縦長リビングダイニングを快適でおしゃれに変えるレイアウト ~10畳・12畳・14畳・16畳・18畳・20畳〜
    縦長リビングダイニングを快適でおしゃれに変えるレイアウト ~10畳・12畳・14畳・16畳・18畳・20畳〜

    縦長のリビングダイニング(10畳 12畳 14畳 16畳 18畳、20畳〜)のレイアウトを、快適でおしゃれなイメージに変えるポイントや家具選びなどをご紹介。「縦長リビングって家具レイアウトが難しそう」とご相談をいただきますが、実は家具のレイアウトをしやすい間取りなのです。縦長リビングダイニングをコーディネートする際、どのように家具配置やレイアウトを行えば良いのか。部屋の広さ別と生活スタイルに合うレイアウトを実例を参考にご紹介致します。

14畳LDK・横長リビングのレイアウト

入り口から左右に空間が広がる横長のリビング。窓の面積が大きくなるため、明るく開放的な空間が魅力です。大きな窓を活かす家具配置や圧迫感のない家具選びで快適な空間作りが叶います。

横長を活かす窓を塞がないレイアウトを意識する

横長リビングの魅力である大きな窓。明るい光が差し込む開放的な空間を活かすためには、窓を家具で塞がないことが重要です。人が通れるほどの通路幅はなくとも、風が抜けるような家具配置を意識しましょう。

ソファを空間置きする場合はロータイプがおすすめ

窓を防がないレイアウトでは、ダイニングテーブルとソファが並列になるケースが殆ど。ソファがリビングの中央にくるため、背面が低いローソファを選ぶことで入り口から窓への視線やダイニングからテレビへの見通しが良くなります。

■横長リビングにおすすめのローソファ

おすすめコラム

  • 横長リビングの開放感を活かす畳数別のレイアウト術 ~8畳・10畳・12畳・14畳・16畳・20畳〜
    横長リビングの開放感を活かす畳数別のレイアウト術 ~8畳・10畳・12畳・14畳・16畳・20畳〜

    リビングダイニングの間取りには横長や縦長など様々な形があります。こちらのコラムでは「横長リビング」にスポットを当てて、その魅力とレイアウトのコツをご紹介。狭いマンションでも横長リビングの部屋は広く見える一方で、壁が少ないために家具のレイアウトに工夫が必要なことも。様々な広さの横長リビング(8畳・10畳・12畳・14畳・16畳・18畳・20畳)において、どのようにレイアウトを行えば良いのか、たくさんのレイアウト実例をふまえてご説明致します。

14畳LDK・正方形リビングのレイアウト

幅と奥行きが同じくらいになる正方形の14畳リビングでは、ダイニングとソファが近くなりがち。それぞれのスペースと生活動線を意識した家具選びやレイアウトがポイントです。

壁や角に添うレイアウトでスペースを作る

正方形のリビングは空間置きや壁の真ん中に家具を置くと無駄なスペースができてしまいます。ソファは壁や角につけ、テーブルはカウンターにつけるなどでスペース作りを意識したレイアウトで空間を広く見せましょう。

なるべくコンパクトな家具を選ぶ

正方形リビングでは、なるべくコンパクトな家具を選ぶことでスペースが確保できます。ソファダイニングで食事と寛ぎスペースをまとめたり、伸長式のテーブルでシーンにあった使い分け、キッチンカウンターで簡単に食事をすませるカウンターチェアなどがおすすめです。

■正方形リビングにおすすめのコンパクトな家具

おすすめコラム

  • 正方形リビングを快適でおしゃれに見せる畳数別レイアウト ~8畳・10畳・12畳・14畳・16畳・20畳〜
    正方形リビングを快適でおしゃれに見せる畳数別レイアウト ~8畳・10畳・12畳・14畳・16畳・20畳〜

    正方形リビングはレイアウトに少しコツが必要な間取りです。このコラムでは、8畳・10畳・12畳などの一般的な正方形リビングから、大きめの14畳・16畳・20畳まで、様々な実例をふまえながらレイアウトのポイントをご紹介。正方形リビングならではのレイアウト方法や、畳数に適した家具サイズを確認しましょう。長方形と比較して、正方形のリビングダイニングはレイアウトが難しいと悩まれる方が多いため、部屋作りや部屋探しのご参考になさってください。

