• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

ソファの基本的な選び方×インテリアでおしゃれに見せるポイント【ソファ実例付き】

公開:2021/10/30

更新:2021/11/15

ライター:新宿店須崎

ソファの基本的な選び方×インテリアでおしゃれに見せるポイント【ソファ実例付き】

ソファは一度購入すると、簡単に買い替えることができないため、選ぶのにも慎重になりますよね。「どんなソファを選ぶのが最適なのか」その疑問を解消するヒントとなるために、今回のコラムでは、インテリア実例をご紹介しながらソファの基本的な選び方や、快適に寛ぐためのインテリアコーディネートのポイントを含めてご紹介致します。自分に合ったソファを見つけて、快適なソファライフをお楽しみください。

日々の暮らしが充実するソファ選びとインテリアコーディネート

部屋の広さやいつもの過ごし方、住まわれる人数や家族構成など、ライフスタイルによっておすすめのソファは違ってきます。いつものソファでの過ごし方をイメージして、暮らしが充実するソファを選び、心地良いインテリアコーディネートを実現しましょう。

ソファ中心にコーディネートしておしゃれで快適な部屋に

部屋の主役であるソファを軸にすると、統一感のある家具・インテリア選びがしやすくなります。

リビングの中で一番長い時間を過ごすソファだからこそ、こだわりを持って選びましょう。ソファ中心にコーディネートしたおしゃれで快適な部屋は、4つのポイントを抑えることで手に入れることができます。

ソファ選び×インテリアコーディネート ~4つのポイント~

【1】ライフシーンに合わせたソファタイプを選ぶ

ソファを選ぶ時、見た目で選ぶことも大切ですが、座った時の相性も非常に大切です。座り心地が良いソファというだけではなく、ソファで過ごしていて快適に過ごせるかが重要になってきます。

日々の暮らしが充実するソファ選びのポイント1つ目は、自分のライフシーンに合わせたソファタイプを選ぶ事です。きっとその空間で過ごす時間が、一層好きになる事でしょう。

ソファで過ごす時をイメージする

ソファではどのような体勢でテレビを見ているか思い返してみてください。横になって寛ぐことや、仕事をすることもある、一人でゆっくりと寛ぐ。過ごし方は人によって様々です。ソファでの過ごし方が、どのようなパターンがあるか想像してみましょう。

ソファでゆったり寛ぐ
テレビを見たり読書をするなど一般的なソファのイメージは寛ぐ事かもしれません。

ソファに姿勢正しく座る・作業する
ソファに座りながら仕事や作業をする方も増えてきています。

1人掛けソファに座ってパーソナルスペースで寛ぐ
メインソファとは別に置いた1人用ソファで寛ぐのも良いですね。

大勢で過ごす
ご家族ご友人を呼び、大人数でソファに座りながらゆったり団欒を楽しむ。

ペットと過ごす
大切なペットとソファで一緒に寛ぐ時間は安らぎや癒しを与えてくれます。

ソファで横になる・昼寝する
少し横になって休憩するなどソファでは身を預けて過ごすこともあるでしょう。

自分の生活に合ったソファの形を選ぶことから始める

日々の暮らしが充実するソファ選びをするためには、体重を預けやすい背もたれの高いタイプが良いのか、奥行きの深さは浅い方が良いのかなど、生活に合ったソファが日々の暮らしを充実させてくれます。

まずはデザインなどは置いて、自分に合ったソファの形を選びましょう。

ソファでゆったり寛ぐ

寛げるソファとは、どのようなソファか。「寛ぐ」を調べると「心も体ものんびりと、楽になる。ゆったりとして休む。」と出てくるように心も体も休めるソファの事を指します。では、寛げるソファで過ごすライフスタイルとはどのようなシーンがあるのか、おすすめのソファと共に具体的にご紹介していきます。

寛げるソファでおすすめの過ごし方

ゆったり寛ぎながら過ごすソファは、様々なシーンで活躍します。足を投げ出し、横になって寛ぐ時や、映画を見ながら長時間座ることもあり、来客時にはソファ周りに集まり大人数で歓談しながら過ごすこともあるでしょう。ご自身がどのような過ごし方が多いのかイメージしながらソファを選ぶことも大切です。

横になって寛ぐ

ソファだけでは脚を伸ばすことはできず、横になるにもある程度の長さがあるソファでないとできません。そんな時には、「カウチソファ」や「オットマン」を選ぶ事がおすすめです。

ソファの上で横になって寛ぐスタイルが各段に過ごしやすくなります。

  • 横になって寛げるおすすめのソファ

長さ(幅)があるソファ
2.5人掛けなどの幅180cm以上あるソファは、背が高い方でも横になる事ができます。

カウチソファ
奥行177㎝あるカウチソファは大人でも横になって寛ぐことができます。

ソファ+オットマン
ソファに合わせると奥行きが増して横になりやすくなり、場所も問わず便利です。

映画を見るなどリラックスする

ご自宅で映画を見る場合、約2時間程ソファに体重を預けながら過ごすことになります。映画館の椅子のように首や頭までもたれられる、背もたれが高い「ハイバックソファ」を選びましょう。

何度も座りなおすこともなくリラックスしてお過ごし頂けることでしょう。

  • 映画を見るなどリラックスできるおすすめのソファ

ハイバックソファ
頭の後ろから首までを背もたれに預けられます。よりリラックスした姿勢で寛ぐことができます。

ヘッドレスト
ソファに後付けできるヘッドレストは頭を優しく包み込みながら、しっかりとホールドもします。

カウチソファ
映画を見る時には足を上げて、楽な姿勢を保つことができるカウチソファがおすすめです。

大人数での歓談

ご自宅に来客が多く、大人数で過ごすことがある方は、せっかくのお客様が床で過ごすことにならないよう、「L字ソファ」や「大きなソファ」を選ぶ事をおすすめします。

カフェで過ごすように、ご友人やご家族・ご兄弟と楽しい歓談がはずむことでしょう。

  • 大人数での歓談がしやすいおすすめのソファ

L字のコーナーソファ
横並びでは無いため、お互いに顔を見て団らんをすることができます。

大きなソファ
幅215cmのソファは3名でも十分掛けられます。オットマンも使用すると人数が多くても安心です。

ロースタイルのソファ
床との距離が近いため、床座される方が居ても目線が近く団欒がしやすくなります。

ゆっくり過ごすことができる寛ぎやすいソファをご紹介致しましたが、より一層快適にお過ごし頂けるように、ソファを選ぶ時に注意して頂きたいポイントがあります。

ポイント1: 拡張性があるタイプは自由自在に形を組める

豊富なラインアップ展開があるソファは、アームの着脱機能も備えているため、ライフステージの変化に合わせて組み替えや拡張ができます。一人暮らし~家族暮らしまで永く使えるソファをその時のライフスタイルで自由自在に形を組むことが叶います。

ポイント2:便利な座り心地を調整できるオプション

より良い座り心地を得られるため、体格や好みに合わせてプラスできるアイテムを取り入れましょう。ソファに座った時の腰のフィット感を高めて、より良い座り心地を実現するウエストクッションや、首や肩の周りまでを支えるヘッドレストなどで調整して、より寛げるソファにカスタマイズすることができます。

  • 自由自在に暮らせるセパレートソファの選び方 ~セパレートソファ4選~
    自由自在に暮らせるセパレートソファの選び方 ~セパレートソファ4選~

    部屋の中でもメインの家具となるソファ。サイズやデザインなど多くの種類があり、どのようなソファを選べば良いか悩むことも多いのではないのでしょうか。豊富なデザインやパーツから組み合わせを楽しめるセパレートソファなら、部屋の形や好みの過ごし方に合ったソファの形にすることができます。今回のコラムは、自由自在に暮らせるおすすめのセパレートソファの選び方ついてご紹介致します。是非、参考にされてみて下さい。

寛げるソファのインテリアコーディネート実例

実際に寛げるソファをお部屋に取り入れて、自分に合ったライフスタイルを過ごされているご自宅のインテリアコーディネート実例をご紹介致します。

絶景を望めるためカウチソファでコーディネートしたインテリア実例

こちらのお客様実例は、カウチ付きの大きなソファを置き、窓から見える自然豊かな「熱海」の絶景を楽しめられる、インテリアコーディネートとなっています。極上の安らぎの中、特別な一時を過ごせ、多様な使い方ができる別荘のインテリア・家具選びを叶えられました。

