• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

【特集】二人暮らしを快適にするソファの選び方~5つのポイント~

公開:2020/7/2

更新:2020/8/19

ライター:新宿店

【特集】二人暮らしを快適にするソファの選び方~5つのポイント~

二人暮らしのお部屋にソファがあると、そこでテレビを観たり会話を楽しんだり二人で過ごす寛ぎの時間がより充実します。二人の部屋に合うサイズ感やレイアウト方法、さらにはライフステージが変わっても使い続けられるかでソファの選び方は変わってきます。

今回は、二人暮らしに置くソファの選び方を5つのポイントにまとめてご紹介します。実例なども併せて参考にして、二人の理想的なソファを選びましょう。

快適なソファで二人の時間を充実させる

二人暮らしを快適に送るためには、快適な部屋作りがとても大切になります。一緒に過ごすことの多いリビングに快適なソファがあることで、ゆったり寛ぎながら充実した二人の時間を過ごせるでしょう。

二人暮らしにソファを取り入れるメリット

ゆったり座って寛げるスペースが確保される

二人暮らしの部屋にソファがある最大のメリットは、リラックスして寛げるスペースが出来る所でしょう。
テレビを観たり横になって寛いだりと、一息ついて休める場所が確保されます。さらに床に座るよりもゆったりした姿勢で会話を楽しめるので、自然とコミュニケーションも増えて二人の仲をより深められます。

リビングをおしゃれに見せることが出来る

二人暮らしの部屋の中でも主役となるソファは、リビング全体のイメージを左右します。ソファを中心に他の家具やインテリアを選びコーディネートをしていくので、おしゃれなソファを選ぶことで自然と統一感のある空間が完成します。雰囲気の良いリビング作りには欠かせない家具でしょう。

ソファ+αで様々な生活スタイルが楽しめる

ソファに合わせられるパーツや他の家具を使うことで、より充実したソファライフを楽しめます。オットマンやカウチを組み合わせてよりゆったり寛げるようにしたり、ソファとダイニングテーブルを合わせて食事と寛ぎが一緒の空間にすることも可能です。二人のソファでの過ごし方も広がります。

二人暮らしにソファを取り入れるデメリット

  • 部屋サイズによっては空間が狭く見える

  • 引越し後に使用しなくなる可能性がある

ソファは家具の中でもサイズが大きく、部屋の中でスペースをとってしまいます。二人暮らしの部屋に合ったソファのサイズを事前に調べておく必要があるでしょう。さらに引越しで部屋が広くなったときにソファのサイズやデザインが合わなくなる可能性もあるため、将来を見越して選ぶことも重要です。

二人暮らしのソファの選び方~5つのポイント~

二人暮らしの部屋に置くソファは二人が納得するデザインや座り心地はもちろん、部屋に合ったサイズやレイアウトで置ける形を選ぶことが大切です。それでは、どのような基準で選べば良いでしょうか。こちらでは二人暮らしソファの選び方をポイントを抑えて詳しくご紹介します。

1.二人暮らしの部屋に合うソファサイズの選び方とレイアウト

二人で暮らす部屋の広さによって、合うソファのサイズも変わってきます。部屋とバランスの良い大きさのソファを選んで、二人暮らしを快適に過ごせるレイアウトにしましょう。どのサイズのソファを選べば、二人の部屋に合うのかこちらで紹介します。

ソファの幅サイズによって異なる二人が座った距離感

二人暮らしのソファのサイズは「幅」の長さが重要になります。一人分の座面幅は約600~700mmが標準で、座面幅の内寸1300mm~1600mmあれば二人で並んで座ることが出来ます。部屋の広さやどのくらいの距離感で座りたいかにもよりますが、二人暮らしでは2~2.5人掛けのソファサイズが多く選ばれます。

2人掛けソファ(幅1500mm)に座った距離感
座面幅の内寸が1300mmの2人掛けソファに座ると、二人の距離感はちょうど並んで座れるくらいの幅になります。

2.5人掛けソファ(幅1800mm)に座った距離感
座面の内寸が1600mmの2.5人掛けソファに座ると
、二人の距離感は一人分スペースが空いてゆったり座れます。

ソファの横幅サイズは二人でどのように寛ぎたいかで選び方が変わります。2人掛けでも出来るだけゆったり座りたい場合は、座面幅の内寸が広いソファを選ぶのがおすすめです。

2人掛けソファにおすすめの部屋サイズ

【8畳ワンルーム】
幅1400mmの2人掛けソファを置いた8畳ワンルームレイアウト例。奥行きの浅いコンパクトなソファは、ワンルームでも圧迫感を与えずに配置が可能です。

【9畳リビングダイニング】
幅1550mmの2人掛けソファを9畳のリビングダイニングに置いたレイアウト例。ソファを壁側に寄せたので、スペースにゆとりが出来て部屋が広く見えます。

2.5人掛けソファにおすすめの部屋サイズ

【10畳ワンルーム】
幅1800mmの2.5人掛けソファを10畳ワンルームに置いたレイアウト例。横長な間取りなので、ソファを壁側に寄せて、入り口からの動線を塞がないようすっきり見せています。

