• カート
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
  • マイルーム
  • マイリスト

【ダイニングキッチン実例集】狭い or 広いDKのレイアウト&インテリアのコツ

公開:2020/4/30

更新:2020/5/3

ライター:目黒通り本店瀬下

【ダイニングキッチン実例集】狭い or 広いDKのレイアウト&インテリアのコツ

お引越しをする際に、部屋の間取りをご覧いただくと思います。その際、よく目にする「ダイニングキッチン」。ダイニングキッチンが少し狭いと、どのように家具をレイアウトすればいいか悩まれるでしょう。また、ダイニングキッチンでは、キッチンのインテリアも重要なポイントになります。狭いダイニングキッチンを上手にコーディネートすることで、広く感じて統一感のある空間に仕上がります。ダイニングキッチンのレイアウトやインテリアコーディネートのポイントをご紹介致します。

ダイニングキッチンとは

新居を建てる際や、お引越しの際に、部屋の図面や間取り図を見る機会があると思います。図面や間取り図を見ている中で「DK」や「LDK」という単語がよく表記されています。この「DK」とは、どのような意味で、どこの場所を示すのでしょうか。

部屋の間取り・レイアウトでよく見かける「DK」

部屋の図面や間取り図で「DK」と記載された場所があります。「DK」とは、Dining Kitchen(ダイニングキッチン)を略した単語になります。また、「LDK」という単語もありますが、こちらは、Living Dining Kitchen(リビングダイニングキッチン)となり、居間として使用出来るスペースが加わった場所を示します。

「D」はダイニング・「K」はキッチン

ダイニングスペースは、主に食事をする場として設けられます。食事をする目的のため、基本的には、テーブルとチェアが置けるスペースが確保されています。

キッチンは、料理をする場所です。キッチンスペースは、食事を作る調理台(キッチン)も含まれたスペースとなります。

ダイニングキッチンは「キッチン」のインテリアもポイントに

ダイニングキッチンでは、ダイニングとキッチンがつながりを持つ空間です。キッチンスペースは、比較的室内の入口に近いスペースに設けられることが多いので、部屋に入った際にキッチンは目につきやすく、部屋の印象を左右します。そのため、キッチンのインテリアも部屋をコーディネートする時のポイントになります。

キッチンでは、調理器具や食器類など収納する物が多くあります。そのため、収納家具は必要です。その収納家具をインテリアの一部として使用しましょう。

また、キッチン周りに色を入れると、キッチンやダイニングの印象も変わります。ダイニングの色を取り入れることで、まとまりを表現することが出来ます。

おすすめコラム

  • 【特集】温もりある木製のキッチン収納で豊かな暮らしを
    【特集】温もりある木製のキッチン収納で豊かな暮らしを

    キッチンスペースに温もりのある印象を与えてくれる木製のキッチン収納を取り入れて、忙しない家事の時間もほっと心が安らぐひと時に変えてみませんか。こちらでは、木製のキッチン収納の魅力や種類、暮らしを快適にする機能性を中心にご紹介しています。是非、参考にされてみて下さい。

ダイニングキッチンの主なレイアウトパターン

ダイニングキッチンでは、どのようなレイアウトがあるのでしょう。ある程度広いダイニングキッチンでしたら、置く家具もゆとりあるものを選ぶことが出来ます。限られたスペースのダイニングキッチンでは、家具のレイアウトに工夫して過ごしやすい空間をつくることが必要です。

ダイニングキッチンの広さは、ダイニングスペースとキッチンスペースを合わせた大きさとなります。ご自宅やお引越し先の図面に「DK6畳」と記載があった場合、ダイニングは約4畳ほど、キッチンは約2畳ほどのバランスです。

『DK 8~10畳』 比較的ゆとりがあるダイニングキッチンのレイアウト

DK(ダイニングキッチン)が8畳~10畳ほどの広さがあると、ある程度ダイニングスペースは余裕があります。リビングも広いLDKなどにみられるレイアウトです。ゆとりがあるスペースだからこそ、空間全体のバランスを考えたレイアウトが必要になります。

・キッチンにも統一感を演出しLDKでつながりがある「ダイニングキッチン」

キッチンは孤立しやすい空間ではありますが、最近では、調理台(キッチン)に使用される面材の種類が豊富にあるため、お好みのキッチン空間を作ることが出来ます。そのキッチンの面材に合わせて、ダイニングをコーディネートすることで、ダイニングキッチンとして、統一感を演出していただけます。

キッチン・ダイニング・リビングのカラーコーディネートや家具に使用されている素材感を統一することで、広々とした部屋でも、空間が孤立することなく、まとまった印象を与えてくれます。

部屋のスペースにゆとりがある分、家具のレイアウトの自由度が高く、まとめるのが難しく感じます。そのような時は、シミュレーションを行って、事前にイメージを確認してみましょう。

『DK 6~8畳』 ダイニングスペースのみのレイアウト

ダイニングキッチンの広さが6~8畳ほどの場合、ダイニングスペースを確保することが出来るので、ダイニングテーブルやダイニングチェアは比較的配置しやすい大きさです。キッチンとの距離も近くなるので、配膳や片付けを行いやすくなります。

