• カート
  • マイリスト
  • ご利用ガイド
  • 店舗情報
  • メンバー登録
  • ログイン
  • メンバー情報更新
  • マイリスト
  • マイルーム
  • カート
  • ログアウト
検索

狭い部屋に置けるソファの選び方~おすすめソファを実例付きでご紹介~

公開:2018/8/3

更新:2022/4/28

ライター:ネットショップ清水

狭い部屋に置けるソファの選び方~おすすめソファを実例付きでご紹介~

一人暮らし用のワンルームや狭小住宅のリビングなどの「狭い部屋」にソファを置くのは難しいと考えている方も多いかもしれません。確かにソファを置くためにはある程度のスペースが必要となりますが、狭い部屋に適したソファを選べば十分置くことは可能です。
そこで今回は狭い部屋向けのソファの選び方や、おすすめソファをご紹介します。さらにお部屋を狭く見せないようなコツなどもご紹介しますので、どうぞ最後までご覧ください。

狭い部屋にもソファを置ける?

狭い部屋とはどんなサイズ?

一般的な住空間での「ソファを置く狭い部屋」とは、一人暮らしの居室部分や、2部屋以上ある住宅のリビングルームのことを指します。

ワンルーム/1K

都心部の一人暮らし向けワンルームや1Kは、居室の広さが6畳といった狭い間取りも珍しくはありません。こちらのような一般的によくある縦に長い6畳間の場合、コンパクトなソファとシングルベッドを置くことができます。

リビングルーム

10畳以下のリビングはやや狭く、ソファのサイズや配置が制限されるケースが多いです。8畳ほどの広さでも2人掛けソファと小ぶりのダイニングセットであれば置くことができるため、1~2人暮らしであれば狭いながらもさほど不自由なく生活できるでしょう。

一人暮らしでも2人掛けソファが人気の理由

一人暮らしの場合は1人掛けソファを選ぶこともできます。しかし快適性や将来性などを考慮すると、実は2人掛けサイズの方が使い勝手がよいというケースが多いのです。そのためスペースを確保できるのであれば、なるべく2人掛けソファを選ぶことをおすすめします。

2人掛けソファのメリット

①2人でも座ることができる
1人の時はゆったりと座ったり、2人の時は並んで腰かけることができます。

②楽な姿勢でくつろぐことができる
座るだけでなく、脚を乗せたり横になったりと楽な姿勢で寛ぐことができます。

③レイアウトしやすい
2人掛けソファがあることで、寛ぎの場所・食事の場所というように生活スペースを区切ることができます。

④長く使い続けやすい
2人掛けソファの中にはパーツを追加して拡張できるソファもあり、引っ越しなどライフスタイルに変化があっても使い続けやすいと言えます。

狭い部屋に置くソファの選び方【サイズ編】

狭い部屋に置くソファは基本的に「幅」が小さいサイズを選ぶ必要があります。しかし配置場所によっては幅ではなく「奥行」や「高さ」を重視する必要もあります。この3つのポイントは、ソファのサイズ選びや部屋のレイアウト、見え方などに影響を与えます。

ソファのサイズが影響するポイント

  1. ソファの幅…座る人数、部屋サイズとのバランスに影響する

  2. ソファの奥行…部屋の生活動線に影響する

  3. ソファの高さ…部屋の見え方・開放感に影響する

①幅がコンパクトなソファを選ぶ

ソファの幅は「部屋のサイズ」とも密接に関係しており、部屋サイズに対して適正なソファサイズを選ぶことで、その部屋で快適に過ごすことができます。

同じ間取りで2人掛けと2.5人掛けをレイアウトした場合を比較
こちらの9畳の間取りの場合は「2人掛け」が適正サイズと言えます。

2人掛けソファの場合
ダイニングセットとの間に適正な通路幅があり、スムーズに行き来することができます。

2.5人掛けソファの場合
置くことはできますが、ダイニングとの間隔が狭いため行き来し辛い懸念があります。

■2人掛けや1人掛けサイズを選ぶ

狭い部屋に置くソファは基本的に2人掛けや1人掛けといったコンパクトサイズから検討します。「○人掛け」というサイズ表記には明確な定義はなく、メーカーやブランドによって寸法は様々ですが、2人掛けの平均的なサイズは約1500mm前後、1人掛けは約900mm前後となります。

2人掛けソファ

ウッド・ソファv02 2P
幅1530mm

テン・ハイバックソファ2P
幅1540mm

ケイ・ローソファ 2P
幅1550mm

シン・ソファ 2P
幅1550mm

1人掛けソファ

シン・ソファ 1P
幅925mm

テン・ハイバックソファ1P
幅890mm

ウッド・ラウンジチェア
幅660mm

ムン・ラウンジチェア
幅625mm

■片肘ソファを選ぶ

ソファの中には片側のみアームの付いたデザインもあります。片側にひじ掛けがない分、幅を抑えることができたり、側面から立ち座りができたりと、狭い部屋に適した形状とも言えるでしょう。

ラン・コンパクトソファ 2P片アーム
幅1400mm

テン・ハイバックソファ 2P片アーム
幅1420mm

セイル・ローソファ 2P片アーム
幅1380mm

ケイ・ローソファ 2P片アーム
幅1380mm

■アームレスソファ(ベンチソファ)を選ぶ

ひじ掛けの付いていないアームレスソファは、座面は2人掛けのままソファ全体の幅を抑えることができるため、6畳ワンルームなど特に狭い部屋に向いているソファと言えます。幅を抑えることができる分、2.5人掛けにサイズアップすることも可能。また、シンプルなデザインがお好みの方にもおすすめです。

ラン・コンパクトソファ 2Pベンチ
幅1100mm

テン・ハイバックソファ 2Pベンチ
幅1300mm

セイル・ローソファ 2Pベンチ
幅1200mm

ケイ・ローソファ 2.5Pベンチ
幅1500mm

  • 【片肘ソファ特集】開放感が魅力のおすすめ片肘ソファ&実例の紹介
    【片肘ソファ特集】開放感が魅力のおすすめ片肘ソファ&実例の紹介

    開放的な動線とアシンメトリーのおしゃれな雰囲気が魅力の片肘ソファ。寛ぎ感もありながらも、生活動線も取り易い等、片肘ソファは沢山の魅力にあふれています。こちらのコラムでは、そのような片肘ソファを選ぶメリットや、片肘ソファが似合うリビングレイアウトをご紹介しています。

  • コンパクトなベンチソファで快適&おしゃれな暮らしを叶える
    コンパクトなベンチソファで快適&おしゃれな暮らしを叶える

    今回のコラムでは、「ベンチソファ」の便利な使い方や背もたれのあり・なし、自分でカバーの張替えができるものなど様々な形のベンチソファを、レイアウト例も含めてご説明いたします。様々な理由でベンチソファをお探しの方がいらっしゃいますが、用途に適したベンチソファを選ぶことで、快適にお過ごし頂けるでしょう。実例等も確認頂きながら是非参考にされてみて下さい。