【10畳リビングダイニング】
幅1850mmの2.5人掛けソファを10畳リビングダイニングに置いたレイアウト例。スペースにゆとりがあるので、大きいサイズのオットマンを配置してさらに寛げる空間にしました。

関連メニュー

  • a.flatソファ特集~ソファシリーズ一覧表~

    a.flatソファ特集~ソファシリーズ一覧表~のページです。a.flatで販売しているソファシリーズの一覧表となります。特徴的な各シリーズのソファをご検討される際にサイズの違いや、その他情報などを比較することが出来ます。ご自身にとってベストなサイズ感や色・素材、オプションのあるソファを見つけてみましょう。

  • 二人暮らしの部屋・2LDK・1LDKの作り方~理想の家具・インテリアで長く一緒に過ごせる部屋~

    二人暮らしの部屋・2LDK・1LDKの作り方~理想の家具・インテリアで長く一緒に過ごせる部屋~のページです。二人暮らしの部屋・2LDK・1LDKの作り方は家具やインテリアの相談をしながら一緒に決められる楽しさがある反面、お互いの好みが違って意見がまとまらないことも。そこで、二人が長く一緒に過ごせる2LDK・1LDKの部屋作りをするためのヒントやアイデアをまとめた、「二人暮らしの部屋の作り方」をご紹介します。二人暮らしの部屋作りで大事なことは、「お互いにとって理想的なイメージで快適な部屋を作ること」です。一人暮らしの時と異なって、自分のこだわりだけで部屋作りをするわけにもいきません。二人が気持ちよく過ごせる部屋作りをする前提で、お互いに色々と考えていく必要が有ります。

2.二人の希望するイメージが違う時のソファの選び方

二人暮らしでのソファ選びで好みが異なった場合、好みのデザインやどんなイメージの部屋にしたいかなど、重視しているところを話し合うことが大切です。他にはどのような点を気をつければ良いでしょうか。

ソファといっても素材や色、デザインなど種類は様々で、二人が希望するソファが一致するのはなかなか難しいもの。こちらでは、二人の希望するソファが異なった時の選び方をご紹介します。

二人暮らしならではの好みの違いを解決するには?

お互いのイメージに近いソファを探す

二人の中で好みのイメージがある場合、そのどちらにも近づけられるデザインのソファを探しましょう。例えば「北欧」と「アジアン」二つのテイストで分かれても、どちらのテイストにも合わせることが出来るシンプルなフレームデザインのソファを選ぶことで、お互いの好みに近づけられます。

カバーを着せ替え出来るソファを選ぶ

購入したらしばらくは買い換えないソファだからこそ、カバーを着せ替えられるタイプがおすすめです。ソファカバーの色や素材を替えられることで、一つしかないソファでも二人の好みに対応が出来ます。季節や気分によって、カラーチェンジを楽しんでも良いでしょう。

ソファ周りのファブリックでイメージを調整する

ソファの印象はデザインだけではなく、カバーやクッションなどソファ周りのファブリックでもイメージを変えることが可能です。バランス良くテイストを組み合わせることで、お互いの好きなイメージを持ち合わせたソファ空間にすることが出来ます。

おすすめコラム

二人の好みが違っても楽しめるソファコーディネート

モダン×アジアン

落ちついた印象を持つ「モダン」と非日常の雰囲気漂う「アジアン」を組み合わせたソファコーディネート実例です。シックなブラウンカラーとゆったりとしたデザインのヒヤシンス素材のソファで、二人の空間に高級感を与えます。

モダン×アジアンテイストで取り入れたソファ・ファブリック

和×アジアン

シックで大人な雰囲気の「和」と自然素材の温もりを感じる「アジアン」を組み合わせたソファコーディネート実例。モノトーンカラーで統一させた和の空間に、温かみのあるヒヤシンス素材のローソファを取り入れました。日本らしいリラックスしたソファコーディネートです。

和×アジアンテイストで取り入れたソファ・ファブリック

ナチュラル×リゾート

優しいグリーンカラーとアジアンリゾートの雰囲気漂うヒヤシンス素材のソファで「ナチュラル」と「リゾート」を演出したソファコーディネート実例。ファブリックにミントグリーンとライトブラウンを取り入れて、爽やかな雰囲気を感じるリゾート空間に仕上げています。

ナチュラル×リゾートテイストで取り入れたソファ・ファブリック

シンプル×リゾート

無垢材ソファとブルーのファブリックで、「シンプル」と「リゾート」を組み合わせたソファコーディネート実例。木の温もりを感じるソファと海と空をイメージさせる爽やかなブルーで、リゾートならではの開放感を表しています。

シンプル×リゾートテイストで取り入れたソファ・ファブリック

3.体格の異なる二人でも快適に過ごせるソファの選び方

カップルや夫婦など二人で過ごすソファは、どちらにとっても座り心地の良いソファが理想的です。しかしどうしても体格や身長差は出てしまうため、快適に寛げるソファは違ってきてしまいます。体格の違いをカバー出来る工夫が施されたソファ選びが重要でしょう。

二人の体格や身長差からくる座り心地の好みや違いを解決するには?