・壁付けキッチンでダイニングと区切りが無い「ダイニングキッチン」

壁付けキッチンは、ダイニングとの区切りがなく、よりダイニングとキッチンの空間がまとまった印象になります。そのため、キッチンに使用されている面材の色や、キッチンアクセサリーとダイニングのインテリアを揃えることで、ダイニングキッチンとしての統一感を演出していただけます。ダイニングチェアのカバーと、壁面に飾る壁面装飾を使用するだけでも、ダイニングキッチンの雰囲気は変わります。

ダイニングとキッチンの距離が近くなるので、キッチンで料理する時や、ダイニングに座る時などの動線の確保がポイントになります。キッチンからダイニングセットまで約1mほどスペースを空けて、ある程度、余裕のある距離感を取りましょう。

・対面キッチンでダイニングと区切りがある「ダイニングキッチン」

キッチンスペースが確保されたダイニングキッチンでは、ダイニングスペースが少し狭く感じます。家具の配置やダイニング家具の組合せを工夫することで、ゆとりがあるダイニングキッチンのレイアウトになります。動線をしっかりと確保して、過ごしやすい空間をレイアウトしましょう。

手前に背の低い家具、奥に背の高い家具をレイアウトし高低差を付けることで、圧迫感を軽減した抜け感を作ることが出来ます。

ダイニングキッチンとリビングの距離も近くなるため、リビングに置くソファのサイズも確認して、部屋のバランスを考えましょう。

『DK 4.5~6畳』 コンパクトで狭いダイニングキッチンのレイアウト

4.5~6畳ほどのダイニングキッチンは、ダイニングスペースが限られてきます。キッチンの広さを変更することは、なかなか出来ないので、コンパクトなダイニング家具を選ぶなどのスペースを広く使えるようにする工夫が必要です。

・コンパクトなダイニングセットでレイアウトした「ダイニングキッチン」

限られたダイニングスペースを出来るだけ広く使うために、コンパクトなダイニングセットでレイアウトします。2人掛け程のサイズ感にすることで、スペースの確保を行いやすくなります。ただ、あまりにも小さすぎては、使い勝手が悪くなるため、最低限2人で食事が出来るサイズ感のダイニングテーブルを選びましょう。

限られた空間でも、リビングスペースとダイニングスペースを確保するために、コンパクトなサイズ感の家具でレイアウトされた部屋です。抜け感のある家具は、スッキリとした印象を与えてくれるので、家具のデザインもポイントになります。

・こだわりのキッチンで食事をする「ダイニングキッチン」

キッチンがカウンターキッチンの場合、キッチンで食事をすることが出来ます。ダイニングスペースをそこまで必要としないので、スペースを有効に使えます。ポイントは、キッチンカウンターの高さに合わせた「カウンターチェア」を選ぶことです。カウンターの高さが、約90㎝程でしたら、カウンターチェアの座面高は、60㎝のタイプが適しています。

丁寧に編み込まれた「ヒヤシンス」が、ぬくもりを醸し出しています。素材を感じる背もたれとスッキリとした脚のバランスが取れたカウンターチェアです。

キッチンカウンターで食事をするスタイルのため、ダイニングを最小限にすることが出来ます。余白のスペースがあることで、部屋に開放感が生まれます。

おすすめコラム

  • 【開発エピソード】チェア~ハブ・カウンターチェアの商品開発~
    【開発エピソード】チェア~ハブ・カウンターチェアの商品開発~

    a.flatのブランドメッセージである「その暮らしに、アジアの風を」に適ったカウンターチェアを開発するにあたり、キッチンとリビングルームを繋ぐ「ハブ(中心)」となり、アジアの天然素材であるウォーターヒヤシンスやラタンを使った、より洗練されたカウンターチェアを開発をすることが必須でした。a.flatの世界感・普遍性をテーマに開発された、「ハブ・カウンターチェア」に関わる商品の開発エピソードをご紹介させていただきます。

快適に過ごせて広く見えるダイニングキッチンのレイアウト&インテリアのポイント

少し狭いなと感じるダイニングキッチンでも、快適に過ごせて、広く見えるようにするポイントがあります。ダイニングキッチンのレイアウトやインテリアを工夫することで、過ごしやすくこだわりを感じるダイニングキッチンを作ってみましょう。

  1. 狭い空間を広く見せるダイニング家具を選ぶ

  2. キッチンのインテリアにこだわることで快適なダイニングキッチンをつくる

  3. 狭いダイニングキッチンでも快適に過ごせるレイアウトを考える

1.狭い空間を広く見せるダイニング家具を選ぶ

狭いと感じるダイニングを広く見せるポイントは、ダイニング家具の選び方になります。ダイニングスペースを占める「ダイニングテーブル」と「ダイニングチェア」のサイズ感などを適切なものにすることで、広く感じ、快適に過ごすことが出来ます。