家族4人でゆったり寛げるソファ

体をやさしく支えて、極上の座り心地を与えてくれる「テン・ハイバックソファ」を、ご家族4人で使えるサイズ感に組み合わせました。

3人掛けカウチソファの組み合わせは豪華なソファセットとなり、ご家族でゆったり寛いでいただけます。

  • 【インテリア実例】熱海の絶景を望める別荘のインテリアコーディネート・家具選び
    【インテリア実例】熱海の絶景を望める別荘のインテリアコーディネート・家具選び

    海や山といった自然豊かな絶景を楽しめる「熱海」。都心からのアクセスも良く、日々の疲れを癒せるため別荘地としても有名です。熱海の絶景を眺めながら、快適に別荘で過ごすために、こだわりの家具・インテリアを選んでみてはいかがですか。今回のお客様実例は、非日常を感じられる熱海に別荘を持ち、極上の安らぎとワーケーションのような様々な別荘での過ごし方が出来るインテリアコーディネート・家具選びのポイントをご紹介致します。

マンションで叶えるリゾートホテルの落ち着きある装い

2LDK12畳の新築マンションご購入時に、寛ぎがあるリゾートのようなインテリアをご希望されて、素敵なお部屋を作られたお客様のインテリアコーディネート実例です。ソファの前にオットマンを置く事で、リラックスムードが高まり、リゾートホテルのような非日常空間として仕上がっています。

ムードを高めるオットマン

ホテルのフロントにあるソファのように天然素材で編み上げられたソファは、置くだけでマンションでもリゾートホテルのような装いにすることができます。

また、ポイントとなるのは、寛ぎある空間を演出してくれるオットマンを置く事で、ご自宅での時間を快適にしてくれるでしょう。

コーナーソファで来客時もゆったり寛げるインテリア実例

こちらは戸建てのリビングダイニングにL字ソファをおいたインテリア実例です。広いリビングなどの場合、大きいコーナーソファでもバランス良く配置できて、寛ぎやすい空間になります。

自由性があるコーナーソファ

18畳のLDはL字のコーナーソファを贅沢に置いて頂けます。窓から入る自然光が気持ちよく、来客時にも快適にお過ごし頂けるでしょう。

また、ソファはパーツごとに分かれているため、自由性があり、その時のライフスタイルで自由自在に形を組み替えることができます。

  • 【インテリア実例】自宅からオンライン相談・コーディネート依頼をした快適な部屋づくり
    【インテリア実例】自宅からオンライン相談・コーディネート依頼をした快適な部屋づくり

    今回の特集は、自宅からオンライン相談を利用して理想のインテリアコーディネートを叶えたお客様実例をご紹介致します。家具・インテリアご検討時のお悩み等をオンライン相談にて解決に導いた方法や、3Dシミュレーションサービスを活用したご提案をご覧ください。来店せずに自宅からオンライン相談できる、a.flatのインテリアコーディネートサービスでご希望の部屋作りが叶います。

ソファに姿勢正しく座る・作業する

食事スペースと寛ぐスペースをまとめると、リビングダイニングにフリースペースができて広くも見えます。また、最近はテレワークの方が増えていますが、ゆったり寛ぐタイプのソファでは姿勢良く作業できません。そんなライフスタイルの方にもおすすめのソファをご紹介しますので是非ご覧ください。

姿勢正しく座れるソファにおすすめの過ごし方

先程はゆったり寛ぎながら過ごすソファをご紹介致しましたが、この章では、姿勢正しく座れるソファをご紹介致します。ソファで寛ぐだけではなく、食事をしたり、お仕事や作業をする等、姿勢を正して座るシーンはご自身のライフスタイルで必要となるか、イメージしながらソファを選びましょう。

ソファで食事もする

リビングスペースとダイニングスペースを分けるのではなく、ひとつのスペースにまとめる場合には「ソファダイニング」がおすすめです。

寛ぐことも食事も1つのスペースで完了するため、お部屋にフリースペースができて広く見せることもできます。

  • ソファで食事もする方へおすすめのソファ

片ア―ムのソファ
椅子のように自由に後ろへ引けないソファはアームが無い方がテーブルに出入りしやすくなります。

1人掛けソファ
動かしやすいため、必要な場所へ運ぶことでテーブルを囲んで食事がしやすくなります。

コンパクトなオットマン
来客時に役立ちます。背もたれが無い分、普段はテーブルの下に収納しておくと邪魔になりません。

テレワークが多い

近年ではテレワークをされる方も多くなっています。自宅で過ごすライフスタイルに「寛ぐ」こと、「仕事をする」ことも快適に取り入れるためには、どちらにも対応する環境が大切です。

座りやすさと寛ぎやすさどちらも備えているソファを選びましょう。

  • テレワークが多い方へおすすめのソファ

ベンチソファ
アームが無いソファは、仕事の資料を取るときや席を立つときなど動きやすくなります。

1人掛けコーナーソファ
一人で座るコンパクトなソファはご自宅での仕事を集中させてくれるでしょう。

ショルダーレスト
背もたれを高くすると、仕事の合間で一休みしたい時に寛ぐことができます。

寛ぐイメージが強いソファですが、ポイントを押さえて選ぶ事ができれば、姿勢正しく座って過ごして頂くことができます。姿勢を正して過ごせるソファを選ぶために注意して頂きたいポイントがあります。

ポイント:ベンチ感覚でも寛げる背面デザインを選ぶ

姿勢正しく座り、食事やテレワークを行う時には、気軽にベンチのように座れるソファか確認しましょう。座面が深すぎる、柔らかくて立ち座りがしにくいなど、テレワークがしやすいかを確認する必要があります。また、背もたれのクッションへ体を預けた時に快適かどうか、クッション性を確認することも大切です。

  • ラン・コンパクトソファ特集 〜様々な座り方で寛げる〜

    ラン・コンパクトソファ特集 〜様々な座り方で寛げる〜のページです。ラン・コンパクトソファは一般的なソファよりも、「様々な姿勢で寛げる魅力」があります。ランならではのデザイン性やサイズ感、パーツの豊富さ、中材の安定性が男性・女性問わず、快適に過ごせる空間を生み出してくれるでしょう。そんなランの豊富な寛ぎ方をご紹介させて頂きます。

姿勢正しく座れるソファのインテリアコーディネート実例

姿勢を正してソファで過ごすために必要なポイントを、実際にお部屋に取り入れて、自分に合った快適なライフスタイルを実現されたインテリアコーディネート実例をご紹介致します。

大人数でも食事がとりやすいソファダイニングのインテリア実例

空間に開放感を作りながら置くことが叶うソファダイニングのインテリア実例です。脚を伸ばして横になられたり、友人とも食事を楽しみやすい贅沢な暮らしを満喫できるでしょう。テーブルは作業や食事もできる高さで、1つの空間で様々なシーンをお過ごし頂くことが叶います。

自由性のあるソファダイニング

フリースペースができる分、二人暮らしでどちらかがテレワークされていても、それぞれの時間を過ごすことが叶います。

ソファだけではなく、ダイニングベンチと組み合わせることで、大人数で食卓を囲むことができて、来客時にも安心して対応することができるでしょう。

快適な一人暮らしを送るソファダイニング中心の1LDKインテリア実例

こちらのお客様宅はコンパクトな1LDK(9畳+4.5畳)の空間を、ソファダイニング中心にコーディネートされたインテリア実例です。テレワークもしやすく、快適に日々過ごすこともできるソファダイニングを主役にしたソファ選びをされています。

座り心地をこだわったソファ

一人暮らしの限られた空間でテレワークとプライべートの寛ぎを両立させるためのポイントの中で、ソファ選びは大変重要になってきます。

寛ぎ・食事・仕事を過ごすため、ソファの硬さ背もたれのクッション性などこだわって選び、快適なソファライフを実現することが叶いました。

  • 【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト
    【一人暮らし実例】後悔しないソファダイニング選び&狭い部屋を用途に合わせてレイアウト

    一人暮らしの1LDK9畳+寝室4.5畳をソファダイニング中心にコーディネートされた実例をご紹介。寛いだりテレワークもできるソファダイニングによって、一人暮らしの限られた空間でも快適に過ごせる部屋作りを叶えられています。ポイントは、ソファダイニングで心地良く過ごせる家具選びから、狭い空間に適したレイアウトやコーディネートをバランス良く取り入れることです。是非今回の実例を参考になさってください。