ソファに求める寛ぎ方・過ごし方を把握する

二人が快適に過ごせるソファを選ぶためには、お互いのソファでの寛ぎ方を知ることが大切です。座って本を読んだりテレビを観る人もいれば、いつでも横になってリラックスしたい人など、ソファでの寛ぎ方は人それぞれです。自分と相手がどのようにソファで過ごしたいかイメージしましょう。

男女共に好まれる座り心地のソファを選ぶ

ソファでの座り心地は、中のクッション素材の組み合わせで大きく左右してきます。安定感のある座り心地は男女共に好む方が多いため、表面が柔らかくてもハードウレタンなどしっかりした素材が使用されたファならば、男女の体格差関係なくリラックスして寛ぐことが出来ます。

a.flatのソファは4種類のウレタン素材を使用し、そのソファに合った座り心地になるように絶妙な組み合わせで作られております。さらに耐久性にも考慮し、長く使用してもへたりにくいような中材を追求しています。

ソフトウレタン
柔らかな感触を出すため、ソファの座面や背面の触れる部分やマットレスの上層部に構成されます。ふんわりとした柔らかな感触を生み出します。

ハードウレタン
高いクッション性(弾力)があり、身体をしっかりと支えます。耐久性にも優れており、ソファの座面の核となる中心部や背面の外側に構成されています。

チップウレタン
ウレタンを粉砕して押し固めたもので一番強度があります。ソファの座面の一番底となる部分や背面の外側となる部分、マットレスの下層部に構成されます。

ファイバーボール
ポリエステル100%の球状の高機能性わた素材です。適度な弾力性があり、復元力も高いため、いつでもふっくら、ふんわりの感触が得られます。

自由に寛ぎ方・過ごし方が可能なおすすめソファタイプ

二人暮らしでソファを選ぶ場合、過ごし方やリラックスできる寛ぎ方はそれぞれ異なります。こちらでは、様々な座り方に対応したソファをご紹介します。

二人の好みに合わせて様々な姿勢で寛げるローソファ

脚を伸ばして座るだけではなく、胡坐や横になって寛ぎたいという方には、ロータイプのソファがおすすめです。座面のサイズ感にゆとりがあることで、その時の過ごしやすい姿勢で自由に寛げます。

しっかりと安定感のある座面クッションは、腰にも安心な座り心地です。

自由に過ごせるローソファの寛ぎ方

ゆったりとした座面幅は、男性が胡坐をかいてもスペースに余裕があります。背面が低いので、肘をついて寛げます。

低いアームにクッションをかけて横で寛ぐことも可能です。背の高い方でも、アームに足を置いて横になれます。

床に座った時も低い座面に肘をついて寛げます。床で過ごすことの多い方にも取り入れやすいでしょう。

安定感のあるローソファの中材クッション

しっかりとしたローソファの中材クッションの構造は、何層ものウレタンにより構成されています。上層のソフトウレタンはお尻や体のラインに沿って軟らかな質感を出し、厚めのハードウレタンやチップウレタンで、身体が沈みすぎる事を防いでいます。安定して体を支えられているような座り心地です。

おすすめコラム

  • ローソファの座り心地 ~開放感あふれる空間でゆったりとくつろぐ~
    ローソファの座り心地 ~開放感あふれる空間でゆったりとくつろぐ~

    お部屋を視覚的に広く見せられるのが「ローソファ」の特徴です。開放的な空間を作ってくれるロースタイルだからこそ、他のソファにはない座り心地のポイントがあります。今回は、そのローソファの座り心地のポイントを、a.flatソファのローソファである「ケイ・ローソファ」と一緒にご紹介致します。

ソファに座って寛ぎたい二人にお薦めのハイバックソファ

ソファに体をゆだねてゆったり寛ぎたい方には、ハイバックソファタイプが良いでしょう。腰から肩、首までを高い背もたれがしっかりと支えてくれるので、長時間座っていてもリラックスして過ごせます。

深い奥行き感と上質で柔らかな座り心地は、極上の癒しを与えてくれるでしょう。

ハイバックソファでリラックス出来る寛ぎ方

座面の少し手前に浅く座ることで、頭を背もたれに預けてリラックスした状態で寛げます。ボリュームのある背クッションが頭から首まで優しく包み込みます。

ハイバックソファは座面幅があるので、横になってもゆったりと寛ぐことが可能です。柔らかなクッションに身を委ねて、心地よい時間を過ごせるでしょう。

上質な座り心地を実現した立体構造の中材クッション

テン・ハイバックソファの中材クッションには、ファイバーボールと硬さの違うウレタンを何層にもバランス良く配合し、座った時の理想的なクッション性を表現しました。やさしい感触としっかりした弾力性の両立した座り心地が、ハイバックソファの大きな魅力となっています。