省スペースで使えるダイニングテーブルを選ぶ

ダイニングスペースを占める大きな家具は、ダイニングテーブルになります。ダイニングスペースに対して、適切なテーブルの大きさを検討しましょう。「エクステンション・ダイニングテーブル」は、普段は2人掛けとコンパクトなサイズ感でご利用いただき、来客の際などは、4人掛けとサイズ変更が出来るので、その時々のシーンによって使い方を選べます。

ダイニングテーブルの脚の形状も大切です。省スペースの場合、4本脚より、脚が中に寄っている中脚タイプの方が、出入りがしやすく、スッキリ見えるメリットがあります。中脚タイプの「カフェ・テーブル v03」は、省スペースに配置しやすいダイニングテーブルです。

すっきり見えるダイニング家具を選んで圧迫感を軽減

狭く感じる空間を広く見せるためには、家具のデザインもポイントになります。スッキリした見た目で抜け感を出すことで、開放感を演出してくれます。「モク・ローダイニングテーブル」は、スッキリとした脚のデザインと、テーブルの高さを抑えたロースタイルになっているので、空間を広く見せてくれるダイニングテーブルです。

ダイニングチェアの背もたれでも、ダイニングの雰囲気は変わります。抜け感のある背もたれは、開放感を与えてくれます。

「背無しのダイニングベンチ」を使用することで、圧迫感を軽減し、スッキリとした印象のダイニングをレイアウトしていただけます。

おすすめコラム

  • 暮らしを充実させるコンパクトなダイニングテーブル
    暮らしを充実させるコンパクトなダイニングテーブル

    暮らしを充実させるためには必要不可欠なダイニングテーブル。サイズやレイアウトでお悩みの方は、取り入れやすく使い勝手の良いコンパクトなダイニングテーブルがおすすめです。今回のコラムでは、コンパクトなダイニングテーブルのメリットやレイアウト、インテリアコーディネートを紹介致します。是非参考にされてみて下さい。

2.キッチンのインテリアにこだわることで快適なダイニングキッチンをつくる

ダイニングキッチンでは、キッチンのインテリア性もポイントです。特に目につきやすいキッチン収納のデザインや色合い、機能性にこだわったり、キッチン周りをファブリックや装飾でコーディネートすることで、快適性とインテリア性のあるダイニングキッチンを作れます。キッチンを交換することは難しいことですが、キッチン周りのインテリアを変える事は簡単に出来ますので、インテリア性の高いキッチンをコーディネートしてみましょう。

機能性とデザイン性を両立したキッチン収納で快適&おしゃれに過ごす

キッチンでは、調理道具や食事を盛り付けるお皿など収納する家具が必要です。キッチン収納は、収納する物が多ければ、その分大きくなり、存在感が増します。そこで、収納部分の扉のデザイン性にもこだわり、目を引くキッチンにコーディネートしましょう。立体感のあるデザインは温かみと洗練された雰囲気の両方をキッチンスペースに演出することが出来ます。

2種類の扉のデザイン

ルーバーシリーズ
やさしい海風がもたらす、打ち寄せる波から着想を得たデザイン。細く切り出した無垢材の一本一本が、穏やかで整然とした波の佇まいを表現しています。

レンシリーズ
絶え間なく流れる幾筋もの滝から着想を得たデザイン。伝統技法の「なぐり加工」が生み出す線と溝の連なりが、滝の繊細さと美しさを表現しています。

狭い・広いキッチンに配置可能なサイズ種類が多いキッチン収納

キッチン収納を選ぶ際は、サイズ感がポイントです。キッチン収納を置ける広さは、それぞれ異なってくるので、サイズのバリエーションがあることで、選びやすくなります。また、組み合わせ方の種類も豊富にあることで、こだわりのキッチン収納をコーディネートしていただけます。

■ルーバーキッチン収納シリーズ

⇒その他のルーバーキッチン収納シリーズはこちら

■レンキッチン収納シリーズ

⇒その他のレンキッチン収納シリーズはこちら

おすすめコラム

  • a.flatの食器棚・レンジ台~もしもの場合も修理ができて長く使える~
    a.flatの食器棚・レンジ台~もしもの場合も修理ができて長く使える~

    食器棚やレンジ台は毎日使う家具だからこそ、安全性や修理を含めたサポート体制は非常に重要なポイントです。例えば扉や引き出しのソフトクローズが効かなくなっても、a.flatでは蝶番やレールを付け替えて機能を回復することができます。また、破損したガラスを付け替えることもできます。お客様の豊かな暮らしのため、いつまでも家具を長く使っていいただけるように、パーツ・部品の管理や修理などのアフターサービスにも力を入れています。

ダイニングキッチンの統一感を演出するインテリアアイテム

ダイニングキッチンにグリーンの癒しを演出

グリーンのインテリアアイテムを取り入れて、癒しを感じるダイニングキッチン。グリーンのチェアカバーと、壁面装飾に同じ色のグリーンを使い、統一感を演出しています。森林をイメージさせてくれるグリーンは、無垢材のダイニングテーブルとも相性が良く、自然の癒しを演出します。