14畳LDK・変形リビングのレイアウト

様々な形がある変形型のリビングはその間取りに合わせた家具選びがポイント。事前にソファやダイニングテーブルの配置を考えておかないと、動線がとりづらかったり無駄なスペースを作り兼ねません。

間取りによって家具の置けるサイズが異なる

場所によって寸法が異なることが多い変形のリビングでは、配置場所に合わせた家具サイズ選びが重要です。あらかじめ家具の配置をシュミレーションすることがとても大切になります。

ダイニングとリビングを分けやすいL字型リビング

変形リビングの中でも多いL字型のリビングは食事と寛ぎのスペースを分けやすく、それぞれの空間を充実させることができます。置けるスペースがある程度決まっているため、家具のサイズも選びやすいですね。

■変形リビングにおすすめの可変性がある家具

おすすめメニュー

  • 【3Dシミュレーション】自分でできる理想のインテリアと家具配置
    【3Dシミュレーション】自分でできる理想のインテリアと家具配置

    部屋のインテリアコーディネート、家具レイアウトをご自身で検討する場合、まず部屋づくりの知識が必要です。お部屋の間取り(1LDK・2LDK・3LDK)を確認し、理想のイメージが頭の中で描けてきたら、今度はそのイメージを再現して検討したくなります。ここでは、自分でインテリアコーディネート、家具配置、色合わせをするための流れや、ご参考になる様々な部屋作り情報、ご自身の思い描く理想のお部屋のイメージを再現する3Dシミュレーションソフトについてご紹介させて頂きます。

14畳LDKのリビングにおすすめの家具サイズとレイアウトのポイント

部屋の形によって特徴が異なる14畳のリビングでは、家具のサイズ選びとレイアウトがポイントです。この章ではダイニングテーブルやソファ等大きな家具について部屋の形別に最適なサイズ・レイアウトを紹介します。

ダイニングテーブルは部屋の形やレイアウトで置ける大きさが異なる

暮らす人数や来客の有無によって必要な大きさが異なるダイニングテーブル。14畳リビングでは基本的に4人掛けは設置可能です。部屋の形やソファで異なるダイニングテーブルのレイアウトを見ていきましょう。

縦長14畳LDKは6人掛けダイニングテーブルが置ける

奥行きがある縦長の14畳リビングでは幅がある家具が置けるのが魅力。約2mの6人掛けテーブルも設置可能です。ただしテーブルを大きくする場合はソファの大きさに注意しましょう。

横長14畳LDKは4人掛けテーブルがおすすめ

横長の14畳リビングでは大きな窓を活かし、ソファとダイニングが並列になるレイアウトがおすすめ。その場合、窓の前に動線を作るためには4人掛けまでのテーブルが良いでしょう。

正方形14畳LDKはソファサイズによって異なる

リビングとダイニングのスペースが分けにくい正方形の14畳リビングではソファのサイズや形によって異なります。4人掛けのテーブルを縦にカウンター付けする場合は2~2.5人掛けのI字ソファがおすすめ。もう少し大きなソファを置きたい場合はダイニングをコンパクトにする必要があります。

【4人掛けテーブル×2.5人掛けI字ソファの例】

【2名掛けテーブル×L字ソファの例】

■14畳リビングにおすすめのダイニングテーブル

14畳LDKに置けるソファの種類・サイズは?

次はソファについて見ていきましょう。ソファはダイニングテーブルとのバランスが重要になり、生活動線がとりやすいサイズ選び、レイアウトがポイントになります。

縦長14畳LDKは2.5~3人掛けのI字ソファがおすすめ

奥行きがある縦長リビングではソファを壁付けにして幅が広いソファが設置可能です。幅140cmほどの4人掛けテーブルであれば、ソファは幅2mほどの3人掛けソファも置くことができるでしょう。

横長14畳LDKは2~2.5掛けソファがおすすめ

奥行きが狭い横長のリビングでは、ダイニングと同様に動線を意識したソファサイズ選びがポイントです。ソファへの出入りや窓への出やすさを考慮すると幅150~180cmの2~2.5人掛けソファが適正です。