おすすめコラム

  • ハイバックソファの座り心地 ~安定した姿勢で贅沢にくつろぐ~
    ハイバックソファの座り心地 ~安定した姿勢で贅沢にくつろぐ~

    背もたれに高さのあるハイバックソファは、体を包み込むようにして支えてくれるので、安定した姿勢で上質なくつろぎを提供してくれます。この「体を包み込むように支える座り心地」のポイントを、a.flatのハイバックソファである「テン・ハイバックソファ」の座り心地と一緒にご紹介致します。

座り心地の好みの違いを解決するアイテムをプラス

体格の良い方にも寛ぎやすいオットマン

体の大きな男性には脚を前に伸ばして寛げるように、ソファの前にゆったりしたサイズのオットマンを置くのがおすすめです。脚を伸ばして座る姿勢は、通常の座り方よりも自然とリラックスして寛ぐことが出来るので、長時間同じ姿勢でいても足腰が疲れにくくなります。

身長が高い方におすすめのヘッドレスト・ショルダーレスト

背が高い方はソファの背面よりも肩や頭が出てしまうことが多く、長時間座ると体に負担がかかってしまいます。ヘッドレストショルダーレストで頭部や肩をしっかりと支えることで、さらに快適な座り心地を実現することが出来ます。

小柄な方でも座り心地を調整しやすいウエストクッション

奥行きが深いソファに腰掛ける際には、適度なボリューム感と弾力性のあるウエストクッションを使うと良いでしょう。ソファとの隙間を無くして、より良い座り心地を実現します。小柄な女性や腰に安定感が欲しい方などにおすすめです。

4.ライフステージが変わっても永く使えるソファの選び方

二人暮らしで購入したソファをライフステージの変化に合わせて使うことが出来れば、お気に入りのデザインや座り心地を永く愛用し続けられます。引越しなどで部屋サイズが変わっても対応可能なソファを選びましょう。

二人暮らしの時に購入したソファを永く使うには?

拡張性のあるソファシリーズを選ぶことが重要

二人で選んだソファを永く愛用していくならば、種類豊富なパーツが揃ったソファシリーズがおすすめです。パーツの組み替えによりソファの拡張が可能になるので、間取りやライフステージに合わせて変化していくことが出来ます。

ライフステージの変化に合わせたソファ拡張例

a.flatのソファはお引越しや結婚などでライフステージが変わっても、サイズや形も共に変化していくことが可能です。ここでは二人暮らしで購入した各2人掛けソファの拡張例をご紹介します。

Case1: 2人掛けソファ⇒カウチを追加してカウチセットに

二人暮らし用に2人掛けソファを購入しました。

引越しして部屋が広くなり、カウチを追加購入。

3人掛けサイズのカウチセットに拡張しました。

アーム着脱機能でソファの拡張を実現
テン・ハイバックソファシリーズはアームを付け替えられるので、ソファを拡張したり間取りや模様替えに合わせて組み替えることが可能となっております。

拡張した際はソファ同士を固定
アーム着脱機能によってソファパーツを増やした場合、ソファが動かないように専用のパーツで固定することが出来ます。

関連メニュー

Case2: 2人掛けソファ⇒コーナーを追加してコーナーセットに

二人暮らし用に2人掛けソファを購入しました。

家族が増えてコーナーソファを追加購入。

さらに1.5人掛けベンチも追加し、コーナーセットに拡張しました。

着脱構造によりアームの取り外しが可能
ケイ・ローソファシリーズには欠かせない着脱が出来るアーム拡張したい時やソファを組み替えたい場合に、取り外して形を変えられます。

アームを外した面に取り付ける専用パネル
ケイ・ローソファのアームを外した場合に出来るスペースを、こちらのパーツで塞ぎます。アーム無しのベンチにした際にも使用します。

関連メニュー

Case3:2人掛けソファ⇒ソファダイニングを追加してマルチに暮らせる空間に

二人暮らし用に2人掛けソファを購入しました。

ソファダイニングにするためにテーブルを追加購入。

さらにコーナーソファで拡張し、寛いだり食事が出来るソファダイニングが完成しました。

ソファダイニングに適した程良い奥行き
ラン・コンパクトソファシリーズは奥行きが750mmとコンパクトなサイズなので、天板までの距離も遠すぎず快適な食事が可能です。

ソファを動かして最適な過ごし方を実現
来客時にコーナーソファを動かしてテーブル脇に移動することで、程よい距離感で食事や会話を楽しめるsソファダイニングになります。

関連メニュー

5.二人暮らしのソファと相性の良い家具・インテリアの選び方

二人暮らしの部屋に置くソファが見つかったならば、他の家具もソファの素材やイメージに揃えて選びましょう。家具やインテリアをソファと統一感のあるものにすれば、よりおしゃれな二人暮らしの空間が完成します。

二人のソファライフを充実させる家具と過ごす

二人暮らしのメインとなるソファを決めたら、さらに快適でおしゃれに過ごせるよう他の家具も揃えましょう。ソファ同様にこだわりを持って選ぶことで、センス良く快適に寛げるソファライフが実現します。