ブルーが映える爽やかなダイニングキッチン

爽やかな印象を与えてくれるブルーを使用したダイニングキッチンです。ヒヤシンスで出来たダイニングチェアとブルーのコンビネーションは、爽やかなリゾートの雰囲気を作り上げてくれます。色鮮やかな発色を堪能できる壁掛け時計をキッチンのアクセントに使用しています。

上品なパープルのダイニングキッチン

ダイニングキッチンを上品なパープルでコーディネート。ラタンで出来たダイニングアームチェアとパープルの組合せは、高級感を演出してくれます。キッチンの壁面にも、パープルのパネルを飾り、ダイニングキッチンで統一感を表現しています。落ち着きのあるダークブラウンがパープルを引き立ててくれます。

■ダイニングキッチンで取り入れやすいインテリアアイテム

チェアカバー
約70色の中からお選びいただけます。

ベンチカバー
取り外すことが出来るので、お手入れも簡単です。

ファブリックパネル
チェアカバーと一緒のファブリックから作ります。

アートパネル
高級感漂う見た目が特徴的です。

おすすめコラム

  • ファブリックのテクスチャーで変わるお部屋の空気感
    ファブリックのテクスチャーで変わるお部屋の空気感

    家具に合わせるファブリックのテクスチャー(素材感)の違いによる印象の変化と、各ファブリックの特徴についてのご紹介です。生地の違う同系色のソファカバーの比較もご紹介します。

  • 【壁掛け】インテリアアート、パネル、時計の掛け方・飾り方
    【壁掛け】インテリアアート、パネル、時計の掛け方・飾り方

    より素敵な空間を創り上げる方法のひとつに、壁飾りやインテリアアートなどの壁面装飾を壁に掛けて飾る方法がございます。このコラムでは、壁面装飾を壁に掛ける方法や使用する道具をご案内しながら、アートパネル、ファブリックパネル、ウッドパネル、壁掛け時計や壁掛け花器などのa.flatの壁面装飾のおすすめの掛け方をご紹介します。

3.狭いダイニングキッチンでも快適に過ごせるレイアウトを考える

家具の置き方や、サイズ感は部屋づくりでは重要なポイントです。どこに何をレイアウトするかで、快適に過ごせるかが決まります。部屋全体のバランスを考えて検討しましょう。

家具のレイアウトで使いやすいダイニングキッチンへ

キッチンが独立しているダイニングキッチンの場合は、キッチンスペースへ入るための動線をふさがない事や、配膳しやすいよう、人の通り道を作る必要があります。そこで、ダイニング家具をどこにレイアウトすると動きやすいかを考えましょう。

動線を広く確保しやすい「背無しのダイニングベンチ」を使ったレイアウト

ダイニングスペースでの動線のポイントは、ダイニングテーブルだけではありません。背もたれのついているチェアやベンチの奥行きもポイントになります。奥行が広いことで、その分スペースを取る可能性があります。そこで、奥行きがコンパクトな「背無しのダイニングベンチ」を使用して、スッキリと快適なダイニングセットを作りましょう。

背もたれのついているチェアやベンチは、圧迫感が出て、窮屈に感じてしまう可能性があります。

背無しのベンチにすることで、スッキリとした印象となり、ダイニング周りを動きやすくなります。

ダイニングキッチンスペースにソファを置く「ソファダイニング」のレイアウト

ソファを置きたいが、そこまでスペースが広くない、ダイニングセットを置いてしまうと、ソファを置くスペースがなくなってしまう。そのような時は、「ソファダイニング」をレイアウトしてみましょう。ソファでくつろぐ事もでき、ダイニングとして食事をすることも出来ます。

ソファとダイニングを別々に配置した動線の確保が難しいレイアウト。ダイニングのサイズを小さくする必要があります。

ソファダイニングにすることで、くつろぐ事も食事をすることも出来る空間となります。ゆとりあるサイズ感の家具をレイアウト出来ます。

■ソファダイニングの組合せ

省スペースでも使えるコンパクトなソファダイニングセットになります。2~3人で使用するサイズ感です。

4人でお食事が出来るサイズ感です。ゆったりくつろぐ事も、しっかりお食事をすることもできます。

おすすめコラム

  • ソファダイニングの魅力と選ぶ時のポイント
    ソファダイニングの魅力と選ぶ時のポイント

    寛ぎの「ソファ」と食事が出来る「ダイニング」が一緒になった『ソファダイニング』。購入の前に知っておきたいメリットとデメリットのお話と、選ぶ時のポイント7つをご紹介いたします。ライフスタイルによっての組み合わせやレイアウト例もお話いたしますので是非ご参考になさってください。

キッチンスペースのレイアウトは効率性アップのポイント

キッチンスペースのレイアウトを見直すことで、調理する際や配膳の際、片付けなどの効率もアップします。キッチンを動かすことは簡単には行えないので、キッチン周りのレイアウトを考えましょう。キッチン収納の配置を考えて、どこに何を収納するのか、キッチン周りは動きやすいかを検討しましょう。

