• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

狭い部屋にも快適にベッドを置くポイント ~インテリア実例付き~

公開:2021/1/19

更新:2021/3/2

ライター:目黒通り本店瀬下

狭い部屋にも快適にベッドを置くポイント ~インテリア実例付き~

1Kやワンルーム、4.5畳ほどの寝室など少し狭いなと感じる部屋でもベッドを置きたいと思う方は多いのではないでしょうか?「ベッドで快適な睡眠を送りたい」や、「狭い部屋でもおしゃれに見せたい」などの思いは様々。そのような狭い部屋にもベッドを置くポイントをご紹介致します。狭い部屋・省スペースにベッドをレイアウトしたインテリア実例も是非ご参考にしてみて下さい。

狭い部屋でもベッドを置いた魅力的な暮らし

ワンルームや1K、コンパクトな寝室など少し狭いと感じる部屋にもベッドを置くことで、部屋の雰囲気も変わり、睡眠の質の向上にも繋がります。部屋が狭いからと、ベッドをレイアウトすることを諦めてしまいがちですが、工夫次第では狭い部屋にもベッドを置くことが出来ます。

狭い部屋にベッドを置くメリット

狭い部屋にベッドを置くメリットはいくつかあります。ベッドのデザインで空間のインテリア性を上げることが出来たり、自分に合ったベッド・マットレス・寝具を選ぶことで、睡眠の質も向上し日々の疲れを癒してくれます。狭い部屋にベッドを置くメリットを抑えて、ベッド選びを行いましょう。

部屋のインテリア性が上がる

狭い部屋にベッドを置くことで、部屋のインテリア性を上げることが出来ます。狭い部屋では、インテリア性にも限りが出てくるため、あまり生活感を出したくないと考える方も多くいるのではないでしょうか。そのような空間でも、ベッドを置くことで、フレームのデザイン性やベッド周りの装飾が空間の雰囲気を作り、部屋のインテリア性を上げてくれます。

ベッドのフレームには様々な素材が使われていて、その素材が空間のインテリア性を上げてくれます。金属素材の場合はクールな印象を演出し、無垢材などの自然素材は、ぬくもりを感じさせてくれる空間を演出します。ベッドフレームの素材感に注目してみましょう。

上質な睡眠が得られる

ベッドを置くことは上質な睡眠にもつながります。ベッドにすることで、マットレスの選択肢が広がり、自分の身体に合わせた睡眠をとることが出来ます。

マットレスには様々な種類があります。ポケットコイルマットレスやウレタンマットレスなどがるため、自分の身体に合ったマットレスを選びましょう。

おすすめコラム

  • 快適な睡眠を追求した、最適なマットレスの選び方
    快適な睡眠を追求した、最適なマットレスの選び方

    人間にとって睡眠は必要不可欠なものです。人は人生の1/3を睡眠に費やすといわれていますが、より快適で効率的な睡眠を得るためには、どうすればよいのか・・今回は睡眠を取る上で1番重要なアイテムである、マットレスの種類や選び方をご紹介致します。マットレスにも多くの種類があり、それぞれ一人一人に合ったマットレスを選ぶことがとても重要です。皆様も快適な睡眠を取るためのマットレスを見つけてみませんか。

実は多い ベッドの種類

ベッドフレームにも様々な種類が存在します。機能性を重視したベッドや、デザイン性のあるベッドなど。何を重視したいかによっても、ベッド選びは変わります。狭い部屋にベッドを置く際、どのようなポイントを重視するかで、ベッドを選びましょう。

機能性を重視したベッド

ベッドの機能性にもタイプはあります。特に狭い部屋では、ベッドが主役になるため、機能性も重要なポイントになります。どのようなタイプの機能性があるのか把握しましょう。

収納付きベッド
収納スペースが付いたベッド。狭い部屋の収納力をカバーしてくれます。

ロフトベッド
ベッドの下に人が動けるスペースを設けることで、生活空間が広がります。

ソファベッド
ソファとベッドを一体にすることで、狭い部屋にもソファを置いた生活が送れます。

デザイン性を重視したベッド

狭い部屋にベッドをレイアウトすると、どうしてもベッドの存在感が出てきてしまいます。そのような時は、デザイン性を重視したベッドを選び、空間のインテリア性を演出しましょう。

ヘッドボード付きベッド
ヘッドボードがあることで、素材感やデザイン性などインテリアの一部になります。

ローベッド
高さを抑えたベッドは、空間に開放感を演出してくれます。ベッド特有の存在感を軽減。

マットレス一体ベッド
マットレスに足を取り付けたデザインが特徴的なベッド。シンプルなデザインになります。

ベッドを置けば狭い部屋でもホテルライクな暮らしに

デザイン性のあるベッドを置くことで、部屋の印象は大きく変わります。睡眠の質が向上するだけでなく、インテリア性が増し、ホテルライクな空間へ。狭い部屋にベッドを置いて、憧れのホテルライクなインテリアを叶えてみてはいかがですか?