ソファで過ごす時に欠かせないローテーブル・サイドテーブル

おしゃれな雰囲気を高めるローテーブル

ソファの前には欠かせないローテーブルは、素材やデザインを統一させることでよりおしゃれで快適な空間が完成します。ソファとテレビボードの真ん中に配置する場合が多く、全体のコーディネートを繋げる大事な役割を持っています。

ソファと相性の良いローテーブルの組み合わせ

ソファ(無垢材)
テーブル(無垢材)

ソファ(ラタン)
テーブル(ガラス+ラタン)

ソファ(ヒヤシンス)
テーブル(ガラス+ウッド)

ソファ(ラタン)
テーブル(ガラス+ウッド)

おすすめコラム

  • 【ローテーブル特集】 お部屋の中心となる おしゃれなローテーブルの選び方
    【ローテーブル特集】 お部屋の中心となる おしゃれなローテーブルの選び方

    おしゃれなローテーブルがお部屋の中心があればインテリア全体がセンスアップし、雰囲気の良いコーディネートが叶います。こちらのコラムではそのようなおしゃれなローテーブルや、ソファとテレビボードに挟まれる位置にある為、ローテーブルと組み合わせたい周辺の家具もご紹介しています。是非参考にされてみて下さい。

より良い快適さを叶えるサイドテーブル

ソファの横にサイドテーブルをプラスすることで、ソファのおしゃれな雰囲気がアップします。ちょっとしたスペースに置けるため、部屋のレイアウトにも影響を与えずに寛ぎの幅を広げることが出来るでしょう。小さいながらも二人のソファコーディネートには欠かせないアイテムです。

ソファをより過ごしやすくするサイドテーブル

おすすめコラム

ソファで快適に寛ぎながらテレビを楽しめるテレビボード

ソファとテレビボードで開放的なリビングを演出

テレビボードもソファを引き立てるようなデザインを選びましょう。ロースタイルのテレビボートならば、ソファに座った時でもテレビが見やすく快適に寛ぐことが出来ます。さらに床に近いデザインは安定感もあり、リビング空間を広く見せる効果もあります。

ソファ空間を盛り上げるテレビボード

ソファ周りで団欒する際に便利なラウンジチェア

ソファとラウンジチェアを置いて程良い距離感を生み出す

一人でゆったり座れるラウンジチェアがソファの横にあると、自分だけのスペースを確保して寛ぐことが出来ます。コンパクトなサイズでレイアウトもしやすくソファと離して配置するため、家族やお友達と座る際にも程よい距離感で会話を楽します。

ソファと合わせるのにおすすめなラウンジチェア

おすすめコラム

  • 1人掛けソファで演出するゆとりのアジアン風コーディネート
    1人掛けソファで演出するゆとりのアジアン風コーディネート

    アジアン風の1人掛けソファが人気の理由は、スペースの心配が少なく、レイアウトの自由度が高い使い勝手の良い点です。そのため1人暮らしのワンルームはもちろん、家族住まいのリビングやパーソナルルームなど様々なシーンで活躍します。また、1人掛けソファは自分だけの時間を楽しむリラックスアイテムでもあるので、アジアンテイストやリゾートスタイルなど癒しの雰囲気が味わえるものが人気となっています。

ソファとの統一感を演出するダイニングテーブル&チェア

ソファとダイニングテーブルで空間をおしゃれに見せる

二人暮らしの部屋はリビングとダイニングが隣接している場合が多く、ソファとダイニングテーブルの組み合わせも重要になります。テーブルの素材やデザインもソファの雰囲気に合わせて統一感のあるコーディネートにすることで、おしゃれな空間が実現します。

ソファをおしゃれに見せるダイニングテーブル

ソファと素材を合わせたダイニングチェア

ソファとダイニングのイメージをより統一させるために、同じ素材で作られたチェアを置きましょう。さらにソファとカラーコーディネートを合わせれば、ダイニングテーブルとの一体感が生まれて、二人暮らしのリビングダイニングが一層おしゃれな空間に仕上がります。

自然素材を取り入れたダイニングチェア

おすすめコラム

  • 【特集】リビング・ダイニングのレイアウト - 居心地の良い空間のつくり方-
    【特集】リビング・ダイニングのレイアウト - 居心地の良い空間のつくり方-

    暮らしの中心であるリビングダイニングを居心地の良い空間にする為に欠かせないレイアウト。生活動線や家具を配置する順番等のポイントを抑えることでバランス良く、そして快適性の高いレイアウトを行うことが出来ます。こちらのコラムでは実例を交えながら、リビング・ダイニングそれぞれのレイアウトポイントをご紹介しています。

二人のソファライフをおしゃれにするインテリアコーディネート

二人のお気に入りのソファをおしゃれにするためには、インテリアのコーディネートは欠かせません。ファブリックやラグ、カーテンのカラーを組み合わせて、おしゃれに過ごせるようなソファ空間作りをしましょう。