②奥行きが浅めのソファを選ぶ

ソファの奥行は、部屋の行き来のしやすさ(通路幅)に影響します。例えば縦長の間取りの場合、奥行きの浅いソファの方が動線にゆとりが生まれます。お部屋の形状によっては奥行きのサイズにも注意を払いましょう。

※同じ間取りで奥行サイズの異なるソファをレイアウトした比較

奥行750㎜のソファ×6畳ワンルーム
ソファ前の通路が十分に確保され、狭い6畳間に置いてもすっきりした印象があります。

奥行890㎜のソファ×6畳ワンルーム
行き来に支障はないものの、浅めのソファと比べると動線はやや狭め。

  • ソファの奥行きサイズと、生活動線への影響について

    ソファの奥行きサイズと、生活動線への影響についてのページです。ソファの奥行きサイズは、お部屋・リビングダイニングの「生活動線」に最も影響してきます。奥行きが少ないほど、生活動線(=通路・スペース)が広く確保できるため、歩きやすく、日常的な作業もしやすくなります。その反面、座り心地としては浅くなるため、ゆったりと座りたい場合は逆に奥行きのあるソファを選ぶとよい傾向にあります。同じ間取り、大きさの部屋・リビングダイニングに奥行きサイズの違う2.5人掛けのソファを置いた比較をしました。ソファの奥行きサイズによる生活動線(=通路・スペース)の違いを確認してみましょう。

  • ラン・コンパクトソファ特集 ~ゆとりあるレイアウトと生活動線を実現~

    ラン・コンパクトソファ特集 ~ゆとりあるレイアウトと生活動線を実現~のページです。生活動線の検証 - 狭いリビングLD10畳・ワンルーム6畳に奥行きが違うランとケイソファを配置した比較 になります。 LD10畳に奥行きが240mm異なる「コーナーソファ」を配置して、ソファ⇔テレビボード間の生活動線の見え方を比較しています。次に、ワンルーム6畳に奥行きが140mm異なる「2人掛けソファ」を配置して、ソファ⇔テレビボード間の生活動線の見え方を比較しています。

③背が低めのソファを選ぶ

狭い部屋ではソファなど大型の家具があることで圧迫感を感じることがあります。しかし背が低いローソファであれば、天井が高く見えたり、視界を遮らないことで開放感を感じやすくなります。

※高さの異なるソファをレイアウトした比較

ローソファ
視界を遮らず、お部屋の中央に置いてもすっきり見えます。開放感のある暮らしを叶えられるでしょう。

一般的な高さのソファ
ローソファに比べると少し圧迫された印象です。そんな時は壁付けにレイアウトすることで圧迫感を軽減できます。

  • ソファの高さサイズと、お部屋の開放感の関係について

    ソファの高さサイズと、お部屋の開放感の関係についてのページです。ソファの高さサイズは、「お部屋・リビングダイニングの開放感」に影響します。お部屋・リビングダイニングを広く見せたい場合はロータイプを選び、座り心地を安定させたい時は高さのあるソファがお勧めです。特にL字やコーナータイプで置く際は、より高さが際立ってくるため、お部屋・リビングダイニングが広いケースでもロータイプが良い時もあります。ソファを部屋の真ん中に置いて背面が見えるケースの場合、空間に対しての開放感が特に異なって見えます。部屋・リビングダイニングを広く見せるか、あえて存在感を出したい・区切りたい等、お部屋のレイアウト・コーディネートをイメージしながら選びましょう。

  • 低いソファで叶える開放的な部屋作り ~快適でおしゃれなローソファの選び方~
    低いソファで叶える開放的な部屋作り ~快適でおしゃれなローソファの選び方~

    開放感、リラックス感のある部屋を叶えることができる座面や背もたれの低いソファ。コーディネートに差をつけることができる低いソファは、一般的なソファとは一味違った、魅力的な空間を作ることができます。今回は、そんな低いソファの選び方や、低いソファを中心に、快適でおしゃれな部屋を叶える方法を紹介します。

狭い部屋に置くソファの選び方【デザイン編】

狭い部屋に置くソファ選びは、まずは適正なサイズを選ぶことがとても重要。しかしそれだけでなく、デザインなど見た目の印象を左右する部分や、使い勝手が良いかどうかも大切になってきます。ここではそういったサイズ以外での選び方を5つご紹介します。

  1. シンプルなデザインを選ぶ

  2. ソファダイニングを選ぶ

  3. パーツで組み合わせられるソファを選ぶ

  4. 明るい・淡い色のソファを選ぶ

  5. 組み立て式ソファを選ぶ

①シンプルなデザインのソファを選ぶ

抜け感のある家具は部屋を広く見せることができる

狭い部屋に置くソファは、見た目の印象も重要な要素。同じサイズでもよりシンプルで、「抜け感」のあるデザインを選んだ方が圧迫感を抑え、部屋を広く見せることができます。具体的にはアームや脚などフレームに「抜け」があるデザイン、また全体的に線が細くスタイリッシュな印象のものが該当します。

「抜け感」を感じるデザインのソファ例

脚に抜けがあるソファ

アームに抜けがあるソファ

背面に抜けがあるソファ

②ソファダイニングを選ぶ

ソファダイニングとは寛ぐことができるソファと、食事ができる少し低めのダイニングテーブルを組み合わせた1台2役の家具。「食事と寛ぎの空間」を兼用することで、その分だけフリースペースが多くなり、お部屋を開放的に見せられるのが最大のメリット。狭い部屋を中心に、近年人気が高まっているスタイルです。

※同じ間取りでソファとダイニングを分けた場合、ソファダイニングにした場合を比較

ソファ+ダイニングセット
2.5人掛けソファと4人用のダイニングテーブルを置くと、こうして通路が狭くなってしまいます。

ソファダイニング
大型のコーナーソファを置いてもまだスペースにゆとりがあり、窮屈な印象が無くなります。

ソファダイニングに適したソファとテーブル

ソファダイニングの場合、一般的なソファでは奥行きが深すぎて姿勢が保ちづらくなってしまいます。そのため脚から腰まで姿勢よく座ることができる「奥行きが浅めのソファ」が適しています。またダイニングテーブルはソファに合わせるため、一般的なものよりも低めの「高さ630~640mmほどのダイニングテーブル」が良いでしょう。

③パーツで組み合わせられるソファを選ぶ

パーツ同士を並べる組み合わせソファは、間取りに合わせたサイズ・形をカスタマイズすることができます。また、一体型のソファに比べて使い勝手の良さが特徴で、パーツの単品使いはもちろんセット使いもできるので、一人でのんびり過ごす時や、家族や友人と過ごす際などシーンによってソファの使い方を変えたいときに便利です。