おすすめコラム

  • 睡眠の悩みを解決~快眠を得るための寝室のインテリアコーディネート
    睡眠の悩みを解決~快眠を得るための寝室のインテリアコーディネート

    寝室での睡眠環境が原因で「寝ても疲れが取れない」「目覚めが悪い」など睡眠に対する不満を感じてはいませんか。これらは快眠を得ることで解決できます。快眠を得るためには寝室の家具・インテリアや寝具類の選び方がポイントとなります。睡眠不足によって生活の質を下げてしまわないよう、こちらのコラムを参考にして頂き快眠を得るための寝室のインテリアコーディネートをしてみてはいかがでしょうか。

狭い部屋にベッドを置く4つのポイント

ベッドを置くことで、インテリア性の向上や上質な睡眠が得られます。それでは、狭い部屋にベッドを置く際、どのようなポイントがあるのでしょうか。狭い部屋にベッドを置くポイントを抑えて、快適な生活を送れる空間を作りましょう。

狭い部屋にベッドを置く4つのポイント

  1. ポイント1 狭い部屋でも快適に過ごせるベッドのレイアウト

  2. ポイント2 狭い部屋の大きさに合わせたベッド選び

  3. ポイント3 狭い部屋でも広く・機能的に使えるベッドのタイプ

  4. ポイント4 ベッド周りを装飾して狭い部屋でもおしゃれに魅せる

ポイント1 狭い部屋でも快適に過ごせるベッドのレイアウト

まずポイントになってくるのが「ベッドのレイアウト・配置計画」です。狭い部屋には、ベッドを置けるスペースが限られてきます。そのため、ベッドをどこにレイアウトするかで、生活のしやすさや、使い勝手が変わってきます。

基本的なベッドのサイズ感

ベッドには、それぞれサイズがあります。サイズ感の選び方としては、部屋の大きさや、ベッドで寝る人数などが基準になります。また、ベッドサイズの大きさは、マットレスの大きさによって異なりますので、マットレスのサイズに適したベッドフレームを選びましょう。

■シングルとセミダブルサイズ
シングルベッドは大人一人用のサイズ。約230mm程広めのセミダブルベッドは、男性が寝返りをうっても余裕があるサイズです。

■ダブルとクイーンサイズ
ダブルベッドは大人二人使用の一般的なサイズ。クイーンベッドは二人でゆったりと使用でき、小さなお子様と一緒に寝るスペースも生まれます。

関連メニュー

  • ベッドのサイズ知識~3つのポイント・高さ・使用人数・生活動線~

    ベッドのサイズ知識~3つのポイント・高さ・使用人数・生活動線~のページです。ベッドは視覚的に「寝室=ベッド」と言って良いほどスペースの多くを占めるアイテムです。また、寝室はスペースが限られているケースが多いため、サイズを間違えると快適なベッドルームにはなりません。ベッドサイズと間取り、体格や使用人数のバランスを考えて、あなたのライフスタイルに合ったベッドを選びましょう。例えば、ベッドの高さサイズはまず「お部屋の開放感」に影響があります。お部屋を広く見せたいのであれば、高さが低めのローベッドを選びましょう。逆に存在感は出ますが、収納力や立ち座りし易さを重視したい場合は、スタンダードタイプの高さを選ぶと便利です。

狭い寝室の生活導線は最低限で確保

狭い部屋では、限られたスペースに「ベッドスペース」や「生活スペース」を設ける必要があります。そのため、人の通り道でもある生活動線は、最低限で確保する必要があります。

ベッドと壁の距離

一般的なマットレスまでの高さ(500mm
前後)の場合、ベッドから壁までの通路
幅を約500mm以上空けておけば人が歩
きやすくなります。部屋サイズに限りが
ある時は、奥行きサイズが短いベッドを
配置すると良いでしょう。

ベッドとその他家具の距離

人が後ろを通らない場所に置く場合は500
mm~のスペースを。使用時に後ろ側が通
路の場合は700mm~の距離が有れば最低
限の生活動線は確保できます。

家具と収納の距離

ベッド脇に折れ戸収納がある場合は余裕を
持って600mm以上の距離を取りましょう。
もし、引き戸の場合は距離が400~500mm
程度でも大丈夫です。

ベッド周りの最小距離感

最低限の生活動線の確保以外にも、ベッドをレイアウトする際は、ベッド周りの距離感もポイントです。その理由としては、シーツを変えるなどのベッドメイキングする際、ベッド周りにはスペースが必要になってきます。そのため、最小限の距離感・スペースを確保するようにしましょう。

人が横歩きで通れる最小限の距離

もし、部屋サイズに限りが有って500
mm以上の通路幅が確保できない場合は
横歩き前提であれば、約300mm空けれ
ば最低限の通路幅は確保できます。

掛け布団が落とし込める最小限の距離

ベッドを壁に寄せる際、壁面側にも掛布団を落とし込めるように100mmほど隙間を開けましょう。掛布団が左右バランスよく掛けられる為、寝返りを打ったりしてもズレにくくなります。

関連メニュー

  • 寝室の生活動線~ベッドの配置と壁、通路幅・ベッドからテレビを見る~

    寝室の生活動線~ベッドの配置と壁、通路幅・ベッドからテレビを見る~のページです。ベッドルーム・寝室は、日々の疲れを癒してくれる空間です。ベッドでお休みになる以外にも、テレビを見たり、音楽を聴いたりと過ごし方は様々です。寝室は他の部屋と比べて面積が小さいため、より生活動線を意識することが重要です。通路幅の確保やベッドの配置に気を付けながら、快適なベッドルームを作りましょう。

ポイント2 狭い部屋の大きさに合わせたベッド選び

部屋に合わせたベッドを選ぶと言っても、その部屋をどのように使うかでベッドの大きさは変わります。寝室だけの目的で使用するのか、その他にも家具が必要なのかでも使えるスペースが変わるため、狭い部屋では「その部屋をどのように使うのか」と「ベッドフレームのサイズ感」がポイントになります。