ソファに取り入れやすいクッションカバー

インテリアの中でも一番気軽に取り入れることの出来るクッションカバー。簡単にソファのイメージを変えられるので、部屋全体のカラーコーディネートを見てからアクセントとして色を選ぶのがおすすめです。

二人のお気に入りカラーを見つけて、部屋に取り入れることで、ソファがより華やかな印象になります。

種類豊富なクッションカバー

ソファ周りにアクセントをプラスするラグ

ソファの足元に敷くラグは、アクセントとして空間全体をおしゃれに見せてくれます。部屋の中の大きな面積を覆うため、ソファとのカラーコーディネートに沿った色を選びましょう。

床色や壁などの内装と色を合わせることで、部屋を広く見せたりソファを引き立てる効果があります。

ソファ周りのアクセントとなるラグ

ソファをおしゃれに見せるカーテン

ソファを窓の近くに配置する場合、カーテンの色合いや素材感はソファのイメージを大きく左右します。
カーテンとインテリア小物のカラーコーディネートでさらにおしゃれなソファ空間に仕上がります。

同系色やグラデーションで色合いを合わせて、統一感のある色の組み合わせを意識しましょう。

ソファをおしゃれに演出するおすすめカーテン

おすすめコラム

  • カーテンの色で変わるお部屋の印象〜色を選ぶ4つのポイント〜
    カーテンの色で変わるお部屋の印象〜色を選ぶ4つのポイント〜

    部屋の広い範囲を覆うカーテンは、色によってイメージが大きく変わります。大事なインテリアの一つであるカーテンの色、カラーコーディネートやインテリアテイスト、ライフスタイルに合ったなど4つのポイントで色の選び方をご紹介します。部屋のイメージをカーテンの色から変えて、理想の空間を作り上げましょう。

ソファ上の壁面に華やかさを添える壁面装飾

ソファ上の空いたスペースには、おしゃれな壁面装飾を飾りましょう。壁面上にアクセントを取り入れることで、フォーカスポイントとして自然と目線を上に向かせて部屋を広く見せる効果があります。

ソファやインテリアとカラーを組み合わせて、ワンランク上のおしゃれな空間が演出されます。

ソファ上に飾るとおしゃれな壁面装飾

おすすめコラム

  • 壁飾りやインテリアアートのおしゃれな飾り方
    壁飾りやインテリアアートのおしゃれな飾り方

    目を惹くおしゃれな壁飾りは、お部屋の印象を左右するインテリアの重要な要素のひとつです。そして、それをセンスよく飾ることで、更に洗練された空間を演出することができます。うまくコーディネートできるか心配、どうやって壁に飾ればよいか分からないという方でも、ちょっとした飾り方のコツを知れば、誰でも簡単に壁面のインテリアを楽しむことができます。

  • 【壁掛け】インテリアアート、パネル、時計の掛け方・飾り方
    【壁掛け】インテリアアート、パネル、時計の掛け方・飾り方

    より素敵な空間を創り上げる方法のひとつに、壁飾りやインテリアアートなどの壁面装飾を壁に掛けて飾る方法がございます。このコラムでは、壁面装飾を壁に掛ける方法や使用する道具をご案内しながら、アートパネル、ファブリックパネル、ウッドパネル、壁掛け時計や壁掛け花器などのa.flatの壁面装飾のおすすめの掛け方をご紹介します。

二人暮らしにソファを取り入れたインテリアコーディネート実例

【ワンルーム8畳】コンパクトなソファで快適に過ごす二人暮らし

8畳ワンルームに片アームソファを置いて、コンパクトな空間の中にも開放的な印象のコーディネート実例。奥行きが浅めのソファは圧迫感を与えずに空間を広く見せており、ダブルベッドと並べても窮屈なイメージを感じさせません。

コンパクトな二人の空間に広がりを見せる片アームソファ

8畳のワンルームに二人で住む場合、少しでも部屋を広く見せる工夫が必要です。片アームのソファは片側にアームが無くなることで抜けが出来て、すっきりと見せられます。限られたスペースに二人の寛ぎ空間を実現しました。

おすすめコラム

【LD10畳】木製のソファや家具で揃えた統一感のある二人暮らし

温もりを感じる木製のソファと家具で揃えた、10畳の二人暮らしリビングコーディネート実例。ダークブラウンのフレームが美しい木製ソファは、自然の風合いと落ち着いた空間を演出しています。深い寛ぎを感じさせる二人暮らしの部屋となりました。

二人暮らしのリビングの主役になるスタイリッシュな木製ソファ

10畳のリビングにスタイリッシュなデザインの木製ソファを置いて、二人暮らしのお部屋をアジアン風に仕上げました。直線的なソファフレームはシンプルな中にも潔さがあり、美しい木目と上質な質感でよりソファの存在感を引き立たせます。

おすすめコラム

【LD12畳】座り心地の良いソファでリラックスできる二人暮らし

ゆったりとした無垢材ソファを中心に置いて、贅沢な寛ぎ空間を実現した12畳の二人暮らしリビングコーディネート実例。存在感のあるハイバックソファを軽やかに見せるよう、ブルーのカバーをセレクト。落ち着いた中にも爽やかさを感じる空間にしました。