図面を元にレイアウトイメージを作成し、キッチン周りの距離感を確認します。キッチンの中での動線の確保も効率性が上がります。

収納家具以外でも、冷蔵庫やごみ箱、その他の家具との位置関係も計画しましょう。流れるように作業できることが効率アップのポイントです。

関連メニュー

【実例集】快適なダイニングキッチンのレイアウト&インテリア

素敵なダイニングキッチンで快適な生活が送れる実例をご紹介致します。レイアウトはもちろん、ダイニングキッチンに使用しているインテリアにも注目して、是非参考にしてみて下さい。

1.広く見せるコンパクトなダイニングキッチンのレイアウト&インテリア

限られた空間を最大限に活かし、快適に過ごしやすいこだわりを感じるダイニングキッチンの実例です。コンパクトなダイニングセットを使用して、空間を広く見せています。また、ダイニングキッチンに取り入れるインテリアアイテムで、空間の雰囲気を作っています。

コンパクトなダイニングテーブルを使った実例

コンパクトなダイニングテーブルを使用して、食事をするダイニングスペースとゆったりくつろぐリビングスぺースを確保した部屋です。ダイニングテーブルには、「バンブー・ダイニングテーブル」の2人掛けサイズを使用しています。天板側面の2トーンカラーがアクセントとなり、ダイニングに動きを演出しています。

ダイニングチェアに使用している自然素材「ヒヤシンス」とソファの素材感を統一して、リゾートテイスト感じる空間となっています。

リビングスペースをしっかりと確保しながら、ダイニングを省スペースにまとめることで、スッキリとした印象の空間になります。

おすすめコラム

ダイニングスペースでもくつろげるソファダイニングを使用した実例

限られたスペースでくつろぐ事も食事をすることも出来る「ソファダイニング」を取り入れた実例です。コンパクトなサイズ感の家具が、部屋にスッキリ感を演出。ソファに使用されているブルーのソファカバーも爽やかな印象を与えてくれます。

コンパクトなサイズ感のカフェテーブルですが、2台置くことで、食事をするスペースを確保することが出来ます。

ソファダイニングとキッチンスペースの距離感や動線を確保してレイアウトされた部屋は、食事の準備や片付けがしやすくなります。

おすすめコラム

普段はコンパクトなエクステンション機能があるダイニングの実例

普段はコンパクトなダイニングテーブルとして使用し、来客時や広くテーブルを使いたい時にサイズを変えることが出来る伸長機能が付いたダイニングテーブルをレイアウトした部屋です。伸長した時に使用するダイニングベンチも部屋のアクセントになっています。

2人掛けから4人掛けにすることが出来る「エクステンション・ダイニングテーブル」は、様々なシーンに合わせてお使いいただけます。

ダイニングベンチのカバーも変えることで、インテリアのアクセントになり、色鮮やかな部屋へコーディネートされています。

おすすめコラム

  • 【特集】落ち着いた魅力溢れる、大人のパープルインテリア
    【特集】落ち着いた魅力溢れる、大人のパープルインテリア

    パープルはインテリアの世界でも神秘的で落ち着いた、魅力的な世界観を持つカラーです。赤の情熱、青の静寂が、華やかさと大人の高級感を表現し、多くの方を魅了します。a.flatはそんな魅力にあふれる、パープルカラーをテーマにした、フラワーパープルスタイルを御提案しております。お部屋をパープルで彩るインテリアコーディネートのコツや、組み合わせ、カラーコーディネート例をヒントに、素敵なお部屋作りを試してみては。大阪梅田(グランフロント北館)、目黒通り、新宿の3つの店舗では、パープルコーディネートスタイルの神秘的な大人の空間を体感頂けます。フラワーパープルコーディネートの世界観をぜひご堪能下さいませ。

デザイン性のあるキッチン家具で統一したダイニングキッチン実例

キッチンが独立しているダイニングキッチンでは、どうしてもキッチンが閉鎖的な印象になってしまいます。こちらの実例では、キッチンスペースで使用している「ルーバー柄のキッチン収納」と、キッチンの傍に配置している「キッチンワゴン」のデザインを統一して、閉鎖的なキッチンにもつながりを演出しています。

リゾートの雰囲気を演出してくれるルーバー柄が特徴的なキッチンワゴンは、箸やスプーンなどを収納するスペースも確保され、機能性にも優れています。

ダークブラウンでまとめられたダイニングキッチンに、アクセントになるカラーを使用して、上品な空間にコーディネートされています。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】オリエンタルな雰囲気漂うモロッコインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】オリエンタルな雰囲気漂うモロッコインテリアコーディネート

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をオリエンタルなインテリアコーディネートにすることで、異国情緒溢れるモロッコのような幻想的な空間を実現することが出来ます。一見派手に見えるピンクやパープルを使ったカラーコーディネートも、ダークブラウンの家具やヒヤシンス素材、グレイカラーを取り入れることで華やかなイメージの中に落ち着いた大人の女性らしさを表現することが出来るでしょう。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りを使って、オリエンタルな雰囲気のモロッコインテリアコーディネートを紹介します。