寝室のみで使うベッド選び

狭い部屋でも寝室のみで使用するケースでは、ベッドフレームの大きさがポイント。動線やベッド周りの最小限スペースの確保が出来るサイズを選びましょう。

寝室:3畳
かなり限られたスペースになるため、シングルベッドがオススメ。クローゼットなどの収納の位置によっては、セミダブルベッドも置ける可能性があります。

寝室:4.5畳
一人暮らしのケースではセミダブルベッドでも十分です。二人暮らしの際はダブルベッドを配置すると、少し狭く見える可能性有り。

寝室:6畳
開放感を重視するならダブルベッドを。広々とした寝心地を求める際はクィーンベッドがオススメです。その際は他の家具を少なめに。

寝室:8畳
基本はクィーンベッドでも問題無し。各々がゆったり寝たい、お子様と三人で寝たい際はシングルベッドの2台置きも可能。

1K、ワンルームで使うベッド選び

1Kやワンルームにベッドを置く際は、ベッドスペースと生活するスペースが必要になるため、家具と家具の距離感や、最低限の生活動線など気を付けなければいけないポイントが増えてきます。

1K・ワンルーム:6畳
スペースが限られれるためシングルベッドが基本。特に部屋を広く見せてくれるロータイプがオススメ。一人掛けのチェアやソファを置くスペースもあります。

1K・ワンルーム:8畳
ソファを設置しやすいのはシングルベッド。日々ゆとりを持って寝たい方はセミダブルベッドでもOK。2人掛けソファも置くことが出来ます。

1K・ワンルーム:10畳
フレーム自体のサイズにもよりますが、部屋にゆとりがあるためセミダブルベッドでもOKです。2人掛け〜2.5人掛けソファが置けます。

1K・ワンルーム:12畳
部屋にかなりゆとりがあるためダブルベッドでも配置が可能に。自由度が高い部屋サイズです。ベッドのサイズにもよりますが、2.5人掛けソファも置けます。

書斎と兼用で使うベッド選び

近年では、自宅で仕事や作業をする機会も増えてきたため、寝室を書斎兼用として使う方も増えています。書斎スペースをバランスよくレイアウト出来るベッドのサイズを選びましょう。

書斎兼寝室:4.5畳
4.5畳の空間にベッドスペースと書斎スペースを儲ける際は、シングルベッド+コンパクトなテーブルを置くことで、生活動線を確保できます。

書斎兼寝室:6畳
セミダブルベッドとワークデスクのレイアウトが出来ます。ベッドのサイズやデスクのサイズを小さくすることで収納家具を配置することも可能。

書斎兼寝室:8畳
比較的余裕があるサイズ感です。ダブルベッドとワークデスクをレイアウトしても、スペースに余裕がある部屋の大きさです。

書斎兼寝室:10畳
サイズ感の大きいベッドフレームを置くことも可能です。クイーンサイズのベッドとワークデスクも置けるスペースはあります。

小さいサイズのベッドでも拡張性があれば引っ越しても使える

狭い部屋で小さいサイズのベッドしか置けない場合でも、ベッドに拡張性があることで、引っ越した後でもご使用いただけます。ある程度広さのある部屋の引っ越した際は、シングルベッドを追加することで、キングサイズ程のベッドとしてお使いいただけます。ライフステージの変化にも対応できるベッドを選びましょう。

おすすめコラム

  • ツインベッドの魅力~ダブルベッドとの違いやホテル風ベッドルームのつくり方~
    ツインベッドの魅力~ダブルベッドとの違いやホテル風ベッドルームのつくり方~

    ホテルを予約する際によく目にする「ツインベッド」や「ダブルベッド」という用語について、ベッドの数のことを指すのか、それともサイズのことを指すのかよく分からないという方も実は多いのではないでしょうか。今回はこれらの違いについてや、インテリアでの意味合いを詳しくご紹介します。また、ツインベッドは自宅の寝室をリゾートホテル風に演出したいという方におすすめのスタイルです。そこで、ツインベッドとインテリアコーディネートでホテル風の寝室をつくるコツも合わせてご紹介します。

ポイント3 狭い部屋でも広く・機能的に使えるベッドのタイプ

ベッドの種類にもポイントはあります。狭い部屋でもスッキリ見せてくれるデザイン性や、使い勝手を上げてくれる機能性など。狭い部屋にベッドを置いても、快適に生活できるベッドのタイプを選びましょう。

ロースタイルのベッドは部屋に開放感を与える

ロースタイルのベッドは、一般的なベッドより低く設計されているタイプや、ヘッドボードの高さを低くしたタイプがあります。高さを低く設定することで、ベッドの圧迫感を軽減し、部屋をスッキリした印象を与えるため、ローベッドには狭い部屋でも空間を広く見せてくれるインテリア性が備わっています。

厚手のマットレスでも、落とし込みのベッドフレームにすることで、ローベッドとして使えます。

ヘッドボードがスッキリしているローベッドは、部屋を開放的な印象にしてくれます。

収納付きベッドでデッドスペースを減らす

ベッドの下はデッドスペースになりがちです。そこで、収納付きベッドにすることで、デッドスペースを上手に活用し、収納力を上げてくれます。狭い部屋では、特に収納力も求められるので、収納付きベッドがあることで、生活感の出にくい空間を叶えていただけます。

収納方法の種類が多いベッドは使い勝手が良くなります。引き出しとは別の収納方法があることで、しまいたい物によって収納方法を選ぶことが可能。また、収納ベッドは収納を使う作業スペースが必要なため、収納方法によって空間のスペースを有効に使うことが出来ます。