ソファダイニングを囲んで会話が弾むインテリア実例

ダイニングテーブルを挟み、向かい合わせでソファを置いたソファダイニングの実例です。大人数でも食事がしやすく、カフェのようにゆったりと寛ぎながら過ごすことが叶います。また、ダイニングテーブルは四つ脚ではなく、T字の中脚になるため、出入りがしやすい家具選びとなっています。

背面が高くないため窓を遮らない

ソファダイニングとしてソファを選ぶ時には、配置する場所によっては窓からの光を遮ってしまいます。

こちらでは、背面が高くないコンパクトなソファをセレクトしているため、キッチンからの目線も開放感があり、快適にお料理ができます。

1人掛けソファに座ってパーソナルスペースで寛ぐ

自分専用のソファがあると快適に過ごせると思ったことはないでしょうか?誰にも邪魔されないパーソナル空間を作ることができ、自分の時間に集中することができます。また、メインソファの横に置く事で、ホテルのラウンジのような贅沢なリビングスのお部屋づくりが叶います。

1人掛けソファでのおすすめの過ごし方

1人掛けソファが欲しいと思うきっかけは何か、まずは過ごしたい生活のイメージを考えましょう。

メインソファの横に一人だけの空間を作る

自分専用の1人掛けソファのため、特別感がありテレビを見る、読書をするなど、自分の時間を快適に過ごすことができます。

また、2.5人掛けソファなど、メインソファの横に置くことで、家族やゲストとの楽しいひと時を過ごせるでしょう。

  • メインソファの横に置くおすすめの1人掛けソファ

アーム付き1人掛けソファ
セットバックされたアームのデザインは手が掛けやすく、贅沢に寛げる1人掛けソファです。

アームレスの1人掛けソファ
圧迫感が無く、狭いスペースでも置きやすいアームレスの1人掛けソファです。

1人掛けのラウンジチェア
心地よく過ごせるパーソナルな空間が作れます。ソファよりも軽いため、移動が簡単です。

窓の前に置き特別な時間を過ごす

1人掛けのラウンジソファやチェアに座って日中は太陽の光を浴びながら読書をしたり、静かな夜にはゆっくりと月を見るなど、自分だけの寛ぎの時間を楽しむことができます。

パーソナルな時間をゆったりと過ごすことができる1人掛けソファは一つあるだけで暮らしが豊かになります。

  • 窓の前に置くのにおすすめなソファ

ロースタイルのソファ
窓からの光を極力遮ることなく置くことができます。1.5名掛けのサイズのため、ゆったりと寛げます。

天然素材のラウンジチェア
体をやさしく包み込む上質な座り心地と、デザイン性の高さを兼ね備えたラウンジチェアです。

オットマン付きラウンジチェア
自然のロケーションや風を感じながら、贅沢な時間をお過ごし頂けます。

1人掛けソファのインテリアコーディネート実例

1人掛けソファやパーソナルスペースを取り入れて、ご自身だけの空間を手に入れられたインテリアコーディネート実例をご紹介致します。是非イメージを膨らませて、プライベート空間を作るために参考にされてみてください。

窓際のパーソナル空間を実現したインテリア実例

ラウンジチェアに座って日中は太陽の光を浴びながら読書をしたり、静かな夜にはゆっくりと月を見るなど、自分だけの寛ぎの時間を満喫できるラウンジチェアを置かれた実例です。パーソナルスペースがご自宅にあるだけで暮らしが豊かになります。

大きな窓から光を浴びるプライベート空間

座椅子を置いた和室と窓向きに置かれたラウンジのリラックスムード溢れる空間がとても魅力的です。脚の線が細いため、窓からの光を取り入れやすいラウンジチェアと背もたれが高くない座椅子を使うことで、景観と光の取り込みを大切にしています。

大きな窓の前で過ごすひと時はとてもリラックスして過ごせるでしょう。

  • クラウドグレースタイル~悠然につつまれる~

    クラウドグレースタイル~悠然につつまれる~のページです。凛とした空気感のなかに薫るあたたかさ。おぼろげな雲霞がつむぎ出す落ち着きのあるグレートーンが、空間全体にゆったりとしたリラックスをもたらします。くつろぎの時間、クラウドグレー・スタイル。

メインソファ横に1人掛けソファをプラスしたインテリア実例

テレビ前にはメインソファを置き、横に小さな1人掛けソファとオットマンを合わせた実例です。大人数でも団欒しながら囲むことが叶います。

メインソファの横に1人掛けソファを置く時には、デザインが違うソファを置くと、アンバランスな印象を与えることがあります。

こちらのご自宅では、同じシリーズのソファで組み合わせているため、メインソファとの統一感を出せて、すっきりとした印象です。

  • 都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート
    都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート

    都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。ゆったり寛ぐリラックススタイル、友人を招いて食事会を楽しめる両方のスタイルを演出する、拘りの家具選びを提案させて頂きました。家具・インテリアの素材・色・デザインをブレンドした、大人の余裕を感じる、ワンランク上のMIXスタイルも必見です。

窓からの景観を楽しむ1人掛けラウンジチェアを置いたインテリア実例

軽井沢の自然に囲まれた別荘のセカンドリビングの実例です。ラウンジチェアを取り入れて、プライベート時間をより一層楽しめるようインテリアコーディネートされています。

軽井沢の朝、昼、晩、それぞれの情景を楽しめる大きな窓に向けたラウンジチェアが、セカンドリビングに寛ぎのムードを高めています。

脚元には円形ラグを置き、ラウンジチェアを更にアクセントとして際立たせてくれています。

【2】ソファのサイズや形で座れる人数・部屋のイメージが変わる

ソファ選びのポイント2つ目は、部屋サイズに対して適正なソファサイズや形を選ぶことです。

ソファのサイズは「座る人数」に影響を与えます。普段使用される際の人数と、お客様が来た際に最大何人で使用されるかを想定しておきましょう。また、ソファの形は「部屋の印象」とも密接に関係します。ここでは、快適なリビングコーディネートを実現するために、ソファサイズや形のポイントをご覧ください。

一般的なソファサイズ

ソファのサイズ知識を知る上で、まずはソファにおける基本的な3つのサイズポイントを把握しましょう。一つ一つのポイントがソファのサイズ選びやインテリアコーディネートなどに影響を与えます。

1.幅
2.奥行き
3.高さ


この3つのサイズポイントがソファのサイズ選びや部屋の印象に影響します。「1」の横幅が座る人数にかかわるため、まずは一般的なソファサイズを知っておきましょう。

1人掛けソファ
1人でリラックスして座るための1人掛けソファは、ソファタイプとラウンジタイプに分類されます

2人掛けソファ
「座面幅の内寸サイズ」によって2名で座った際の距離感が異なります。

2.5人掛けソファ
2人掛けよりも幅が約30cm大きくなるため、ゆったりと座りやすく、横に寝転びやすいサイズです。

3人掛けソファ
幅が2m以上になるため、ゆったりと座りやすくなる分、部屋に対しての存在感も大きくなります。

カウチセット、コーナーセットで座れる人数

写真のような「2人掛け」と長さがある「カウチ」を置いたとしても、カウチの脚部分と背もたれ部分には、2人座れないため、多くても座ることができるのは、3人です。

3人掛けソファとはなりますが、2人は、ゆったり脚を伸ばして過ごせる魅力があり、とても人気です。

L字のソファや、コーナーセットのソファは「コーナー部分」は座る人数にカウントできず、多くても4~5人で座れます。

パーツで別れるタイプのコーナーソファの場合はとても便利で、コーナー部分にも座れるため、大人数でソファに座ることができます。

  • 家具・ソファのサイズ知識~3つのポイント・幅・奥行き・高さ~

    家具・ソファのサイズ知識~3つのポイント・幅・奥行き・高さ~のページです。快適なお部屋作りのために、家具・ソファのサイズ感やライフスタイルに応じた選び方を把握しておきましょう。家具・ソファはサイズを間違えるとレイアウトが組みにくくなったり、圧迫感を感じることもあるので注意が必要です。お部屋・リビングダイニングの主役となるソファには、様々なバリエーションが存在します。サイズ・幅・奥行き・高さやタイプによって座る人数や、部屋での見え方、動線の取り方が大きく変化します。ライフスタイルや家族構成などをふまえ、先を見据えながらのサイズ・タイプ選びが重要です。a.flatのソファシリーズを例に確認してみましょう。