正方形14畳LDKはダイニングの大きさとレイアウトで異なる

正方形のリビングではダイニングテーブルとソファのレイアウト、サイズ感がとても重要。テレビの位置や入り口から窓への動線の取りやすさなど、何に重点を置くかを考えましょう。

【4人掛けテーブル×2.5人掛けI字ソファの例】

テーブルをキッチンカウンターに縦付けした一般的なレイアウト。ソファとの距離を考慮すると2~2.5人掛けのI字ソファがおすすめです。

【4人掛けテーブル×L字ソファの例】

L字ソファを重視したレイアウト。左の例に比べ入り口から窓への動線がやや取りづらく、テーブルが横付けになるなど少し工夫が必要です。

ソファダイニングで大きめのテーブル・ソファを置く

テーブル、ソファどちらも大きくしたい場合は食事と寛ぎを兼ねたソファダイニングにするのもおすすめです。ひとつにまとめることでフリースペースを作ることも叶います。

■14畳リビングにおすすめのソファ

14畳LDKに置けるテレビ台のサイズは?

14畳のLDKに置くテレビ台のサイズは、基本的に幅180cmまでがおすすめです。テレビとソファの適正な距離距離を考慮したうえでテレビサイズとテレビ台を決めましょう。部屋の形で異なるテレビ台選びのポイントを見ていきましょう。

縦長14畳LDKは大きめのテレビも置きやすい

奥行きがある縦長リビングでは幅広いテレビ台も置きやすいです。左は58インチのテレビに幅2mのテレビ台を置いた例。60インチほどのテレビにはテレビ台からソファの距離が3m~3.5m必要。テレビとソファの距離を考えたサイズ選びも大切です。

横長14畳LDKは180cmまでのテレビ台が設置可能

横長のリビングでは奥行きに合わせてテレビ台の大きさも限られます。14畳LDKでは180cmまでであれば設置可能でしょう。右の例は50インチのテレビに幅180cmのテレビ台を置いた例。ソファ後ろの動線も考慮しながらテレビ台とソファの距離を確認しましょう。

正方形14畳LDKはソファやダイニングとのバランスが重要

ダイニングとリビングスペースが近くなりやすい正方形のリビングでは、動線を意識したサイズ選びが大切です。テーブルとテレビ台の間、テーブルとソファの間の距離を確認しましょう。また、テレビ台とソファは同じくらいの長さだとバランスが良く見えます。

■14畳リビングにおすすめのテレビボード

スペースを取らない壁付けもおすすめ

壁付けのテレビやスタンドで14畳リビングを更にすっきりと見せるのもおすすめ。コーナーソファやカウチソファなどの奥行きがあるものを置ける選択肢も増えます。

おすすめメニュー

  • 部屋・リビングの生活動線・通路幅~人が通れる最低の幅、ソファとテレビ、ダイニングテーブルまでの距離~

    部屋・リビングの生活動線・通路幅~人が通れる最低の幅、ソファとテレビ、ダイニングテーブルまでの距離~のページです。ご希望の家具をレイアウト検討する際に、基本となる部屋の生活動線を確認しておきましょう。生活動線の確保による最適な距離・人が通れる幅を作ることが日々の過ごしやすいお部屋を生み出します。リビングルームの家具の配置・距離感で最も多い質問が、ソファとテレビの適切な距離、配置、そしてテレビサイズについてです。一般的には「テレビの画面高さ×3倍の距離」が丁度良い距離とされてますが、近過ぎると思われるかもしれません。もう少しゆとりあるテレビとの距離・配置・テレビサイズを心掛けましょう。

14畳LDKに収納棚は置ける?