【例1】ワンルーム/1K向けの組み合わせ

セット使い
1人掛けベンチコーナーを並べると、幅1300mmのコンパクトな2人掛けソファとして使えます。

単品使い
1人掛け×2台にセパレートすることもできます。

【例2】リビング向けの組み合わせ

セット使い
2人掛けコーナーを並べると、幅2090mmの3人掛けソファとして使えます。

単品使い
2人掛けと1人掛けにセパレートすることもできます。

【例3】リビング向けの組み合わせ

セット使い
2人掛けコーナー1人掛けの3つのパーツで、コンパクトなL字ソファに。

単品使い-1
2人掛け×2台というようにセパレートすることもできます。

単品使い-2
2人掛け×1台、1人掛け×2台のパターンも可能。

  • 組み合わせ自由なソファで楽しむ暮らし ~組み合わせ自在のソファ4選~
    組み合わせ自由なソファで楽しむ暮らし ~組み合わせ自在のソファ4選~

    寛ぎや団欒には欠かせないソファは、組み合わせが自由にできるソファを選ぶことで部屋のサイズや居住人数が増えても永く使える魅力があります。豊富なデザインや組み合わせ可能なソファパーツによって、部屋の形やライフスタイルに合わせて自由自在な形を組むことが可能に。こちらのコラムでは、組み合わせ自由な4種類のソファについてご紹介致します。是非、コーディネート実例と共に参考になさって下さい。

④明るい・淡い色のソファを選ぶ

白などの明るい色は「軽い」と感じるという概念が存在します。狭いリビングのメインとなるソファにもそうした色のカバーを選ぶことで、全体的に明るく開放的なイメージを演出することができるのです。a.flatのソファに標準装備されている付属カバーも、そういった意味合いからオフホワイトカラーを採用しています。

ソファ本体ではなく、面積の大きいソファカバーを明るい・淡い色にすれば開放感を演出できます。

開放感を高めるおすすめソファカバー

  • カバーリングソファ特集 ~カバーが簡単に取り替えられるおすすめソファ7選~
    カバーリングソファ特集 ~カバーが簡単に取り替えられるおすすめソファ7選~

    カバーリングソファはソファ本体からカバーを取り外すことができるため、洗濯やメンテナンスがし易い点が最大のメリット。そのため小さなお子様やペットと暮らすご家庭でも気兼ねなく取り入れることができます。また、気軽に模様替えをすることもできるので、ソファを飽きずに永く使い続けることができるという特長もあります。今回はそんなおすすめのカバーリングソファを、選び方や実例を交えてご紹介します。

⑤搬入しやすい組み立て式ソファを選ぶ

ソファのように大きな家具は、サイズによってはお部屋への搬入が難しいケースも。しかし組み立て式のソファであればパーツごと部屋に運ぶことができるため、お部屋に入るかどうかの心配が軽減されます。ソファを購入する際には組立式かどうかもチェックしておくと安心でしょう。

おすすめの組み立て式ソファ

細かいパーツに分解可能

細かいパーツに分解可能

細かいパーツに分解可能

クッション、アーム、脚が取り外し可能

  • 【特集】組み立てソファで安心の搬入と快適な暮らしを実現
    【特集】組み立てソファで安心の搬入と快適な暮らしを実現

    組み立て式ソファには、搬入のしやすさだけではなく、可変性・拡張性に富み、メンテナンス性も高いという特徴があります。ご結婚やお引っ越しなどのライフスタイルの変化にも柔軟に対応することが可能です。今回は、このように様々なメリット持つ組み立てソファをご紹介します。

狭い部屋にもおすすめしたいa.flatソファ23選

a.flatではここまで説明してきたような「狭い部屋に適したサイズ・デザインの特徴をおさえたソファ」を展開しています。ここからはそんなa.flatのソファシリーズと、ワンルーム/1K、狭いリビングといったように間取り別のおすすめサイズをご紹介します。

おすすめソファを見る前に、4つのソファシリーズとその特徴をチェック

  • a.flatソファ特集~ソファシリーズ~

    a.flatソファ特集~ソファシリーズ~のページです。a.flatは暮らしに『+α』を追加して生活をより「良いもの」に変化させるソファをご提案しています。 アジアの素材や技術、日本の自然や美意識、住環境、生活様式、体系など様々な方面からの研究を重ねて拘りぬいた結果、優れたデザイン性と機能性を持ったa.flat独自の個性豊かなソファシリーズが生まれました。シリーズごとに違うコンセプトと特徴の中からあなたの理想に合ったソファで『+α』の暮らしをお楽しみ下さい。

■狭いワンルーム/1Kにおすすめのソファ

コンパクトソファシリーズのおすすめ

ラン・コンパクトソファは奥行き750mmと少し浅めのサイズ設計のため、狭いワンルームでも生活動線を作りやすく、ゆとりある生活空間を演出できるソファシリーズ。素材はラタン、ヒヤシンスの2種類からお選びいただけます。

2Pベンチ
幅1100 / 奥行750 / 高さ730mm

2P片アーム
幅1400 / 奥行750 / 高さ730mm

v02セット(コーナー+1Pベンチ)
幅1300 / 奥行750 / 高さ730mm

1人用ソファダイニング
(2Pベンチカフェ・テーブルv04)

  • ラン・コンパクトソファ特集 〜暮らしが充実する万能ソファ〜

    ラン・コンパクトソファ特集 〜暮らしが充実する万能ソファ〜のページです。ラン・コンパクトソファは、一人暮らしのワンルームから、二人暮らしやファミリーのマンション・戸建てのリビングまで、幅広くご利用頂ける「万能なソファ」です。また、リビングでローテーブルと合わせたり、食事も可能なソファダイニングとして使うこともできます。そんな暮らしの幅を広げて、永く寄り添ってくれるラン・コンパクトソファの魅力について、ご紹介させて頂きます。

ローソファシリーズのおすすめ

全体的に通常のソファより低めの高さ設計で、狭い部屋にもリゾートのような開放感を生み出すローソファ。1人暮らしのワンルームの場合は、アームレスや片アームなど幅を抑えたタイプがおすすめです。

2Pベンチ
幅1200 / 奥行890 / 高さ580mm
※写真はケイ(ラタン)

2Pアーム
幅1380 / 奥行890 / 高さ580mm
※写真はケイ(ヒヤシンス)

1.5P両アーム
幅1250 / 奥行850 / 高さ580mm
※写真はセイル

  • ローソファ特集 - 開放感があるロータイプのデザイン -

    ローソファ特集 - 開放感があるロータイプのデザイン -のページです。a.flatが提案している「ローソファ・シリーズ」は、ご自宅にリゾート特有の開放感をもたらしてくれるソファです。高さが低いからこそ生み出される開放感や抜け感によって、部屋を広く見せるとともに毎日の暮らしに心地よさを与えてくれます。ロータイプのデザインを追求してリゾート感をより一層盛り上げてくれる、ローソファシリーズのデザインポイントやこだわりなどをご覧ください。