部屋の印象を変える様々な形のソファ

様々な家具ブランドがある中でソファのサイズはだいたい決まっていますが、同じ「2人掛け」でも、座面・背面の高さや各部のサイズが違うことで部屋の印象が変わります。イメージする部屋の印象と、寛ぎ方によって、ソファの形を選ぶようにしましょう。

背もたれが低く奥行が広いソファ

ご自宅に開放感をもたらしてくれるソファです。高さが低いからこそ生み出される開放感や抜け感によって、部屋を広く見せるとともに毎日の暮らしに心地よさを与えてくれます。L字ソファに組んでも存在感が出にくく、奥側の空間や窓に対しての抜けも生まれやすくなります。

背もたれが低く奥行が広いソファサイズ

一般的なソファサイズ
・高さ…75㎝
・奥行…82㎝

背もたれが低く奥行が広いソファサイズ
・高さ…58㎝
・奥行…89㎝

ポイント1:低めの座面を選ぶ事で部屋に開放感を与える

高さを抑えたローソファには空間を広く見せる効果があるため、開放的な部屋を作りたい方におすすめです。また、ソファ以外もロースタイルの家具で揃えるとよりスッキリとした印象となり、広々とした空間で過ごせるようになります。

ポイント2:部屋の開放感を損なわず寛げる専用クッション

一般的なローソファの場合、背もたれも低くなるため座り心地の安定感が減る傾向にありますが、専用のボルスタークッションを使用することで、腰から肩周辺までをしっかりと支えてくれます。ローデザインの開放感を取り入れながら快適に寛ぐことも可能です。

  • 背もたれが低く奥行が広いおすすめのソファ

背もたれが低く奥行が広い2.5名掛けソファ
180㎝以上の大きなソファを置いても圧迫感無く置いて頂けます。2~3名でお掛け頂けます。

背もたれが低く奥行が広いカウチソファ
脚を伸ばして寛げるカウチソファは特有のリラックスムードを感じさせます。3名でお掛け頂けます。

背もたれが低く奥行が広いコーナーソファ
リゾートホテルで見られるソファのように贅沢な大きさのソファです。3名でお掛け頂けます。

  • ローソファ特集 - 開放感があるロータイプのデザイン -

    ローソファ特集 - 開放感があるロータイプのデザイン -のページです。a.flatが提案している「ローソファ・シリーズ」は、ご自宅にリゾート特有の開放感をもたらしてくれるソファです。高さが低いからこそ生み出される開放感や抜け感によって、部屋を広く見せるとともに毎日の暮らしに心地よさを与えてくれます。ロータイプのデザインを追求してリゾート感をより一層盛り上げてくれる、ローソファシリーズのデザインポイントやこだわりなどをご覧ください。

奥行きが狭いソファ

ソファのある暮らしは、毎日の暮らしにリラックス感を与えてくれます。しかし、ソファを置くことで部屋のレイアウトに影響が出たり、見た目の開放感も気になるかもしれません。そこで、奥行きが狭いソファはレイアウトに左右されにくく、照明やテーブルなど他の家具とのインテリアコーディネートもしやすくなります。

奥行きが狭いソファのサイズ

一般的なソファサイズ
・奥行…85㎝

奥行きが狭いソファのサイズ
・奥行…75㎝

ポイント1:生活動線が作りやすく限られた部屋にも馴染む

世の中には様々なサイズ感のソファが有り、そのサイズによって部屋の見え方や寛ぎ方などが、大きく変わります。横から見た際にスリムな印象の奥行きが浅いソファは、狭い部屋にゆったりとした生活動線や開放感を作るため、限られた部屋にも馴染むでしょう。

ポイント2:レイアウトを変えやすいセパレートできるソファ

奥行きが狭くてセパレートできるソファの場合、限られた空間でも自由にレイアウトが変えやすくなり、お客様が来た時はソファ同士をセパレートすれば4~5人でも団欒できます。自由性が高いだけではなく、掃除や引っ越し、模様替えの際にも便利でしょう。

  • 奥行きが狭いおすすめのソファ

奥行75㎝のベンチソファ
奥行きが75㎝のソファの中でもアームレスで横幅が110㎝とコンパクトですっきり見えるソファ。2名でもお掛け頂けます。

奥行きが狭い方アーム付きソファ
アーム付きでも横幅140㎝とコンパクトなソファ。限られたスペースでも寛げます。2名でお掛け頂けます。1人で寛ぐのも良し。

奥行きが浅い1人掛けソファ
奥行きが狭いラウンジチェアを、1人掛けソファのように使用する事も贅沢でおすすめです。ワンルームから広いLDでも、活躍します。

  • おすすめコンパクトソファ特集~狭い部屋や一人暮らし向けソファ22選~
    おすすめコンパクトソファ特集~狭い部屋や一人暮らし向けソファ22選~

    コンパクトソファは、狭い部屋にも置くことができるよう幅が小さめに設定された1人~2人掛けのソファのことを指します。一人暮らしのワンルームや狭いリビングルームなどではコンパクトソファがおすすめで、タイプによっては小さ目でも快適に、そして長く使い続けることができます。今回はおすすめのコンパクトソファの他に、選び方や実例など役立つ情報も合わせてご紹介します。

背もたれが高いソファ

ハイバックは、高さのある安定した座り心地によって、腰から肩・首までやさしく支えてゆったりと寛ぐことができます。また、その高さがある存在感と贅沢感を活かしてホテルライクな印象やソファをリビングダイニングのメイン家具として、目立たせたインテリアコーディネートに向いています。

背もたれが高いソファのサイズ

一般的なソファのサイズ
・高さ…75㎝

背もたれが高いソファのサイズ
・高さ…82㎝

ポイント1:存在感を活かしたメイン家具として部屋作りができる

部屋に置くと存在感があるハイバックソファは、ソファをメインとしたインテリアコーディネートを叶えることができます。ソファに置くクッションやラグなど、ソファを中心に家具・インテリア選びを楽しみましょう。

ポイント2:アーム着脱式タイプは自由自在に形を組める 

アームの着脱機能も備えているソファの場合、引っ越しや模様替え、家族が増えた時等ライフステージの変化に合わせて組み替えや拡張ができます。存在感のあるハイバックソファをお住いの間取りや家族構成に合わせて最適なパーツで自由に組むことができて、お気に入りのソファを一人暮らし~家族暮らしまで永く使えるのは、大きなメリットとなるでしょう。

  • 背もたれが高いおすすめのソファ

背もたれが高い2.5名掛けソファ
横幅が184㎝と、使いやすいソファです。アームに圧迫感が無いため、すっきりと見えてどのような部屋にも置きやすいデザイン。

背もたれが高いカウチソファ
ハイバックソファの魅力であるリラックス感が一層増したカウチソファ。足を伸ばしてゆったり寛げます。

後付けでハイバックにできるアイテム
一般的な高さのソファ背面にヘッドレストをプラスすることで首から頭全体までも支えてくれます。

  • ハイバックソファの座り心地 ~安定した姿勢で贅沢にくつろぐ~
    ハイバックソファの座り心地 ~安定した姿勢で贅沢にくつろぐ~

    背もたれに高さのあるハイバックソファは、体を包み込むようにして支えてくれるので、安定した姿勢で上質なくつろぎを提供してくれます。この「体を包み込むように支える座り心地」のポイントを、a.flatのハイバックソファである「テン・ハイバックソファ」の座り心地と一緒にご紹介致します。

背面デザインが綺麗なソファ

ソファは壁付けだけでは無く、部屋の中央に空間置きすることも有ります。ソファの背面が無造作になっているとせっかくこだわったインテリアコーディネートも台無しになってしまいます。背面まで綺麗なデザインになっているかは、お部屋を印象付けるのにとても重要なポイントとなるのです。