ソファ・ダイニング・テレビ台に加え、収納棚も快適な生活には欠かせませんね。14畳のリビングでは部屋の形・家具の配置に合わせた収納棚のサイズ選びがポイントです。

縦長14畳LDKは大きめの収納棚も置きやすい

壁の面積が多い縦長のリビングでは、ソファ横やテレビボード横のスペースに収納を置きやすい空間。横長や正方形のリビングに比べて幅が大きい収納棚を置くことも可能です。

横長・正方形14畳LDKはテレビ横やコンパクトに置ける収納棚を選ぶ

窓が大きい横長や、他の家具で壁が埋まりやすい正方形のリビングでは置ける収納棚の大きさが限られる場合も。テレビ横のスペースを活用したり、コンパクトな収納棚がおすすめです。

■14畳LDKにおすすめの収納棚

14畳LDKを広く見せるポイント

ここまでで14畳リビングの特徴や家具のサイズ感はイメージがつきましたか。次は、14畳リビングをできるだけ広く見せるポイントを紹介します。家具選びやレイアウトのコツ、照明などのインテリアの工夫でも視覚的に広く見せる効果があります。

リビングが広く見える部屋選び・部屋作り

まずは、リビングを広く見せる部屋選びや部屋作りについて見ていきましょう。天井が高い部屋や窓が大きい部屋は視覚的に広く感じます。また、壁や天井の色を明るくすることや後退色を活用した部屋作りも効果的です。

壁や天井の色を明るくする・後退色を活用する

壁や天井を白や淡い色にすると、光を反射し部屋全体が明るく広く見える効果があります。また、後退色とは視覚的に遠くに感じさせる色のことで、青や緑などが該当し、これらの色を壁やカーテンに使うことで、部屋が深く、広く感じられます。

なるべく床が見えるレイアウトを意識する

家具を壁沿いに配置して床面積を確保したり、ラグを引かないコーディネートをしてなるべく床が見えるレイアウトを意識することで、部屋全体が広く感じられます。

家具の配置を決めてからサイズを検討する

部屋を広く見せるためには、まずどの家具をどこに置くかを決めましょう。その配置を元に、他の家具との距離感や動線を考慮した家具サイズ選びが大切です。適切なサイズとデザインの家具を選ぶことで、14畳のLDKでも広々とした印象を与えることができます。

14畳LDKに開放感を与える家具選び

広く開放的なリビングにするには、家具選びもポイントです。視界を遮らないロータイプの家具、風が通り抜けるような抜け感のあるデザイン、また床が見えやすい脚付きの家具など、リビングを広く見せる家具の選び方について見ていきましょう。

圧迫感が無いロータイプの家具を選ぶ

ロータイプの家具は視線が下がることで天井が高く感じられ、部屋全体が広く見えます。特に、ソファーやテーブル、テレビボードなどの大きな家具はロータイプを選ぶと良いでしょう。14畳のリビングでも圧迫感を感じず開放感が生まれます。

■14畳リビングにおすすめのロータイプの家具

抜け感があるデザインの家具を選ぶ

抜け感のあるデザインの家具はリビングに開放感を与えます。ソファフレームに抜けがあるデザインや、透明感があるガラス素材の家具がおすすめ。軽やかな印象を与え、視界が抜けて部屋を広く見せてくれるでしょう。

■14畳リビングにおすすめの抜け感がある家具

脚付きのソファや収納棚で床が見える家具を選ぶ

脚付きのソファや収納棚は床から家具までの空間が見えることで、視覚的に広がりを感じることができるため部屋全体が広く、開放的に感じられます。また脚付きの家具は掃除もしやすく、部屋を清潔に保ちやすい点も魅力です。

■14畳リビングにおすすめの脚付き家具

14畳にソファダイニングを取り入れてフリースペースを有効活用する

ダイニングテーブルとソファを別々に置くと大きさがある程度限られてしまう14畳リビングでは、食事と寛ぎをひとつのスペースにまとめたソファダイニングを採用するのもおすすめ。大きめのソファやテーブルが配置できるのはもちろん、リビングダイニングの片側がフリースペースとなり、そこを有効活用することもできます。

L字型のソファダイニングと1人掛けのパーソナルチェアでゆったり過ごす

広々とした座面で、家族や友人との会話を楽しみながら食事ができるL字型のソファダイニング。リビングの空いたスペースにはパーソナルチェアを配置して、ソファダイニングエリアとは異なる静かな空間を作るのもおすすめです。

■ソファダイニングにおすすめのパーソナルチェア

14畳にL字のソファダイニングを取り入れるとフリースペースが出来て小さ目家具を置ける

14畳あればリビングとダイニングのスペースを分けることも出来ますが、ソファダイニングを採用することでフリースペースを作るレイアウトもおすすめ。このフリースペースは小さ目のソファやチェアなどを置いたり、写真のようにラグを敷いて床で寛ぐために使用したりと、自分の好みやライフスタイルに合った空間にすることができます。