2.こだわりのキッチン収納・インテリアアイテムを使用したワンランク上のキッチン

キッチン収納やインテリアアイテムを使用して、こだわりの詰まったワンランク上のキッチンです。収納力だけではなく、見た目にもこだわりのあるキッチン収納、ダイニングやリビングのインテリアの雰囲気を取り入れたキッチンなど、こだわりの詰まったインテリアをご紹介致します。

収納力・機能性にも優れたキッチン収納の実例

落ち着いた色合いのダークブラウンで仕上げられたキッチン収納は、ダイニングキッチンに自然のぬくもりや、暖かみを醸し出してくれます。また、木部の扉には「なぐり加工」が施されており、表面の立体感が空間の雰囲気を作り出してくれます。

「レン・キッチンボード」は、収納力や機能性に優れているので、キッチンでの作業がしやすくなります。食器類や調理家電など、キッチンで使用する道具を収納できます。

キッチンでは、様々な調理器具を使用します。その調理器具を使用しやすいように、収納家具をレイアウト。電子レンジやコーヒーメーカーなどの調理器具も安心して使えます。

おすすめコラム

  • 【モデルルーム実例】素敵な空間を作り出すためのインテリアコーディネートと家具選び
    【モデルルーム実例】素敵な空間を作り出すためのインテリアコーディネートと家具選び

    お部屋の魅力を最大限に引き出すモデルルームには、それぞれが素敵なお部屋作りのポイントをたくさん詰め込んだインテリアコーディネートでまとめられています。家具やインテリアなどスタイルに合わせた統一感あるコーディネートがお部屋の完成度を左右させます。今回はモデルルーム実例から学ぶ、素敵な空間作りを再現したインテリアコーディネートと家具選びをご紹介させて頂きます。モデルルームのコーディネートやご自宅のインテリアコーディネートの参考に是非して下さい。

壁面装飾をダイニングキッチンに使用した実例

キッチンの壁面に装飾を付けて、ダイニングキッチンにも雰囲気を演出します。リビングダイニングに使用している暖色系の色をキッチンにも取り入れた暖かみのあるキッチンです。ヒヤシンスで出来たダイニングチェアともマッチし、自然のぬくもりを感じます。

高級感を醸し出してくれる壁面装飾には、「アートパネル」を使用しています。伝統的な和紙を用いた技術を使い、高級感を演出します。

リビング・ダイニング・キッチンと暖色でまとめられた空間は、ヒヤシンスの素材感を引き立てて、安らぎとぬくもりを感じさせてくれます。

おすすめコラム

キッチン収納をリビングにレイアウトした魅せる収納の実例

キッチン収納はキッチン以外のところでも雰囲気を演出してくれます。リビングに使用することで、魅せる収納として飾り棚になります。ダークブラウンの落ち着いた色味と、表面のデザイン性が高級感を引き立ててくれるので、お気に入りのグラスや食器を飾ってみてはいかがでしょうか。

「ルーバー・カップボード」は、木部の扉にも表情があるので、飾り棚としても雰囲気を演出してくれます。

しっかりと収納力のあるキッチン収納を飾り棚として使うことで、飾るもの以外は収納できます。リビングのアクセントにもなります。

おすすめコラム

  • 大人のモダンな部屋作り~インテリア実例15選付き~
    大人のモダンな部屋作り~インテリア実例15選付き~

    落ち着いた上品な印象を作るモダンな部屋は、空間に大人の雰囲気を作り出してくれるインテリアコーディネートとして、とても人気のスタイルです。居心地の良い癒しと寛ぎを生む、贅沢な時間をお過ごし頂けるモダンな部屋は、部屋作りをお考えの方におすすめです。今回は様々なモダンスタイルの実例紹介からモダンな部屋作りの大切な3つのポイントと、モダンな部屋作りポイントを上手く取り入れたお客様宅のインテリアコーディネート実例をご紹介をさせて頂きます。是非皆様もモダンな部屋作りを実現してみましょう。

3.広く使えるLDKのダイニングキッチン

比較的広く使用できる「LDK」のレイアウトで、こだわりを詰め込んだダイニングキッチンの実例です。様々な選択が出来るLDKだからこそ、トータルでまとめるのは難しく感じることもあります。雰囲気を演出したダイニングキッチンをご紹介致します。

キッチンの色味に合わせて空間のまとまりを演出したLDKの実例

印象的なキッチンが特徴的な空間です。鮮やかなブルーを使用したキッチンに合わせて、ダイニングのアクセントカラーにブルーを取り入れた爽やかさ感じるダイニングキッチン。キッチンとダイニング、さらにはリビングともつながりを感じます。

無垢材家具が醸し出す自然のぬくもりや力強さを感じていただけるダイニングテーブルです。高さを抑えたロースタイルも特徴の一つです。

広くLDKを使用したレイアウトにすることで、窓からの風景をどこからでも楽しむことが出来るレイアウトになっています。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】海と空が見える千葉 鴨川の別荘コーディネート
    【インテリア実例】海と空が見える千葉 鴨川の別荘コーディネート