上質な座り心地を叶える無垢材デザインのソファ

ダイナミックな木目が特徴的なハイバックソファ、無垢材から作られた曲線のアームは、抜けを感じさせて重たい印象を与えません。高い背もたれや優しく包み込むような座り心地は、まさに極上のリラックス空間となり二人でのんびり寛ぐことが出来るでしょう。

おすすめコラム

  • ブルーのインテリアの魅力『21部屋のインテリアコーディネート実例付き』
    ブルーのインテリアの魅力『21部屋のインテリアコーディネート実例付き』

    海や空をイメージさせるブルーのインテリア。開放感がある爽やかな装いは、リラックス感の溢れる空間を演出してくれます。ネイビー・ターコイズブルー・アクアブルーなど様々なブルーでコーディネートした沢山の実例や、ブルーのインテリアが暮らしにもたらしてくれる効果、ブルーのインテリアコーディネートを行う際のポイントを紹介しています。

【LD14畳】パープルのソファで華やかに演出する二人暮らし

二人暮らしの14畳リビングダイニングに、パープルのローソファを置いたコーディネート実例。圧迫感を抑えたデザインは、目線を奥のダイニングまで広げて空間を開放的に見せています。二人がそれぞれゆったり過ごせる空間になりました。

二人の空間をシックな印象に見せるローソファ

繊細なラタン素材で編み込まれたローソファは、二人の空間に自然の温もりとアジアンなイメージを与えます。ソファカバーには温かみのあるグレーとクッションにはパープルを組み合わせて、上品でラグジュアリーな雰囲気を演出しています。

おすすめコラム

【LD16畳】ヴィラのようにゆったり寛げるソファがある二人暮らし

16畳の広々としたリビングダイニングに、グリーンのソファを置いた二人暮らしコーディネート実例。自然素材を取り入れたソファとガーデンの緑を連想させるカラーコーディネートで、まるでリゾート地にあるヴィラにいるようなリラックス空間を実現しました。

快適な座り心地に癒されるヒヤシンス素材のソファ

柔らかなヒヤシンス素材を編み込んだソファはリゾートヴィラの雰囲気を演出し、温もりと安らぎを与えます。オットマンで脚を伸ばしたりヘッドレストを使ってよりリラックスした二人の時間を過ごせるでしょう。

おすすめコラム

【LD20畳】ロースタイルのコーナーソファで開放的な二人暮らし

広々とした20畳のリビングダイニングに、コーナーソファセットを配置した二人暮らしコーディネート。重心を低くしたローソファは、天井を高く見せて気持ちの良い空間にしています。二人だけではなく家族やお友達が
集まってもゆったり過ごすことが出来るでしょう。

広い空間を最大限に活かすコーナーソファ

20畳のリビングダイニングの主役となるコーナーソファ。大きめなサイズを置いても圧迫感が出ないよう、ロースタイルを取り入れて開放感溢れる空間にしています。天然素材であるヒヤシンスの雰囲気と優しいカラーコーディネートで、ナチュラルなイメージに仕上げました。

おすすめコラム

a.flat店舗で二人暮らしのソファを体感しながら選ぶ

二人暮らしのお部屋に置くソファを店舗で直接体感していただくことで、よりリアルにイメージを掴めるでしょう。トータルコーディネートされた空間で、二人のお気に入りソファを探してみてはいかがでしょうか。

店舗のディスプレイでソファをチェック

種類豊富なデザインと上質な座り心地を確認

a.flatの各店舗にはバリエーション豊富なソファを全種類展示しており、こだわりのデザインや上質な座り心地を実際に体感することが出来ます。ご自宅のようにリラックスしながら寛いで頂く事で、二人のお気に入りのソファが見つかるはずです。ぜひa.flatソファの魅力を感じてみて下さい。

お気に入りのソファカバーを選ぶ

a.flatには約70色以上のファブリックを扱っており、各店舗では実際の色や質感を確認することが可能です。二人の好みにぴったり合うソファのカラーが決まったら、クッションやラグなどとも実際に組み合わせてお部屋のカラーコーディネートを完成させましょう。

3Dシミュレーションで二人暮らしの部屋をリアルに再現

【step1】図面を元に部屋を作成

まずはシミュレーションをしたい図面を店舗にお持ち頂くか、メールでお送り頂きます。図面をもとに、同じサイズの部屋を作成していきます。正確なサイズでお作りするので、空間の広さや通路の幅などがイメージしやすくなります。

【step2】ソファを配置してサイズを確認

シミュレーションを作成したら置きたいソファを配置します。二人の希望ソファサイズやデザインをヒアリングし、最適なソファレイアウトをご提案させて頂きます。部屋のサイズと家具の大きさなど、バランスを見ながら暮らしやすい空間を作成していきます。

【step3】他の家具を置いてレイアウトを確認

二人の部屋に置くソファのサイズが決まったら、テレビボードやダイニングテーブルなど他の家具もレイアウトしていきましょう。実際のサイズに合わせているので、配置場所や生活動線など無理な箇所は無いか事前に確認することが出来ます。