■14畳リビングにおすすめのソファダイニング

視点が集中するフォーカルポイントを作る

フォーカルポイントとは、空間の中で視線を引きつける場所を指します。装飾や照明などで手軽に取り入れることができ、部屋の奥にフォーカルポイントを作ることで奥行きを演出したり、空間に立体感与えます。

目線が上がる壁面装飾で空間を広く見せる

壁面装飾は、空間を広く見せるために効果的なアイテム。目線を上げるような配置にすることで、部屋全体の視覚的な広がりを強調します。また、部屋を明るい印象にするのにも効果的です。

■14畳リビングにおすすめの壁面装飾

照明を置いて部屋の奥行きを演出する

部屋の角や奥側に照明を置くことで、壁に写る光によって奥行きを演出し、空間をより広く感じさせる効果があります。おしゃれなデザインのフロアーランプは消灯時にもインテリアとしても活躍するアイテムです。

■14畳リビングにおすすめのフロアーランプ

~部屋の形別~14畳LDKのリビングレイアウト実例をご紹介

ここからは、これまで紹介した14畳リビングのレイアウトポイントをふまえ、おしゃれな14畳リビングの実例を紹介します。部屋の形別に異なるレイアウトやカラーコーディネートを参考にして下さい。

縦長の14畳LDKレイアウト

大好きな猫と暮らすミックスコーデのリビング14畳

シャビーシックな雰囲気の造作家具を取り入れて、ブラウンの無垢材家具やグリーンのファブリックカラーをバランスよく散りばめた、シック+リゾートのミックスコーディネートです。

14畳レイアウトのポイント

猫ちゃんも寛げるロースタイルの暮らしを採用。ローソファは小さなペットも上りやすく、ソファ上で寛げます。リビングの広めの正方形ラグの上で一緒にごろごろしながら、床座の暮らしも楽しめる空間です。

リビングとワークスペースを兼用したリビング14畳

縦長の14畳リビングに2つのスペースを作りあげた実例です。片側にソファダイニングを採用して、寛ぎ・食事・団らんできる空間をレイアウトし、空いた片側にはワークデスクなどを置いて仕事できる空間に。

14畳レイアウトのポイント

一人暮らしならではのレイアウトを採用して、オンとオフが充実するようなリビングに仕上げました。ソファダイニングは一つの空間で多様な過ごし方が可能になるため、空いたスペースをライフスタイルに合わせて使える魅力があります。

部屋の形と床の木目を合わせて縦長を強調した14畳リビング

濃い色合いの床に明るさのあるヒヤシンスのソファやダイニングチェアをメインにコーディネートしたリビング。縦長リビングの形に合わせてフローリングの木目も合わせたことで、より奥行き感のある見た目に。

14畳レイアウトのポイント

奥行きのある縦長のリビングは4人掛けのダイニング、2.5人掛けのソファを置いてもゆとりがある空間。窓側にデスクを置いて、パーテンションで仕切ることでワークスペースを作り縦長を活かしたしたレイアウトです。

ヒヤシンスのコーナーソファが魅力的なヴィラ風リビング14畳

バリのアジアンリゾートをコンセプトに立てた戸建てのリビング。ヒヤシンスのコーナーソファにはオレンジ・パープル・イエローなどを取り入れ、バリの豊穣な自然や南国の楽園ムードを表現したコーディネートです。

14畳レイアウトのポイント

リゾート風の空間でゆったり過ごすためにチョイスした大きめの家具。180cmのダイニングをカウンターに横付けにすることでコーナーソファも置けています。14畳リビングでヴィラのようにゆったりと過ごせるレイアウトです。

おすすめコラム

沖縄の自然をイメージしたリゾートホテル風リビング14畳

沖縄のリゾートホテルをイメージしたセカンドハウスのリビング。碧いブルーをテーマにして、アクセントにサンゴ色のようなレッドをコーディネート。壁面に飾ったブルーのアートパネルも雰囲気を引き立てています。