    自然が豊かな別荘地・千葉 鴨川にピッタリなインテリアコーディネートをご紹介致します。太平洋の壮大な海と空が広がる鴨川の魅力を最大限に活かした家具選びやインテリアコーディネート。別荘の中でも大自然を感じてゆっくりした時間を過ごす事が出来ます。千葉 鴨川の別荘の実例インテリアコーディネートを交えながらご提案致しますので、是非参考にされてみてください。

キッチン前のソファでくつろぎと食事も楽しめるレイアウト実例

キッチンの前にソファをレイアウトして、ゆったりくつろぎながら、時には食事をすることもできる空間です。ラタン素材を使用したコンパクトソファを中心に、シックで落ち着いたモダンな雰囲気を演出したインテリアとなっています。

80㎝の正方形で出来たローテーブルは、サイズ感にゆとりがあります。そのため、料理も置きやすく、ローテーブルで食事をすることも出来ます。

多くの人を招き入れても使用できる室内のレイアウトです。ソファをメインとした印象的な空間を作っています。

おすすめコラム

  • 都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート
    都会のリゾートを感じる、1LDKの家具・インテリアコーディネート

    都会的なアーバンリゾートをテーマに、1LDKマンションの家具・インテリアコーディネートをしたお客様実例です。ゆったり寛ぐリラックススタイル、友人を招いて食事会を楽しめる両方のスタイルを演出する、拘りの家具選びを提案させて頂きました。家具・インテリアの素材・色・デザインをブレンドした、大人の余裕を感じる、ワンランク上のMIXスタイルも必見です。

空間を広く見せるロースタイルで統一された実例

部屋にロースタイルを取り入れることで、開放的な空間を作り上げています。ロースタイルのソファやローダイニングテーブルで統一し、開放的なLDKをコーディネート。

「モク・ローダイニングテーブル」は、一般的なダイニングテーブルより高さを抑えることで、ダイニングにも開放感を演出してくれます。

リビング・ダイニングをロースタイルで統一すると、空間に開放感を持たせてくれます。キッチンから室内を見た時に、スッキリとした印象です。

おすすめコラム

3Dシミュレーションで狭いダイニングキッチンを広く見せて快適な空間へ

ダイニングキッチンの家具をご検討の際は、事前にシミュレーションを行うことで、快適に過ごせて広く見せられる空間のレイアウトをご確認することが出来ます。また、3Dイメージをご覧いただく事も出来るので、ダイニングキッチンのインテリアの雰囲気を確認していただけます。

ダイニングキッチンが狭いかも?と思ったらレイアウトを事前にシミュレーション

ご自宅の図面を見た際に、ダイニングキッチンの大きさが限られている、少し狭いかもと思った際は、シミュレーションを行い、その空間に適切な大きさの家具を配置しましょう。また、キッチン収納を置く場所や置けるサイズ感もご確認していただけます。

コンパクトなダイニングスペースは家具のサイズや置き方が大切

コンパクトなダイニングスペースでは、ダイニングセットのサイズ感や、どのように置くかがポイントになります。図面を基に家具を配置してみて、家具同士の距離感や、生活動線の確認を行いましょう。

悪いレイアウト例
こちらの配置はリビングやキッチンへ移動する動線が確保されていない為、動きにくいレイアウトです。ダイニングセットのサイズ感や部屋のバランスを見直す必要があります。

良いレイアウト例
コンパクトなダイニングセットにすることで、リビングやキッチンへのアクセスがしやすくなります。部屋のバランスを考えるためにも、事前のシミュレーションは大切です。

キッチン収納の置き方で効率性を上げる

キッチン収納のレイアウトもシミュレーションすることが出来ます。キッチンスペースに適したサイズ感や、キッチン収納以外の家具・家電もセットでレイアウトを行うことで、調理や片付けのしやすいキッチンを作りましょう。

関連メニュー

  • ダイニングルームの生活動線~ダイニングテーブル+椅子に必要な後ろのスペースと通路幅~

    ダイニングルームの生活動線~ダイニングテーブル+椅子に必要な後ろのスペースと通路幅~のページです。ダイニングルームで過ごす時間は、ご家族やご友人と過ごす大切なひと時です。だからこそ、ダイニングテーブルの周りでゆったり椅子に座って、食事が楽しみやすい空間にされたいと考えられる方も多いはずです。ダイニングテーブル+椅子周辺の生活動線に、必要な後ろのスペースと通路幅の基本をここから見てみましょう。

3Dイメージでインテリアの雰囲気を確認する

レイアウトを行ったら、どのようなダイニングキッチンになるか3Dシミュレーションを使用して、雰囲気を確かめてみましょう。インテリアの雰囲気を確かめていただくことで、理想のダイニングキッチンをコーディネートしていただけます。

キッチン収納を置いてダイニングキッチンの雰囲気を確かめる

存在感のあるキッチン収納を様々な角度から見ることで、ダイニングキッチンの雰囲気をご確認していただけます。ダイニングに使用している家具とキッチン収納の雰囲気がマッチしているかや、ダイニングからキッチンはどのように見えるのかをご確認していただけます。