ヘッドボードで空間を演出

ヘッドボードが付いているタイプのベッドは多くあります。このヘッドボードは、枕などのずれ防止や寄り掛かったりすることも出来ますが、一番の目的は「デザイン性」になります。ベッドの個性を醸し出すヘッドボードは、素材や色味、デザインによって演出される空間が異なります。

無垢材を使用したヘッドボードは、自然の温もりや安らぎを演出してくれます。

凹凸感のあるヘッドボードは空間に動きを演出。インテリア性を上げてくれます。

おすすめコラム

  • ヘッドボード付き・なし・後付けベッドの種類やメリット・デメリット ~自分にとって理想のタイプを選ぶ~
    ヘッドボード付き・なし・後付けベッドの種類やメリット・デメリット ~自分にとって理想のタイプを選ぶ~

    ベッドのヘッドボードには様々な形があり、ヘッドボード付きタイプでデザインや機能性の違い、ヘッドボードなしタイプや後付けできるタイプがあります。選ぶもので部屋に与える印象が大きく変わってくる為、今回のコラムでは、自分にとって理想のヘッドボードタイプを選べるよう、ヘッドボード付き・なし・後付けのメリット・デメリットや実例のご紹介を致します。こだわりのある寝室で、心身ともに安らげる部屋を叶えるために、是非参考にしてみて下さい。

ポイント4 ベッド周りを装飾して狭い部屋でもおしゃれに魅せる

ベッドフレームやシーツなどの寝具だけでなく、ベッド周りに装飾を使うことで、狭い部屋にベッドを置いてもおしゃれに見せたり、インテリア性のある空間を演出していただけます。是非、ベッド周りの装飾にもこだわり、素敵な空間作りを行いましょう。

ベッドスプレッド、フットスローを使ってコーディネート

ベッドスプレッドやフットスローを取り入れることで、狭い部屋にも彩りが生まれ、こだわりの空間を演出していただけます。その空間にある家具との統一感や、空間のアクセントにもなるため、インテリア性を演出しやすいアイテムの一つです。

ベッドスプレッドは本来、寝具を埃から守るといった役目がありますが、生活感のあるシーツなどを隠せることから、ベッドメイキングにも適し、高級感のある寝室へもインテリアコーディネートが出来ます。また、選べるカラーの種類が豊富にあることで、イメージに合った寝室を演出していただけます。

壁面装飾で空間全体をおしゃれに魅せる

空間を彩るアイテムは、ベッドスプレッド・フットスローだけではありません。壁面装飾を使用することで、空間に統一感が生まれ、こだわりのカラーコーディネートが行えます。狭い部屋でも、統一感のあるカラーコーディネートを意識することで、生活感の出にくい素敵な部屋になります。

ベッドスプレッドと同じファブリックを使用した壁面装飾は、カラーコーディネートしやすく、空間に統一感を演出してくれます。

和紙を用いた壁面装飾は、日本の伝統を感じさせ、空間のアクセントを演出してくれます。独特な立体感が特徴的です。

インテリア性だけじゃない機能性も備えたカーテン

睡眠の質を高めるためには、カーテンは必須アイテムです。カーテンは空間を彩るだけではなく、外部からの光を遮る効果がある遮光カーテンや、室内の熱を保温する機能があるカーテンなど機能性の種類も多くあります。上質な睡眠のサポートをしてくれるカーテンを選びましょう。

カーテンは、その空間に彩りを与えてくれます。寝室のインテリア性を上げてくれるため、どのような雰囲気を演出したいかで選びましょう。

遮光性があることで、安らかな寝室を演出していただけます。朝日を遮断するため、決まった時間に起床することが出来ます。

狭い部屋でもスッキリ見せるコンパクトな収納家具

狭い部屋では、家具の置き場所やスペースが限られてしまいがち。収納力を上げたくても、そこまで大きな収納家具を置くことが出来ない。そのような時は、コンパクトな収納家具で、収納力を上げましょう。組み合わせることで、収納力が増えるものや、省スペースに置くことが出来る収納家具を選びましょう。

組み合わせが自由に変えることのできる収納家具は、限られたスペースに合わせて収納力を上げることが出来ます。また、後々収納を追加して収納力を上げられる拡張性があることで、引っ越した後でも長期的に使用していただけます。

色彩心理を利用して狭い部屋でも広く見せるベッド周りのコーディネート

色には人の心理に影響を与える「色彩心理」があります。暖色系の色は、温かさを演出し、寒色系の色は、涼しさや爽やかな印象を与えます。そして、物を小さく見せる色彩心理などもあるため、上手に色彩心理を取り入れて、カラーコーディネートでも狭い部屋をスッキリ見せてはいかがですか。

色には「進出色」と「後退色」という言葉があります。主に暖色系や明るい色は「進出色」と呼ばれていて、色の存在が協調されるため、手前にあるように見えます。

寒色系や暗い色は、「後退色」と呼ばれてより遠くに下がって見えます。また、空間に使用されているカラーを統一することで、部屋のインテリア性を上げると共に、色彩心理の効果を高めてくれます。

関連メニュー

  • ~カラーコーディネートの基礎知識~お部屋のインテリア・家具の色彩

    ~カラーコーディネートの基礎知識~お部屋のインテリア・家具の色彩のページです。お部屋のインテリア・家具の印象は、カラーコーディネートで大きく変わります。お好みの部屋を作るには色の持つ心理作用やインテリア・家具に与える効果を認識しておくことが重要です。色彩プランをしっかりと考え、選ぶ色や配色しだいでコーディネート目的をかなえてくれるでしょう。同じ部屋でもソファ、クッション、ラグ、カーテンなどのインテリアファブリックを、テーマに合わせてカラーチェンジするだけで雰囲気が大きく変わります。色の持つ力をインテリア・家具で上手に活用できるように、様々な基礎知識を見てみましょう。