ポイント1:空間の何処においても美しく見える

360度どの角度から見ても綺麗なプロポーションのソファは見れば見るほど美しく、お部屋に置くだけで素敵な空間にしてくれます。例えばこちらのソファは抜け感のある無垢材アームが背面まで繋がりのあるデザインになっており、また、背の角度に沿った背面デザインを採用したため、床面が見えやすく広々と感じる空間づくりに最適のソファです。

ポイント2:豊富なサイズラインアップで部屋作りしやすい

背面が見えるようにソファを置く場合には、背面が綺麗なことはもちろん、サイズのバリエーションも豊富な必要があります。お気に入りのソファが見つかっても部屋のサイズに合っていなければ、バランスが悪くおしゃれが決まらなくなってしまうからです。

  • 背面デザインが綺麗なおすすめなソファ

背面が綺麗な木材ソファ
背面が深いブラウン色の木材ソファ。木材ならではの重厚感と温かみを感じることができます。

背面が綺麗な天然素材のソファ
天然素材が編み込まれた魅力的なソファを置く事でアジアンテイストの部屋になります。

背面が綺麗なローソファ
背面に走る一本のスリットによって、ロータイプのデザインがよりスタイリッシュで開放的な印象になります。

ソファサイズ×ソファの形で変わるインテリア実例

日々の暮らしが充実するソファ選びのポイント2つ目である、部屋のイメージに合わせたソファの形やサイズを上手に選ばれた実例をご紹介致します。それぞれテーマに合わせたソファを選ばれているので参考になさって下さい。

沖縄リゾートをイメージした安らぎ感じるインテリアコーディネート

沖縄の宮古島に訪れた際、宿泊されたホテルを気に入られて沖縄リゾートのような空間を実現したいと思いコーディネートされたご自宅。背もたれが低いソファが寛ぎの空間を演出して、深い安らぎを与えてくれます。遠く離れた自宅でも沖縄のようなリゾートの空気感を味わえるインテリアコーディネートです。

窓からの光を取り入れられるローソファ

自然の空気を取り入れる窓。窓からの光や風を邪魔する事なく、開放感を与えられるのが背もたれが低いソファです。そんなローソファを上手く取り入れて、マンションのご自宅でも、寛ぎや開放感を感じるリビングダイニングにインテリアコーディネートされています。

瑞々しいグリーンの3LDKインテリアコーディネート

都会の中に流れる目黒川沿いに佇む、マンション3LDKのインテリアコーディネート実例です。季節の移ろいとともに日々変化する目黒川の自然をテーマにして、新緑の季節に合わせたグリーンを中心としたカラーコーディネートをご提案させて頂きました。お部屋の中にいても、川沿いと同じような自然を味わいながら日々過ごせるカラーコーディネートとなります。

奥行きが狭いソファが部屋に抜け感を作る

窓を開けると清々しい風が通り抜けるお部屋で、この爽やかなロケーションを活かして、目線が抜けやすいように奥行きが狭いソファをセレクトされています。

大きな窓からの開放感を感じながら寛げる、特別な空間になりました。

  • 目黒川沿いの自然を取り入れた 瑞々しいグリーンの3LDKインテリアコーディネート
    目黒川沿いの自然を取り入れた 瑞々しいグリーンの3LDKインテリアコーディネート

    目黒川沿いに佇む3LDKのマンションのインテリアコーディネート実例です。川沿いの爽やかな風が流れる開放的な3LDKならではの家具レイアウトや、統一感のあるグリーンのカラーコーディネートにこだわっています。リラックスムード溢れるグリーンの配色で、都会のマンションでも自然を感じながら穏やかな時間が過ごせる空間に仕上げています。

雄大な海と空が広がる千葉・鴨川の別荘インテリア

日常では感じることのできない自然を、たくさん味わうことができる別荘のインテリア実例です。お部屋の中で過ごしながらも、鴨川の海や空を感じながらリラックス感を満喫できるハイバックのコーナーソファが贅沢な寛ぎ感を演出しています。

リラックスムードを高めるハイバックのコーナーソファ

ソファに座って、リラックスしたい。ゆったりと寛ぎたいというお客様からのご要望から、背もたれが高いソファをチョイス。また、より一層リラックスムードを高めた空間に演出するためにコーナーソファでセレクトされました。

  • 【インテリア実例】海と空が見える千葉 鴨川の別荘コーディネート
    【インテリア実例】海と空が見える千葉 鴨川の別荘コーディネート

    自然が豊かな別荘地・千葉 鴨川にピッタリなインテリアコーディネートをご紹介致します。太平洋の壮大な海と空が広がる鴨川の魅力を最大限に活かした家具選びやインテリアコーディネート。別荘の中でも大自然を感じてゆっくりした時間を過ごす事が出来ます。千葉 鴨川の別荘の実例インテリアコーディネートを交えながらご提案致しますので、是非参考にされてみてください。

沖縄のような透きとおる碧い海をイメージしたインテリアコーディネート

透き通った海のような、心に潤いを与えてくれるターコイズブルーのソファを中心に、コーディネートされた実例です。海沿いのスペースに調和するロースタイルのブルーソファが空間にマッチしています。

背面が美しいローソファ

背面にある、一本のスリットからメインとなるソファのファブリックカラーが見えて、海のイメージを損なわせないデザインになっています。

また、背もたれの高さが低い事から、天井が高く窓が大きいことが魅力な間取りを最大限に生かすことができます。

【3】ソファのデザイン・素材・色で変わるインテリア性

ここまでは、日々の暮らしが充実するソファ選びのポイントをご紹介致しましたが、この章からはソファ中心の部屋をおしゃれに見せるためのポイントをご説明致します。

快適でおしゃれなお部屋作りをするためには、部屋のインテリアテーマとなるスタイルやテイストを決めることが重要となります。日々の暮らしが充実するためのポイント3つ目となる、ソファのデザインや素材、色選びについてご覧ください。

ソファのデザイン・素材で異なる見た目

例えばこの写真は、フレームがウォーターヒヤシンスが編み込まれていて、クッション部分はダークブラウンのファブリックになっています。リゾートホテルなどでも多く採用されているコーディネートです。ソファのデザインや素材でお好みのインテリアテイストへ大きく印象付ける事ができます。

では、実際にソファのフレームはどのような種類があり、どのような印象を与えるのかご説明致します。

木材・無垢材のソファフレーム

明るい木材フレームにすると、カフェのようなナチュラルスタイルになります。また、北欧風インテリアなどにもおすすめです。

濃い木材フレームにすることで、自然由来の温かみを感じられるため、アジアンテイストを演出するのにも人気のソファフレームです。

ファブリック張地のソファフレーム

ベージュやブラウン系のファブリック素材を使ったソファフレームを取り入れると、お部屋をナチュラルにコーディネートできます。

また、全面レザーのソファにすることでモダンな雰囲気も作りやすく、メンズライクなかっこいい印象になります。

天然素材のソファフレーム

フレームに天然素材を使ったソファを取り入れると、お部屋が一気にオリエンタルな雰囲気になります。

バリやハワイ等、リゾートホテルには多く採用されている天然素材。リゾートらしい雰囲気をお部屋に取り入れることができるでしょう。

後ろ姿も確認しましょう!

ソファ選びで意外と見落としがちなのがソファの後ろ姿です。

インテリアテイストを左右するソファは背面までデザインや素材が統一されているか、また綺麗な形になっているかが大切なポイントになります。必ずソファの背面も確認するようにしましょう。

ソファの素材×色で実現する様々なインテリアテイスト

ソファのデザインや素材でお好みのインテリアテイストへ大きく印象付ける事ができるため、まず自分の理想とするインテリアテイストを探して決めておくことからスタートしましょう。

テイストごとに理想のインテリアコーディネートがしやすい素材をご紹介致します。

カバーが変えられるソファ

メイン家具となるソファのカバーは、部屋の印象を大きく左右させます。

ファスナー式のソファカバーの場合、簡単にカバー交換ができ、お好みのインテリアテイストに合わせてカバーを変えられるため、模様替えをしたい時にも、安心に使用して頂けるでしょう。

モダンテイスト(木材ソファ×ブラウン)

落ち着いた上品な印象を作るモダンな部屋は、空間に大人の雰囲気を作り出してくれるインテリアコーディネートとして、とても人気のスタイルです。落ち着いた印象のブラウンカラーを全体的に取り入れた、大人の雰囲気を感じさせるナチュラルモダンのコーディネート。