ハイバックソファシリーズのおすすめ

テン・ハイバックソファは座面高を300mmと低めにすることで全体の高さを抑えた設計になっており、狭い部屋でも取り入れやすいハイバック×ロースタイルが魅力です。

2Pベンチ
幅1300 / 奥行920 / 高さ820mm

2P片アーム
幅1420 / 奥行920 / 高さ820mm

1P両アーム
幅890 / 奥行920 / 高さ820mm

  • テン・ハイバックソファ特集~無垢材の温もりとこだわりのデザイン~

    テン・ハイバックソファ特集~無垢材の温もりとこだわりのデザイン~のページです。a.flatが提案している「テン・ハイバックソファ」は、無垢材の温もりを感じられるとともに、職人の高い技術を活かして、美しい曲線のアームデザインを採用した高級感のあるソファです。無垢の素材感や流れるようなフォルムのハイバックソファを主役にして、ご自宅をコーディネートすれば自然のリゾートにいるかのような空間が作れます。そんな魅力がたくさん詰まったテン・ハイバックソファをご紹介致します。

スタンダードソファシリーズのおすすめ

デザイン・座り心地・機能性のバランスを重視した、性別や年齢問わず誰でも使いやすいソファシリーズ。1人暮らしのワンルームの場合、1人掛けや圧迫感のないシンプルデザインの2人掛けソファがおすすめです。

ウッド・ソファv02 2P
幅1530 / 奥行850 / 高さ750mm

ムン・ラウンジチェア
幅625 / 奥行810 / 高さ735mm

ウッド・ラウンジチェア
幅660 / 奥行885 / 高さ900mm

  • スタンダードソファ特集 - イメージに合わせて選べるソファの素材・色 -

    スタンダードソファ特集 - イメージに合わせて選べるソファの素材・色 -のページです。お部屋作りの主役となるソファですが、その素材感や色合いに寄って、部屋のイメージを大きく左右します。a.flatの「スタンダードソファ・シリーズ」は4つの異なる素材感からお選び頂けるとともに、お好みで別売りのソファカバーをプラスできるため、理想のテイストを叶えることも可能です。こちらでは、各スタンダードソファにおけるイメージの違いや、彩り豊かなカラーコーディネートなどをご覧ください。

■狭いリビングルームにおすすめのソファ

コンパクトソファシリーズのおすすめ

ラン・コンパクトソファは奥行き750mmと少し浅めのサイズ設計のため、ソファダイニングとしてもお使いいただけます。パーツの組み合わせ次第で置くスペースにぴったりなサイズ・形をつくることができるので、最大4~6名で使えるソファダイニングを演出することも可能です。

  • ラン・コンパクトソファ特集 〜暮らしが充実する万能ソファ〜

    ラン・コンパクトソファ特集 〜暮らしが充実する万能ソファ〜のページです。ラン・コンパクトソファは、一人暮らしのワンルームから、二人暮らしやファミリーのマンション・戸建てのリビングまで、幅広くご利用頂ける「万能なソファ」です。また、リビングでローテーブルと合わせたり、食事も可能なソファダイニングとして使うこともできます。そんな暮らしの幅を広げて、永く寄り添ってくれるラン・コンパクトソファの魅力について、ご紹介させて頂きます。

  • ソファダイニングテーブル・ソファダイニングセット~ソファと組み合わせてリラックスしたり、食事ができたりと様々な過ごし方が楽しめるダイニングシリーズ~

    ソファダイニングテーブル・ソファダイニングセット~ソファと組み合わせてリラックスしたり、食事ができたりと様々な過ごし方が楽しめるダイニングシリーズ~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flatソファダイニングテーブル・ソファダイニングセットシリーズは、有機的なフォルムと、無垢材の温もりがひとつになりました。使うひとのためにデザインされた機能性と、どこか優しいアジアンリゾートの空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアンリゾートの情景を思わせる開放的な空間が広がり、コーディネートとクオリティを確かめながらソファダイニングテーブル・ソファダイニングセットを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。

ローソファシリーズのおすすめ

狭いリビングでもアジアンリゾートのような開放感を演出するロースタイルソファ。ケイ・ローソファはアジアンらしい天然素材編み、セイル・ローソファは無垢材と、素材やデザインの異なる2種類で展開しています。

2P両アーム
幅1550 / 奥行850 / 高さ580mm
※写真はセイル

2.5Pベンチ
幅1550 / 奥行890 / 高さ580mm
※写真はケイ(ヒヤシンス)

2.5P片アーム
幅1680 / 奥行890 / 高さ580mm
※写真はケイ(ヒヤシンスDG)

  • ローソファ特集 - イメージに合わせて選べるソファの素材・色 -

    ローソファ特集 - イメージに合わせて選べるソファの素材・色 -のページです。お部屋作りの主役となるソファですが、その素材感や色合いに寄って、部屋のイメージを大きく左右します。a.flatの「ローソファ・シリーズ」はヒヤシンス、ラタン、無垢材、ヒヤシンスDGの4つの異なる素材感からお選び頂けるとともに、お好みで別売りのソファカバーをプラスできるため、理想のテイストを叶えることも可能です。こちらでは、各ローソファにおけるイメージの違いや、彩り豊かなカラーコーディネートなどをご覧ください。

ハイバックソファシリーズのおすすめ

「こだわりの無垢材デザインと上質な座り心地」を追求したa.flat最上級シリーズ。一般的なハイバックソファと比較するとやや低めの高さ設計なので狭い部屋にも取り入れやすく、リビングで過ごす時間が長い方におすすめしたいソファです。

2P両アーム
幅1540 / 奥行920 / 高さ820mm

2.5Pベンチ
幅1600 / 奥行920 / 高さ820mm

2.5P片アーム
幅1720 / 奥行920 / 高さ820mm

  • テン・ハイバックソファ特集~上質な座り心地とデザインの追求~

    テン・ハイバックソファ特集~上質な座り心地とデザインの追求~のページです。テン・ハイバックソファはその名の通り、「高さのある安定した座り心地」によって、男女問わずゆったりと寛ぐことができます。また、快適な座り心地を生み出すにはソファ中材へのこだわりや、よりリラックスできるためのソファ組み合わせも重要なポイントです。テン・ハイバックソファの座り心地は「腰から肩・首までやさしく支える」をテーマに設計しました。肩から首までしっかりと支えられているので、長時間楽な姿勢でくつろぐことができます。それでは、その座り心地の違いは何処にあるのかをご紹介していきます。