狭い部屋・省スペースにベッドをレイアウトしたインテリア実例集

限られたスペースにどのようにベッドをレイアウトするのか、是非インテリア実例を参考に検討してみてください。ベッドのレイアウトの他にも、どのような空間を演出しているのかもポイントです。理想的なインテリアがきっと見つかるはず。

寝室のみにベッドをレイアウトしたインテリア実例

寝室として一室使用することは多くあります。その一室が限られたスペースしかない場合、どのようにベッドをレイアウトすればいいのでしょうか。様々な大きさの部屋にベッドをレイアウトしたインテリア実例をご紹介致します。

3畳の寝室にぴったりベッドをレイアウトしたインテリア実例

3畳のスペースにセミダブルのベッドをレイアウトしたお客様実例。LDKと洋室を分ける間仕切ドアが広く開閉できるため、シーンによってベッドを演出しています。インテリア性の高いベッド周りの装飾を取り入れることで、間仕切ドアを開けて使用しても、一つの空間としてお使いいただけます。

寝室のインテリア性を高めてくれるアイテムとして、ベッドスプレッドや、壁面装飾があります。LDKにも使用されているカラーをベッドスプレッドに取り入れることで、統一感を演出。

限られたスペースにレイアウトする必要のある間取りでは、家具と家具の距離感や、生活に必要な最低限の距離に制限があります。上手にレイアウトすることで、無駄のない寝室をコーディネートしています。

おすすめコラム

収納付きベッドで収納力をUPさせた4.5畳の寝室インテリア実例

1LDKの間取りでは、収納力が限られてしまいがちです。こちらのお客様実例は、収納付きのベッドを用いて、収納力をアップさせています。限られた空間だからこそ、ベッド下というスペースを有効活用して、生活感の出ないインテリアを目指しましょう。

収納力をアップさせてくれる収納付きベッド「ラック・ベッド」。ヘッドボードにも収納があるタイプか、奥行きを抑えたタイプをお選びいただけます。

1LDKを一つの空間として使用したレイアウト。統一感のあるカラーコーディネートをすることで、空間にまとまりを演出しています。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】1LDKのリビング・ダイニングに書斎を取り入れたマリンブルーのコーディネート
    【インテリア実例】1LDKのリビング・ダイニングに書斎を取り入れたマリンブルーのコーディネート

    自宅で仕事をしたり、趣味を楽しんだりと多様な使い方が出来る書斎・ワークスペース。こだわりのインテリアも表現しやすい空間です。書斎専用の部屋を確保することが難しくても、リビングやダイニング・寝室にワークスペースを設けて、憧れの書斎インテリアを取り入れることが出来ます。今回は、1LDKのリビングに書斎・ワークスペースを取り入れたマリンブルーの爽やかなインテリアでコーディネートされたお客様実例をご紹介致します。

6畳の寝室にQサイズのローベッドを配置 スッキリ見せるブルーコーディネート

6畳の寝室に、クイーンサイズのベッドをレイアウトしたお客様実例。圧迫感を軽減してくれるローベッドと、空間を広く見せてくれるブルーのカラーコディネートで、大きなサイズのベッドを置いても、スッキリした印象の寝室を実現しています。

色の持つ心理効果を上手に取り入れることで、部屋の印象も変わります。寝室のカラーディネートを行う際は、ベッドスプレッドやフットスローなど手軽に取り入れられるアイテムがおすすめです。

サイズの大きいベッドをレイアウトする際は、生活動線の確保がポイントです。必要最低限の距離感を確保しつつ、クイーンサイズのベッドでゆったりとお寛ぎいただけます。

おすすめコラム

  • 東京・狭小住宅のための家具選びとインテリアコーディネート
    東京・狭小住宅のための家具選びとインテリアコーディネート

    東京に多く建てられている「狭小住宅」に合う家具選びとインテリアコーディネートを、実例と共にご紹介します。細長い特徴的な間取りのリビングダイニングを、コンパクトな家具やブルーのカラーコーディネートで開放感溢れる空間に仕上げております。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

Sサイズのベッドを2台レイアウト ゆったりくつろぐ7畳の寝室インテリア

ベッドを2台レイアウトすることで、ホテルライクな高級感を醸し出すことが出来ます。7畳の寝室にシングルサイズのベッドを並べてレイアウトしたお客様実例。ローベッドにすることで、圧迫感を軽減し、寝室に開放的な印象を演出してくれます。

ベッドを2台並べてのレイアウトでは、ベッドを離して使うことも、2台並列してマットレスを中央に寄せると、キングベッドの様に使えます。

シングルサイズを2台離して使う際は、ベッド周りにスペースを設けるレイアウトを行うことで、快適な空間となります。

おすすめコラム

ワンルームにベッド+生活家具をレイアウトしたインテリア実例

ワンルームにベッドをレイアウトする際は、ベッドの他にもレイアウトしなければいけない家具があります。ソファや、ダイニングセット、テレビボードなど、起床している際に使用するソファやテーブルと、睡眠の際に使うベッドが必要になるため、それぞれのサイズ感や距離感のバランスがポイントになります。

6畳ワンルームにローベッドをレイアウトして作る 圧迫感を軽減したインテリア

ワンルームの空間に生活するための家具をレイアウトすると、どうしても家具や物の存在感が増してしまいがち。ローベッドにすることで、存在感や圧迫感を軽減し、狭い部屋でもスッキリとした印象の空間をコーディネートすることが出来ます。