LDKならリビングとのインテリアの雰囲気を確認

リビングとつながりのあるダイニングキッチンでは、空間全体の雰囲気がポイントになります。家具に使用している素材感や、カラーコーディネートを確認していただく事で、こだわりのLDKをコーディネートしていただけます。

3Dイメージでは、ソファカバーやチェアカバーなどのファブリックを変えたイメージをご覧いただけます。ファブリックの色を変えるだけでも部屋の印象は変わってきます。さらに、床の色や壁の色、キッチンの色も変えられるので、よりリアルな部屋のイメージを確認していただけます。

おすすめメニュー

ダイニングキッチンの家具・インテリアを店舗でチェック

ダイニングキッチンの家具を店舗で確認してみましょう。実際に触れることで、使い勝手や質感などが分かります。また、店舗では、実際の商品をご覧いただきながら、レイアウトのシミュレーションを行うことが出来ます。実際の家具をご覧いただく事で、より具体的なイメージを持つことが出来ます。

ダイニングキッチンに使用する家具を実際に試してみる

ダイニングキッチンに使用する家具は、実際に使うことで使い勝手が分かります。ダイニングチェアの座り心地や、ダイニングテーブルの高さのバランス等、実物を見て、触れることで分かることもあります。キッチン収納はデザイン性の他に、機能性もポイントになるため、実際に試してみましょう。

狭いダイニングキッチンに使う家具はどのような物があるか

2人掛けのダイニングテーブルに、実際に座って2人で使用する時の雰囲気をお試しいただけます。どのぐらいの物を置けるのかや、対面に座った人との距離感を把握できます。

ご検討していただいているダイニングテーブルに合わせて、チェアもお選びいただけます。実際のテーブルに様々なチェアを組み合わせることが出来るので、お好みの組合せをお探しいただけます。

キッチン収納を実際に使用して試してみる

キッチン収納では、どのような機能性があるのかや、どこに何が入るのかを実際の商品を見ながらご検討していただけます。

収納部分の仕様を細かく確認していただけます。引き出しや扉の仕様、収納内部の構造も詳しくご覧いただき、使い勝手を実感して下さい。

レイアウトの相談を行って広い・狭いダイニングキッチンのお悩みを解消

部屋の大きさが分かる図面をお持ちいただければ、その場でシミュレーションサービスを行うことも出来ます。店舗で実際の家具をご覧いただきながら、レイアウトの確認が出来るので、家具を置いた時のイメージが行いやすいです。

ファブリックカラーでダイニングキッチンやリビングのインテリアをイメージする

カラーコーディネートは実際に生地サンプルをご覧頂きながら決めていきます。a.flatでは約70種類のカラーバリエーションがあるため海の「青」や、森林の「緑」などその土地のイメージでファブリックをお選び頂けます。実際に色味を確認頂きながらお気に入りのコーディネートを見つけていきましょう。

a.flatでは7つのスタイルをご提案しています。爽やかな海の風を感じる「シーサイドブルー」や、草木の安らぎ、木漏れ日のぬくもりを感じさせる「フォレストグリーン」の他に、鮮やかで繊細な夕暮れの空、昼と夜の境目の情緒あふれる時間帯をイメージする「サンセットレッド」などのスタイルがあります。お好みのスタイルを探してみてはいかがですか。

■ダイニングキッチンで使用する家具・インテリアをチェックできる店舗

【a.flat目黒通り本店】
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜(祝日を除く)

【a.flat新宿店】
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

【a.flat大阪梅田店】
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜(祝日を除く)

おすすめメニュー

まとめ

今回のダイニングキッチン実例集は、いかがでしたか?ダイニングキッチンを華やかにコーディネートすることで、快適な食卓空間を作っていただけます。お引越しやリフォーム、ダイニングキッチンのインテリアを変えたいとご検討されている方は、是非こちらのダイニングキッチンの実例を参考にしてみて下さい。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、7つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
7つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

おすすめコンテンツ

メンバー登録

a.flatでのショッピングの際はメンバー登録(無料)が必要となります。また、メンバー登録すると便利なサービスやお得な特典が利用可能になります。

詳細はこちら >

カタログ

a.flatの最新カタログを無料でお届けします。a.flatの世界観がひと目で分かる公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。

詳細はこちら >

メールマガジン

新商品やインテリアの豆知識など様々な情報をお届けします。また、送料無料などメールマガジン購読者限定の特典もご用意しています。

詳細はこちら >

コーディネートサービス

お部屋のシミュレーションができる「マイルーム3D」を使い、お部屋づくりや家具選びをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。

詳細はこちら >

店舗情報

Meguro

a.flat 目黒通り本店

東京都目黒区中根1-14-15
03-5731-5563

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

Shinjuku

a.flat 新宿店

東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル 2F
03-5919-1922

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

Umeda

a.flat 大阪梅田店

大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F
06-6292-5733

メールでのお問い合わせ
インテリア・コーディネート相談
 ※コーディネート無料相談について >

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2020 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.