  • モダンテイスト(木材ソファ×ブラウン)のコーディネートアイテム

アジアンリゾート(ラタン×グリーン)

癒しのグリーンとラタン材のコンパクトソファを主役にして、リゾートヴィラのようなアジアンリゾートテイストにすることができます。ラタンは自然の緑と合わせると、木々のようなイメージにも見えて相性よく馴染みます。

  • アジアンリゾート(ラタン×グリーン)のコーディネートアイテム

マリンテイスト(ヒヤシンス×ブルー)

ブルーとホワイトを基調にした爽やかな配色が特徴のマリンテイスト。ウォーターヒヤシンスの素材が一層、海のイメージを演出して、家の中でも海を感じながらリゾート気分を味わいたい方におすすめのテイストです。

  • マリンテイスト(ヒヤシンス×ブルー)のコーディネートアイテム

ラグジュアリー(ヒヤシンスDG×パープル)

高級感溢れるラグジュアリーテイスト。主張し過ぎないカラーで上品なイメージを保つのがコーディネートのポイント。ダークグレーに塗装されたヒヤシンスソファが落ち着きを感じさせて、誰もが憧れる優雅で贅沢なひと時を過ごすことができるテイストです。

  • ラグジュアリー(ヒヤシンスDG×パープル)のコーディネートアイテム

ソファのデザイン・素材・色でおしゃれな部屋を叶えた実例

実際に、好みのインテリアテイストに合わせて、ソファのデザイン・素材・色を選び、おしゃれな部屋を叶えた実例を紹介致します。間取りはそれぞれ異なりますが、ご自身のイメージに合うものを参考にご覧ください。

ロースタイルで作るモダンインテリアコーディネート

都内に新築戸建てのご購入に伴ってお部屋の雰囲気を、都会の洗練されたイメージをテーマに、モノトーンで統一されたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。ソファを中心にダークグレーにモノトーンカラーの家具がシックな印象を与えてくれます。

都会的でモダンな雰囲気を醸し出してくれるインテリアのポイントとして、モノトーンで統一されたコーディネートの中に、ダークグレーに塗装されたヒヤシンス素材のソファがアクセントとなるよう取り入れています。

リビングダイニングの中間置きをしたレイアウトですが、ソファの後ろ姿まで、綺麗なソファを選ぶ事で、モダンテイストの雰囲気を崩しません。

ブルーが映えるビーチスタイルの西海岸風インテリアコーディネート

ブルーのファブリックアイテムを中心に、海のような雰囲気を演出して、アメリカ西海岸のようなビーチスタイルをご提案させて頂きました。ホワイト・ブラウン・ブルーの対比がお部屋内でバランス良く調和し、西海岸のビーチにいるかのようなリラックス空間を生んでいます。

西海岸のような開放感は家具レイアウトでも意識しています。ソファ前にローテーブルを配置せず、無垢材のサイドテーブルとオットマンだけプラスして、空間に抜け感や開放感を演出しました。

無垢材×鮮やかなブルー、開放感ある家具選びが西海岸テイストのイメージを一層高めています。

  • ブルーのインテリアの魅力『26部屋のインテリアコーディネート実例付き』
    ブルーのインテリアの魅力『26部屋のインテリアコーディネート実例付き』

    海や空をイメージさせるブルーのインテリア。開放感がある爽やかな装いは、リラックス感の溢れる空間を演出してくれます。ネイビー・ターコイズブルー・アクアブルーなど様々なブルーでコーディネートした沢山の実例や、ブルーのインテリアが暮らしにもたらしてくれる効果、ブルーのインテリアコーディネートを行う際のポイントを紹介しています。

湘南リゾートで特別な時間を過ごすセカンドハウス

「セカンドハウスらしい週末だけの特別な時間を、ご家族でリラックスして過ごしたい」というご希望から、家具選びやレイアウト、カラーコーディネートをご提案。室内からは海が見える素敵なロケーションを活かして、ヒヤシンス素材の家具を中心にリゾートインテリアで統一感を出しました。

ヒヤシンス素材のソファ×レッド

天気の良い日には相模湾に落ちるサンセット。ご家族でリラックスしながら、その空間に浸れるよう、自然と調和するレッドのソファにされています。

窓から入る自然光を浴びたヒヤシンス素材の凹凸が、綺麗に陰影を出して、印象的なソファです。

都会のモダンリゾートを感じるインテリアコーディネート

都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。品の良いグレージュやホワイトの床・建具で揃えられ、都会にありながらも窓からは緑も望める心地の良いお部屋です。

無垢材のラウンジチェア×ブラウン

明るい床色と落ち着いた色の家具とのコントラストがスタイリッシュな印象であると同時に、ラタンや無垢材などの自然素材をふんだんに取り入れています。

背面までこだわったデザインのラウンジチェアを置くことで、アーバンリゾートのリラックスムードを盛り上げています。

  • 都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート
    都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート

    都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。ゆったり寛ぐリラックススタイル、友人を招いて食事会を楽しめる両方のスタイルを演出する、拘りの家具選びを提案させて頂きました。家具・インテリアの素材・色・デザインをブレンドした、大人の余裕を感じる、ワンランク上のMIXスタイルも必見です。

【4】ソファがおしゃれに見える家具・インテリアをプラスする

ここまで、快適に過ごせるソファの選び方と、お好みのインテリアテイストに合わせたソファの形や素材についてご紹介致しました。この章では、こだわりを持って選ばれたソファにプラスアルファのアイテムを使って、おしゃれな空間に仕上げるポイントをご紹介致します。

この仕上げとなるポイント4を意識して、ワンランク上のおしゃれな部屋作りをしていきましょう。

ソファの雰囲気をアップさせるおすすめ家具

ソファの周りに、デザイン性がある家具を置く事で、その空間を更におしゃれな雰囲気へ演出することができます。また、飲み物や本が置けるテーブルなど、ソファ近くに置くことでソファライフが快適になるでしょう。ここからはソファの雰囲気をアップさせるおすすめ家具をご紹介致します。

ソファにアクセントをプラスするサイドテーブル

サイドテーブルはソファのすぐ隣に置くことが多く、小さいながらも存在感があります。

そのため、メインの家具やお部屋全体が更に素敵に見えるよう、サイドテーブルはおしゃれなデザイン・使い心地にこだわって選びたいですね。

  • ソファをおしゃれにするサイドテーブル

コの字を描いた抜け感のあるデザインとガラス天板がソファを爽やかな印象に変えます。

天板高さが調節できる便利な機能が備わった使い勝手の良い無垢材のサイドテーブル。

職人がヒヤシンス素材を一つ一つ丁寧に編み込んだヒヤシンス素材のサイドテーブル。

ソファとの統一感が生まれるローテーブル

「センターテーブル」「リビングテーブル」「座卓」等とも呼ばれる「ローテーブル」。

ソファやダイニングテーブル等に比べて小さめの家具ですがお部屋の中心に置くため、おしゃれなデザインのローテーブルを選ぶことでインテリアコーディネート全体の雰囲気をアップすることができる、名脇役的な存在です。

  • ソファをおしゃれにするローテーブル

オーバル型のガラス天板と、土台の曲線フォルムが、空間を爽やかなイメージに導いてくれます。

シンプルモダンからアジアンまであらゆるテイストをカバーするデザイン性があるローテーブル。

ガラス天板から見えるヒヤシンスが爽やかな印象をプラスしてくれます。

  • おしゃれなローテーブル8選 ~おすすめのローテーブルと選び方を紹介~
    おしゃれなローテーブル8選 ~おすすめのローテーブルと選び方を紹介~

    おしゃれで快適な部屋を叶えることができるローテーブル。ローテーブルを取り入れることで、コーディネートに統一感を与えることができ、物を置く・収納するなど、過ごしやすい部屋をつくることができます。こちらのコラムでは、そんなローテーブルの選び方や、ローテーブルを取り入れたおしゃれな部屋づくりを紹介します。

リビングの完成度を高めるテレビボード

おしゃれなリビングに欠かせない家具のひとつであるテレビボード。

実際に寛いでいる時にはソファではなく、テレビボードに視線が集まるため、おしゃれなデザインのテレビボードを選んだり、テレビボード周辺の空間をセンス良く飾ることで、リビング全体をおしゃれな雰囲気にすることができます。