ベッドの脚を取り外して、さらに低く使うことが出来る「チーク・ローベッド」。和室などの布団メインの空間にもマッチするデザインとなっています。

ローベッドに合わせて座椅子ローテーブルでレイアウトした床座中心のロースタイル空間。開放感あるインテリアを演出してくれます。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】情緒ある佇まいの和モダンなインテリアコーディネート

    和モダン風のインテリアは一人暮らしのような限られた空間、ワンルーム・1LDKでも馴染みやすいテイストです。和の趣を感じる床座生活と洋の暮らしが可能なソファを一緒に置くなど、和洋折衷に部屋を作れるのが和モダンインテリアの魅力です。ワンルームと1LDK、二つの異なる間取りで一人暮らしの和モダンインテリアを叶える部屋の作り方をご紹介します。

コンパクトなサイズ感のベッドとソファをレイアウトした6畳ワンルーム実例

6畳ワンルームをコーディネートする際は、部屋の雰囲気も重要ですが、生活しやすい動線づくりも大切。コンパクトな家具でまとめることで、生活しやすい部屋づくりが出来ます。6畳ワンルームでソファを使ってくつろぎたい時は、奥行きがコンパクトなソファがおすすめです。

ベッドの奥行きもコンパクトなタイプにすることで、動線の確保を行いやすくなります。薄いタイプのヘッドボードでも機能性があると便利です。

収納力も限られてしまう6畳ワンルームでは、収納付きのベッドをレイアウトする際、引出しの位置や、使い勝手が良いかを確認しましょう。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】ブラウンの温もり感じるモダンアジアンインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】ブラウンの温もり感じるモダンアジアンインテリアコーディネート

    一人暮らしの部屋(ワンルーム ・1LDK)をモダンアジアンなインテリアでコーディネートすることで、スタイリッシュな中にも自然のぬくもりを感じることが出来ます。ダークブラウンを基調とした落ち着いた空間は、都会的なイメージの中でもアジアンリゾートの落ち着いた雰囲気を感じることが出来るでしょう。今回は一人暮らしワンルームと1LDKの間取りを使って、モダンアジアンな部屋のつくり方を紹介します。

ゆとりあるサイズ感の家具を置く ロースタイルが決め手のインテリア実例

部屋の大きさにゆとりあるワンルームでも、家具のサイズ感やレイアウトによっては、圧迫感が生まれ、狭い部屋のような印象になってしまう可能性があります。ある程度大きさに余裕のある家具でも、ロースタイルの家具を使うことで、圧迫感を軽減。ゆったりくつろげる開放的なワンルームを作れます。

厚手のコイルマットレスでもローベッドに見せることが出来る「コト・ローベッド」は、デザイン性にも優れているため、リゾートテイストのインテリアを演出します。

ある程度、余裕のあるサイズ感の家具をレイアウトする際は、部屋の大きさと家具のサイズのバランスがポイントになります。ゆったりくつろげるサイズ感+動線を意識しましょう。

おすすめコラム

  • 【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート
    【一人暮らしの部屋】海の魅力溢れる開放的なインテリアコーディネート

    圧倒的な開放感や清涼感を与えることもあり、時に穏やかで美しく、見る者の心を癒すこともある海。海は様々な表情を見せ、その時々で人々に違った印象を与えます。今回はそんな海の魅力を取り入れた家具やインテリア、それを活かした部屋の作り方を一人暮らしのワンルームと1LDKの間取りで紹介します。

書斎兼寝室にベッド+ワークスペースを取り入れたインテリア実例

寝室に書斎やワークスペースを設けることも多いのではないでしょうか。日中使用する機会が少ない寝室を有効に活用するためにも書斎スペースを設けるレイアウトが多くあります。部屋の大きさに対して、ベッドのサイズ感や、どのような書斎スペースやワークスペースを設けているのかご覧ください。

Dサイズのベッドを置いた寝室6畳に書斎スペースも設けたインテリア実例

6畳の空間を寝室兼書斎としてコーディネート。ベッドとデスクやチェアの距離感や、収納までの距離など注意するポイントがあります。書斎スペースを最小限にすることで、ダブルサイズのベッドを置いても、問題なく作業することが出来るインテリアとなっています。

ワークスペースを最小限に抑えるためにカウンタータイプの作業台。そこに合わせたリゾート感溢れるチェアが魅力的です。

ベッドスプレッドを取り入れて、LDKと繋がりを感じさせる寝室コーディネート。間仕切り壁を開けて使用しても、おしゃれなインテリアが広がります。

おすすめコラム

  • 【特集】快適でおしゃれなテレワーク環境を作る家具・インテリア
    【特集】快適でおしゃれなテレワーク環境を作る家具・インテリア

    自宅で快適にテレワークするには家具・インテリアでの環境作りが大事になり、選ぶ家具・インテリアによって「オフィス以上の空間」を実現することが叶います。テレワークでの作業スペースの作り方や家具・インテリア選び、快適な空間にするためのコツについて「8つのポイント」をご紹介致します。快適に過ごせるための家具・インテリア選びの参考にされてみて下さい。

コンパクトなデスクで作る 6畳の寝室にワークスペースを取り入れた実例

造作で作業スペースを設けることが出来なくても、コンパクトなデスクがあることで寝室でも様々な使い方が出来ます。作業することも身支度を整えることも出来るため、あると便利なアイテム。ベッドフレームに使用している素材感とも相性が良いため、インテリア性も十分確保されます。