スタンダードソファシリーズのおすすめ

他シリーズのような拡張性は少ないですが、ただシンプルなだけではない一工夫や、a.flatらしい自然との調和したデザインや素材感などにこだわったソファシリーズ。いずれもアームや背、脚などに抜け感のあるデザインを採用した点が、狭い部屋でも取り入れやすい理由です。

ウッド・ソファv02 2.5P
幅1830 /奥行850 /高さ750mm

シン・ソファ 2P
幅1550 / 奥行820 / 高さ750mm
※写真はラタン

シン・ソファ 1P
幅925 / 奥行820 / 高さ750mm
※写真はヒヤシンス

  • スタンダードソファ特集 - シンプルな中にこだわりが詰まったデザイン -

    スタンダードソファ特集 - シンプルな中にこだわりが詰まったデザイン -のページです。a.flatが提案している「スタンダードソファ・シリーズ」は、デザイン・座り心地・機能性のバランスを重視したソファです。シンプルなデザインは天然素材のヒヤシンスやラタン、ウッドの風合いを活かして、飽きの来ない美しいソファが様々な空間とも調和してくれます。他のソファシリーズのような拡張性は少ないですが、逆にシンプルな使い勝手やデザインを楽しみやすい「スタンダードソファ」をご紹介します。

番外編:狭いバルコニーに置ける屋外用ソファ

屋外用ソファは比較的ボリュームのあるサイズ感のものが多く出回っています。しかし一般的なマンションのバルコニーやベランダは狭い造りが多いため、a.flatでは幅や奥行きを抑えたコンパクト設計の屋外ソファを展開しています。自宅にリゾートのような非日常感をプラスして、癒しのある生活を手に入れてみませんか。

ガーデン・コンパクトソファ 2Pベンチ
幅1100 / 奥行750 / 高さ730mm

ガーデン・コンパクトソファ 2P片アーム
幅1400 / 奥行750 / 高さ730mm

ガーデン・ラウンジチェア 2P
幅1160 / 奥行610 / 高さ790mm

ガーデン・ソファ 1人掛け
幅680 / 奥行800 / 高さ770mm

  • 屋外用家具~テラス・バルコニー用のソファ・チェア・テーブルシリーズ~

    屋外用家具~テラス・バルコニー用のソファ・チェア・テーブルシリーズ~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flat屋外用家具・ソファ・チェア・テーブルシリーズは、有機的なフォルムと、アジアン素材の温もりがひとつになりました。使うひとのためにデザインされた機能性と、どこか優しいアジアンリゾートの空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、アジアンリゾートの情景(テラス・バルコニー)を思わせる開放的な空間が広がり、インテリアコーディネートとクオリティを確かめながら屋外用家具・ソファ・チェア・テーブルを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。

狭い部屋に置くソファのレイアウト方法

ソファ選びと同じくらい大切なのがソファのレイアウト。コンパクトなサイズを選んだとしてもレイアウトが適切でなければ生活に不自由が生じてしまう場合もあるので注意が必要です。ここでは間取りや広さ別にソファのレイアウト例をご紹介します。

狭いお部屋でも快適に暮らすためには、動線(通路)がきちんと確保されていることや、家具まわりにスペースがあることなどが挙げられます。狭い部屋にソファを置く際には、このように動線を確保した無理のないレイアウトをがとても大事になります。

〇すっきりとした動線のレイアウト例
壁側に家具を寄せることでソファを中央に配置し、全体的にすっきりとした動線を作ることができています。

✖動線が狭いレイアウト例
ソファとベッドの間が狭く、窓への出入りがし辛い懸念があります。ソファの位置も中途半端で、どこかバランスの悪い印象になってしまっています。

■狭いワンルーム/1K(6~8畳)

6畳ワンルーム

レイアウト
幅1100㎜のベンチタイプのソファを配置。これくらいコンパクトな2人掛けソファであれば、6畳間でも置くことができます。

3Dイメージ
ソファをアームレスに、ベッドをロータイプにすることで、6畳という狭い空間でも圧迫感を抑えることができます。

8畳ワンルーム(長方形)

レイアウト
部屋の幅にゆとりがあるため、幅1550mmの2人掛けソファとセミダブルベッドを並べることができます。

3Dイメージ
ワンルームの場合、置く家具を最小限にすることがすっきりした印象を生み出します。

8畳ワンルーム(正方形)

レイアウト
ソファは片肘タイプにすることで部屋の中央にゆとりのある動線が確保し、開放感を演出することができます。

3Dイメージ
部屋の入口に背を向けるようにソファを配置するため、視界を遮らないローソファを選んでいます。

  • ワンルーム・1K・一人暮らしの部屋の家具配置とレイアウト例 ~6畳・8畳・9畳・10畳・12畳~

    ワンルーム・1K・一人暮らしの部屋の家具配置とレイアウト例 ~6畳・8畳・9畳・10畳・12畳~のページです。ワンルーム・1K・一人暮らしの部屋に家具・ソファ・ベッドを配置する場合、部屋のサイズがコンパクトな傾向にあるため、家具・ソファ・ベッドの選び方がより重要となります。「お部屋を広くおしゃれに見せたい」「収納性があるベッドが欲しい」「ソファを置きたい」など、お好みの一人暮らし・ワンルームスタイルをイメージしながら上手にレイアウトを組めば、限られた部屋の空間でも希望通りに配置できるケースもあります。ある程度自由に家具を置きたいと思ったら、お部屋選びの際は、8畳・9畳・10畳・12畳のワンルームであれば、ソファやベッドを一緒に置けたり、デスク、ドレッサーをプラスで置くなど自由度がアップするでしょう。

■狭いリビングルーム(10畳以下)

6畳リビング

レイアウト
ソファダイニングで食事と寛ぎのスペースをまとめることで、1DKの狭い間取りでも2人掛けソファを置くことができます。

3Dイメージ
片肘ソファは片側から出入りがしやすいため、手前に高さのあるダイニングテーブルを置いても動作に制限がなく、ソファダイニング向けのデザインと言えます。

8畳リビング(長方形)

レイアウト
幅1500㎜の2人掛けソファを置いたため、一般的なダイニングテーブルではなく、600㎜幅のコンパクトなカフェテーブルをレイアウトしています。

3Dイメージ
ソファもダイニングセットもシンプルですっきりとしたデザインのものを選ぶことで、狭い空間でも抜け感を演出することができます。

9畳リビング(正方形)