【step4】3D画面で立体的なイメージを確認

お部屋のレイアウトが完成したら、3D画面で確認しましょう。真上から眺めたり、実際の部屋に入っているような視点でも確認することが出来ます。ソファのカバーやクッションも簡単に変更ができ、部屋のイメージ合うかすぐに見られます。

【step5】インテリアコーディネートして確認

二人が希望するインテリアコーディネートで空間を演出しましょう。種類豊富なファブリックを選んで、理想的なお部屋をシミュレーションします。様々な角度から空間を確認して、お住まいになる前から細かいところまでチェックすることが可能です。

関連メニュー

a.flatの店舗一覧

■a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

■公共交通機関でお越しの場合
新宿三丁目駅から徒歩1分 新宿駅から徒歩8分

■a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
駐車場サービス有(ご予約制)


■公共交通機関でお越しの場合

都立大学駅から徒歩7分

■a.flat大阪梅田店
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 
定休日 水曜(祝日を除く)
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)

■公共交通機関でお越しの場合
JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

まとめ

今回は、二人暮らしを快適にするソファの選び方とポイントについてご紹介させて頂きました。二人の好みやデザインはもちろん、ライフスタイルが変わっても愛用し続けられるソファを選ぶことで、二人にとって快適なソファライフが約束されます。ぜひ二人暮らしでソファを選ぶ際には、参考にして取り入れてみて下さい。

関連メニュー

  • 二人暮らしの部屋・2LDK・1LDKの作り方~理想の家具・インテリアで長く一緒に過ごせる部屋~

    二人暮らしの部屋・2LDK・1LDKの作り方~理想の家具・インテリアで長く一緒に過ごせる部屋~のページです。二人暮らしの部屋・2LDK・1LDKの作り方は家具やインテリアの相談をしながら一緒に決められる楽しさがある反面、お互いの好みが違って意見がまとまらないことも。そこで、二人が長く一緒に過ごせる2LDK・1LDKの部屋作りをするためのヒントやアイデアをまとめた、「二人暮らしの部屋の作り方」をご紹介します。二人暮らしの部屋作りで大事なことは、「お互いにとって理想的なイメージで快適な部屋を作ること」です。一人暮らしの時と異なって、自分のこだわりだけで部屋作りをするわけにもいきません。二人が気持ちよく過ごせる部屋作りをする前提で、お互いに色々と考えていく必要が有ります。

  • 二人暮らしの部屋・1LDKの作り方~1LDKのレイアウト・家具選びを考える~

    二人暮らしの部屋・1LDKの作り方~1LDKのレイアウト・家具選びを考える~のページです。二人暮らしでは様々な間取りタイプから検討されると思いますが、若いカップルの方や都心部では「1LDK」でスタートされるケースも見受けられます。1DKよりレイアウトの自由度が高い1LDKですが、「2部屋しかないことによる家具配置の悩み」も多いため、下記から快適なレイアウト作りのコツを見てみましょう。もし、二人暮らしで1LDKに住む予定の場合は、この間取りのメリットとデメリットを理解しながら部屋作りやレイアウト・インテリアを考えていくと良いでしょう。1LDKならではの長所もあれば、2部屋しかないことによる短所もあります。まずは1LDKの特徴や、1DKとの違いなどを確認してください。

  • 二人暮らしの家具・インテリアコーディネート~二人のイメージを叶える部屋の作り方~

    二人暮らしの家具・インテリアコーディネート~二人のイメージを叶える部屋の作り方~のページです。部屋のイメージを思い描いたり、どのような家具・インテリアコーディネートを取り入れていくのか? 二人で考えながら新しい部屋作りをするのは楽しいものです。ただし、二人暮らしの場合は一人暮らしと違って、相手の好みや過ごし方も考える必要があります。お互いにとって理想の空間となるように、歩み寄って部屋作りするための工夫やヒントを「家具・インテリアコーディネート」からご紹介させて頂きます。快適な二人暮らしを始めるのに欠かせない、居心地の良い家具やインテリアコーディネート。毎日帰りたくなるような部屋作りをすることで、共に過ごす時間を充実させることができます。自分達の好きな家具や部屋を彩るコーディネートをして、快適な二人の生活を開始しましょう。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、7つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
7つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

おすすめコンテンツ

メンバー登録

a.flatでのショッピングの際はメンバー登録(無料)が必要となります。また、メンバー登録すると便利なサービスやお得な特典が利用可能になります。

詳細はこちら >

カタログ

a.flatの最新カタログを無料でお届けします。a.flatの世界観がひと目で分かる公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。

詳細はこちら >

メールマガジン

新商品やインテリアの豆知識など様々な情報をお届けします。また、送料無料などメールマガジン購読者限定の特典もご用意しています。

詳細はこちら >

コーディネートサービス

お部屋のシミュレーションができる「マイルーム3D」を使い、お部屋づくりや家具選びをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。

詳細はこちら >

店舗情報

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2020 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.