スペースを取ることなく、多目的に使用できる「コンソール・テーブル」。無垢材を使用しているため、空間の雰囲気も作り出すことの出来るデスクです。

本格的なチェアではなく、スツールを取り入れることで、コンソール・テーブルを使用しない時は、スッキリ収納できるレイアウトもポイントです。

おすすめコラム

7畳の空間にワークスペースを確保した Sサイズのベッドとデスクのレイアウト

寝室でもしっかりと作業したい時は、ゆとりあるサイズ感のデスクがおすすめ。7畳の寝室にデスクを置いて、寝室兼書斎を実現しています。ベッド周りの動線も確保された過ごしやすい空間となっています。

インダカ無垢を使用した「ワークデスク」は、そのダイナミックな木目の印象と細部まで使い勝手にこだわったデザイン性が魅力のデスクとなります。

インテリア性の高いデスクに合わせて、ベッド周りもおしゃれにコーディネート。ブルーのアクセントクロスと、ベッドスプレッドの相性も抜群です。

おすすめコラム

  • 【インテリア実例】熱海の絶景を望める別荘のインテリアコーディネート・家具選び
    【インテリア実例】熱海の絶景を望める別荘のインテリアコーディネート・家具選び

    海や山といった自然豊かな絶景を楽しめる「熱海」。都心からのアクセスも良く、日々の疲れを癒せるため別荘地としても有名です。熱海の絶景を眺めながら、快適に別荘で過ごすために、こだわりの家具・インテリアを選んでみてはいかがですか。今回のお客様実例は、非日常を感じられる熱海に別荘を持ち、極上の安らぎとワーケーションのような様々な別荘での過ごし方が出来るインテリアコーディネート・家具選びのポイントをご紹介致します。

狭い部屋にベッドをどのように置くか事前に3Dシミュレーション

3Dシミュレーションを使うことで、事前に狭い部屋にベッドをレイアウトしたイメージをご覧いただけます。限られたスペースにベッドを配置するため、ベッドのサイズ感やベッド周りの距離感など、様々なポイントをご確認していただけます。また、カラーコーディネートなどインテリアの雰囲気もご覧いただけるので、是非事前に3Dシミュレーションを行いましょう。

3Dシミュレーションを使って狭い部屋に配置したベッドのレイアウトを確認

狭い部屋にベッドをレイアウトする際、どのようにレイアウトすればいいのかお悩みになる方も多いと思います。図面や間取り図を基に作成した2Dイメージや、空間の雰囲気が分かる3Dシミュレーションを使うことで、事前に様々なレイアウトの確認が出来ます。その空間にベストなレイアウトを確認しましょう。

2Dイメージでベッドのサイズ感を確認

ベッドにはシングルサイズ、ダブルサイズなど、決まったサイズ感があります。狭い部屋を寝室のみで使用するのか、他の家具もレイアウトするのかでもベッドのサイズ感が変わります。2Dイメージを使い、部屋の大きさに対して、ベッドサイズの大きさのバランスを確認しましょう。

【ベッドのサイズ感が悪い例】
部屋の大きさに対して置けるベッドのサイズ感・台数がオーバーしているため、歩くスペースや、収納を使うスペースがありません。

【ベッドのサイズ感が良い例】
適正なベッドサイズを選ぶことで、ベッド周りがスッキリし、窓への出入りや、収納の使い勝手、身支度を整えるなどの動きやすいレイアウトになります。

最小限の生活導線の確認

部屋の図面を基に作成した2Dイメージでは、家具と家具の距離感も確認していただけます。人の通れる最小限の動線を確認していただき、ベッドと他の家具のレイアウトを考えましょう。特に1Kやワンルームの場合は、寝室家具と生活家具が必要になるため、快適に生活していただく上で、最小限の動線の確保は重要になります。

【最小限の動線が確保されていないレイアウト】
部屋の中に入ってすぐ家具があり、動きにくいレイアウトです。家具のサイズ感も大きいため、収納が使えません。

【最小限の動線が確保されているレイアウト】
部屋に入ってからの動線の確保、収納までの最小限の距離感などが確保されているため、生活しやすい空間になります。

狭い部屋でも安心できる3Dシミュレーションで部屋をイメージ

狭い部屋にベッドやその他の家具をレイアウトした際、どのような雰囲気になるのか気になるのではないでしょうか。そのような時は、3Dシミュレーションをご覧いただき、立体的に空間を見ましょう。平面では気づかなかったポイントが分かります。また、カラーコーディネートや内装を変えることが出来るので、具体的な雰囲気をご覧いただける事も便利なポイントです。

3Dシミュレーションで空間の雰囲気を確認

3Dシミュレーションをご覧いただく事で、狭い部屋にベッドをレイアウトした時の雰囲気を確認していただけます。ベッドフレームの雰囲気や、家具と家具のバランス、家具の色味と内装の色味の雰囲気など、色々なことが分かります。

ベッド装飾のカラーコーディネートも行える

3Dシミュレーションでは、家具の雰囲気だけではなく、お好みのカラーコーディネートがどのような雰囲気なのかもご覧いただけます。

ベッドスプレッドやフットスロー以外にも、壁面装飾やカーテンのカラーコーディネートも行えるため、空間全体の雰囲気が分かります。

内装のイメージも分かる3Dイメージ

3Dシミュレーションでは、カラーコーディネート以外にも、床や壁紙など内装材を変えることが出来るので、より具体的にイメージしていただく事が出来ます。ダークブラウンの床にグリーンのファブリックを合わせたらどのような雰囲気になるのかなど、確認してみましょう。