レイアウト
正方形の間取りの場合は9畳あっても家具同士の間隔が狭くなることも。このようにソファとダイニングをずらしたりして動線を確保することが大切になります。

3Dイメージ
入り口付近にソファを配置する必要がありますが、ローソファであれば視線や動線を遮らずにレイアウトすることができます。

  • 部屋の快適な家具配置とレイアウト例~1LDK・2LDK ・3LDK~

    部屋の快適な家具配置とレイアウト例~1LDK・2LDK ・3LDK~のページです。家具の配置・レイアウトは、部屋の間取り・大きさ(広い部屋・狭い部屋)、使用人数(一人暮らし・二人暮らし・家族暮らし)、日々の暮らし方、インテリアのお好み等によって変化します。一般的な部屋の大きさ別に、家具・ソファ・ダイニングテーブル等の配置・レイアウト例を見てみましょう。ここでは、1LDK・6畳~12畳、2LDK・10畳~14畳、3LDK・16畳~20畳のリビングダイニングに対しての家具・ソファ・ダイニングテーブル等のレイアウト・インテリアコーディネート実例を紹介しています。お部屋での過ごし方や、優先的に置きたい家具のサイズ等によっては、同じ部屋でも家具の配置・レイアウトは変化します。自分にあったスタイルを見つけて、快適なレイアウト・インテリアを組む事が大切です。

おすすめメニュー

ソファを置いた狭い部屋を広く見せる工夫

狭い部屋にそのままソファを置いた場合、どうしても部屋が狭く見えたり、圧迫感が出やすくなってしまいます。そのためソファ選びやレイアウトの他に、「部屋を広く見せる」ことも意識しましょう。ここでは狭い部屋をなるべく広々見せるためのポイントをいくつかご紹介します。

狭い部屋全体をロースタイルでまとめる

狭い部屋ではローソファを選ぶのも効果的ですが、それ以外の家具も高さが低めのものを選び、全体をロースタイルでまとめるのもおすすめ。天井が高く見えることで全体が広いと感じることができるでしょう。またローテーブルやテレビボードなどソファと一緒に使用する家具は、同じロータイプにした方が使い勝手も良くなります。

ワンルーム/1K向けロータイプのアイテム

狭いリビング向けロータイプのアイテム

狭い部屋全体を明るい・淡い色で統一する

白などの明るい色は膨張色と言い、空間を広く見せる作用があります。それは多くの住宅の壁や天井などには白が使われていることからも分かるでしょう。ソファカバーやカーテンなど面積の大きいアイテムをこうした膨張色で統一することで、部屋全体を明るく開放的に見せることができます。

明るい・淡い色を取り入れたいアイテム

ソファカバー
お部屋のメインとなるソファで膨張色を取り入れることで、全体的に明るいイメージを演出できます。a.flatソファの標準カバーもオフホワイト色を採用しています。

カーテン
カーテンは部屋の高さにも影響するアイテム。狭い部屋では壁に同化するようなカラーと、やや透け感のある軽やかな生地がおすすめです。
※写真はシルキー(アイボリー)

ベッドカバー
ワンルーム/1Kではベッドもかなりのスペースをとります。そのため明るく淡い色のカバーでベッドを覆うのがおすすめ。
※写真はPLアイボリー

  • ~カラーコーディネートの基礎知識~お部屋のインテリア・家具の色彩

    ~カラーコーディネートの基礎知識~お部屋のインテリア・家具の色彩のページです。お部屋のインテリア・家具の印象は、カラーコーディネートで大きく変わります。お好みの部屋を作るには色の持つ心理作用やインテリア・家具に与える効果を認識しておくことが重要です。色彩プランをしっかりと考え、選ぶ色や配色しだいでコーディネート目的をかなえてくれるでしょう。同じ部屋でもソファ、クッション、ラグ、カーテンなどのインテリアファブリックを、テーマに合わせてカラーチェンジするだけで雰囲気が大きく変わります。色の持つ力をインテリア・家具で上手に活用できるように、様々な基礎知識を見てみましょう。

なるべく床に物を置かないようにする

床にものがあるとその分スペースが埋まってしまい、また雑多な印象もあって余計に部屋が狭く見えてしまいます。そのため家具は必要背最低限にすること、常にものを片付けておくことですっきりとしたイメージを演出することができます。

(例)ローテーブルを置かない
場所を取るローテーブルではなく、コンパクトなサイドテーブルを取り入れるのがおすすめ。

(例)大きいサイズのラグを敷かない
四角よりも円形ラグの方が床面が多く見えるため、部屋を広く見せることができます。

  • お部屋を広く見せる生活動線~家具の選び方とレイアウト・コーディネート実例~

    お部屋を広く見せる生活動線~家具の選び方とレイアウト・コーディネート実例~のページです。多くの方が部屋作りの際に一番気になるポイントが、「部屋を広く見せること」と言われています。コンパクトな間取りでも、家具の選び方や配置(レイアウト)、インテリアコーディネート次第で、お部屋を広く感じさせる事が出来ます。お部屋を広く見せる事による3つの効果、お部屋を広くみせるための3つのポイントを、実際のコーディネート実例を交えてご紹介します。

狭い部屋×a.flatおすすめソファの実例集

ここからは実際にa.flatソファをコーディネートしたワンルーム/1Kや、狭いリビングの実例をご紹介します。レイアウトやサイズ選びの参考にしてみてください。

■狭いワンルーム/1Kの実例

①6畳ワンルーム×2人掛けベンチソファ

幅がコンパクトなアームレスソファを配置。奥行きも浅めで6畳間でもすっきりとした印象を与えることができます。また、円形ラグを敷いたりお部屋全体のカラーを統一したりと部屋を広く見せるための工夫も取り入れています。

レイアウト
標準的な6畳ワンルームでよくあるレイアウト。ベッドを奥側に配置して、手前のスペースを広くとることが大切です。

使用ソファ
ラン・コンパクトソファ 2Pベンチ (ラタン)
幅1100 / 奥行750 / 高さ730mm

②7畳ワンルーム×1人掛けソファ

6畳という限られた空間の中で、ソファやベッドの他に仕事用のデスクも配置した実例。デスクを置くにあたってベッドの向きが縦になるので、ソファは1人掛けを選択しています。円形ラグやアイボリーのカーテンとベッドカバー等、部屋を広く見せるための工夫も。

レイアウト
家具は全て壁沿いに配置。窓に向かって一直線に通路が作られているので、狭いながらもすっきりとした印象を与えます。

使用ソファ
ムン・ラウンジチェア (ラタン)
幅625 / 奥行810 / 高さ735mm

③7畳ワンルーム×2人掛けローソファ

ソファを中心にロータイプの家具でまとめた実例。こうしたロースタイルであればパープルやダークグレーなど濃いカラーを取り入れてもすっきりとしたイメージを演出することができます。

レイアウト
やや奥行きが深めのローソファを置く場合は、こうしたベンチタイプを選ぶことで圧迫感を抑える効果が期待できます。

使用ソファ
ケイ・ローソファ 2Pベンチ(ヒヤシンス)
幅1200 / 奥行890 / 高さ580mm

④7畳ワンルーム×2人掛けウッドソファ

直線的ですっきりしたデザインのウッドソファを取り入れた実例。全体的に無駄な要素を削ぎ落したシンプルモダンなテイストでまとめることで、狭いイメージを払拭することができます。