14畳レイアウトのポイント

4人掛けテーブルと2.5人掛けのソファ、テレビボードと家具は最小限にまとめたゆとりのある空間。窓側に置いた観葉植物やフロアーランプは入り口からも目を惹き、奥行を感じさせるリビングです。

おすすめコラム

  • 沖縄の海と森に包まれた、インテリアコーディネート実例13選
    沖縄の海と森に包まれた、インテリアコーディネート実例13選

    数あるリゾートでも、一番身近で日本を代表する「沖縄の海と森」をテーマに、お客様のお部屋をインテリアコーディネートさせて頂きました。沖縄の海と森を、どのようにコーディネートをしていけばいいのか?透明度の高い海、亜熱帯の森など、癒しや活力を与えてくれる沖縄の自然。今回は手軽に取り入れられる、「沖縄の海と森に包まれたコーディネート実例13選」、「【部屋別】沖縄リゾートを取り入れたインテリアコーディネート3つのポイント」についてご紹介します。是非参考にされてみて下さい。

横長の14畳LDKレイアウト

3つのスペースがシームレスに繋がる開放的なリビング14畳

マンション1階でテラス付きの横長リビング実例です。14畳のLDKに加えて、手前のプレイスペースや屋外のテラスとシームレスに繋げたことで、開放感抜群のリビングに仕上がりました。

14畳レイアウトのポイント

横長リビングの魅力は明るく、開放感がある点です。特に屋外スペースが広い時は屋外空間も使い方もポイントに。室内家具と調和する屋外家具でコーディネートして、アウトドアリビングを叶えてみては?

オリエンタルなムード漂う癒しの14畳リビング

全体的にグレー調である部屋の内装に合わせて、グレーのヒヤシンスやダークブラウンの家具でコーディネートしたリビング。パープルを指し色で取り入れ、シックでラグジュアリーな雰囲気を演出しています。

14畳レイアウトのポイント

窓に囲まれた横長リビングにはロータイプのソファ、ダイニングの片側を背無しベンチにして見通しの良い開放的な空間に。ダイニング横のスペースを活用してドレッサーやコンソールテーブルをレイアウトしています。

おすすめコラム

対面キッチンで奥行きがコンパクトなリビング14畳

開放感を意識した間取りが、ゆったりとした寛ぎの時間を与えてくれるリビング。窓から差し込む光や自然溢れる景色と、ヒヤシンスや木製の家具がリゾートの気分を味わえる空間です。

14畳レイアウトのポイント

対面キッチンでキッチン前のスペースが狭い間取りのため、キッチンカウンター横にテーブルを設けています。テーブル横の動線、ソファとテレビの距離もしっかりとれた横長を活かしたレイアウトです。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】新築一戸建てで叶える大人のアジアンなインテリアコーディネート
    【インテリア実例】新築一戸建てで叶える大人のアジアンなインテリアコーディネート

    今回の特集は、新築一戸建ての空間を大人のアジアンリゾート感溢れる、素敵な大人の部屋にコーディネートした、インテリア実例のご紹介となります。アジアンテイストの開放感や素材の質感などの魅力をたっぷり取り入れた家具・インテリア選びと、細かな部分にまでこだわった内装や床材選びを参考にしながら、皆様も理想の新築一戸建て作りを叶えてみませんか。

広く開放的な窓が爽やかな14畳リビング

光と風が通り抜ける開放的なリビングを、海のようなブルーでコーディネート。家具が持つ木の質感や透明感のあるガラスの透け感に爽やかなブルーが加わって、都会にいながらゾートのような暮らしを満喫できます。

14畳レイアウトのポイント

空間置きしたソファは抜け感や丸みのあるアームが開放的なデザイン。ハイバックながらも座面が低いロータイプで、寛ぎと開放感を兼ね備えた横長リビングにぴったりの家具選びです。

正方形14畳リビングのコーディネート実例

コーナーソファが印象的なリゾート風リビング14畳

ナチュラルで落ち着いた印象の中にも、爽やかさを感じるリゾートホテル風のリビング。ソファやチェアにヒヤシンスの家具を取り入れ、自然素材ならではの温もりや、独特な編み込みが寛ぎの空間を演出しています。