おすすめコラム

  • 【動画付】快適な家具配置をシミュレーションする~マイルーム3Dの使い方~
    【動画付】快適な家具配置をシミュレーションする~マイルーム3Dの使い方~

    家具を購入する前に、家具配置のシミュレーションをしてお部屋のイメージを確認することができれば安心して検討することができます。a.flatではパソコンやスマートフォンを使い、誰でも簡単に実際のお部屋と、家具配置やインテリアのイメージを再現できる3Dシミュレーションソフト「マイルーム3D」を無料で公開しています。ここではそんなシミュレーションソフトの使い方を分かりやすい動画付きでご紹介します。

店舗でベッドや狭い部屋のレイアウトをチェック

狭い部屋にベッドのレイアウトをご検討されている方は、店舗で実際のベッドや、その他の家具をご覧いただきながらご検討して下さい。実際の家具の大きさを確認したり、家具と家具の距離感を体感することで、具体的なイメージを行いやすくなります。

コーディネートサービスで狭い部屋×ベッドのレイアウトをチェック

部屋の大きさのが分かる図面や間取り図をお持ちいただければ、その場でシミュレーションサービスを行うことが出来ます。実際の家具をご覧いただきながら部屋のレイアウトをご検討していただけるので、より具体的なイメージをしやすくなります。

ベッド周りのアイテムやインテリア装飾も店舗でチェック

店舗では、ベッド周りのアイテムや寝室のインテリア装飾もご確認していただけます。マットレス・寝具等、実際に触れてお試しいただく事で、分かる事もあります。また、寝室を彩るアイテムも実際にご覧いただき、どのようなものがあるのか確認しましょう。

ベッドと合わせてマットレス・寝具もチェック

上質な睡眠を得るためには、マットレスや寝具が重要になってきます。実際にお試しいただく事で、自分の体に合ったマットレス・寝具が分かります。普段と同じように試していただく事で、自分に合った上質な睡眠が行えるマットレス・寝具を見つけましょう。

寝心地の異なるマットレスを実際にお試しいただけるので、自分の体にあった寝心地のマットレスをお探しいただけます。

ベッド・マットレスに合わせて、シーツや掛け布団もございます。一つ一つお試しいただけるので、安心して商品をお選びいただけます。

おすすめメニュー

  • 眠りマイスター~快眠の条件を知り、質の良い眠りへ~

    眠りマイスター~快眠の条件を知り、質の良い眠りへ~のページです。ぐっすり眠り、すっきり起きる。 快適な眠りには眠りの質を高めることが重要です。寝具の正しい選び方や寝室の環境など、快眠に必要な条件を知ることで、さらに心地のよい眠りを手にしましょう。

インテリア装飾のカラーコーディネートもチェック

寝室を彩るインテリア装飾として、ベッドスプレッドやフットスロー、壁面装飾などがあります。実際のファブリックを見て、生地質を確認していただいたり、色の組合せをお試しください。約70色のカラーからお選びいただくことができるため、理想のカラーコーディネートを叶えていただけます。

狭い部屋のレイアウトやベッド・寝具を試せる店舗一覧

【a.flat目黒通り本店】
〒152-0031
東京都目黒区中根1-14-15

TEL 03-5731-5563
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜・木曜(祝日を除く)

【a.flat新宿店】
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-8
ACNビル2F

TEL 03-5919-1922
営業時間 12:00~20:00
定休日 火曜(祝日を除く)

【a.flat大阪梅田店】
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪北館5F

TEL 06-6292-5733
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜(祝日を除く)

おすすめメニュー

  • 店舗にて家具サイズの確認、レイアウト・インテリアの相談について

    店舗にて家具サイズの確認、レイアウト・インテリアの相談についてのページです。STEP1~5を通して、家具のサイズ知識やレイアウト、生活動線の基本、3Dシミュレーションソフト、インテリアコーディネートなどのご紹介をしてきました。ご希望の家具サイズやお部屋レイアウトのイメージなどが少しづつ描けてきているかもしれません。最後に、もし検討されている家具を実際に見れる環境にある場合は、実店舗に出向かれて家具のサイズ確認やレイアウト・インテリアの相談をして見るのも良いでしょう。東京・目黒通り、新宿、大阪・梅田(グランフロント北館)の店舗にご来店された際は、家具、インテリアの下見をしながら、店舗スタッフに検討中のレイアウト・インテリアコーディネートを是非相談してみて下さい。お客様のニーズにマッチしたプランをご提案をさせて頂きます。

まとめ

上質な睡眠を得られるベッドですが、狭い部屋や限りあるスペースにレイアウトする事は難しいと考えてしまいがちです。是非、今回のポイントを抑えて狭い部屋でもベッドをレイアウトすることを検討して下さい。また、一緒にベッドを置いた空間のインテリアについても考えて、理想の空間を叶えましょう。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

おすすめコンテンツ

メンバー登録

a.flatでのショッピングの際はメンバー登録(無料)が必要となります。また、メンバー登録すると便利なサービスやお得な特典が利用可能になります。

詳細はこちら >

カタログ

a.flatの最新カタログを無料でお届けします。a.flatの世界観がひと目で分かる公式カタログをぜひ手にとってお確かめください。

詳細はこちら >

メールマガジン

a.flatの新着情報やインテリアの豆知識など、お部屋づくりに役立つ様々な情報をお届けしております。

詳細はこちら >

コーディネートサービス

お部屋のシミュレーションができる「マイルーム3D」を使い、お部屋づくりや家具選びをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。

詳細はこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 新宿店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2021 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.