レイアウト
カーテンなど面積の大きいアイテムを淡い色にすれば、他のアイテムにダークトーンの色を選んでも重い印象を与えません。

使用ソファ
ウッド・ソファv02 2P
幅1530 / 奥行850 / 高さ750mm

⑤8畳ワンルーム×ソファダイニング

ワンルームにもソファダイニングを取り入れた、贅沢な一人暮らし空間の実例。部屋全体を淡いトーンでコーディネートし、アクセントにブルーを加えることで開放的で爽やかなイメージに仕上げています。

レイアウト
ソファダイニングは食卓としてだけではなく、作業台としても使えるので、テレワークをされている方にもおすすめのスタイル。ソファはスペースにゆとりがあるため、片アームソファにオットマンを並べて簡易的な3人掛け仕様に。

使用ソファ
ラン・コンパクトソファ 2P片アーム (ヒヤシンス)
幅1400 / 奥行750 / 高さ730mm
ラン・コンパクトソファ オットマン (ヒヤシンス)
幅650 / 奥行650 / 高さ380mm

使用ダイニングテーブル
モク・ソファダイニングテーブル 1200(GB)
幅1200 / 奥行700 / 高さ640mm

⑥8畳ワンルーム×2人掛けソファ

ヒヤシンス素材のソファと、海を連想させるブルーの組み合わせが爽やかな実例。ソファはスタンダードな2人掛けサイズですが、ベッドなどその他の家具をロータイプにすることで圧迫感を抑えています。

レイアウト
インテリアのテーマカラーを統一することでまとまりが生まれ、シンプルですっきりした印象を与えることができます。

使用ソファ
シン・ソファ 2P(ヒヤシンス)
幅1550 / 奥行820 / 高さ750mm
※カバーはORターコイズ

  • 部屋の場所 ワンルーム

    部屋の場所 ワンルームのページです。a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。また、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートも合わせて掲載しています。

■狭いリビングルームの実例

①8畳のリビング×2人掛けソファ

後ろの壁にちょうど収まるサイズのソファを選ぶことで、狭いながらもゆとりを感じるリビングになっています。ソファカバーは暗めのカラーですが、内装の一部にうまく溶け込んでいるためさほど圧迫感はありません。

レイアウト
ソファとテレビボードの距離が近いため、ローテーブルではなくコンパクトなサイドテーブルを選ぶことでゆとりある動線を確保しています。

使用ソファ
シン・ソファ 2P (ラタン)
幅1550 / 奥行820 / 高さ750mm
※カバーはCLチョコレート

②8畳のリビング×ソファダイニング

こうしてソファダイニングにすることで、8畳の狭いリビングでも3人掛けのように大型のソファを置くことができます。ソファとダイニングテーブルは共に2つのパーツを並べて使用しているため、将来にわたってフレキシブルに使うことも。

レイアウト
ソファとダイニングテーブルは比較的奥行きの浅いサイズを選択。それにより寝室へのスムーズな通路を確保することができます。

使用ソファ
ラン・コンパクトソファ v02セット 2P左アーム (ラタン)幅2150 / 奥行750 / 高さ730mm
※カバーはCLアクア

使用ダイニングテーブル
カフェ・テーブルv04
幅600 / 奥行650 / 高さ630mm

③9畳のリビング×2人掛け片アームソファ

正方形の中央にキッチンが備わった、やや変則的な形のリビング。ダイニングを置かずにソファを中心とした生活スタイルのため、ゆったり寛げるハイバックソファを選択。床色が暗めなので、明るいカラーのラグとカーテンで部屋全体のバランスを調整しました。

レイアウト
ソファは通路を防がないよう片アームタイプを選ぶなど、動線を意識したコーディネートとなります。

使用ソファ
テン・ハイバックソファ 2P左アーム
幅1420 / 奥行920 / 高さ820mm
※カバーはCLヴィリジアン

④9畳のリビング×ソファダイニング

広さは9畳あるものの、キッチンが壁付けなのでダイニングセットを置き辛い間取り。しかしソファダイニングであれば、こうした間取りでもゆとりのあるレイアウトを組むことができます。

レイアウト
ソファダイニングにすることで全体的にゆとりが生まれます。そのためこのパターン以外にも向きや位置を少し変えることも可能。様々な配置のパターンで幅広く使い続けることができるでしょう。

使用ソファ
ラン・コンパクトソファ 2P左アーム (ヒヤシンス)
幅1400 / 奥行750 / 高さ730mm
※カバーはTPグレー

使用ダイニングテーブル
モク・ソファダイニングテーブル 1200 (GB)
幅1200 / 奥行700 / 高さ640mm

⑤10畳のリビング×2.5人掛けローソファ

広さ10畳ほどあると、2.5人掛けサイズのソファも取り入れやすくなります。こうしてソファをサイズアップする場合は、部屋全体をロースタイルでまとめて開放感を演出するのがおすすめ。

レイアウト
ダイニングの向きを調整すると、こうしてゆとりのある動線を確保することができます。

使用ソファ
ケイ・ローソファ 2.5P 両アーム (ラタン)
幅1850 / 奥行890 / 高さ580mm

⑥10畳のリビング×組み合わせソファ

ソファは圧迫感を抑え、かつセパレートして使える組み合わせタイプを選択。部屋全体をナチュラルなテイストで統一し、まとまりのある落ち着いた空間に仕上げました。

レイアウト
10畳の広さがあってもソファやダイニングセットのコンパクト性は重要。バランスと生活スタイルを見極めたサイズ選びをしましょう。

使用ソファ
ラン・コンパクトソファ v02セット 2Pベンチ (ラタン)
幅1850 / 奥行 750 / 高さ 730mm
※カバーはCLブラウンオーク

  • 【インテリアコーディネート実例集】テーマからお部屋のインテリアコーディネートを探す

    【インテリアコーディネート実例集】テーマからお部屋のインテリアコーディネートを探すのページです。a.flatでご購入頂いたお客様宅のインテリアコーディネート実例です。マンションや戸建てなど実際にご利用中のお客様宅実例をご覧頂いて、イメージやサイズ感などお部屋作りのご参考にしてください。また、a.flatの提案するインテリアのスタイルコーディネートも合わせて掲載しています。

3Dシミュレーションで狭い部屋にソファを置けるか確認する

狭いお部屋はあまりスペースにゆとりがありません。そのため実際にソファやその他の必要家具が置けるのかどうか心配になる方も多いと思います。
そんな不安を払拭するためには、a.flatが無料で提供している3Dシミュレーションソフト(マイルーム3D)を使ってお部屋を作成し、インテリアのシミュレーションをしてみましょう。
実際にソファを置いた際のイメージを膨らませることで、ソファ選びの失敗が無くなり安心して検討することができます。

a.flatのマイルーム3Dとは

a.flatのマイルーム3Dは登録やダウンロード不要で、パソコンやスマートフォンがあれば無料でご利用いただけます。操作方法もシンプルなので、誰でも簡単に本格的なインテリアのシミュレーションを行うことができます。
一度作成したシミュレーションを保存しておくと、将来的な模様替え時にも活用できるので、お部屋づくりやインテリアコーディネートをますます楽しむことができるでしょう。