  • リビングの完成度を高めるおすすめのテレビボード

絶え間なく流れる幾筋もの滝から着想を得たデザインが人の心を惹き付けるテレビボード。

無垢のソファに合わせるとナチュラルな雰囲気がアップする、無垢材のテレビボード。

木々の生命力を感じる無垢材と落ち着きのあるアイアン素材の魅力が調和したテレビボード。

  • おしゃれなテレビボードで更に素敵な空間に ~こだわりのインテリア実例付き~
    おしゃれなテレビボードで更に素敵な空間に ~こだわりのインテリア実例付き~

    おしゃれなリビングに欠かせない家具のひとつであるテレビボード。実際に寛いでいる時にはソファではなく、テレビボードに視線が集まる為、おしゃれなデザインのテレビボードを選んだり、テレビボード周辺の空間をセンス良く飾ることで、リビング全体をおしゃれな雰囲気にすることが出来ます。今回はそのようなおしゃれなテレビボードをご紹介致します。

ソファ×テレビボード×テーブルの組み合わせで変わるインテリア 

自宅の中で過ごす時間が長いリビングは、ソファ×テレビボード×テーブルの組み合わせ次第で、部屋のイメージが大きく変わります。個々の家具デザインだけを見て選ぶのでは無く、それぞれの相性や統一感などをふまえて組み合われば、よりセンスの良い空間を叶えられるでしょう。

ソファを簡単におしゃれできるインテリアアイテム

リビングは家の中でも長い時間を過ごす特別な場所です。また人を招いたりする場所でもあるので、特におしゃれにはこだわりたいですよね。誰が見てもおしゃれに見える、おすすめのインテリア小物をご紹介致します。

ソファとの高低差を演出する天井照明

ソファは床に置く家具のため、目線が下に下がりがちですが、天井照明をつけてフォーカルポイントを作ることで、高低差を演出し、お部屋のバランスを良くします。

天井照明にはおしゃれなデザインや部屋に合うデザインの物を選ぶようにしましょう。

  • ソファとの高低差を演出するおすすめの天井照明

宙に浮かぶグリーンのシェードが空間に爽やかさとアクセントをもたらす天井照明です。

長い年月をかけて海を漂ってきた流木の素材感とユニークなフォルムが魅力の天井照明。

世界三大銘木のウォールナットを贅沢に使用したシェードが魅力の天井照明。

  • 天井照明・ペンダントライト・シーリングライト~お部屋を照らす、癒しのアジアンテーストの灯り~

    天井照明・ペンダントライト・シーリングライト~お部屋を照らす、癒しのアジアンテーストの灯り~のページです。a.flatアジアンリゾートスタイルに映える天井照明(ペンダントライト・シーリングライト)シリーズが、お部屋の空間を彩ります。用途や好みに合わせたインテリアコーディネートで、日々の生活、季節の移ろいは、もっと楽しめるはず。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗では、コーディネートスタイルと天井照明(ペンダントライト・シーリングライト)の組み合わせを確かめながら、お気に入りに囲まれる生活を、体感いただけます。理想のお部屋作りを演出する天井照明(ペンダントライト・シーリングライト)シリーズです。

ソファ周りのムードを高める間接照明

リラックスして過ごしたいソファの近くには、温かみのあるオレンジの灯りが魅力の間接照明を置く事で、ソファ周りのリラックスムードを高めます。

おしゃれなだけでなく居心地の良い空間を演出することができる間接照明を、是非お部屋に取り入れてみましょう。

  • ソファ周りのムードを高めるおすすめの間接照明

ぼんやりとした柔らかい灯りによって、光のグラデーションで空間全体を包み込み、心安らぐ雰囲気を生み出します。

和紙を通した儚げな淡い光が綺麗なフロアランプ。稲穂がこうべを垂れるような、柔らかい曲線を描いたデザインになっています。

スライスしたブナを透過して放たれる光が温かいテーブルランプ。木漏れ日のような優しい光が魅力的です。

  • フロアランプ・フロアスタンド~空間のアクセントに、癒しのアジアンテーストの灯り~

    フロアランプ・フロアスタンド~空間のアクセントに、癒しのアジアンテーストの灯り~のページです。a.flatアジアンリゾートスタイルに映えるフロアーランプ・フロアスタンドが、お部屋の空間を彩ります。用途や好みに合わせたインテリアコーディネートで、日々の生活、季節の移ろいは、もっと楽しめるはず。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗では、コーディネートスタイルとフロアーランプ・フロアスタンドの組み合わせを確かめながら、お気に入りに囲まれる生活を、体感いただけます。理想のお部屋作りを演出するフロアーランプ・フロアスタンドシリーズです。

  • テーブルランプ~手元を照らす、癒しのアジアンテーストの灯り~

    テーブルランプ~手元を照らす、癒しのアジアンテーストの灯り~のページです。a.flatアジアンリゾートスタイルに映えるテーブルランプが、お部屋の空間を彩ります。用途や好みに合わせたインテリアコーディネートで、日々の生活、季節の移ろいは、もっと楽しめるはず。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗では、コーディネートスタイルとテーブルランプの組み合わせを確かめながら、お気に入りに囲まれる生活を、体感いただけます。理想のお部屋作りを演出するテーブルランプシリーズです。

リラックス感をソファに与える観葉植物

リビングルームのメインアイテムとなるソファは、部屋の印象を決める大切な家具です。

自然を感じさせる素材やファブリックを取り入れながら、観葉植物を置く事で一層リラックス感がまして部屋の印象をおしゃれにするでしょう。

  • リラックス感をソファに与えるおすすめの観葉植物

エバーフレッシュ
明るいグリーンの葉と華奢な樹形が爽やかさを演出し、どんなテイストの部屋にも合わせることが可能。室内の照明でも管理することができます。

フランスゴムの木
小ぶりで丸い葉がかわいらしい品種。幹を曲げた「曲り」の株がインテリア性が高いとして特に人気があります。ソファ空間をおしゃれにしてくれるでしょう。

モンステラ
切れ込みの入った独特な形の葉は南国風のモチーフとして非常に人気があります。天然素材のソファに合わせるとリゾートの雰囲気を演出できます。

オーガスタ
大きめの葉が優雅で、寒さにも強く育てやすい品種のひとつです。ホテルや商業施設などでも目にすることが多く、ホテルライクな部屋作りにおすすめ。

  • 観葉植物を使ったおしゃれなインテリアのつくり方
    観葉植物を使ったおしゃれなインテリアのつくり方

    観葉植物は暮らしに癒しを与えるだけでなく、センスがよくおしゃれなお部屋づくりのためのインテリアアイテムとしても活用できます。種類が豊富なためどれにすれば良いか迷いがちですが、インテリアとしての見せ方を意識するとぴったりの観葉植物に出会うことができます。今回はインテリアで取り入れる観葉植物の選び方やレイアウトの方法などを紹介します。

ホテルライクなソファスペースを作る壁面装飾

クッションやラグだけではなく、壁面装飾も統一させることでを理想のインテリアコーディネートを作りやすい壁面装飾。寂しく映りがちな壁面に、壁面装飾を加えれば完成度の高いコーディネートに。

より統一感を感じられる、空間全体を意識した部屋作りができます。

  • ホテルライクなソファスペースを作るおすすめの壁面装飾

大小のヤシを面と線で細かく描き、立体感と奥行き感のある風景をデザインしたアートパネル。

クッションカバーやソファカバーも作れるファブリックで作られたファブリックパネル。

「越前和紙」に、波が打ち寄せる海の佇まいを碧のグラデーションで描いたアートパネル。

無垢材で組み上げた格子デザインのウッドパネル。お部屋に温かみを与えてくれます。

飾るだけで部屋を華やかにさせる一輪挿しの壁掛け花器。四季折々の植物を楽しむことができます。

「高岡銅器」の着色技術が織りなす、色鮮やかな発色が堪能できる壁掛け時計。

  • 賃貸でも壁掛けインテリアを楽しむ~壁を傷つけにくい飾り方と実例集~
    賃貸でも壁掛けインテリアを楽しむ~壁を傷つけにくい飾り方と実例集~

    賃貸住宅の壁を明るくおしゃれに魅せてくれる壁掛けインテリア。賃貸住宅の場合は釘やネジで壁に穴をあけることができませんが、壁へのダメージが少ない専用の道具などを使えば賃貸でも壁掛けインテリアを楽しむことができます。今回は壁を傷つけにくい掛け方やおすすめのインテリアアートとその実例をご紹介します。壁掛けアートでおしゃれで個性的なインテリアを演出してみましょう。