14畳レイアウトのポイント

こちらはLD10畳の正方形リビング。ダイニングテーブルとソファのバランスが重要な正方形のリビング。ゆったりと寛ぐことをメインにコーナーソファを取り入れるため、ダイニングは2人掛けのコンパクトなサイズをチョイスしたレイアウトです。

おすすめコラム

ソファダイニング+小さ目ソファでゆったり過ごす14畳リビング

緑豊かな環境と大きな窓が魅力のセカンドリビング。14畳にソファダイニングを採用することで、空いたスペースに他の家具を置いてもゆとりがあります。ラタン素材のフレームに合わせたグリーンのソファや、壁面のファブリックパネルが外の景色に馴染み、ゆったりと食事ができるリラックス感溢れる空間です。

14畳レイアウトのポイント

2人掛けのソファとオットマンでソファダイニングにすることで、空いたスペースに1人掛けのラウンジチェアをレイアウト。ソファダイニングとは別にゆったりと寛げる場所を作った贅沢な組み合わせです。

おすすめコラム

ソファの寛ぎスペースを優先した都会を一望できる14畳リビング

都会を一望できるタワーマンションのリビング。高級感のあるアジアンテイストをテーマに、落ち着いた色合いのブルーとグレーを組み合わせて、都会の空や建物とも調和しやすいカラーコーディネートです。

14畳レイアウトのポイント

幅2mの3人掛けソファを正方形リビングに置く場合、ダイニングスペースがコンパクトになりがち。こちらの例ではキッチンカウンターにハイチェアを置くことで寛ぎを重視したリビング作りを叶えています。

おすすめコラム

  • 高級タワーマンションの内装やインテリアとは?高級感のあるリビングや角部屋のレイアウト実例紹介!
    高級タワーマンションの内装やインテリアとは?高級感のあるリビングや角部屋のレイアウト実例紹介!

    タワーマンションを購入される方の悩みの一つでもある内装やインテリア選び。「タワマンらしい特別感をリビングなどの内装・インテリアに取り入れたい」という要望をよく伺います。このコラムでは、タワーマンションのリビングダイニング中心に、こだわりの内装を取り入れたお客様のインテリア実例や、内装選びのポイント、角部屋のレイアウトやテレビの配置をご紹介。タワーマンションを検討中の方や、既にお住まいの方も是非チェックしてみましょう。

変形型14畳リビングのコーディネート実例

変形型を活かして贅沢なカウチソファを置いたリビング14畳

寝室が隣り合う1LDKの空間全体に統一感をもたせたコーディネート。高級感あるダークブラウンの建具に合わせた家具選びやゆったりと寛げるハイバックソファにグリーンを取り入れ、洗練されたリラックス空間です。

14畳レイアウトのポイント

ダイニングとのスペースを分けやすいL字型の間取りを活かして、リビングスペースいっぱいに3人掛けのカウチソファを置いたレイアウト。寝室との間には植物や照明を置いて空間演出にも拘った部屋作りです。

窓側にソファを置いて広く見せた変形リビング14畳

大きな窓に囲まれた眺望の良い贅沢なリビングルーム。特別感のある空間と調和する「上質な大人のインテリア」をテーマにブラックやパープルでコーディネートした洗練された空間です。

14畳レイアウトのポイント

窓の面積が多くを占める空間では、家具の配置にも悩みますね。こちらの例では窓側にソファを置くことで、床をなるべく広く見せたレイアウトです。動かしやすいラウンジチェアの位置を変えて外の景色も楽しむことができます。

おすすめコラム

リビングとダイニングスペースが分かれた14畳リビング

自宅前に蓮の浮かぶ池があるリゾート地のようなロケーションで、ヒヤシンス素材のソファやチェアを中心にプライベートヴィラのような雰囲気にしたリビング。グリーンをベースにオレンジ色をアクセントに入れて、アジアンリゾートらしさを意識しています。

14畳レイアウトのポイント

リビングとダイニングのスペースがはっきりと分かれた間取り。場所は離れていますが、ソファ、ダイニングチェアをヒヤシンス素材で揃えたりカバー類をグリーンで合わせることで離れた空間でも統一感があります。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】ガーデンヴィラのようなグリーンの癒し空間
    【インテリア実例】ガーデンヴィラのようなグリーンの癒し空間