無料の間取りシミュレーションソフトを利用する

①気になる商品をマイリストに登録
マイルームをご利用になる際は、あらかじめ気になる商品をマイリストへ登録する必要があります。各商品ページ内にある「マイリストに追加」ボタンをクリックして下さい。商品がマイリストに登録され、マイルーム上で作成した間取りにレイアウトする事ができるようになります。

②間取りを作成する
まずは2D画面でご自宅の間取りを作成します。窓やドアなどの建具や設備も配置できるので、細かい部分までお部屋を再現することができます。間取りを作成したら、置きたい家具を配置していきます。

③3Dでイメージを確認する
作成した間取りは、自動的に3Dで表示されます。人と同じ目線や俯瞰など、様々な角度で再現したお部屋を見ることができ、イメージを膨らませやすくなります。

④実際のお部屋の様子
事前にお部屋のイメージが掴めれば、安心して検討することができます。ぜひシミュレーションをして安心材料を手に入れましょう。

  • 【3Dシミュレーション】自分で出来るインテリアコーディネートと家具配置

    【3Dシミュレーション】自分で出来るインテリアコーディネートと家具配置のページです。部屋のインテリアコーディネート、家具レイアウトをご自身で検討する場合、まず部屋づくりの知識が必要です。お部屋の間取り(1LDK・2LDK・3LDK)を確認し、理想のイメージが頭の中で描けてきたら、今度はそのイメージを再現して検討したくなります。ここでは、自分でインテリアコーディネート、家具配置、色合わせをするための流れや、ご参考になる様々な部屋作り情報、ご自身の思い描く部屋イメージを再現する3Dシミュレーションソフトについてご紹介させて頂きます。

a.flatのスタッフに相談する

自分でシミュレーションを作成するのが難しいという方は、a.flatのスタッフにご相談・ご依頼ください。経験の多いプロのアドバイザーが、お客様にとってぴったりなソファ選びのお手伝いをさせていただきます。シミュレーションやコーディネートをご依頼いただく際は、下記2通りの方法をご用意しています。

ネットで相談する
遠方やお時間がなく、ご来店が難しい方はネットショップにご依頼ください。基本的にメールでやりとりさせて頂き、ご提案やアドバイスをお送りいたします。

実店舗で相談する
実際のアイテムを見ながら相談されたい場合は店舗にご依頼下さい。事前予約も承っております。対応店舗は下記の通りです。
a.flat目黒通り本店
a.flat新宿店
a.flat大阪梅田店

  • インテリアコーディネートの無料相談・依頼

    インテリアコーディネートの無料相談・依頼のページです。お部屋のインテリアコーディネートを考えるには、部屋全体のイメージから家具の配置、カラーコーディネートなど様々なポイントが有ります。もし、ご希望通りの部屋作りが上手く行かず、お悩みの時はa.flatにインテリアコーディネートの無料相談・依頼をしてみましょう。実際の商品を見ながら相談したい方は、目黒通り本店、新宿店、大阪梅田店(グランフロント北館)に相談下さい。基本的にメールや電話で相談・依頼のやりとりを行いたい方は、ネットショップのスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

まとめ

今回の特集はいかがでしたか。このように狭い部屋にソファを置くことはそれほど難しいことではありません。レイアウトや生活スタイルを考慮しつつ、ご自宅に合うサイズのソファを選ぶことが大切です。そして部屋をなるべく広く見えるようコーディネートを工夫すれば、狭い部屋でも開放的なソファライフを過ごすことができるでしょう。

関連メニュー

  • ソファ~アジアの風・自然をテーマにしたソファシリーズ~

    ソファ~アジアの風・自然をテーマにしたソファシリーズ~のページです。シンプルであるからこそ、細部まで美しく。a.flatソファシリーズは、有機的なフォルムと、アジアン素材の温もりがひとつになりました。使うひとのためにデザインされた機能性と、どこか優しいアジアンリゾートの空気感。目黒通り、新宿、大阪梅田(グランフロント北館)の3つの店舗には、リゾートの情景を思わせる開放的な空間が広がり、コーディネートとクオリティを確かめながらソファを選べます。たいせつな人と、たいせつな時間を過ごすために。ずっとつながっていく、a.flatのある暮らし。

  • a.flatソファ特集~ソファシリーズ一覧表~

    a.flatソファ特集~ソファシリーズ一覧表~のページです。a.flatで販売しているソファシリーズの一覧表となります。特徴的な各シリーズのソファをご検討される際にサイズの違いや、その他情報などを比較することが出来ます。ご自身にとってベストなサイズ感や色・素材、オプションのあるソファを見つけてみましょう。


関連コラム

a.flat style風が運ぶ、自然の贈りもの、8つのa.flatスタイル。

a.flatの家具には、アジアの風が流れています。
海から大地へ、森から草花へ。つねに印象を変える風のように、
暮らしに自然の安らぎを届ける家具こそが、私たちの理想。
8つのスタイルで、リゾートの風と自然を感じてください。

ショッピングを楽しむための4つのステップ

1特典付きニュースレター

ためになるニュースレターを読んで、理想のお部屋づくりをスタートしましょう。また購読者限定で送料無料になる特典もご用意しています。

ニュースレターをLINEで受け取る

詳細はこちら >

2無料のカタログをチェックする

無料でお届けしているa.flatの最新カタログを取り寄せましょう。QRコード付きでネットの商品ページへのアクセスも簡単です。
※2022年3月最新カタログリリース

申し込みはこちら >

3メンバー登録をする

a.flatでのショッピングはメンバー登録(無料)が必要となります。お買い物以外でも様々なサービスが便利に利用できるため、事前の登録をおすすめしています。

メンバー登録はこちら >

4インテリアコーディネートの無料相談

3Dシミュレーションを使い、お部屋づくりをサポートする無料のコーディネートサービスをご用意しています。家具選びでお悩みの際など気軽にご利用ください。

申し込みはこちら >

店舗情報

a.flat 目黒通り本店

お知らせ一覧

a.flat 梅田店

お知らせ一覧

店舗情報

お客様窓口

メールでのお問い合わせはこちら

会社概要

会社名シースクエア株式会社
所在地〒152-0031 東京都目黒区中根1-14-15
設立日平成13年8月2日
代表者磯崎 良

会社概要

特定商取引法に基づく表記ご利用ガイドお問い合わせ

Copyright © 2000-2022 C-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.