ソファと相性の良い家具・インテリアをプラスした実例

お好みのインテリアテイストに合わせたソファにプラスアルファのアイテムを使って、おしゃれな空間に仕上げられた実例をご紹介致します。

ハワイの美しい山々や自然をテーマにした1LDKのインテリアコーディネート

こちらのインテリアコーディネートは、数ある自然の中でも「ハワイの山々の情景」に惹かれて、1LDKの部屋作りをされたお客様の実例です。海の情景とはまた異なる視点で、ヒヤシンスやラグを使ってハワイの山並みからインスピレーションを得たインリアコーディネートの面白さが感じられるでしょう。

ヒヤシンスのソファから自然豊かなハワイをインスピレーションして、さらにアジアンリゾートを感じさせる格子デザインのサイドテーブル間接照明を置き、ソファ周りをコーディネートしています。

また、シャギータイプのラグがソファで寛ぐ時間をリラックスムードある時間にしてくれることでしょう。

ロースタイルのコーナーソファでリゾートホテル風インテリアコーディネートを実現

旅行で宿泊されたリゾートホテルを参考に、ロースタイルのコーナーソファを置いています。ナチュラルで落ち着いた印象の中にも、爽やかさを感じるリゾートホテル風のインテリアコーディネートです。

リゾートの雰囲気を演出してくれる自然素材を使用した家具や、思い出の瞬間を切り取った様なカラーコーディネートが特徴的なご自宅です。

優しい灯りの間接照明やリゾート気分が感じられるモンステラ、ウッドブラインドからこぼれる光が、日々の疲れを癒してくれるリゾートホテル風インテリアのポイントとなっています。

ヒヤシンス×パープルのソファでラグジュアリーに過ごせるインテリアコーディネート

周りから憧れるようなラグジュアリーな一人暮らしの部屋作りの実例です。特に主役となるソファの位置や見え方、カラーの入れ方によって部屋の雰囲気が大きく変わるため、この実例では華やかなパープルのソファを主役とすべく、入口から見えやすい位置にレイアウトしました。

主役のソファに合わせて、高級感漂うパープルカラー中心のカラーコーディネートを取り入れました。

華やかなパープルやゴージャス感のある花柄、ポイントを彩るインテリア小物を添えて、ソファを際立たせるラグジュアリーな雰囲気の空間で贅沢に過ごせるようにしています。

  • 【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート
    【インテリア実例】一人暮らしが楽しくなる、女性におすすめのインテリアコーディネート

    おしゃれに敏感な女性が理想的な住みよい一人暮らしを実現するためには、好みのスタイルやインテリア選びにカラーコーディネート、レイアウトなど多くの重要なポイントがあります。ワンルーム、1LDK、2LDKの間取りを上手く使いながら、女性の一人暮らしが楽しくなるインテリアコーディネートを再現してみましょう。今回は一人暮らしをされる女性へ素敵なインテリアコーディネートを再現した部屋の作り方をご紹介致します。

ホテルライクな部屋で優雅に過ごす生活を叶えられたインテリアコーディネート

ホテルライクな部屋としてインテリアコーディネートした事例です。バリなどのアジアンリゾートホテルで過ごすことは、誰もが憧れるオフの過ごし方です。日々の喧騒を離れ、別の世界に来訪したかのような感覚。そんな贅沢な過ごし方ができるホテルライクな部屋になっています。

ホテルライクなイメージを作りやすいポイントは、カラーコーディネートです。

この事例ではバリの自然や花をテーマカラーに、ダークブラウン+グリーン・パープル・オレンジの3色をアクセントにして、クッションや壁面装飾、ラグにアジアンテイストを取り入れたホテルライクな部屋に仕上がっています。

  • 【一人暮らしの部屋】アジアンインテリアコーディネートで彩る特別な寛ぎがある暮らし
    【一人暮らしの部屋】アジアンインテリアコーディネートで彩る特別な寛ぎがある暮らし

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をアジアンリゾートのような非日常感や深い寛ぎ感のあるインテリア・家具でコーディネートした実例をご紹介します。パープル・グリーン・柄物などアジアンインテリア特有のオリエンタルな色使いの方法、自然のエネルギーを纏った風合いのある家具選びなど、一人暮らしというコンパクトなスペースでもアジアンインテリアを存分に楽しむためのポイントを是非参考になさってください。

ソファ周りのインテリアコーディネートを叶える3Dコーディネートサービス

a.flatでは無料で3Dコーディネートサービスをご案内しています。図面から実際の部屋イメージを作成し、快適なソファライフを楽しむために様々なソファサイズ・形を置いたときのイメージや、インテリアコーディネートを2Dや3Dで確認ができます。お部屋に合ったレイアウトをシミュレーションして、快適なソファ選びとおしゃれに見せるコーディネートをご提案をさせて頂きます。

3Dコーディネートサービスでできること

【1】図面から3Dデータを作成
まずはお客様の図面を元に、バーチャルの部屋を作成していきます。図面をお持ちでない場合は、ご自身で採寸されたものからお作りすることも可能です。

【2】家具のレイアウトを行う
ライフスタイルに合った理想のソファライフを叶えるために、お客様の生活スタイルをお伺いしながら最適なレイアウトを探していきます。

【3】インテリア小物をコーディネートする
家具のレイアウトが決定した後は、インテリアをコーディネートしていき、心地良く過ごせるソファ空間に仕上げていきます。

【4】3Dで完成イメージを確認
全てのコーディネートが完成したら、3D画面で空間全体のイメージや、実際に室内にいる目線の両方で、部屋を確認して頂く事ができます。

ソファ選び×インテリアコーディネートでおしゃれな部屋作り

部屋の広さやいつもの過ごし方、住まわれる人数や家族構成など、ライフスタイルによっておすすめのソファは違ってきます。

いつものソファでの過ごし方をイメージして、暮らしが充実するソファを選び、心地良いインテリアコーディネートを実現するために、シミュレーションを使って、おしゃれな部屋作りをしましょう。

  • 様々なソファでシミュレーションを確認

スタンダードソファのパターン

カウチソファのパターン

1人用ソファを置いたパターン

  • 様々なカラーコーディネートで確認

ブルーコーディネートのパターン

レッドコーディネートのパターン

パープルコーディネートのパターン

おしゃれなソファとインテリアコーデを店舗で確認

a.flatの店内はソファ・ローテーブル・ラグ等がトータルコーディネートされた状態でディスプレーされているため、空間がイメージし易く、おしゃれなソファライフを過ごすためのヒントも沢山見つかるはずです。もちろん、家具のデザインや質感、そして使い心地もじっくりお試し頂けます。ご自宅の中で活躍してくれる、お気に入りの家具を見つけて下さい。

コーディネーターに3Dコーディネートサービスの相談

ショップスタッフに直接相談できるサービスです。インテリアコーディネート全般から家具のレイアウトなどお気軽に相談頂けます。家具・インテリアのコーディネート知識を持ったスタッフが、最適なソファ選びや、おしゃれにするコーディネートなどの相談を丁寧にお伺いしますので、これからの部屋作りに是非お役立てください。

a.flat新宿店

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-8 ACNビル 2F
TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)
公共交通機関でお越しの場合

新宿三丁目駅から徒歩1分
新宿駅から徒歩8分

a.flat目黒通り本店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜、木曜(祝日を除く)
※駐車場サービス有(ご予約制)
公共交通機関でお越しの場合
都立大学駅から徒歩7分

a.flat大阪梅田店
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00 定休日 無し
※駐車場サービス券有り(詳細は店舗まで)
公共交通機関でお越しの場合

JR大阪駅、地下鉄梅田駅から徒歩3分

まとめ

今回はソファの基本的な選び方と、インテリアでおしゃれに見せるポイントを紹介させて頂きました。ご自身のライフスタイルに合わせて家具選びすることで、快適にお過ごし頂けます。

是非おしゃれなインテリアアイテムをプラスして、素敵なソファライフをお楽しみください。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せ、具体的に家具を選んだり、コーディネートのイメージを膨らませましょう。

カタログ請求はこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.