    バリのウブドにひっそりと佇むガーデンヴィラを意識したお客様宅のインテリアコーディネート実例を紹介します。アジアンテイストなヒヤシンス素材の家具、グリーンを基調としたカラーコーディネートなど、自然の癒し溢れる贅沢な自宅です。是非、参考になさってください。

14畳リビングのレイアウトをイメージできる3D家具配置シミュレーション

a.flatでは3Dコーディネートシステムを使ってご自宅の間取りや色をリアルに再現することができます。バーチャルでシミュレーションすることで、14畳リビングに最適な家具サイズやレイアウトを確認しましょう。

3Dシミュレーションで14畳リビングをおしゃれにコーディネートする

3Dコーディネートシステムでは家具の大きさやレイアウトを簡単に変更することができます。ご自宅の14畳リビングに合った家具サイズの確認、カラーコーディネートで理想のリビングをシミュレーションしてください。

3Dコーディネートサービスの流れ

【1】図面から自宅を再現する

図面から部屋を作成します。図面がない場合でも、ご自身で採寸されたものから作ることも可能です。壁・床・建具などの内装も再現できます。

【2】2Dでソファやテーブルのサイズを確認する

2D画面で家具を配置します。ソファ・チェアのカバーやラグの色、また観葉植物などの小物までコーディネートすることが可能です。

【3】3D画面で立体的なイメージを確認する

レイアウトが完成したら、3D画面で確認しましょう。真上から眺めたり、実際の部屋に入っているような視点でも確認することが可能です。

【4】家具の種類やカラーを変更

同じ間取りで家具の種類やカラーコーディネートの変更も簡単にできます。様々なレイアウトを試してイメージを膨らませましょう。

【5】変更後のレイアウトを3Dで確認

ソファを変更してカラーコーディネートもグリーンに。家具選び・カラー次第で14畳リビングの印象が全く異なりますね。

【6】納品後の最終的なお部屋のイメージ

色々と3Dで検討した結果、【3】のブルーを取り入れたの14畳コーディネートに決定。事前にシミュレーションすれば購入後の後悔も有りません。

14畳にリビングにぴったりな家具を選べるa.flatの店舗一覧

a.flatの店舗では14畳のリビングに最適なソファダイニングテーブル等の家具はもちろん、リビングにフォーカルポイントを作るための照明壁面装飾も展示しています。また、3Dシミュレーションを使ってスタッフがレイアウト相談も承りますので、お気軽にご来店下さい。

a.flat目黒通り本店
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)

a.flat新宿店
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜、水曜 (祝日を除く)

a.flat大阪梅田店
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜

まとめ:14畳LDKのリビングで快適に暮らす

14畳リビングでは部屋の形に合わせたレイアウト、家具選びがポイント。このコラムを参考に、生活動線がとりやすい配置や、リビングが広く見える工夫、またおしゃれなカラーコーディネートで快適に過ごせるリビング作りをしてください。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、a.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
a.flatスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

インスタでコーディネートを日々更新中

a.flat公式アカウントでは、コーディネートやインテリアの情報を日々発信中。SNSならではのタイムリーな情報やお客様投稿など、ホームページとは一味違った内容をお楽しみ下さい。

▼もっと見る

Instagramでフォロー

法人向けサービス

  • 商空間

    商空間

    カフェやオフィス、ホテルなどの商業施設でも、くつろぎの空間を演出しているa.flatの家具・インテリアのコーディネート事例をご紹介します。

    詳細はこちら >

  • 住空間

    住空間

    モデルハウスやレジデンスの共有スペースなど、ライフスタイルをご提案する空間で、a.flatのリゾート感ある雰囲気づくりが活かされています。

    詳細はこちら >

  • ホームステージング

    ホームステージング

    物件の利点と機能をインテリアで強調し、最適化するホームステージングサービス。「部屋をより早く、より高く売りたい」という方におすすめ。

    詳細はこちら >

  • コーディネート相談

    コーディネート相談

    ビジネスでのご利用や商業空間の付加価値を高めたいというお客様は、3Dを活用したこちらのコーディネートサービスをご活用ください。

    詳細はこちら >

法人向けサービス

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

お問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2023 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.